メイン

旅 アーカイブ

2007年06月05日

遠刈田大道芸フェスティバル

皆様、こんばんわ。
6月2日、3日と遠刈田の大道芸フェスティバルに行って来ました。
ここは、今年で11年目なのですが、6月アタマという梅雨の時期にしては、毎年必ず好天に恵まれるという伝説がありまして、今年もそれは崩れることはありませんでした。
サウーヂはここ数年、バスをチャーターして来訪しています。
今年も土曜夜と日曜フィナーレと1回づつのパフォーマンスでした。
P6020018.jpg
小生は、サウーヂとは別に、毎年木村商店(フェスティバルの中心となっている酒店、お菓子もより取り見取りだ)に家族旅行に行くというスタイルがここ十年ほどの恒例になっています。
元はといえば、木村商店の若旦那とカフェ・ミルトン(白石のライブレストラン)でのITAeKAZUのライブで知り合ったというのが始まりでして、いやそれよりも、サウーヂと仙台サンバクラブのつながりが始まりといえば始まりかもしれません。サウーヂができた頃ですね。実際、仙台サンバクラブはサウーヂより前からサンバを始めています。ま、その辺の話も色々と面白い話はあるんですが。またそのうちに。
遠刈田の大道芸フェスティバルは、町おこしのために遠刈田の若手商店主達が野毛大道芸を手本としつつ始めたものです。
以前は、運営や段取りにも色々と問題はありましたが、今では運営、段取り、大道芸の質、どれをとっても、他のフェスティバルの見本となるような素晴らしいものとなってきています。
何と言っても、一番素晴らしいのは、地元の手作りであるという事。関係者の賄いは商店のおかみさん連でやっており、男衆だけに任せておけないというところからきており、露店や警備やその他もろもろ、商店街が自主的に協力し合って全てやっているというところが大きな特徴です。
普通、そうなると意見の違いやら、運営の仕方やら、利害得失やら色々問題が出てきてうまくいかないことも多いのですが、ここは見事にまとまっています。
出演者も大変気持ちよく演技をしており、それは出演希望者の多さと、中打ち上げの楽しさ(というかハチャメチャさか)に象徴されるかもしれません。
たぶん、実行委員会を始めとして商店街のみんなが遊びの気持ちでやっているのがいいのかもしれません。それは自分達も楽しむということですね。
前実行委員長の小室氏(白塗りバカ殿パフォーマンスで有名です。)は、運営する側が楽しくなくなった時はこのフェスティバルは終わる時だと強調しています。
動機は始めはどこも皆そうだと思うんだけれども、段々マンネリ化していったり、逆に大掛かりになって業者任せになって、内容も、テレビで見ているものと変わらないような画一的なものになっていったり、要するににつまらなくなってしまうものがあまりに多い中で、ここは特筆に価すると思います。
大道芸はそもそも、あやしさがなければつまらないと思いますね。日常の空間の中での非日常性の面白さ、そういう意味では、テレビとは全く違ったものですね。
ちなみに小生はテレビ番組がきらいです。
ここの大道芸は、あやしさを保っていますし、今後もその方向に邁進する筈です。
大体、丸太を何時間もかけてチェーンソーだけで彫刻作品に仕上げるなんてえのは、やる方もやる方ですが、見ている方も見ている方ですよね。これが芸と言えるかといえば、見ている客がいるからそう言えるのです。
そういう意味では、観客も試されているわけですね。その辺の緊張感がいい雰囲気を生むということでしょうね。
さて、そんな中で小生は何をやったかというと、相変わらずのギターソロ。
P6030030.jpg
うーん、地味ですね。
でも、仲間がいるのでこういうこともできました。
P6030048.jpg
そんな中で、面白かったのは、秋田のカポエイラのグループとコラボしたことですね。
メンバーが3人しかおらず、そのうち2名がビリンバウを弾くので、演舞をやる際にビリンバウがなくなってしまうということで、土曜の深夜に相談して、小生のビリンバウ的ギター奏法でビリンバウの代用をしてしまおうと、しかもそのままビリンバウの曲(バーデン・パウエルの)に入ってしまおうというものです。
ビリンバウ的ギター奏法はCDでもやっているものですが、これが実際にカポエイラと合わせられるかということは、前の週の豚丸ツアー(なんだか分からないでしょうから、後日説明しましょう。)で試していますので、やろうやろうと小生から提案しました。
これが意外と面白かったですね。こんな感じです。
P6030056.jpg
P6030058.jpg
カポエイラグループも喜んでいました。
ビリンバウ的ギター奏法も後に説明しましょうね。
色々とフェスティバルには出演していますが、遠刈田は理想形になる可能性はあります。
日曜日の朝飯のおかみさん連各家庭持ち寄りおかずバイキングは、どんな豪華ホテルも負けます。
というわけで、来年も同じ時期(6月の第1土日)にありますので、興味のある方は是非行ってみて下さい。
温泉も熱いです(熱すぎて入れない輩もいる。)。
ではでは

2007年06月08日

豚丸の思い出

皆様、こんばんは
6日は、大塚エスペートブラジルのライブでした。
ご来店の皆様ありがとうございました。
こんな感じでした。
P6060067.jpg

今日は、遠刈田に先立つこと1週間前の土日に行われた「豚丸」についてご報告いたしましょう。
そもそも「豚丸」とは「豚の丸焼きとサンバとショーロを楽しむ温泉バス旅行」の略であります。主催者は、小生のCDのデザインを手がけてくれたスチールヘッド(会社の名前)、そして写真家上野氏と神成氏ご夫妻、そして関係諸氏。総勢70名ほどの観光バスツアーでありました。
冗談の好きな大人のバスツアーは楽しいですね。引率の先生役の仕切りもよく、決して会社の旅行ではなく、中学生の遠足のノリでした。
ちゃんと高速に入ってから、おやつならぬ酒が支給されました。
このバスの前面には「サンバとショーロと豚の丸焼きの宴」ときちんと掲げられています。
この写真からは見えにくいのですが。
P5270013.jpg

行き先は群馬県は片品村、尾瀬の入り口ですから、山から降ろしてくる風はときおり強く、特に夜は冷え込みます。
民宿4軒に分宿して幹事宿の広い庭で宴は行われました。
夜の豚の丸焼きに先立って、ITAeKAZUXIのライブです。
P5260006.jpg

天気は晴朗なれど、吹き降ろしてくる冷たい風が厳しいのです。
テントは人が支柱を持っていないと飛んでいってしまいます。
この冷たい風で、お客さんが部屋へ段々避難して、残った聴衆とバンドは風との我慢比べです。
P5260011.jpg

でも、おかげで演奏後の温泉は気持ちよかったですね。
その後は、いよいよ豚の丸焼きです。
P5260001.jpg

半身で40kg、つまり全部で80kgほどあるわけですから、子供も含む参加者は、実質一人1kg強の割り当てになります。
まるでシフォンケーキのような豚肉をやっつける幸せと申しましょうか。
その後、暗くなって風もやみ、パゴーヂタイムとなりました。
ここで特筆すべきは、おでんの屋台を出したことです。
風除けのためビニールハウスを使い、食い放題、飲み放題のおでん屋台です。
赤提灯にお品書き、当然酒は二級酒(とは言わないですね、今は)の燗酒。冷えてきているのでこれが効きます。となればバックの音楽は北島三郎のど演歌です。小生も流しをやってしまいましたね。よれた背広でも着て会社の愚痴のひとつでも言ってみたい気分になるような空間ですね。本当に愚痴を言っている方、申し訳ありません。
そこに、突如、サンバのパレードがやってくるというのは、実にシュールな瞬間でした。
江戸川乱歩の怪人二十面相を思い出してしまいました。
つまり、究極のおでん屋ごっこを演出したわけです。
さすが、クリエーターの集団はやることが違うととても感心したし、楽しかったです。
この星空の下でやった生演奏(おでん屋の対面の焚き火を囲んで)は、多少寒かったですけれど、とても気持ちのよいものでした。
こういう瞬間は演出では作りきれないものですね。
というわけで、翌日の昼食は残った豚を骨も何もかもとことん煮込んだスイトン。
濃厚な豚骨ラーメンスープの味でした。
来年も是非開催、参加しようとの決意のもと、一同大満足のうちに帰って来たのでした。
あれだけの大人数を楽しませてくれた幹事さん達の企画力・実行力には本当に感服しました。
ご苦労様でした。
皆様も来年はいかがですか。
2週連続して温泉ツアーはぜいたくだったなあ。

2007年08月11日

名古屋・大阪・飯田線

皆様、こんばんは。
梅雨が明けたと思ったら、暑い日が続いております。
先週末は名古屋、大阪で演奏してきました。
どちらも以前演奏したことがある場所です。
名古屋のサンバ・タウンは7月いっぱいで店舗としての営業を終了してしまう(これからは通販やライブ・プロデュースを主力にしていくということです。)ので、今回がお店でのラスト・ライブになりました。
店主、ぜじさんも加わっての演奏は楽しかったです。

ぜじさんも加わって
nagoya.jpg

翌日の大阪CHOVE CHUVAは、ライブ開催も多く、大阪のサンバの拠点という感じになっています。

私がマスター?
P8050046.jpg

付近は緑が多くてとても気持ちのよいお店です。
大阪へ行った際には是非お寄りになることをお勧めします。
お忙しい中、来ていただいたお客様、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

今回は、プチ・てっちゃんを自認する二人(小生と鈴木厚志氏)なので、青春18切符で行ってみよう、しかも以前から興味はあったけれどまだ乗ったことのない飯田線に乗って帰ってこようという壮大?な構想になりました。
結果は、乗り継ぎを列挙すると、東京→熱海→島田→浜松→豊橋→名古屋→大垣→米原→大阪→米原→大垣→豊橋→天竜峡→飯田→上諏訪→小淵沢→高尾→新宿ということに相成りました。全て各駅停車(快速もありますが。)。
これだけ乗ると、各線の車両の特徴や車窓の移り変わりや車内風景も印象に残ります。
静岡県内東海道線はやたら混んでいるとか、居眠りしていて目が覚めたら、周りが皆関西弁になっていたとか(はっきりはしませんが、関が原(大垣・米原間)辺りに分水嶺があるような気もします。)。
久し振りにじっくりと鉄道の旅をしました。
特に、豊橋から辰野に至る飯田線は195.7kmに94駅が存在し、所要時間が6時間半程かかるつわもの路線で、秘境駅マニアには特に人気のある路線です。
小生のような車両系プチ・てっちゃんにとっては(ちなみに、鈴木厚志氏は乗換系てっちゃんです。)、戦前から電化していた区間ですので、電車車両が面白い路線という印象もあります。
ただ、現在は3タイプ位しかなくその点の面白みは失われました。

レールパークに昔の車両発見
P8060049.jpg

八割方無人駅です。歩道なのか駅なのか区別がつかないような駅や、駅に至る道路がない駅(階段しかない)等々。
山岳地帯を貫いて天竜川沿いに走る路線なので、気の向くままに降りて、来ない電車を待ちながら、ビールでも飲んでみたい景色の駅が多数あります。

天竜川沿い
P8060052.jpg

列車交換ののんびりした風景
P8060051.jpg

当然その日のうちに帰り着けないので、飯田市に泊まりました。
沿線では中心都市ですが、とても静かな町でした。
夕食時の7時頃でも人通りや車もあまりない。
何となくシーンとしています。ぽつんぽつんと飲食店の灯り。
こういうところは、冬場に来て赤提灯で一杯という演歌的イメージをかき立てます。
こういう旅は、快適さからの訣別というある程度の覚悟が必要ですが、逆に快適さやスピードを追い求めることからは見えてこないものが見えてきたりします。
昔の客車列車で冷房なし(天井に丸い灯りと扇風機が付いているやつ)でこういう旅をしてみたいものだとは思いますが、堪えられるかなあ。
ではでは

