2018年07月06日

2018・スリランカの旅 第8章 3/3(土) キャンディからヌワラエリヤ

第8章 3/3(土) キャンディからヌワラエリヤ

午前3時頃から何やら大音量の放送が街中にとどろき渡って起きてしまう。
感じからするとムスリムだろうか。
いや、はっきりとは分からないが、何にしても、なぜこんなに街中にとどろき渡る大音量なのか。
それも熟睡中の時間だ。迷惑この上ない。
およそ2時間ほど続いていた。
結局起きてしまった。

8時頃朝食もできる。
ワデーがある。
列車内で「ワ―リ、ワリ、ワリ、ワリ」と必ず売りに来るやつだ。
豆とか野菜とかを揚げパンのように揚げたもので結構いけるのだ。
ローカルフードは何でも美味しい。

IMG_3130.jpg

ナーヌオヤを通る列車は11時10分発予定だから9時過ぎに駅にチケットを買いに行く。
徒歩5分で行ける。2回曲がるだけ。
すんなり買える。160RS。
ただし指定席はない。
これは気合を入れないと。

チェックアウトして10時過ぎに駅到着。
外国人観光客多数。これは混みそうだ。
2ndクラスがどこに停まるか分からないというのがミソで、おそらく車止めからずーっと先の方だろうと見当をつける。
キャンディ駅はスイッチバックの折り返し駅だから、先の方に待機していれば入線してきたとき3rdが先か2ndが先か分かるので早く対応できそうだ。

IMG_3131.jpg

列車は今日は時間通りにやってきた。
既に入り口、通路まで満員状態。さすがに屋根に乗ってはいないが。
座れるかどうか心配することなどなかったのだ。
乗るのがやっとで座ることなど不可能なのだ。
バックパッカーが沢山いて、何となくこんなものなのだとさして気にならない。
それでも荷物を棚の上に上げることができた。
目の前の席には地元の兄ちゃんたちが2人かけの席に3人座ってワイワイやっている。

IMG_3132.jpg

列車は珍しく時間通りに進み、徐々に山岳地帯に入って行く。
進行方向と椅子の向きが逆だが、スイッチバックが何か所もあるのでいちいち向きなど気にしてはいられないのだろう。
時折、ものすごい横揺れをする。
つかまっていても倒れそうな横揺れだ。
こんなに通路まで人や荷物満載でも「ワリ、ワリ」とワデー売りや「クラ、クラ」と水売り、その他パイナップル売りやオレンジ売りやら、かき分けかき分けやって来る。

昼過ぎ、前の席の兄ちゃんたちが何か弁当のようなお菓子のようなものを食べ始めた。
棒状のパンケーキだろうか。
僕にも1本おすそ分け。ありがとう。
そのうちに替ってやるから席に座ってくれと言ってくれる。
遠慮したのだがいいからいいからと。
じゃあ、30分位で交代しようと言うと、それもいいからという。
床に座っていた中国人らしき男性にも席を譲っていた。
良い奴らなのだ。
そのうちに立っている者と座っている者でまたワイワイとトランプを始めた。

混んだ列車は山岳地帯にどんどん入って行き、ハットンという駅でかなりの客が降りる。
ここは、スリランカの聖なる山、スリー・パーダ(アダムスピーク)の入り口となる駅なのだ。
兄ちゃんたちも降りていった。
小さな親切が国の印象を良くすると改めて思わせてくれた。

IMG_3137.jpg

ここからは余裕で座れる。快適な列車の旅だ。
車窓を楽しむ。
お茶の畑が増えてきた。

IMG_3136.jpg

IMG_3141.jpg

窓から顔を出して眺める。
出入り口に座っている、あるいは立っている連中は中々に楽しそうだ。

IMG_3138.jpg

IMG_3139.jpg

IMG_3140.jpg

空気が、山の空気になってきた。温度が下がってきている。
列車は山岳鉄道の趣で、山の中を、お茶畑の間をゆっくりゆっくり登っている。
ジョギングなみの速度だ。
残っている連中は、ヌワラエリヤの最寄り駅、ナーヌオヤ駅で降りそうな外国人が殆どだから、大体の動きを見ていればよい。
アナウンスも何もないから、降りる駅には注意を払わなければならない。
大体予想した時間通りにナーヌオヤ駅に到着した。
乗り込む人も多数。さらに奥地へ行くのだな。

IMG_3142.jpg

ナーヌオヤ駅の周りには何もない。
目的地のヌワラエリヤの街までは約10kmある。
昨日ホテルへ電話したら送迎の話にはならず、トゥクトゥクで700RSだからということになった。

