« フリージャズ・ギター | メイン | 買い物 »

屋久島

皆様、今晩は。
12月1日から5日まで屋久島へ行ってソロライブを2回やってきました。
友人のT.N.さん夫妻が今年、東京から屋久島へ期間限定で移住したので、彼らを訪ねて仲間数人と行きました。
屋久島は今回初めてです。
しょっちゅう行っている沖縄の島々と異なり、2000m級の山がそびえ立ち、周囲も約130kmあり、スケールが大きい島だなあとの印象を受けました。

PC010011.jpg

T.N.さんが住んでいるのは、空港のほぼ真西にある永田というひなびた集落です。島の中央が山脈なので島の北と南では風向きや温度が違います。
永田は北西向きですから少し寒いようです。
T.N.さんはドイツ人で、とてもフレンドリーな人なので、越してから数ヶ月しかたっていないのに島内に多くの友人を作り、人気者になっています。
彼のお世話でライブも実現しました。
屋久島といえば屋久杉の印象が強くて、往復10時間はかかる縄文杉へ行くことはできませんでしたが、3~4時間のトレッキングでも十分に奥深い緑を堪能することができます。
まずは、3時間ほどのトレッキングを楽しみに白谷雲水峡へ。
ここは清流や滝が多くあり、コケが生えた巨大な木々との中でマイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
どこか中国の水墨画を思わせるような風景もありました。

PC020017.jpg

PC020020.jpg

虹が見えます。
PC030050.jpg

PC030054.jpg

午後からは、「つわのや」という旅館のティーラウンジでライブです。
立派なステージがこしらえてあってびっくりしました。
お客様にも多数お出でいただき感謝です。

「つわのや」のステージ
PC020029.jpg

ソロの場合は、自由度は高いのですが、演奏を止めてしまうとそれで終わってしまうので、終始同じ程度のテンションを保たねばなりません。
そういう意味では、面白いけれど難しいです。
複数であればミスをお互いに補えますが、ソロの場合はそうはいきません。ただ、これを恐れていては演奏できなくなってしまいますし、少しは危ない橋を渡らないと即興演奏のカタルシスを得られないし。
大事なのは聴き手との距離感をどう保つかということでしょうか。
聴き手の呼吸を感じ取って演奏に反映できればベストなんでしょうね。
翌日は、T.N.さんに島の1周を案内してもらいました。
道路脇に野生の鹿や猿が出てきます。

PC030041.jpg

PC040073.jpg

鹿も
PC030044.jpg

ヤクザルは餌を与えると味を覚え人里へ降りてきて農作物等を荒らすので、餌やりは厳禁です。
それでも近くまで寄っていっても逃げないどころか、道を進めると段々増えてきて、サファリパーク状態に!!

PC030046.jpg

ガジュマルの植生北限ということですが、素晴らしいガジュマルもあります。

ガジュマルのトンネル
PC030052.jpg

養蜂家のLさん(ドイツ人)と彼の親友
PC030053.jpg

友人達が一足早く帰京して、小生とT.N.さんは夜からの「散歩亭」というレストラン・バーのライブに備えて休養しに温泉へ。
「散歩亭」は川沿いにあるとても雰囲気のよいお店で、音楽的な店だなあとの印象を受けました。だからとてもリラックスして演奏することができました。
お客様も満員でとても盛り上がりました。

「散歩亭」
PC030059.jpg

屋久島在住の元ウニアゥン・ドス・アマドーレスのサンビスタ、Fさんにはパンディロで参加してもらったり
ギターも達者なT.N.さんともセッションしたり、地元の腕に覚えにある方々にも参加していただくことができました。
速い曲を演奏していて、ドドドという音と共に建物が揺れた気がしたので、「すわ、地震か」と思いつつ演奏は続けていたのですが皆ぜんぜん動揺していないので、皆さんいい度胸しているなあと思っていたら、二階のお客さまが踊り出した音だったようで、演奏が終わった後でびっくり。
この夜は聴き手との距離感が丁度良い感じで保てたような気がします。
気持ちに余裕ができたので難しい曲もこなすことができました。
ああ楽しかった。
翌日はOFFです。トレッキングを楽しみました。
自然休養林ヤクスギランドへ。
3時間ほどのコースです。
静かで風の音と時折聴こえる鳥や清流の音しかしません。

PC040070.jpg

PC040071.jpg

巨大な杉の空洞になっている根元は楽に人が入れてしまうどころか、「ここはnature houseになるね。」とのT.N.さんの意見。
ここをキッチンにして、ここをベッドルームにして、ここはバスルームとか楽しい想像は膨らみます。なんせ周囲が10mもあるので。

幹の内部から
PC040067.jpg

清冽な空気と匂いと音で体中が満たされて帰ってきました。
例によって温泉へ。
屋久島は温泉が多く、銭湯感覚で行けるのです。
島ですから海のものも豊かです。
海亀の日本で最大の産卵地ということですが、この保護にNPOの方々を始めとして地元としてとても大切に考えておられます。
小生も9月に鳩間島で海亀の遊泳を目撃しているので共感を得ることができました。
T.N.さんのおかげで島の色々な方達と知り合うことができました。
鳩間島のこともお話しました。
ボリュームはぜんぜん違いますが、人間関係は似ているなあとの意見です。
ただ、屋久島は移住者にとっては入りやすく出やすいとのこと。
それぞれのこだわりを持って住んでいらっしゃる方も多いようです。
多少八重山の島事情を知っている小生としては、話していて共感を覚える部分も多かったです。
T.N.さんはドイツの外交、法律の専門家。
今回はそれらやドイツをはじめヨーロッパの文化に関する色々な話ができてとても勉強になりました。
帰る前夜からは、T.N.さんの友人のオランダ人G.B.さん(発音がとても難しいのです。日本語には無い発声法なので。)がやってきました。
身長193センチのスマートでハンサムな独身君です。

T.N.さん(左)とG.B.さん(右)
PC050077.jpg

来年1月から東京勤務になるそうで。
現在は休暇中で、ベトナム、沖縄を回って屋久島に来たとのこと。
3人共通のサッカーの話題では盛り上がりましたね。
江戸、明治時代、ドイツ・オランダは日本の先生でしたしね。そんな話もしたなあ。
ライブのプロデュースから何から何までT.N.さんにはお世話になって感謝の気持ちで一杯です。
また、何よりも、演奏を聴いてくださって盛り上げてくださった屋久島の方々、議論をしてくださった方々、あたたかく迎えていただいた屋久島の方々に対して感謝の念に堪えません。
音楽家としては続けてきてよかったと思うときですよね。
ありがとうございました。
また近々訪問できると思います。
ではでは

コメント (3)

chig:

屋久島、素敵でしたね!!
それにしても島じゅうどこへ行っても板さんのフライヤーが貼ってあって、すでに知らない人はいないくらいでしたね。T.N.さん凄すぎです。笑
2回目のライブも観たかったなぁ。元ウニアンの方が屋久島にいらっしゃるとは知りませんでした。
また行きましょうね~

コンドー:

じつは屋久島の自然についてはそれほど期待していなかったのですが
行ってみたらやはり凄かったです!
できればもっと奥まで行きたかったですね。
また次のライブツアーの時はお供させてください。

teru:

いいなあ~屋久島!
私も絶対いきます!!

コメントを投稿

About

2007年12月09日 03:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フリージャズ・ギター」です。

次の投稿は「買い物」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35