2007年10月31日

嵐の中のBBQ

皆様、こんにちは
毎年この時期になると、離島キャンプを愛する仲間達と近場へキャンプへ出かけるのですが、今年も行ってきました。
行き先は房総半島の先、千葉県館山市です。
ここは東京から近くて、伊豆半島よりも混まないし自然環境もよく魚も美味しい。
最近は自動車道が全通したこともあって手軽に行けるエリアです。
集合は千葉県鋸南町は保田漁港にある「番屋」。
漁協が経営しているとても広い食堂で、新鮮な魚料理が驚くほど安い値段で食べることができます。量もすごい。
お勧めスポットです。
その日は生憎の雨で、しかも台風20号が関東地方、特に伊豆半島から房総半島に接近しているという荒れた天気でした。
キャンプ場は水浸しになってしまったということで、さすがにキャンプは断念してキャンプ場と同じ敷地にある民宿に泊まることにしたのですが、相談した結果、さすが野外生活に慣れているつわもの達、野外BBQは強行しようということになりました。
BBQ場は小屋になっていて屋根、壁はありますが、浜から10メートルほどしか離れていないので風雨をもろに受けます。しかも、電灯が壊れていてつかない。さらに夕方からは台風がどんどん近づいてきて風雨がひどくなってきます。
常識人であればまずBBQなどあきらめる状況のなか、離島キャンプに慣れたつわもの達は一抹の不安を感じながらも、てきぱきと準備を始めます。

嵐の中をたどり着いたBBQ場
P1010085.jpg

毎年、このキャンプにはテーマというものがあり、例えば、海ほたる(アクアラインではなく本物の)を見に行くとか、房総の魚を食すとかで、今年は「魚料理と焚き火」ということになっていて、焚き火名人のMさんがいるものの、この状況では彼の腕は無駄になるのではないかと懸念されたのですが、炭火を起こして良い状態で維持するという点に彼の腕が大いに発揮されたのでした。
まさに焚き火ゴッドハンドです。
窓が割れそうな風雨と少しの雨漏りとたっぷりの隙間風(だから一酸化炭素中毒の心配はありません。)、電灯なしの状況でも、火がつくと人間何となく安心するものです。
BBQ場へ数十メートル移動するだけで上から下までびしょ濡れになって情けないことになっても、火がおきると何となく元気になってくるのは原始の遺伝子のせいなのでしょうか。
火がおこせれば、イタリアンの達人Kさんやその他大勢の酒飲みは俄然元気になってきます。
館山市内や番屋で調達してきた食材を存分に堪能したのでありました。

P%E5%8F%B0%E9%A2%A8.jpg

そうなると風雨も慣れてしまってあまり気にならなくなりますし、周りがしょっちゅう停電して真っ暗になっているのに、こちらはランタンとかの灯りが確保できているので、却っていいぞとかどんどんノって行くのでありました。
お腹も朽ちた頃には、雨は殆どやんでいるのですが、風が海水を巻き上げて雨のような状況になっています。
片付けは明日ということにして、宿に引き上げました。
その後は、付近に宿泊客がいないということもあって、飲みながら深夜まで小生のライブや議論。もうそのまま雑魚寝してしまうという幸せな状況でした。
話は変わりますけど、この状況って昭和60年代後半の「フーテン」(永島慎二作の漫画の名作、当時の漫画雑誌「COM」(手塚治虫の「火の鳥」も連載されていた)に連載されていた。たしか単行本もあるはず)の場面に似ているなと思ったりします。形だけですけれどね(議論の内容が違っていますから)。
さて翌日は強力晴れ女Tさんの影響もあって台風一過。

P1010088.jpg

抜けるような青空と汗ばむ陽気。
前日とは打って変わって夏の天気になりました。
朝食、昼食とBBQ場を使って、地場の魚(館山の漁協直売所で購入。安すぎる!! 直売所マニアの小生としてはとても満足)をたっぷりと使ったイタリアンをいただきました。
まるで八重山のようなゆっくりとした時間の流れです。

天気が良いとこんなBBQ場です
P1010090.jpg

今年は「魚料理と焚き火」からというテーマを変更し、「嵐の中のBBQ」というテーマになったわけです。
房総の旅は、1月半ばに開催される「ボサギ道場」合宿に続きます。
これはボサギ発表コンサートを前にした24時間音楽レッスン漬けとライブ・宴会・雑魚寝の旅です。
ともあれ、嵐の状況を逆手に楽しんでしまう離島キャンプ愛好家の仲間達に感謝です。
ではでは

2007年12月09日

屋久島

皆様、今晩は。
12月1日から5日まで屋久島へ行ってソロライブを2回やってきました。
友人のT.N.さん夫妻が今年、東京から屋久島へ期間限定で移住したので、彼らを訪ねて仲間数人と行きました。
屋久島は今回初めてです。
しょっちゅう行っている沖縄の島々と異なり、2000m級の山がそびえ立ち、周囲も約130kmあり、スケールが大きい島だなあとの印象を受けました。

PC010011.jpg

T.N.さんが住んでいるのは、空港のほぼ真西にある永田というひなびた集落です。島の中央が山脈なので島の北と南では風向きや温度が違います。
永田は北西向きですから少し寒いようです。
T.N.さんはドイツ人で、とてもフレンドリーな人なので、越してから数ヶ月しかたっていないのに島内に多くの友人を作り、人気者になっています。
彼のお世話でライブも実現しました。
屋久島といえば屋久杉の印象が強くて、往復10時間はかかる縄文杉へ行くことはできませんでしたが、3~4時間のトレッキングでも十分に奥深い緑を堪能することができます。
まずは、3時間ほどのトレッキングを楽しみに白谷雲水峡へ。
ここは清流や滝が多くあり、コケが生えた巨大な木々との中でマイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
どこか中国の水墨画を思わせるような風景もありました。

PC020017.jpg

PC020020.jpg

虹が見えます。
PC030050.jpg

PC030054.jpg

午後からは、「つわのや」という旅館のティーラウンジでライブです。
立派なステージがこしらえてあってびっくりしました。
お客様にも多数お出でいただき感謝です。

「つわのや」のステージ
PC020029.jpg

ソロの場合は、自由度は高いのですが、演奏を止めてしまうとそれで終わってしまうので、終始同じ程度のテンションを保たねばなりません。
そういう意味では、面白いけれど難しいです。
複数であればミスをお互いに補えますが、ソロの場合はそうはいきません。ただ、これを恐れていては演奏できなくなってしまいますし、少しは危ない橋を渡らないと即興演奏のカタルシスを得られないし。
大事なのは聴き手との距離感をどう保つかということでしょうか。
聴き手の呼吸を感じ取って演奏に反映できればベストなんでしょうね。
翌日は、T.N.さんに島の1周を案内してもらいました。
道路脇に野生の鹿や猿が出てきます。

PC030041.jpg

PC040073.jpg

鹿も
PC030044.jpg

ヤクザルは餌を与えると味を覚え人里へ降りてきて農作物等を荒らすので、餌やりは厳禁です。
それでも近くまで寄っていっても逃げないどころか、道を進めると段々増えてきて、サファリパーク状態に!!

PC030046.jpg

ガジュマルの植生北限ということですが、素晴らしいガジュマルもあります。

ガジュマルのトンネル
PC030052.jpg

養蜂家のLさん(ドイツ人)と彼の親友
PC030053.jpg

友人達が一足早く帰京して、小生とT.N.さんは夜からの「散歩亭」というレストラン・バーのライブに備えて休養しに温泉へ。
「散歩亭」は川沿いにあるとても雰囲気のよいお店で、音楽的な店だなあとの印象を受けました。だからとてもリラックスして演奏することができました。
お客様も満員でとても盛り上がりました。

「散歩亭」
PC030059.jpg

屋久島在住の元ウニアゥン・ドス・アマドーレスのサンビスタ、Fさんにはパンディロで参加してもらったり
ギターも達者なT.N.さんともセッションしたり、地元の腕に覚えにある方々にも参加していただくことができました。
速い曲を演奏していて、ドドドという音と共に建物が揺れた気がしたので、「すわ、地震か」と思いつつ演奏は続けていたのですが皆ぜんぜん動揺していないので、皆さんいい度胸しているなあと思っていたら、二階のお客さまが踊り出した音だったようで、演奏が終わった後でびっくり。
この夜は聴き手との距離感が丁度良い感じで保てたような気がします。
気持ちに余裕ができたので難しい曲もこなすことができました。
ああ楽しかった。
翌日はOFFです。トレッキングを楽しみました。
自然休養林ヤクスギランドへ。
3時間ほどのコースです。
静かで風の音と時折聴こえる鳥や清流の音しかしません。

PC040070.jpg

PC040071.jpg

巨大な杉の空洞になっている根元は楽に人が入れてしまうどころか、「ここはnature houseになるね。」とのT.N.さんの意見。
ここをキッチンにして、ここをベッドルームにして、ここはバスルームとか楽しい想像は膨らみます。なんせ周囲が10mもあるので。

幹の内部から
PC040067.jpg

清冽な空気と匂いと音で体中が満たされて帰ってきました。
例によって温泉へ。
屋久島は温泉が多く、銭湯感覚で行けるのです。
島ですから海のものも豊かです。
海亀の日本で最大の産卵地ということですが、この保護にNPOの方々を始めとして地元としてとても大切に考えておられます。
小生も9月に鳩間島で海亀の遊泳を目撃しているので共感を得ることができました。
T.N.さんのおかげで島の色々な方達と知り合うことができました。
鳩間島のこともお話しました。
ボリュームはぜんぜん違いますが、人間関係は似ているなあとの意見です。
ただ、屋久島は移住者にとっては入りやすく出やすいとのこと。
それぞれのこだわりを持って住んでいらっしゃる方も多いようです。
多少八重山の島事情を知っている小生としては、話していて共感を覚える部分も多かったです。
T.N.さんはドイツの外交、法律の専門家。
今回はそれらやドイツをはじめヨーロッパの文化に関する色々な話ができてとても勉強になりました。
帰る前夜からは、T.N.さんの友人のオランダ人G.B.さん(発音がとても難しいのです。日本語には無い発声法なので。)がやってきました。
身長193センチのスマートでハンサムな独身君です。

T.N.さん(左)とG.B.さん(右)
PC050077.jpg

来年1月から東京勤務になるそうで。
現在は休暇中で、ベトナム、沖縄を回って屋久島に来たとのこと。
3人共通のサッカーの話題では盛り上がりましたね。
江戸、明治時代、ドイツ・オランダは日本の先生でしたしね。そんな話もしたなあ。
ライブのプロデュースから何から何までT.N.さんにはお世話になって感謝の気持ちで一杯です。
また、何よりも、演奏を聴いてくださって盛り上げてくださった屋久島の方々、議論をしてくださった方々、あたたかく迎えていただいた屋久島の方々に対して感謝の念に堪えません。
音楽家としては続けてきてよかったと思うときですよね。
ありがとうございました。
また近々訪問できると思います。
ではでは

2008年03月14日

屋久島、宮崎その1

皆様、今晩は。
3月7日から12日まで屋久島・宮崎ツアーに行ってきました。

いつもながら島とは思えないような風景
P3080003.jpg

屋久島は昨年12月に続いて二度目です。
相棒のピアニスト、ATUXIは、前回のブログに掲載した発表会の打ち上げの後、ムーンライトながらで既に出発しており、大阪―尾道―博多―鹿児島と鈍行でやってきた彼と鹿児島港で合流後、屋久島のT.N.さんのところへ。
前回もそうでしたけれど、今回も天気に恵まれました。夜に激しく降っていた雨が朝になったらやんだりして。
その日の夕食は、永田でただ一件の食堂「じゃらい亭」へ。
素朴な料理がとても美味しかった。
翌日は、友人達、家族連れも加わって賑やかになり、島の南側、尾乃間の「豆風庵」で初めてのライブ。

P3080014.jpg

「豆風庵」は豆腐とうどんを基本にした、木で造りこんだ天井が高くてとてもきれいなお店です。
12月に来たとき、店主のTさんから次は是非うちでも演奏してと言われていて、お店の雰囲気が音楽に向いていて、いい音が出るんじゃないかなと思っていました。
ライブ前に、素朴でとても熱い尾乃間温泉を楽しみました。
開始は、日が暮れ始めた6時30分頃からサンセット・ライブの雰囲気になりました。
屋久島は何処を取っても絵になるので、外の風景が大きく見えるオープンなスペースはとても気持ちが良かった。
お客さんは家族連れも多く、アット・ホームな雰囲気でゆったりと演奏できました。
帰り道、トイレ休憩に立ち寄った公園。
真っ暗で、満天の星の美しさに息を呑みました。
ここのところ、レパートリーに入ってきているマヌーシュ・スウィングのマヌーシュの意味についてT.N.さんから色々と教えてもらいました。
学校の歴史では殆ど学べないことだったので、興味が湧いてきます。
このマヌーシュ・スウィングは、ショーロと雰囲気がちょっと似ていて、とても哀愁が感じられる音楽です。
昨年、屋久島に来たときにT.N.さんから教えてもらって、それ以来、自分なりにレパートリーに取り入れたくて練習してきました。今回のツアーでは、本格的にレパートリー化してみました。
今後もこのレパートリーを増やしていきたいです。
9日は12月にも演奏した安房の「散歩亭」でライブです。
ここは、安房川沿いのとても気持ちのよいスペースで、とても音楽的な場所です。

