次のライブ

LIVE in 「アーリーバード」 | 2017/8/2(水)

演奏: 青木タイセイ(tb.鍵盤ハーモニカ)、板垣武志(g)、坪根剛介(per)
とても自由で楽しい演奏です。
ブラジル音楽をお楽しみください。

  • 日時: 2017/8/2(水)
  • 場所: 錦糸町「アーリーバード」  東京都墨田区錦糸2-3-9アライビル3F
  • 場所URL: http://e-birdmusic.com/index.html
  • 電話番号: 03-5608-1083
  • 開場時間: 19:00
  • 開演時間: 20:00
  • 料金: MC:3000円
最近のブログ

2017南インド・スリランカの旅 第10章 3/6 (月)    シギリヤ ➡ キャンディ  

第10章 3/6 (月)    シギリヤ ➡ キャンディ
 
早朝に目が覚めた。
足の痛みは取れていない。
残念だがシギリヤロックに登るのは無理だと判断してあきらめる。
次回に託そう。
なので、早出はなくなって普通に朝食をとる。

IMG_2112.jpg

こうなると、いかにして足を回復させるかということが喫緊の課題なのだ。
ホテルのチェックアウトは12時。
ぎりぎりまで休養を取ることにする。
今日の目的地、キャンディまではバスで3、4時間。
だが、バス停までは相当遠いし、あの暑くて混んだバスにこの状態で3、4時間というのはかなりつらい。
フロントで確かめるとキャンディまでチャーター車で7000Rsとのことなのでそちらをお願いした。

今後の予定を検討してみると、明日はキャンディからコロンボまで移動、深夜0時10分の飛行機でマレーシアのクアラルンプールに移動、そこで17時間の待ち時間というものがある。
当初は、こんなに時間があるのだからマレーシアに一旦入国するつもりだったが、この足の状態で、多分暑いであろうクアラルンプールを観光するのは、さらに状態を悪化させそうだ。
ここは噂に聞くトランジットホテルを取って休養に努めた方が良さそうだと考えて探してみた。

最近は大概のところでWifiが使えるのでこういう時は本当に便利だ。
調べたところ、クアラルンプール空港にはKLIAとLCC専用のKLIA2の二つのターミナルがあって、KLIA2のサマサマホテルというのが評判が良いというので予約してみた。

だが、予約した後で国際線専用のKLIAとKLIA2の間で行き来ができるのか不安になってきた。
この間で一旦入国しないと行けないとなると、入国ー出国ー入国ー出国ということになり面倒なことになってしまうからだ。
調べてはみたがぴったりの答えは見つからなかった。
そうこうしているうちにチェックアウトの時間が来た。

あれだけ沢山いた白人たちは誰もいない。
ホテルの広い敷地は静まり返っている。
まるで白昼夢を見ているようだ。

IMG_2113.jpg

12時頃にキャンディまでのタクシーがやってきた。
今日の車は大きめのバンでA/C付きだ。
ドライバーは話し好きの陽気なおじさん。
まずはATMに寄るために近くのダンブッラという街へ寄ってもらう。
ドライバーはこの街の人だという。
小さな街だが何でもありそうで良さげなところだ。
シギリヤロックにリベンジの際はこの街に泊まるというのも一案だ。

IMG_2114.jpg

露出したような岩山を色々なところで見かける。
IMG_2116.jpg

ダンブッラ名物、巨大黄金大仏
IMG_2118.jpg

黄金のダーガバ
IMG_2117.jpg

こちらの大仏は日本に比べていかり肩だ。
IMG_2121.jpg

何となく日本に似た水田の風景
IMG_2122.jpg

IMG_2123.jpg

IMG_2124.jpg

IMG_2125.jpg

キャンディまで約3時間、所々写真を撮りながら行く。
キャンディは山に囲まれたスリランカの古都で古い街並みが残っている。
人口も多い都会なのにキャンディに入って行く道路はとても狭い。
幹線道路が通っているわけではないらしい。

古い街並みだが人と車が渦巻いている。
久しぶりに都会にやってきたなという感があると共に、歩いていて面白そうなところだなと思う。
ただ、今回は足が不調だ。
それでも、昨日や今朝に比べたら少し良くなってきているような気がする。

今日のホテルは街のど真ん中、1階にカフェ併設のホテル。
部屋は清潔だが窓がない。料金は高め。

IMG_2126.jpg

街歩きをするにはとても便利な場所にある。
シャワーを浴びて一休み。
確かに足の状態はよくなってきているようだ。
貼り薬もなくなってしまうし、付近との位置関係を確かめることもあるし、買い物がてら歩いてみることにする。