出口の方へ向かって歩いているとキャップを被った年齢不詳の小柄な男が近づいてきた。
「ホテルか?」と聞いてくる。
「?」と思ったがそうだと答える。
Chez Allenというホテルだと言うと、知っているから連れて行くという。
トゥクトゥクかと聞くと、車だと言う。
値段は700RSと聞いたとおりだったので話に乗ってみた。
車はトヨタの古いバンだが、バックミラービデオが着いている。
白人のカップルが一組先に乗っている。
僕が乗って出発した。

声をかけてきた男とドライバーは別で、声をかけてきた男はヨガという名前だ。
分かりやすい。
とても英語が堪能な人だ。

車は山岳地帯に入りヌワラエリヤの街に入った。
わりと大きい街だ。
空気が今までとは違う山の涼しい空気だ。
白人カップルの滞在するホテルを探すのに相当苦労したようだが、僕の滞在先のChez Allenは分かっている。
ホテルは市街地から坂道を相当登って行く。
これは街まで行くのに大変だと思ったら、大丈夫だ、ショートカットの道があるからと言う。

状況は落ち着いたので、ヨガ氏と明日のガイドの交渉に入る。
ティーファクトリー、農園見学、その他見所を廻ってもらうということで4~5時間で60US$の契約をした。
車がなければ広範囲を廻ることはできないので正解だろう。

Chez Allenは、ログハウスの趣がある山小屋風の建物で、木の香りがとても強い可愛らしい建物だ。
スタッフの感じも良い。
だいぶ登って来たけれど街へ歩いて行けるのかとスタッフに聞くと、ショートカットの道があるから10分で着くと言う。
夕食は頼めばホテルでも採れて、更にライオンラガーもあるという。しかも大瓶。
これは良い。ホテルで食べることにしよう。
部屋はこじんまりとした清潔な部屋で、エアコンもファンもないが、既に空気がひんやりしてきている。
これは必要なさそうだ。

IMG_3143.jpg

荷物を整理して一息ついて街へ降りようと詳しい道順を聞こうとしたら、スタッフの女性がちょうど帰るところだから一緒に行きなさいということになった。
これはラッキーだ。

ということで、なんやかんや話ながら街まで一緒に行く。
初めから、まず一人で歩いたら絶対に間違えるであろう細道を降りる。
ここをクリアすると後はわりと楽だ。
話の通り10分位で街に降りてきた。
ただし帰りはちょっときつそうだ。
旅の前半、キャンディで泊まったマクロードインも急階段を降りるのがショートカットの道だった。
あの時も帰りは汗だくになってしまった。
ショートカットの細道から車道へ抜けると、高級ホテルもある。

IMG_3144.jpg

ヌワラエリヤの街は、適度に活気があって良い感じがする。
車もそんなに多くないし、人の賑わいもあるが、キャンディのような喧騒はない。
商店も沢山あるし、市場もある。何でも揃いそうだ。
大きいスーパーも2軒ある。
酒屋も見つけた。
色々と覗いてみてお土産購入の計画を立てる。
買うのは明日だ。

IMG_3145.jpg

IMG_3146.jpg

IMG_3147.jpg

IMG_3148.jpg

IMG_3149.jpg

フードシティというキャンディにもあった大型スーパーに入ったら、奥の方に隠すようにして酒屋コーナーがあるではないか。
男たちが群がっている。
ここだけ別会計。
これは良いということでライオンラガー缶を購入。歩いて帰る。

IMG_3150.jpg

案の定、登りは結構きつい。
しかしそれよりも、ショートカットロードは明かりが全くない未舗装の細道で、暗くなったらこけそうな危険がある。
暗くなる前に帰ることが肝要だ。
何だかここのところ坂ばかり上っているような気がする。

ホテルのシャワーはかなり熱いのが出る。
暗くなって相当冷えてきているのでとてもありがたいが、それにしても熱すぎる。
熱いのと冷たいのが極端なのだ。
温度のメリハリが効いたシャワーは好きだけどちょっと極端ではある。
しかし、シャワーのあとのライオンラガーは格別だ。
旅行中このタイミングがなかなか無かっただけに嬉しい。

IMG_3151.jpg

夕食のメニューは、カリー&ライスは既に終わってしまって、チキンとヌードルならOKとのこと。
出てきたものは、照り焼きチキンのようなものと汁なしフォーのようなもので量は相当ある。
IMG_3152.jpg

水牛のヨーグルト、蜂蜜をかけて食べる。とても美味しい。
IMG_3153.jpg

ここでのライオンラガーは大瓶。
美味しい。ここのところ何でも美味しい。
夕食時には温度が下がって来て暖炉を燃やし始めた。

IMG_3154.jpg

食事を終って部屋に戻ったら、相当に冷えてきている。
エアコン、ファンなど想像できず、必要なものは暖かい布団。
すごい変わりようだ。
砂漠の温度変化みたいだ。
まだ9時頃なのに、移動の疲れと暖かい布団への欲求で寝てしまった。

Powered by
Movable Type 3.35