P3090043.jpg

ゲストで二曲唄ってもらったUさんの唄もとても良かった。
誰かの真似ではなく、自分のスタイルを感じさせてくれました。

Uさんの唄と
P3090058.jpg

演奏中の突然の春雷と豪雨も雰囲気を盛り上げてくれました。
そんなこともあって、彼女が唄った「Agua de marco」は屋久島にとても合う唄だなと思いました。
お客様も満員で、盛り上げていただいてとても充実した演奏ができました。
小生が若かりし頃(十代の頃です。)通っていたジャズ喫茶の当時の店主の方にも来ていただき、当時、店でジャズを聴いていた若者が後になって演奏しているのを聴くことができて「俺は感激しちゃったよ。」との感想をいただきました。
小生も感無量でした。
お話していて、当時のジャズに対する思い入れが甦ってきました。

さて、翌日は、5時起きで縄文杉へのトレッキング。
往復9時間と言われていますので、スタート地点の駐車場には遅くとも7時にはスタンバイが必要です。
このコースは、登山口まで、トロッコレール(現在も使われています。)の上を2時間半ほど歩きます。
これが、山の中をレールが走っていく、てっちゃんにはたまらないコース。
乗り換え系てつのATUXIは、雰囲気を味わおうと時々走ったりしていましたね。
プチてっちゃんの小生もレールのたたずまい、何処へ続いていくか不安にさせるような雰囲気、森の中の線路、岩をくりぬいたごつごつしたトンネル、苔むした切り通しを進む線路、突然現れる分岐点や待避線、川の上の陸橋しかも手摺りなし(その上を歩くのだから、外したらまっさかさまです。)などなど、興味深い風景が延々と続きます。

P3100065.jpg

P3100069.jpg

P3100066.jpg

登山口からは、ちょっと頑張る登りを約2時間、縄文杉に到着です。

P3100071.jpg

登山口からは人が多くなって、終点は結構混んでました。
縄文杉も良かったのですが、レールの上をあれだけ長く歩けた方がよかったなあ。
今日は、その1ということで、このあたりにしておきます。
その2に続くということで。
ではでは

2008年03月19日

屋久島・宮崎その2

皆様、今晩は。
屋久島・宮崎その2であります。

良い天気の永田集落
P3080002.jpg

友人達の中に家族連れが二組いたのですが、縄文杉へのトレッキングは、奥様方が行くことになって、お父さんは子守。
ここに至るまでかなりの攻防戦ないし駆け引きがあったらしいのですが、つまり前日、前々日のライブの現場は滞在している永田から40km~60kmくらい離れています。
屋久島は周囲が130kmもあるとても広い島ですから、車での移動しか考えられないわけで、当然、帰りに誰が運転するか、即ち、飲みたいお酒を飲めないかが問題になります。
話しがまとまったのでしょう。つまり、お父さん達は、縄文杉よりも酒を飲みながのライブを取ったわけですね。
さて、下山して空港から帰路に着く友人達を見送ってから、小生とT.N.さんとATUXIの3名はゆっくりと温泉を楽しんで、さすがにその夜は早々に寝てしまいました。
前回もそうでしたが、T.N.さんの島での人気は高く、また島中にライブのフライヤーが貼られているところなど、機動力もすごい。
あっぱれとしか言いようがありません。
彼がいなかったら屋久島のライブは実現していなかった筈です。
本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
さて、翌日は宮崎でライブのため、移動です。
鹿児島中央駅から各駅停車の旅です。
てっちゃんであるATUXIは、今回も運転席から進行中の様子を動画に収めたりしております。
宮崎のライブハウス、「LIFE TIME」は、34年続いているというジャズクラブです。

IMG_1209.jpg

アケタ系ミュージシャンの出演が多い、フリージャズっぽいお店です。
マスターのKさんも筋金入りのライブハウスのおやじという感じで、懐かしくなりました。
屋久島で会った元ジャズ喫茶のおやじのFさんもそうですし、近いところでは、横浜は日の出町のファーストのマスターなんかもこの感じはありますね。
店もジャズっぽくていい感じ。
硬派のイメージです。
ちょっと野毛のドルフィーに雰囲気が似ています。
宮崎は、かつて、ATUXIが、よく演奏していた土地で、友人達が駆けつけてくれました。
ここでブラジル音楽は異色なのでお客さんの入りが心配だったのですが、宮崎大学のジャズ研の学生達も中央に陣取っていて、ありがたいことに満席。

IMG_1232.jpg

IMG_1241.jpg

IMG_1252.jpg

そして、久し振りのグランドピアノに喜んだATUXIは、気合が入って、2ステージめの最初の曲で(ソロピアノが先行する「バイーア・チャンプルー~ビリンバウ」です。)ピアノの太い方の弦を切るという荒業を披露しました。

切れた弦が見えます。他の音に影響が出ないように外に引き出します
IMG_1247.jpg

バーンという何か倒れたような、あるいは爆発音のようなすごい音がするんですね。
現場を見たのは初めてです。
その後はこの音を避けつつ、何事も無かったようにプレイを進めました。
お客さんもマスターも平然としています。
よくあることなんでしょうか。
終了後は、学生達がメモを片手に曲のことを聞きに来たり、感想を言いに来てくれました。
そのうちの一人、男子学生君。
小生に「あのときの演奏は、この人になら抱かれてもいいと思いました。そっちの趣味は無いんですが。」。
小生、あはは・・・・・・・(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)。
打ち上げは、宮崎風のおでんを囲みました。
春菊が入っていてこれが美味しかった。
というわけで、今回も充実した旅ができました。
関係してくださった方々に感謝、感謝です。
翌日、ATUXIは更に鈍行の旅を続けるべく八代へ向かって行きました。
彼は17日のエスペートブラジルのライブに帰って来たのですが、この旅は、2日のやはりエスペートブラジルでの発表会後の打ち上げからスタートしているわけですから、スタートもゴールも偶然に同じということでした。
ご苦労様でした。
ではでは

2008年04月11日

春の八重山・沖縄ツアーの道順

皆様、今晩は。
4月25日から始まる八重山・沖縄ツアーの全体がようやく固まりました。
以下のようになります。

4月26日 石垣市明石地区・明石公民館
4月27日 石垣市大浜のカガワ音楽教室
4月28日 昼間:石垣市立白保中学校 
夜:石垣市美崎町の「スリランカ」
4月29日 石垣市大川・「パパビゴーヂ」
5月3日  鳩間島音楽祭 (昼間の本祭)
5月4日  鳩間島S家にて恒例イベント
5月5日  石垣市伊原間地区・「たいらファミリー」
5月6日  石垣市野底地区のM.H.氏宅
5月7日  那覇市東町・「サクレ」
5月8日  南城市玉城・「たまたま庵」

石垣島に到着した翌日から連日の演奏になり、大変は大変かもしれませんが、全体的に見て、石垣島では市街地から北部まで、わりと広域ですし、学校あり公民館あり飲み屋街ありライブハウスあり食堂ありと、たぶん客層は全く違うのではないかと予想できるし、地元密着型なので、たぶん新しい出会いも期待できて楽しいものになると思います。
沖縄本島も全くタイプが違う場所での演奏です。
何とか公会堂とかが延々と続く人気ミュージシャンと比べるとラインナップがなんだかほほえましいです。
4月26日~28日までは、市内在住のT先生のプロデュースによるものです。
T先生といえば、小生と鳩間島の音楽的な出会いを作っていただいた恩人で、このブログにも何回か登場しておられます。
現在は、石垣市内で中学校の校長先生をしておられますが、とても音楽が好きな方で(ご自身のギターと唄もうまい。)文化活動にとても熱心な方です。
若い頃、赴任した鳩間島では生徒が1人になってしまって廃校の危機が目前だった頃の先生です。
ご存知の方はいらっしゃるかもしれませんが、森口豁さん原作の「子乞い」に出てくる若い先生です。つまり「光の島」、「瑠璃の島」(「瑠璃の島」では女性教師になっていましたが。)の若先生のモデルですね。
「光の島」のエピソードどおり、奥様は当時の鳩間島の同僚先生なのです。
鳩間校の校長先生だった時以来、お付き合いが続いていますが、何時もながら先生の精力的な動きには脱帽すると共に感謝です。
今回、白保中学校は授業の一環として演奏することになります。
以前、やはり市立伊原間中学校でも演奏したことがありますが、学校公演は意義があります。
今回は、ブラジルネイティブのようなKAZU氏がいるので、ブラジルの地理、歴史、文化と音楽を絡ませて、異文化に対する理解と興味を喚起させるような内容、それでいて授業というイメージではなく楽しい40分を演出したいと考えています。
5月になりましたら、このツアーの報告をできると思います。
ではでは

2008年08月07日

真夏の九州・屋久島ツアー

皆様、今晩は。
7月25日から8月1日まで、熊本、宮崎、屋久島へのDUAS INTENCOES(小生と鈴木厚志(pf)のデュオ)のツアーに行ってきました。

宮崎・熊本編

初日は、ブッキングの不手際があってオフになってしまいましたが、この日のホテルは宮崎、大淀川沿いのホテルで、温泉大浴場、サウナ、露天風呂付きですっかりのんびりしてしまいました。
しかも、夕方から併設のビヤガーデンで日向木挽き(宮崎の名物的芋焼酎)飲み放題、1000円という催しが開催されており、川沿いですから船に乗ったような心持になりながら、観光気分。

翌日は、熊本に移動して、「JAZZ INN おくら」でライブ。
ここは、友人の熊本大学JAZZ研OBのT.K.さんがプロデュースしてくれた場所。

P7260004.jpg

T.K.さんも楽器を持ってジャムセッションに参入します。
3月にライブをやった宮崎の「ライフ・タイム」と同じく、古きよき時代のジャズ・ライブハウスです。
昔は東京にもこんな店がいっぱいあったのですが、今はもう数えるくらいしかありません。
逆に、ファッションとしての体裁をとっているだけの店はありますが。
東京を離れれば、まだまだ筋金入りのジャズクラブがあるんですね。
マスターが個性的なのが共通点。
ここのマスターも、穏やかですが芯の通った面白い方でした。
後半は、T.K.さんを始め、熊本大学JAZZ研OBや現役の方達を交えてジャムセッションです。
終了後にいただいた馬刺しには感激いたしました。

P7260011.jpg

是非またやりたい場所です。

翌日は宮崎に移動して、「SOHO」でライブ。
この日は、メインストリートを通行止めにして、大きいお祭の夜でした。
この店は、地元ミュージッシャンが練習に使ったり、ライブに使ったりと、普段からライブモードのお店です。
後半のジャムセッションでの、地元ミュージッシャンの方々のレベルが高いことにびっくりしました。
ギタリストの方や、ブルースハープの方や。
テキーラなんて、知ってはいますが始めて演奏しました。
ギターを教えている方がアドバイスしてくれたので楽に出来ました。

ここもまた演奏、ジャムセッションしたい場所です。

屋久島編

翌日は、宮崎から鹿児島へバスで移動して、屋久島へ渡ります。
途中、鹿児島県へ入ってから、一部の地域だけ、晴れているのに灰が立ち込めて屋根や車に降り積もっているのにびっくりしました。
桜島の降灰なんですね。
風向きによって灰の流れがはっきり見えます。
暑いのに窓も開けられないし、洗濯物も干せないだろうな。
以前地元の人に聞いた「桜島は無くても困るけど、あっても困る。」という言葉が実感として分かるような気がしました。