キャンディ湖をランドマークにすると位置が分かりやすく歩きやすい。
IMG_2130.jpg

IMG_2131.jpg

IMG_2132.jpg

薬屋で湿布薬を買って何とか歩けそうなので、一旦ホテルへ戻って仕度をして、鉄道駅の確認とそろそろ買うべき土産物探索へ出かけてみることにした。

何だか久しぶりに人や車の多い都会を歩いている気分だ。
都会とは言っても近代的なビルが立ち並ぶそれではなく、古い建築物が多い街並みだ。
車は多いがわりと渡りやすい。
ただ、広い道路に面する歩道には高いガードレールが築いてあって、これは乗り越えられないのでどこか渡れる切れ目を探すのが大変だ。

IMG_2127.jpg

IMG_2128.jpg

IMG_2129.jpg

IMG_2136.jpg

IMG_2141.jpg

帰宅時間帯なのか人の流れる方向が駅ではないかと思いそちらへ向かって行くと、バスターミナルだった。
IMG_2138.jpg

ここもご多分に漏れず混沌としている。
インドもスリランカも大きいバスターミナルは皆、混沌としている。
人いきれと臭いとほこりと排気ガスとクラクションですごいことになっている。
この状態でバスを探して乗り込むのは旅行者にとっては大変そうだ。
メインの交通機関は鉄道ではなくてバスなので、皆バスターミナルへ向かっていたのだ。

改めて鉄道駅の場所を聞いてみるとすぐにみつかった。
立派な駅だが、バスターミナルに比べれば閑散としている。
列車の本数が少ないのだ。
試しに明日のコロンボ行きのチケットが買えるか聞いてみると、買えるという。
これはラッキーだ。
ただ、A/C無しの二等指定席になるとのこと。
昼過ぎのちょうど良い時間帯の列車はそれしかないので購入した。

キャンディ鉄道駅
IMG_2134.jpg

IMG_2135.jpg

良い雰囲気
IMG_2137.jpg

帰りがてら土産を物色する。
スーパーマーケットやショッピングセンター、古びた土産物店集合ビルのようなものから小さな個人商店まで色々な店があって買い物もとてもしやすい街だ。

IMG_2139.jpg

IMG_2140.jpg

夕暮れ時、ムクドリだろうか大量の鳥が集まって騒いでいる。
これは日本でも見られる風景だ。

ホテルから目と鼻の先にある仏歯寺にも行けたのだが、もうあまり時間がないので見送った。
足は回復してきているのだがまだ本調子とは言えず、見どころの多そうなキャンディの街ももう少し時間があればもっと楽しめたのに。

ちょっと大きめのレストランがあった。
観光客向けなのだろうか、酒が飲める。
テラス席もあるが外はまだ暑いし鳥の糞が落ちてきそうなので建物内へ。
ジャズのビデオがかかっている。

IMG_2142.jpg

IMG_2143.jpg

足の調子も上向いてきたので調子に乗ってビールを飲む。
スリランカのライオンラガーは軽めだがとても美味い。
やはり客は外国人が殆どのようで、ときおり日本語も聞こえたりする。

カレーにも満足して、ホテルへ戻って気になっていた明後日のKLIA2のホテルについて調べてみる。
どうもKLIA2へ到着して出発する人専用のホテルらしい。
僕が到着するKLIAからKLIA2へ行くには一旦入国し、さらに出国しなければならないようだ。
ということは、成田空港行きの便が出発するのはKLIAだから、この逆をもう一回やらねばならないことになり、こんなことはおそらく認められない筈だ。
やはりKLIA内のホテルをとる必要があったのだ。

キャンセル無料期間が過ぎているから無駄な出費を覚悟でキャンセルしたら、キャンセルの理由をホテルに申告すれば無料キャンセルを認めてくれる場合もあるとの記載がある。
結構な出費なので、ものは試しにミスの理由を書いて送った。
審査に48時間もかかる場合があるという記載があったが、程なく無料キャンセルを認めるという返事が来た。
これは本当にラッキーだった。
多分こういうミスをする人が多いんだろう。
ダメもとでもやってみるものだ。

KLIA内のサマサマホテルを予約して一安心。
足の調子は回復に向かっているようだ。
その代りといっては何だが、今度は右手に小さな痛みがあるのが気になる。
とにかく休養だ。
早めに寝る。

お知らせ

2017/07/10

2017年8月のライブ情報

2017年8月のライブ情報を掲載します。

2017/06/20

2017年7月のライブ情報

2017年7月のライブ情報を掲載します。

2017/05/19

2017年6月のライブ情報

2017年6月のライブ情報を掲載します。