屋久島宮之浦港へ到着して、滞在中何から何までお世話になるT.N.さんと、明日のライブ会場の「café Jane」へ挨拶。

cafe Jane
DSCF4241.jpg

cafeの庭の屋久鹿(別に飼っているわけではありません)。親子のようです。
DSCF4432.jpg

マスターのFさんは、前回訪問した際、小生が高校生の頃からJAZZつながりがあった方ということが判明し、三十数年の時を経て彼の店でライブが出来るということは感無量なのです。
今は、環境文化村センター内のカフェのマスターですが、お話しすると、まちがいなく筋金入りのジャズ喫茶の親父です。
今夜は、島在住の方達と交流会。
観光シーズンのこの時期は、少しでも観光に関わりのある方々は大変忙しく、シーズン中は一日の休みも無いとのこと。冬場は暇になるのでこの時期に集中的に仕事をすることになるそうです。
例えば、カヤックやダイビングのインストラクターやガイド(登山関係は冬場も忙しいでしょうね。)、旅館、民宿等々。
ただ、農作業や塩作り等、冬場でも仕事はありますが。
皆、誇りを持って仕事をしていることが伺えて、つい小生も嬉しくなって杯を重ねてしまうのでした。

翌日は「café Jane」でのライブ。
ゲストボーカルは島在住のUさんです。
彼女は、Fさんが色々とアドバイスをしているようで、JAZZYなボーカル。
自由な発想で唄っているなあとの印象は、前回のときからありました。
今回はたっぷりと唄ってもらいます。

P7290030.jpg

DSCF4464.jpg

「café Jane」は、暮れ行く宮之浦港をバックにして、とてもよい雰囲気。
マスターの提案は、音が回ってしまう構造だからP.A.は入れない方が音が良く届くはずだと。
さすが、もとジャズ喫茶の親父。鋭い提案です。
案の定、結構広めなのに生ギター、生声で、奥までバランスよく聴こえていたとのことでした。
この日は島在住の顔見知りの方がお客さんに多くいらっしゃって、とてもリラックスした雰囲気で演奏できました。

DSCF4456.jpg

ボーカルのUさんはちょっと緊張していたようでしたが、程よい緊張は必要です。
明日も共演するので、もっと慣れていくでしょう。

翌日は、今回で三回目、安房の「散歩亭」です。
この日は、お昼から、近所の永田川の天然プールに泳ぎに行きました。
川で泳ぐというのは大きな楽しみだったんです。
なんせ暑いし。
昨日は、一昨日浮かれすぎて飲みすぎて、駄目になってしまったので今日こそはと。
うちから車で5分、徒歩5分。清流が溜まっている素晴らしい天然プール。

P7300034.jpg

P7300036.jpg

水はちょっと冷たいけれど、きれいで、天然ウォーター・スライダーもあるし。

DSCF4501.jpg

川底や岩には、これはかじかじゃないかな、今ではあまり見られなくなってしまった魚がいっぱいいます。
昔々、新潟の三面川にいっぱいいました。
暑い夏には最高です。
体も気持ちもすっきりして、「散歩亭」のライブ。

散歩亭の夜
DSCF4421.jpg

今夜は、観光客の方とか若いお客さんが多かったように思います。
島在住のFさん(昨日のマスターのFさんとは異なります。)は東京から移住したパンデイロ奏者、彼も含めて打楽器をやるお客さんも何人か来ていたので、後半は皆が参加できるサンバを中心に演奏しました。
ここは何時も盛り上がります。

P7300042.jpg

P7300048.jpg

ボーカルのUさんも昨日に増してリラックスできたようでいい感じです。

DSCF4531.jpg

島在住の楽器奏者の方々も交流していたようです。
今宵の特筆すべきプレイヤーは、我々のコーディネイターであるT.N.さんでした。
彼のバイオリンのプレイは素晴らしかった。
ブラジル物、ジャズ・スタンダード、マヌーシュ・ジャズとプレイしましたが、音色がきれいで、繊細で、自分を強烈にアピールするのではなく、自然に寄り添うように入ってきます。
ソロプレイはとても繊細で人々の気持ちをリラックスさせる音でした。
こんなに良かったんだったら、もっと早くから一緒にたっぷりとプレイするんだったと後悔しましたね。
この店も川沿いで夜景がとてもきれいです。

次の日はオフです。
川へ泳ぎに行った帰り、初日に一緒に飲んだ、塩作りをしているWさんの仕事場を見学しました。
海水を汲んできて、レンガ造りのかまどで炊き上げ、1000ℓの海水から約25~30kgの塩ができるとのこと。
これを畑と一緒に一人でやっています。

海水を汲み上げて溜めておく。
P7310049.jpg

海水を炊く釜
P7310050.jpg

夏は、釜を炊いているので当然暑いです。
大汗をかいて仕事をしていました。
すごいなあ。
でも、自分で作り上げた物が形として現れるというのは喜びですね。
あまりに貧弱な例ですが、家庭菜園も同じです。

この後、前々から行きたいと思っていた、海岸から遠くはなれて山奥にあるひっそりとした集落、白川集落の知りあいのお家を訪問しました。
この集落は、海や農業や観光という資源で成り立っている海沿いの集落とは異なる山奥にあります。
自然と人間の係わり合いを哲学的な作品に深めた、世界的な詩人、故山尾三省氏(興味のある方、是非検索をお奨めいたします。)が没するまで暮らし、創作していた場所です。
戸数は三十戸くらいでしょうか。
川沿いのとても静かな集落で、川の音と風の音、鳥の声しか聞こえてきません。
知人のIさんは、一奏の集落から最近こちらに引っ越してきました。
ライブにもよく来ていただいています。
テラスもあるログハウス
海沿いより涼しくて、とても静かな暮らし。
素敵な暮らしですが、大変さもよく分かります。
いけないとは分かっていつつ、ついつい鳩間島と比較してしまうんですね。
しかし、皆さん大変なことは分かっていても、屋久島が本当に好きで生活しているということがよく分かります。
自分の生活に誇りを持っているように思えます。
Iさんのお家でお茶だけいただくつもりが、ついついゆんたくが長くなってしまい、軽い夕食までいただいてしまいました。夕暮れ時は西へ向かって帰ると、夕陽が美しい。

P7310053.jpg

1週間の旅でしたが、それぞれの土地と個性的な人達、プレイヤー達と交流できてとても豊かになった様な気がします。
演奏することも喜びですが、土地の人達との交流が旅の圧巻なんです。
お世話になった、熊本大OBのT.K.さん、屋久島のT.N.さんをはじめ、皆さんありがとうございました。
ではでは

2008年09月10日

台風13号

皆様、こんばんは
今年は台風が来ないなあと思っていたら、今日発生しましたね。
台風13号。
フィリピン海域を北西に進んでいるとのこと。
明日から22日まで沖縄・八重山ツアーなのですが、直撃か、あるいは微妙にずれるかといった感じです。
野外での演奏は無いので、その点はよいのですが、とばらーま大会とか、船便がどうなるか、最も基本的には、石垣行きの飛行機が欠航しないかどうかというあたりが気になります。
ま、この時期の沖縄行きは、常に台風の心配があるわけですから、折込済みではあるのですが、気にはなります。
といっても、自然界との付き合いですからどうにもなりませんね。
過去にも、石垣で足止めをくらった、鳩間島から早めに引き上げたとかの経験はありますが、足止め状態は暇です。
なんとか暇な状況を前向きに使えるようなことを考えはしますが。
ま、無駄な抵抗はやめて状況に任せて行くことにしましょう。
帰ってきましたらまた報告いたします。
ではでは

2009年03月18日

春の鹿児島・屋久島

皆様、こんばんは。

3月13日から16日までの鹿児島・屋久島ツアーから戻ってまいりました。

13日は荒天でした。
鹿児島行きの航空機が宮崎で降りてしまうかもという条件付での運行。
幸いにして鹿児島に着いたものの雨・雨・雨・・・・です。

今回の鹿児島は初めてのお店「RECIFE」でのライブ。
イギリス人のRさんがやっている、こじんまりとしたとてもよい感じのお店です。
彼はブラジルに住んでいたこともあって、店の名前どおりとてもブラジル音楽に合う雰囲気のお店です。
奥様Nさんは日本人。
お家に泊めてくれたり、打合せも含めて大変お世話になりました。

P3130019.jpg

P3130022.jpg

客席の様子
P3130017.jpg

木の造りなので音は良かった。
お客様は外人率70%、欧米人が多いようですが、ブラジル人もいました。
世が更けるにつれお客様が増えていきます。
カホーンで参加する方もいて盛り上りました。
鹿児島の拠点になりそうなお店です。
また、やりましょうねと約束して、今夜はRさん、Nさんのおうちにお泊り。

翌14日も荒天です。
しかも寒い。
前日と10度くらい差がある感じです。
屋久島行きの高速船は欠航。
でも、大型のフェリー、屋久島2は出るとのこと、
ホテルのようなフェリーです。サウナもありました。
しかし、鹿児島湾を抜け外洋に出てからは約2時間、屋久島へ着くまで、遊園地の魔法のじゅうたん状態。
寝ているしかありません。

屋久島・宮之浦港は、息も吸えないほどの強風。
島での我々のマネージャー、Tさんと奥様Dさんとの再会を喜び合います。
今夜は、このツアーの一番の楽しみでもある、島唯一の内陸集落、白川山公民館「やまびこかん」での演奏があります。
昨年訪れたときは、その静寂さと清冽さと山の深さに圧倒された場所です。
詩人、山尾三省氏ゆかりの場所ですね。

P3140024.jpg

準備
P3140023.jpg

開演の挨拶
P3140027.jpg

前日から島の人達によって入念な準備がなされたそうです。ありがたいことです。
飲食持込大歓迎の村イベント。
これって、石垣、鳩間の公民館イベントにそっくりではありませんか。
実際、雰囲気も似ていました。
我々を前から聴いている島の聴き手はこの雰囲気をちょっと心配したようでしたが、我々は八重山ですっかりなじんでいる雰囲気で、とてもリラックスして演奏できました。
皆さんの料理も素晴らしく美味しかった。
もちろん酒も。
老若男女、色々な方に楽しんでいただけたようでした。

P3140031.jpg

P3140036.jpg

P3140048.jpg

P3140050.jpg

P3140051.jpg

セッション
P3140052.jpg

さて、翌日は昼下がり午後1時からのコンサート。
すっかりおなじみになった安房の散歩亭です。
何時も夜にやっているので、午後のコンサートで大丈夫だろうかとお店も気をもんだようでしたが、天気も良かったこともあって、音楽の雰囲気が安房川沿いのお店の雰囲気にあって、とてもリラックスした良いコンサートになりました。
お店のスタッフもびっくり。
新しい発見でした。
次回は日曜の日没に丁度かかるように、sun setコンサートにしたいとまではまったようでした。
日曜日、宵の口に終わるというには、飲みすぎない、したがって時間もあるから明日に向かって休養できる、一日を有効に使えると、とても良いことと思います。

P3150079.jpg

P3150067.jpg

セッションもあります。
P3150092.jpg

P3150095.jpg

P3150097.jpg

P3150064.jpg

安房川を臨む店内
P3150072.jpg

我々も演奏を終えてから時間に余裕があるので、温泉へ。

尾乃間の海中温泉に向かいます。

海と殆ど同化していて、それでも結構熱い。
混浴露天しかも脱衣所なし。
でも、男女みな、堂々と入っておりますな。

男性は前を隠しても可。ただし湯船にはタオルを入れない。
女性はバスタオル湯船の中も可。
厳密なルールがあります。
そうは言っても、脱衣所はオープンエアだから。
思い切ってしまえばどうということはありませんね。

ここで、我々の聴き手である島のT病院の内科医であるI先生と遭遇。
雑談。
島での一番の疾患って何ですかね。
肉体労働が多いから怪我は多いですけれど、ダントツは便秘ですよ。
何故か。
屋久島は超軟水の島だからそうです。
軟水は肌を滑らかにさせたりしますが、極端なのも良し悪しだそうで。
便秘は放っておくと腸炎を引き起こしたり、大変なことになるそうです。

さて、今晩はツアーの最後の開放感もあって、永田集落の唯一の食堂(これが美味しい。)で夕食へ。

Tさん、Dさん、島の友人達も交えて食事から酒盛りへ。
隣の席で漁協の連中がカラオケを始めたのをよいことに我々もカラオケへ突入。
Dさんのnative中国語によるテレサ・テンとかATUXIの荒井由美(松任谷ではありませんね。)とかTさんのカーペンターズとか等々。
最近のカラオケって何でも出るんですね。
殆どやったことがないので結構びっくり。
試しに、探してみたらありました。
小生の必殺技、一節太郎の「浪曲子守唄」。
唸らせていただきました。
セリフもあるから嬉しいね。
その後は、中国・日本・沖縄と乱れていきます。
沖縄ものが随分唄えるようになっているのですね。
おうちへ帰ってからは、サルサのステップ講習。
楽しい一夜は更けて行きます。

翌日も好天です。
さすがにちょっと疲れました。
鹿児島行きの高速船はぐっすり。

今回は、鹿児島市内でライブが出来たことと、白川山集落でのとても暖かい雰囲気のイベントが出来たこと、散歩亭の昼のコンサートの雰囲気がとても良かったこと、そして何よりも、屋久島のTさんDさんご夫妻、屋久島の友達、鹿児島のRさんNさんご夫妻、皆さんと濃密な時間が過ごせたことがとても楽しくかつ収穫になりました。
皆に支えられてこそ旅のよさが成り立ちます。
ありがとうございました。

Tさん、お返しと言っては何ですが、来月は小生の地元(?)、石垣・鳩間でお世話してあげますからお楽しみに。
ではでは

2009年06月14日

毎年恒例の 豚丸→遠刈田大道芸フェスティバル

皆様こんにちは。

1. 豚丸

ここ何年か私的には、八重山・沖縄→豚丸→遠刈田大道芸という流れがすっかり定着してきたようです。

このブログを以前からご覧になっている皆さんは、「豚丸」というのは何のことかお分かりかと思います。
「サンバと豚の丸焼きの宴」というのが正式名称で、群馬県片品村で温泉民宿を何軒か借り切って行なわれるそのイベントは、文字通りの内容で、毎年毎年参加者が増えています。
今年も新宿発の貸切観光バスで、要は大人の遠足なのです。

豚の丸焼きなどというものは、普通は1年に1回、このイベントでしか食べることが出来ないので、いかに美味しくかつ無駄なく楽しく食するか、かゆいところに手の届く準備の周到さには頭が下がります。
もちろんライブがあるので、音楽を楽しみながら、食べ、飲み、温泉入り放題と、楽しいこと以外はこの場には無い贅沢さ。

豚を焼いています。
P5300002.jpg

(昼)手打ちうどん+釜焼きピザ、(夕刻)豚の丸焼き+付け合せの野菜、(夜食)スーラータンスープ、(深夜)おでん屋台開店、(翌朝)各人宿泊先の民宿の朝食、(昼)残りの豚を使ったトン汁スイトン入り、この間飲み放題。

会場のレイアウト、ちょっとした飾りつけや進行のスムーズさは幹事さんたちのセンスの良さが存分に発揮されていて、参加者はとことん楽しむことが出来ます。

会場の様子
P5300003.jpg

夜になるとおでん屋になります。
P5300004.jpg

釜揚げうどん
P5300005.jpg

ピザ釜
P5300014.jpg

ライブです。
P5300011.jpg

P5300013.jpg

P5300015.jpg

ただ、この季節、少々天候に不安があり、昨年に続き今年も多少雨にたたられはしましたが、そこはこれだけの企画をするスタッフ達ですから雨対策も周到で、あまり影響も無く楽しむことが出来ました。
また、今年は、ゴミを減らそうとのかけ声の下、マイ食器を持参するという新しい試みも行なわれ、皆どのような食器が軽くて効率的か頭を働かせたようです。
小生は、弁当箱。
これは結構便利でした。
確実にゴミは減ったとのことでした。

焼きあがった豚を切り分けます。
P5300016.jpg

P5300017.jpg

夜のライブ、雨が降っています。
P5300021.jpg

このイベントで特徴的なのは、幹事さんたちの場の作り方の巧みさです。
例えば、深夜になると、おでん屋台が開店します。
こうなると、BGMは演歌。カウンターでは日頃の愚痴を垂れ合うおじさんやおねえさんで賑わって、ママやマスターが客相手に説教の一つでも垂れようかという場面が予想できます。
酒は当然熱燗で。

開店したおでん屋の前に佇む。
P5300023.jpg

繁盛しているおでん屋
P5300022.jpg

この理想的ともいうべき昭和30年代風おでん屋台の発想はとても素敵です。
おでん屋の小道具にもこだわって味を出しています。
こういう場を発想して作ってしまうことは巧みさを象徴しています。
小生的には、このおでん屋がとても楽しみなのです。
こういう場にあってもよいのは「流し」です。
去年はサンバの流しが来ましたが、今年は二人組みの演歌の流しが来てお客さんの涙と笑いを誘ったようでした。
お客さんも、例えば、上司と部下とか不倫カップルとか失業中とか浪人生とか誇大妄想気味の大学教授とか売れない作家とか閉店後のバーのママさんとか等々、役を割り振って皆で演じてしまうなんてのも面白いだろうな。

この広い会場を提供してくださる民宿のご主人Hさんもとても楽しまれているようで、ありがたいことです。
毎年のことながら、前日から入って準備をしてくださる幹事さん、スタッフの方々、ご苦労様でした。
来年も同時期に開催予定です。
が、今年秋にも縮小版を開催しようかという噂もあります。

ご主人Hさんによる閉会の挨拶
P5310027.jpg

集合写真
P5310026.jpg

2. 遠刈田大道芸フェスティバル

さて、翌週6日、7日はこれも毎年恒例の宮城県は蔵王町の「遠刈田大道芸フェスティバル」。
遠刈田温泉商店街の青年会を中心とした実行委員会主催で、毎年6月の第一土、日に開催されます。
今年で13回。
業者は一切入れず、町の人達だけで運営されている完全手作りイベントです。

小生は、ほぼ最初から参加していますが、初めは芸人さんたちをどう呼ぶかとか、運営をどうするかとか初歩的なことから苦労されていました。
実行委員会の面々は野毛大道芸を勉強しにも来ていました。
それが、町の人達の熱意と実行委員会の努力で、今では日本で有数の大道芸フェスティバルに成長しました。
大道芸人の質も高いし、運営もとてもスムーズです。

梅雨時で雨の確率は低くは無いのですが、今まで雨に当たったことはありませんでした。
が、今年は予報もかなり雨の確率が高い。

土曜日、栃木県辺りは晴れ間ものぞくこともありましたが、福島県辺りから雨がち、宮城県はどしゃ降り。
ついに始めて、土曜日の宵祭は中止になってしまいました。

本来なら、夕方から夜にかけて車通行止めにして、サウーヂのサンバショーとか、ジャグリングとか、夜に映える演目を行なうのですが、残念。
小生も、Teruyoさんとのベリーダンスのコラボがあったのですが、残念でした。
あれは夜のライティングにとても映えるんです。
その代わり、室内で軽くデモ演技を行ないました。

宵祭は中止になってしまいましたが、毎年恒例の土曜日の打ち上げ(芸人、スタッフ等一堂に会して)が近所の公民館で時間を繰り上げて行なわれました。
日曜日は終了後、帰り時間が早いので、土曜日にやってしまうのが恒例になっています。
例年ですと、宵祭が終わってからですから、22時半頃スタートで、翌日も早いので24時半頃には終了するものの、大道芸人の裏芸満載の中味がものすごく濃いものになります。
これが今年は、19時スタートのロングバージョン豪華版。
時間がたっぷりあるので、飲んだ量もたっぷりで、裏芸も超満載の豪華絢爛、抱腹絶倒、驚天動地。
芸人さんたちも今夜できなかったので、力が余っていたのでしょう。

終了後、小生は恒例の喫茶「キャロル」でのゆんたくパゴーヂで過ごします。
秋田のSさんも加わってゆったりとした演奏で過ごしました。

翌日は、晴れはしなかったものの何とか最後まで出来そうな天気。

P6070030.jpg

小生もベリーダンスのコラボとパゴーヂと2回、野外での演奏。

Teruyoさんのベリーダンスとのコラボは、鳩間島で一回あるのですが、ギターソロによるものは今回初めてでした。
アラブ風の曲はレパートリーに無いので既成の曲を2曲、オリジナルを2曲用意してみました。
彼女にとっては大変だったと思います。
スローな三拍子、ミディアムのジャズワルツ、8分の6拍子のミディアムファスト、あとはチック・コリアのスペインをモチーフとしたもの。
リハーサルする時間も無かったし、打合せ程度で始めてしまう即興のダンスだったし、曲も出かける前に聴いてはもらったけれど、知らない曲だったと思うので、いつもとは相当に勝手が違ったと思います。
それにも拘らず、充実した踊りを披露してくれました。
弾き手としての課題はまだ一杯あるなあと感じましたが、とてもいい瞬間もあったし、こういう試みも面白いと思いました。
機会があればまたやりたいです。
やはり、昨日は中止になってしまったけれど、夜のライティングでやってみたかったですね。
あと、贅沢かもしれませんが、周りが静かな環境でやってみたいですね。

大道芸フェスティバルの最後は、恒例、サウーヂによるサンバのジスフィーレ。
これを楽しみに来て下さるお客様も沢山いらっしゃいます。
サウーヂの面々も昨日出来なかった想いをぶつけるとてもよい演技でした。

バテリア
P6070035.jpg

P6070041.jpg

P6070046.jpg

ポル・メス
P6070042.jpg

ダンサー
P6070043.jpg

遠刈田名物、佐藤商会
P6070048.jpg

遠刈田名物? ピエロ
P6070034.jpg

いつもながらの町の皆さんの手作りのおもてなしを受けて、本当に楽しませていただきました。
土曜日が雨で中止になったのは残念でしたけれど、野外イベントというのはそういうリスクも織り込み済み。
今年はその分打ち上げも長かったし、みんなとゆっくり話も出来たし、また来年頑張りましょうということです。
お疲れ様でした。
ではでは

2009年06月29日

大多喜町・ハーブガーデン

皆様、今晩は。
6月23日、24日の両日、千葉県は大多喜町、「風薫る丘ハーブガーデン」で演奏してきました。
相方は、今回始めての顔合わせ、三四郎さん(as.ss.fl.vo.)です。
三四郎さんは、バークレー出身の東京ではストリートミュージッシャンの草分けのような方です。
東京都のヘブンアーティストでもあります。

小生も千葉県に住んでいるのですが、大多喜町というのは房総半島の中心部よりやや東南の方向にある場所。
列車で行こうとするとかなり不便なところなのです。
小生の住んでいる習志野市は、東京のベッドタウンと言ってもいい場所。
房総半島には位置していないので、大多喜町まではかなりの距離があります。
千葉県はかなり広い。
東方向と南方向に広がっているので、同じ県内でも移動は大変です。
同じような印象は、静岡県でも感じたことがあります。

鉄道で行くと不便なところですし、現場も駅から遠いので車を利用したのですが、この列車というのが、小湊鉄道というローカル線好きにはたまらない路線です。
まだ気動車です。しかも日中は1両編成。
キハ200系という1970年代から製作されている趣のある気動車が走っています。
東京近郊では、赤と黄土色のツートンカラーの気動車が走っている場所は殆ど無いんじゃないでしょうか。
八高線も変わってしまいましたし。

佇んでみたい無人駅多数。
小湊鉄道は、終点でいすみ鉄道に乗り換えなければ大多喜には辿り着けませんが、車で行くと、良い雰囲気の小湊鉄道の線路や駅と並行して走る区間が多いのです。
周りは田んぼと低い丘の田園地帯。
この時期、青々とした田んぼの中を行くレールを見ていると、なんだか想像力をかきたてられます。

市原インターから約40分程で目的地の「風薫る丘ハーブガーデン」に到着。
自然の丘を利用した広大な施設で、様々なハーブが育成され、広い庭園を構成し、この時期は花も溢れています。

P6230049.jpg

近隣は里山が広がっています。
P6230056.jpg

あまり日本的ではない風景
P6230050.jpg

P6230059.jpg

園内には、レストランやフランスから移築したという、趣のあるホテル、ショップやチャペル、ペットホテルまであります。

園内のホテル
P6230060.jpg

ペットホテル、なんとペットの運動場もあります。
P6230057.jpg

チャペル
P6230051.jpg

イベントは、招待客で構成されるオープニングセレモニーのようなものでした。
一日目は、良い天気になったので野外での演奏。
ただの野外ではなく、ハーブの香りに包まれた大きな木の下での演奏はとても気持ちのよいものです。

野外の演奏場所
P6230054.jpg

P6230052.jpg

お客様の感じを見ながら、普段あまり演奏をしたことがない映画音楽なども演奏していきますが、大体ボサノバ中心。
一日目は3回の演奏でした。
この日は、30分ほどかけて茂原まで移動して宿泊。
翌日は、予報が的中して朝から雨。
レストランでの室内演奏になりました。
このレストランも都会では考えられない広いスペースで、野外レストランやハーブの温室とつながっていて、吹き抜けの二階には、おそらくチェーンソーで製作したと思われる彫刻などがあり、散策するだけでも面白い。

レストラン
P6230058.jpg

レストラン内部、今日はビュッフェ形式です。
P6240062.jpg

チェーンソー彫刻(と思われる。)の熊さん
P6240063.jpg

P6240064.jpg

ハーブの温室に入ると、一気に温度が上がり、むせ返るようなハーブの香りで一杯です。
昼頃からは雨も上がって来ましたが、この日は残念ながら野外での演奏はありませんでした。

二日間、平日にも拘らず、イベントということでご招待のお客様で一杯だったようですが、決して交通の便がよいとはいえない場所ですから、普段はどうなんだろうと気になってしまいます。
アクアラインを使えば東京からあまり遠くないし、行き帰りの車もそんなに混まない場所ですから、自然に溢れた環境を余り時間をかけずに味わえるのは良いのかもしれません。
ただ、いくら施設が広いとは言え、よほどハーブに興味がある人ならいざ知らず、2時間もあれば食事も混みで楽しめてしまうので、例えば付近の里山の風景とか、小湊鉄道、いすみ鉄道の沿線風景とか、近場の外房勝浦漁港とか抱き合わせて一日楽しめる非日常の観光スポットを構成できれば楽しいかもしれません。
個人的には、キャンプ場なんか併設されていればいいなあと思いました。
数百メートルの近さにベジタブルガーデンなんてのもあったので(定休日でした。)、そちらにも興味を惹かれます。
普段あまり行ったことのない場所でしたので、興味深い二日間でした。
こういう印象を抱くこと自体、その場所や地域があまり知られていないということなんでしょう。
手軽に里の自然を感じられる穴場といえますね。
興味のある方はいかがですか。
施設の詳細はwww.herbisland.jpです。
ではでは

2009年08月25日

飯田線での演奏

皆様、こんばんは

何だか秋めいた涼しい風が吹いてきたこの頃です。

さて、ライブスケジュールにも記載してありますが、9月19日~23日と10月10日~12日の秋の連休にJR飯田線の車内と同線の中部天竜駅構内の佐久間レールパークで演奏します。
2011年に名古屋市にオープンする予定のJR東海博物館(仮称)にレールパークの一部を集約するための佐久間レールパーク閉園に伴うイベントということです。
詳しくはこちらです。
http://jr-centra.co.jp/

そもそもこの飯田線という路線は豊橋と辰野を結ぶ約200kmの区間に94駅というローカル線にしてはかなりの数の駅が存在し(これは時刻表を見てみるとかなり壮観です。)、また、戦前から電化されていた珍しい路線です。

これには、昔からかなり興味があって、何年か前に名古屋、大阪と旅した帰りに、わざわざ豊橋から飯田線に乗って飯田で一泊して中央本線経由で東京に帰ってきたことがあります。

豊橋を発車して1時間ほどで天竜川沿いを走る山岳路線になり、単線ですから列車交換のための停車時間も長く、駅も無人駅が多く、しかも駅だか道路だか分からないような駅があったりしてのんびりした路線だなあという印象があります。
そういえばこのブログにも書きました。

この手の路線は好きで、過去には只見線によく乗りに行きましたね。
この路線も合津若松から小出に至るローカル線で、福島県側は各駅前に公営無人温泉があったりして、一日に数本しか通らない列車を待ちながら温泉につかって駅でビールを飲んだりしていたものです。
とてものんびりとした路線です。

わりと最近では身延線というのも景色がよい路線でした。

いずれも只見川、富士川と川沿いを走る路線です。

そんなわけで、飯田線に乗れて(しかも通算8日間も)演奏できるというのはとてもラッキーです。

また、佐久間レールパークというものがとても興味深い場所で、大正から昭和、平成までの興味深い車輛が実車で保存してあるというマニア垂涎の場所です。

子供の頃から鉄道というものは好きでしたね。
引越しを多く経験して、その度に生活の中の鉄道が変わっていくという環境があったんでしょう。
昭和30年代から数えて、目蒲線、小田急線、名古屋市営地下鉄、西武新宿線、池上線、都営浅草線そして京成線と生活中心路線は変わっていきました。

高校生の頃は、親戚のいる羽越本線にSLの写真を撮りに行ったり、ついでに米坂線のキューロク(この意味が分かる人は偉い。)の写真も撮りに行ったりしたものです。

てなわけで、この佐久間レールパークの展示車輛というものもとても興味深いものがあります。
特に、電車ではない客車(天井に丸い照明が付いているやつ)とか、吊り掛けモーター式の古い電車にはとても郷愁を惹かれます。
客車列車に乗って、青森まで行ったことも何回かありました。
八甲田○号とか、十和田○号とかね。
音楽と同じで、そのときの自分の生活と鉄道が重なっていて、あの頃の列車を見ると自分が何をしていたか何を感じていたかが思い起こされるのです。

さて、演奏は、イベント用の臨時列車の車内と、佐久間レールパーク内特設ステージということになっていますが、車内はトンネル内とかは大変でしょうね。
生音だし。
山岳部に入ってからはとてもトンネルが多かった記憶があります。
揺れもあるので、今のところは列車交換のための停車時間に車内でという予定でいますが、せっかくだから平野部の動いている車内でも演奏してみたいですね。
めったに出来るものじゃあないので。

というわけで、こういう企画を立ててくれたJR東海さんには感謝です。
帰ってきたら詳しいレポートを書きましょう。
ではでは

2009年09月26日

さよなら佐久間レールパーク第一弾

皆様、こんにちは。

9月19日から23日までのJR飯田線・佐久間レールパーク閉園記念イベントの演奏第一弾に行ってきました。
まずは率直な感想を述べると、自分が抱いていた、東海道新幹線に代表される正確無比なJR東海という大企業のイメージとはかなりかけ離れた、手造りでゆるくほのぼのとしたイベントでした。
遠刈田大道芸フェスティバルや鳩間島音楽祭の手造り感にとても似ているような気がします。
JR東海の職員の方々や地元の皆さんの熱意が伝わってくるイベントです。
すなわち、小生的にはとても好ましいイベントで、楽しませていただきました。

豊橋発8時28分、臨時列車の佐久間レールパーク1号に今回の相方、ts. ss.奏者の浅川宏樹さん、JR東海のスタッフと乗り込みます。
この佐久間レールパーク1号という車輛が117系という、普段飯田線を走っていない車両で、しかも中央のラインがデビュー色の茶色に塗られているという珍しいもので、写真を撮る人達でいっぱいです。

佐久間レールパーク1号
P9190002.jpg

この列車内で豊橋・本長篠間の停車区間4箇所で演奏します。
1回につき2~3曲、列車交換のためドアが開かない場所が二箇所、停車駅でドアが開く箇所が二箇所です。
ドアが開かない場所というのは、お客様(満席です。)もちょっと退屈してしまうので演奏は喜ばれました。
子供達の反応がいいですね。
撮影者多数。

P9200014.jpg

P9200019.jpg

P9200020.jpg

P9200023.jpg

約2時間かけて終着の中部天竜駅に着くのですが、演奏している間はあっという間。
演奏が終わると、列車は湯谷温泉駅からの山岳ルートに入っていきます。
鄙びたいい雰囲気の温泉街、天竜川支流のきれいなこと、見所がいっぱいあって、仕事でなければ、途中下車してのんびり過ごしてみたい駅多数。

長篠城跡
P9210039.jpg

車窓から天竜川の支流
P9220047.jpg

P9220048.jpg

そうこうしているうちに終着の中部天竜駅に到着します。

中部天竜駅
P9190013.jpg

中部天竜駅とレールパーク号
P9200027.jpg

佐久間レールパーク
P9190012.jpg

10時30分頃、レールパークはお客様で賑わっています。
この列車に乗り込むこと、そしてレールパークにいることは、テッチャン全開でOKなのです。
誰にも遠慮することなく写真撮りまくり。
プチテッチャンを自認する小生(車輛系です。)には佐久間レールパークは本当に楽しめました。
実車が展示してある、しかも一部の車輛には入れるし、オハ35形という客車は、ピアノ演奏を楽しめる食堂になっていたりします。
小生は特にクモハ12形が大好きで、昔の省線電車と言われた車輛ですね。

クモハ12形
P9210044.jpg

無骨な茶色の姿はとても美しい。
この型は昔山手線を走っていました。
それから東京から離れていったのですね。
中に入ることが出来ました。

P9210045.jpg

基本的に内装は木で出来ているんです。
丸い照明、扇風機、油が塗られた床等が郷愁を誘います。
もちろん冷房はありませんね。
座席に座ってうつらうつらしていると、目を開けたら昭和30年代に戻っているんじゃないかとの幻想を抱かせてくれます。ありがちな設定ですが。
オハ35形の客車は、若かりし頃、上野駅から東北方面へ長距離で乗っていったタイプです。
座席の片方の下に缶を差し込んで寝やすいようにしたり。

オハ35形の客車内では新幹線の現役運転士によるピアノ演奏があって、お弁当を購入して聴くことができたり、夕方からはビールおつまみセットと混みで聴くことができます。
CDも出していたりするかなり上手い方です。

オハ35形の車内
P9190010.jpg

そういえば、あの頃の電気機関車の懐かしい警笛の音を117系(佐久間レールパーク1号です。)は出してくれるんです。懐かしかったなあ。
中部天竜駅での発射の合図音は、なんとSLの汽笛です。

他にも興味深い車輛が沢山あります。

ラッセル車が何故か展示してありますが、飯田線には使うことはなく、高山線と東海道線関が原近辺でしか使わないものを、わざわざこのイベントのために持ってきたそうで、これもファンの人気は高い。

P9200024.jpg

モハ52形
P9190006.jpg

キハ48000形
P9190009.jpg

119系デビュー色
P9200025.jpg

Nゲージ
P9210043.jpg

プラレール
P9230049.jpg

プチテッチャンの小生はとても楽しんでいますが、演奏をしなければいけませんね。
野外ステージで11時と13時30分の二回です。
P.A.はありませんが、十分に聴こえる環境です。
アンプでギターだけ若干増幅しました。
お昼を食べながら聴いているお客さんが殆どですが、真剣に聴いてくれるお客さんもいます。

3日目と4日目はJR東海のブラスバンドが対バンでした。
都市対抗野球の応援なんかに駆り出されるそうでチューバやバリトンサックスも入った本格的なものです。

P9210041.jpg

地元の方達による手造り料理も販売されていて、これが安くてとても美味しかった。
こんなところは遠刈田大道芸と似た雰囲気です。
全体的に好天に恵まれて、汗ばむ陽気でしたが、特に二日目の日曜日は朝から晩まで雲ひとつない快晴。
この日は、JR東海職員の計らいでレールパークに程近い佐久間ダムを見学させていただきました。
昭和30年代前半に出来た巨大ダムです。
この付近は岩盤がとても固く工事も難航したそうで、当時の苦労が偲ばれます。
ユンボやパワーシャベルも国産はなくて、輸入したそうだというので驚き。
絶景であります。

P9200029.jpg

P9200036.jpg

ダムの上から
P9200030.jpg

ダム湖
P9200031.jpg


5日間、中部天竜と豊橋を往復し、すっかり駅の名前もなじんでしまい、車窓からの美しい眺め、平野部では刈り取り前の稲の美しさ、山間部ではダイナミックな川の景色等々堪能しました。
しかしこの区間の飯田線はほんの一部で、全線198km、駅数は94駅あるそうで、駅の表示にも全駅書ききれないようです。
中部天竜駅という昔ながらの駅の雰囲気を堪能して、JR東海職員の皆さんの熱意を強く感じた6日間でした。
JR東海職員の皆さん、ありがとうございました。
初めは、飽きるかなとも思っていたのですが、とても楽しくあっという間に過ぎた6日間でした。
最後に、豊橋名物という餃子を食べてから帰路に着きました。

P9230054.jpg

P9230053.jpg

来月10日から12日までの3日間もやりますよ。
ではでは

2009年10月16日

JR飯田線と佐久間レールパーク・完結編

皆様、こんばんは

10月10日~12日のJR飯田線・佐久間レールパークツアーを終えました。
これで9月からやってきた全日程を終了です。

この三連休は行楽日和の好天に恵まれました。
お客様も相当に来場されました。
11月1日が閉園なので、徐々にお客様も増えているようです。

石垣にいたとき、台風17号、18号が日本に近づきつつあり、18号の影響が本土に及ぶ前に帰ってきたのですが、その1日後、18号は愛知県に上陸、丁度飯田線沿いを北上し、飯田を通って本土縦断ルートをたどりました。

大丈夫だったのかな。土砂崩れや架線切断で不通になっていたりしないのかなと思っていましたが、その旨の連絡もないので無事だったんだなと。
そういえば、佐久間ダムに行ったとき、この辺りは地盤が固いので工事に大変苦労したことを聞かされていましたので、地盤の固さもあるのかななどと推測したり。

さて、三連休は、絵に描いたような秋晴れ。
温度も上がって日中は暑かった。
9月に5日間やっているので、要領は得ています。
駅名も結構覚えたし、景色のイメージもわきます。

ピアノの形をした店舗、楽器屋さんでしょうね。車窓から。
PA100002.jpg

10日と12日の相方はfl.の石井幸枝さん、11日はtb.の堂阪智之さん。
お二人ともイベントの趣旨をよく理解してくださって、お互い楽しく演奏できたと思います。

PA100006.jpg

PA100010.jpg

PA100014.jpg

PA100015.jpg

PA110029.jpg

PA110040.jpg

台風の影響と言えば、レールパークのステージの屋根が飛んでしまってなくなっちゃったことと、ついでにステージにしている平台も飛んでいってガラスを割ったとか。
どこのガラスだったのかな。
列車かしら。
屋根は、あまり日除けの効果はないのかなと思っていましたが、あるのとないのではかなり違いました。
炎天下、真夏のような暑さでした。
聞けば、この中部天竜という土地は、暑さ、寒さが極端なのだそうで、それもうなずけます。
特に11日の日曜日は暑かった。
この日だけで来場したお客様も4800名と賑わいました。

PA110041.jpg

この連休は、レールパーク1号2号の他に更に臨時列車のレールパーク91号92号も出ています。
自由席は立ってるし。
お子様連れの方、家族連れの方も多いのですが、いかにもマニアという感じの方も多々いらっしゃいます。
3日間いらっしゃるので顔を覚えちゃいますよ。
9月にもいたような気もするし・・・・・・・。

しかし、マニアの方というのは奥が深いですね。
車輛の写真を撮るのはよく分かるのですが、車輛のビスの写真ばかりを撮っている方もいらっしゃいます。
これはどういうコレクションあるいはこだわりなんでしょうか。

10月になると乗れる公開展示車両(車内に入れるということです。)が変わり、実はこれも楽しみだったのですが、モハ52形という戦前、京都・大阪間を36分で走ったという当時の代表的高速電車です。
フロントがとても優美な曲線を描いていて、モダンなデザインですね。

モハ52形
PA100027.jpg

車内も落ち着いた感じ。

PA100022.jpg

モハ52形の運転室。ここには入れません。
PA100021.jpg

お昼休み等の空き時間は涼しく寛げる空間を求めて、付近を散歩したりしていましたが、結局この車両の中が風が通ってとても気持ちが良くて、座席に座ってついうとうととしたりしていました。
年配の方が座席でにんまり。なんだかとても良い表情をしていたのが印象的でした。

涼しい空間、近所の吊橋。通学路になっています。
PA100026.jpg

吊橋から川を臨む。
PA120048.jpg

鮎目当ての釣り人もいっぱいいます。
PA110044.jpg

吊橋の上からでも見える魚。この大きさは鯉ですかね。
PA120049.jpg

相変わらず、JR東海の職員の方は大車輪の活躍で、本当にお疲れ様です。
11月1日の閉園までは土日祝日は泊り込みで仕事だそうですから頭が下がります。
応対や案内も丁寧で、なんだかJRの職員を見直したなあ。失礼・・・・・

鉄道に特に興味のなかった石井幸枝さんの感想が印象に残りました。
「今まで全然意識していなかった駅員さんとか鉄道の人達の一人ひとりの顔に注目するようになっちゃった。」

わかります。
どんどん合理化、機械化され、コンピューターによる制御がますます進んでいく鉄道にあっても、これを動かしているのは伝統を受け継いでいる鉄道マン、人間なんですよね。

そんな鉄道マン根性を体感できた貴重な体験でもありました。
参加いただいたミュージッシャンの方々、そしてJR東海の方々、ありがとうございました。

豊橋のホテルからの夕焼け。あまりにきれいだったので。
PA110047.jpg


2009年12月10日

冬の遠刈田ライブと常磐ルート

皆様 こんにちわ。

先週の土曜日は、宮城県遠刈田温泉の喫茶店「キャロル」で単独ライブを行なってきました。

遠刈田温泉といえば、毎年6月の第一土曜・日曜に行なわれる大道芸フェスティバルに参加させていただいていますが、今回は単独。
一つには、大道芸でも演奏する喫茶店「キャロル」は、広くて演奏しやすく、なおかつとても音楽的な空間で、この場所で落ち着いた雰囲気の中で演奏してみたいとかねてから思っていたこと。
また、寒い季節の遠刈田温泉の佇まいにも興味があったこと。
これも大きい要素ですが、土・日高速1000円てやつですね。
あと、大道芸の際はとても忙しくて演奏をじっくり聴く機会がない遠刈田温泉の皆さんに楽しんでもらいたいという気持ちが以前からあって、これらと時期的なタイミングがあったということでしょう。

今年は、まだ本来の冬らしい寒さが来ていないこともあって、道路の心配もさほどなく順調に到着。
これも、大道芸の際には混んでいてゆっくりと楽しむ余裕が無い鴨そばをじっくりと堪能。
夜はあいにくの雨となりましたが、野外イベントではないので心配はありません。
お客様は、地元の方々、旅館に宿泊している観光客の方々、仙台からも仲間が駆けつけてくれて、楽しい一夜になりました。

沖縄でもソロ・ギターでツアーをしてきて、最近はこのスタイルも気に入っているのですが、ごまかしが効かないまたは延々とごまかせるというところが難しい。
クラシックギター的には前者、その他的には後者で、この両者のバランスも考えなければいけません。
前者ばかり気にしているとブラジルスタイルのノリが失われてしまうし、そうかといって後者ばかりというのもだれてしまうし。
正味2時間。
最近良くやる作曲家別特集みたいなプログラムです。
そしてアフターアワーは、酒解禁のセッションタイム。
これが楽しみでもあります。

アフターアワー・セッション
PC060003.jpg

PC060002.jpg

思っていたとおり、喫茶店「キャロル」という環境での夜のライブがとてもいい雰囲気を創ってくれました。
準備をしてくれた遠刈田の皆さんに感謝します。

翌日は、とても良い天気。
今回は別ルートで帰ってみようと考えていまして、つまり常磐ルートです。
東北道だと、宮城・福島・栃木・群馬・埼玉・東京・千葉と帰ってくるのですが、今回のルートは、宮城・福島・茨城・千葉と簡略化されます。
で、日曜日1000円のうちに水戸まで移動してあとは一般道で行こうと。
月曜日に戻ればいいので、途中、水戸で一泊することにしました。

14時頃出発して水戸着は17時頃。
その日は疲れもあって早々に就寝、翌朝は6時起きで、30分ほどで行ける那珂湊漁港へ。
ここは茨城県でも有数の魚市場で、水揚げ直後の新鮮な魚が安く手に入ります。
早朝の市場の活気も楽しく、なんだかわくわくします。

PC070010.jpg

PC070011.jpg

PC070013.jpg

PC070014.jpg

これで1200円
PC070016.jpg

朝食と買い物を楽しんで、8時半頃出発。
前夜休息を十分にとったので今朝は快調です。
国道51号はあまり信号もなく、大洗・鉾田・鹿島を通って利根川を渡り千葉県へ。
途中、原子力開発機構と鹿島サッカースタジアム近辺は特に道路が良くなってました。

鹿島スタジアムの偉容
PC070015.jpg

利根川沿いのバイパスを走って印西市から南下して帰宅。
のんびりと走っても昼前には到着できました。
天気が良かったので、鹿島灘の海が太陽に輝いていて、海から離れてもぽかぽか陽気で気持ちのよい帰路でした。
このルートは初めてでしたが結構いいですね。
というわけで、今年は二回目の遠刈田温泉。
来年もこんな展開を更に発展させると面白いだろうな。
ではでは

2010年05月13日

2010年春の沖縄・八重山ツアー・序盤

皆様、こんばんは
恒例、春の沖縄・八重山演奏旅行から戻ってきました。
数えてみると、今年で8年め。
短いようで結構長く続いているものです。

今年は4月23日から5月10日までの18日間。
那覇→石垣→黒島→鳩間→石垣伊原間→石垣大川→南城市→座間味島→帰京
という行程です。
演奏形態は三種類。
ソロ・ギター、ジャズバンド、サンバ。
ソロ・ギターが結構多いこともあって、ギターは二台持っていくことになりました。
両手が完全にふさがるので雨が降ったらお手上げ。

23日は東京がとても寒かったので沖縄の暑さに期待して行ったら、涼しい。結局八重山までは長袖でした。
当日の桜坂「SACRE」はソロギター。
やっぱり二台持ってきてよかったなあと実感しました。
お店の基本はジャズですが、ライブとなるとお客様の楽しむ音楽のスタイルはあまり関係ないようです。
美可さんの素敵なボーカルも聴けて、ここでの演奏もとても楽しい。


2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20002.jpg

美可さん(vo.)
2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20003.jpg

翌24日
同じく桜坂の「R-Green」は新装オープン記念ライブ。
店が広くなり、演奏するスペースがとても贅沢に取られています。
メンバーは千葉俊行(ts.ss.)、リンタロウ(as.)、蔵方正仁(b.)、小生(g.)。

ところで、この日お昼に入った台湾系お粥屋さん(浮島通りが平和通と交差する手前左、客席数6)はとてもよかった。何がよかったかというと、美味しいことと値段が安いこと。高くて美味いのは当たり前。ここは大250円小150円程度でおかずも300円くらいまで。500円もあれば満腹。味は全てのバランスが取れているという感じ。屋台に毛の生えたくらいの作りも味がありました。

ベースの蔵方さん(那覇市在住)と話していると、なんと高校が同窓であるということでびっくり。
同業者で高校の同窓生とは今まで会ったことがないのに、よりによって那覇で会うとはね。

さて、演奏は室内に満員のお客様とバーベキューの煙が充満する中、始められました。

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20005.jpg

千葉さんの選曲でオリジナル曲も含めてゴリゴリのジャズ。でもなんだろう。とても演奏していて楽しい。何故か開放的な気分になれる。ブラジル音楽を演奏しているときの感覚にとてもよく似ています。
かつて、ジャズを演奏していたときはこうはいかなかった。
お客様もとても楽しんでくれているようで、演奏者の楽しさがお客様に伝わっているという意味で、サンバの演奏と似た感覚を実感できたのかと思います。

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20014.jpg

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20015.jpg

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20016.jpg

しかし、いつもの年に比べてとても涼しいというよりは、夜になると肌寒い。
沖縄をあまり実感できない天候です。

25日は石垣入りです。

石垣も涼しい。どうしちゃったんでしょうね。
今日は、トライアスロンで市内への車の通行が制限されており、タクシー運転手が大渋滞だとぼやいておりますが、4~5分の停滞ならどうってことないでしょ。

本日は、登野城の「STERRA」にてソロ・ギターのライブ

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20023.jpg

ゲストに野底在住のジャズボーカリストの千里さんが加わります。

千里さん(vo.)
2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20025.jpg

彼女とはベーシストのだんなさんも一緒に八重山での最後の日まで絡むことになります。

29日のリハーサル30日のライブまで暇です。

あまり天気も良くないし、市街地をぶらぶらしてもしょうがない(今年はいつも車を借りるT先生が転勤したので車がありません。)ので、練習したり知り合いと飲みに行ったりでゆっくり過ごします。

小生は、話題のお店の何やらを食べたいとかいうことに関しては全く興味がないので、地元の普通の食堂や普通の弁当や普通の酒で十分満足。
鳩間島の友人が石垣に出てきてフサキリゾートでご馳走になったのが唯一の贅沢かな。

27日は浦崎一門のTさんが教頭を務めている黒島へ。
雨でとても涼しく寒いくらい。

天気が良ければ海へ行ってみたりするのですが、車で島内散策。
牛が多い平べったい島です。お盆を裏返しにしたような感じ。

悪天候に付きこんな愛想のない写真です。
2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20029.jpg

みゃーみゃー鳴き声がするので子猫でもいるのかなと探してみても姿は見えず、これの正体は孔雀。
小浜島のリゾート施設から逃げ出して小浜で野生化したのが黒島まで飛んできて繁殖しているとのこと。畑を荒らすので歓迎されざる存在ですが、ハブは食べるとのこと。あの羽はサンバダンサーには垂涎の品でしょ。害鳥だから文句を言われないかもね(この点は分かりません。)。
夕食後T教頭と彼のオリジナル曲の音合わせをして、ライブに呼ばれている民宿「南来」(なんくる)へ。

ここのご主人Fさんの三味線がとってもファンキーでした。
前ノリのリズムでぐいぐい行く感じ。
Tさんと黒島のメンバーと共に鳩間の音楽祭にも出演するということで楽しみ。

黒島から戻って、鳩間島へ食料を送ったりなんだかんだ。しかしこの時期に鳩間行が欠航になったのは珍しい。やっぱり天候が変。今年は例年のようにピーカンの音楽祭とはいかないかもと一抹の不安。

30日はパパビゴーヂでITA e KAZUのライブ。
この頃になると、我々の仲間達、サンバ関係者も石垣入りし始めています。
久々のデュオライブはしっとり系から踊れるサンバまで幅広く演奏。
ラインなしのクラシックギターで演奏。
十分な音量が得られてやりやすかった。
お客様も十分に楽しんでいただけたようでいつもながらの楽しい一夜でした。

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20007.jpg

2010%E6%98%A5%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E6%B2%96%E7%B8%84%20022.jpg

翌5月1日は鳩間入り、1便で行くつもりなのであまり遅くならずに帰りましょう。

(鳩間島編に続く)

2010年07月25日

福井・大阪・尾道・高松

皆様、こんにちは。
大変ご無沙汰いたしました。

さて、今回は7月17日~22日までの福井・大阪・尾道・高松の旅の模様を記してみます。

この週の前半は不安定な天候が続いていて涼しかったりした日もあったんですが、出かける前日あたりからは突然暑くなってきて、福井へ着いたら関西、北陸、関東甲信越まで梅雨明け。日中は36度の猛暑です。

福井は結婚式の仕事二題。

本日の会場、ポルトガル料理のお店「バスコ・ダ・ガマ」
IMG_0557.jpg

珍しいポルトガルのグリーンワイン、スパークリングですがシャンパンより美味しいかも
IMG_0559.jpg

最近、ボサギ道場で取り上げる曲も結婚式ではNGか否か考えてしまいます。
これが結構面白い。
ボサノバは軟派な歌詞が多いですね。
あまり気にしなくて大丈夫。
サンバは大変。
惚れた分かれた生きるの死ぬの・・・・生の感情が吐露された歌詞が多い。
ただ、メロディの雰囲気と歌詞の内容はかなり異なっていて、歌詞さえ(当然題名もですが)知らなければ非常に美しい曲がいっぱいあります。
ギターでメロディだけ奏でるのであれば曲調でOK。
例えば、Triste(悲しみ)、曲調は始めから最後まで明るい。
Tristeza(悲しみ)、これも曲調は始めから最後まで明るい。
Felicidade(幸せ)、題名に反して、悲しみは終わらないが幸福感はすぐに終わってしまうという歌詞が冒頭にきます。曲調は7-3で明るい。
一例ですけれど、こんな見方も結構面白い。

18日の披露宴は人前婚から続くフォーマルな披露宴。
それなりに選曲します。

本日の会場
IMG_0560.jpg

最後、新郎新婦がご両親に花束を渡してお礼の言葉を述べてから、打ち揃ってお客様に挨拶しお客様御退出の場面の演奏は選曲とも任されていたのですが、最後に演奏せずに残っていた、ブラジリアンクラシックギターの名曲、Joao PernambucoのSons de Carrilhoesを演奏しました。
演奏していた本人がびっくり。
場の雰囲気が一変して、まさしく「お開き」という雰囲気になってきます。
こんなに「お開き」にぴったりの曲だったんだ。
Sons de Carrilhoes の意味も鐘の音という、まさしく教会の鐘の音をイメージするメロディで場にもぴったり。
場に合わせて、はしょったりして終われてしまう、しかも荘厳な感じで、というところが演奏者からしてはおいしいですね。

というわけで、福井の仕事二題も無事完了。

小松までは飛行機での移動でしたが、次の大阪、尾道、高松はプチ・てっちゃんとしては当然各駅停車の旅です。

19日、本日の大阪・肥後橋駅着が15時頃指定。福井発は10時過ぎ。各駅にしても多少調整は必要です。
敦賀で途中下車、お昼にカツ丼、当たり前のソースカツ丼を食べます。美味しい。

敦賀駅
IMG_0569.jpg

10分弱も走行している北陸トンネルもよかったね。

敦賀からは、速いですね。姫路行きの新快速湖西線経由で大阪まで真っ直ぐ。
猛暑日なので琵琶湖が湖水浴場になっていてすごい人出。
しかし、流れ込む川が結構濁ったりしているのは大丈夫なんですかね。

琵琶湖
IMG_0575.jpg

大阪、久し振りのChove Chuva。

本日は、毎週月曜恒例のRoda de Choro に合わせてのソロライブ。

ソロ・ギター
IMG_0576.jpg

大阪の濃い聴き手を意識しながらマニアックな曲を選曲します。
演奏者としては、テクニック的には難しいのですが、実はこれが一番やりたかったプログラム。緊張します。
でもこの緊張をほぐしてくれるのはやはりお客様なんですね。
聴き手の気持ちが直に伝わってくるような感じがすると後押しされます。
一人で聴き手と対峙するというのは、真剣勝負という面もありますが、小生にとっては聴き手と一緒に音楽空間を創り上げていくという感が強いです。
今晩もお客様に随分助けられて充実した演奏をすることが出来ました。
楽しかった。

後半はセッションも
IMG_0579.jpg

IMG_0582.jpg

IMG_0584.jpg

IMG_0586.jpg

Roda de Choroの様子 
IMG_0587.jpg

IMG_0589.jpg

IMG_0591.jpg

IMG_0593.jpg

翌20日は、尾道へ移動なので、古くからのサンバの先輩、鳩間ライフの後輩Iさんと昼から梅田で串揚げ&ビールなど。

本日、20日もピーカンの猛暑。
今日は尾道へ移動です。
今日の移動はちと長いけれど、17時頃に会おうと指定されているので余裕はあります。
大阪から相生、相生から岡山、岡山から尾道と乗り換えて尾道着。
本日の目的地は、とても楽しみにしていた尾道は妙宣寺。
山陽本線は尾道付近になると景色が変わってきます。
右手が山肌、左手が瀬戸内の海というよりは造船所の景色。

尾道駅前
IMG_0594.jpg

本日は、今後のライブ会場になろうかという妙宣寺の下見も兼ねています。
などと言うとおこがましいのですが、知人に紹介していただいた音楽好きの住職のいる古刹
です。
尾道は初めてなのでとても楽しみにしていました。
前評判どおり坂と階段が多く、古くからの町並みが残されている美しい街でした。

尾道の町並み
IMG_0602.jpg

時計屋さんの看板が面白かったので
IMG_0605.jpg

でも一番印象に残ったのは、妙宣寺の住職(正式には副住職ということですが住職の方が分かり易いのでこの呼称にしましょう。)のKさんでした。
八重山や沖縄に行ってもこのパターンは多いですね。
まずは、K住職お勧めの尾道ラーメン。

IMG_0595.jpg

休日には行列を作って食べているとのことですが、そんなもんじゃあないだろとおっしゃっておりましたが、行列嫌いの小生としては全く同感。
そしてやはりK住職お勧めの銭湯。
この銭湯は昭和30年頃の小生が生まれた頃の雰囲気全てが(つまり良くも悪しくも)そのまま普通に残っていて、感涙ものでした。

IMG_0603.jpg

そして妙宣寺。

IMG_0600.jpg

IMG_0599.jpg

小生が泊ったのはここ。お賽銭を投げられて仏様になってしまいました。

IMG_0598.jpg

IMG_0601.jpg

で、本堂はグランドピアノが常設しており、そこでのコンサートが可能です。

本堂
IMG_0596.jpg

IMG_0597.jpg

たまたま本日はK住職が主催する篠笛の会が本堂隣の大広間で開催されておりました。
本日は20名くらいの参加ということで、会の後、妙齢の女性2名と小生、住職とで合コンと相成りました。
住職が明日の朝が5時30分から用事があるということで、それでも24時過ぎまで飲んで、一旦大広間へ引き上げてセッション開催。
というのは、住職はミュージッシャンでもありまして、篠笛もその一環で、お寺は文化の発信地たるべしという考え方の持ち主。
本堂でも時々コンサートをやっているとのことです。
で、本人は、ロックギターなんだよねということで、小生のギターに絡んで楽しいセッションでした。
そういえばこの大広間を見てみると、生ビールサーバーが置いてあるし、焼酎やら何やら寝袋だとかすぐに合宿できる状態です。
で、住職は、本日―もう昨日か―出会ってから今までずっとお坊さんの衣装のまま(もちろん居酒屋でも)というのもとても良かった。
特にお坊さんの衣装でロックギターを弾く(相当うまいと思う。)なんてえのは粋ですね。
本堂は、エアコンがないので、閉めきって丁度良い状態の秋が良いかなあということで、是非コンサートをやりましょうということになりました。
さすがに本堂では飲めないけれど、生ビールサーバーが置いてある大広間は戸を開ければ隣ですから、芝居の幕間の感じで飲み食いできますね。
これは相当に面白いと思います。

さて、翌21日は高松へ移動です。
尾道は駅周辺はアーケードが長くて、早朝からの過酷な陽射を随分と和らげてくれました。
それにしても、駅方向からの通勤・通学の自転車の群れは凄かった。
しかし高松の自転車の群れはもっと凄かった。
ということで、本日は高松へ移動、市内でライブです。

お勧めの宇高連絡フェリーに乗るために、岡山から直通で1時間弱で高松に着くところを宇野経由で3時間かけるスローな旅です。
宇野線は超ローカル線という雰囲気がとてもよかった。
宇野駅は線路止めがある文字通り終着駅。
ここから猛暑の中、国道フェリーの乗り場まで徒歩10分。あつーーーーい!!!!!!
フェリーの所要時間は1時間。
景色もよく、空いているのでのんびりと楽しむことが出来ます。
料金も390円と安い。

宇高国道フェリーから
IMG_0608.jpg

IMG_0611.jpg

IMG_0612.jpg

高松の町が見えます
IMG_0614.jpg

高松港では今回のライブをプロデュースしてくれたOさんがレンタサイクルを用意して待っていてくれました。

有名人Oさん
IMG_0637.jpg


高松では自転車が重要な交通手段だとかで、確かに走ってみると自転車がやたら多い。
しかも流れがスムーズ。車が遠慮している感じ。これはいいですね。
高松は、おわんを逆にかぶせたような山々が周りを取り囲んでいる、日本昔話のような景色ののんびりした街でした。

高松のライブ会場はカレー屋・六ろく

IMG_0616.jpg

もう20年近く前にサウーヂで一緒だったブラジル人のRさんが在高松ということで駆けつけてくれたり、おなじみ在高松のユーイチ君も加わって、前半はリラックス系のソロギター、後半はサンバセッションを楽しみました。

旧友Rさん
IMG_0619.jpg

IMG_0638.jpg

ソロ・ギター
IMG_0623.jpg

IMG_0633.jpg

最後は皆で楽しみます。
IMG_0639.jpg

さすがに高松、到着してからうどんしか口にしていません。
夜食もうどん、しかもカレーうどん。そして翌日も。
しかし噂に聞くうどんの国、高松のうどんは美味しいですね。
「腰のある麺」と表現される麺がうどん・そばとも単に固いだけでちっとも美味しくないとの印象しか今までなかったので、「腰のある麺」という陳腐な表現を使ってほしくないです。
もっちりとしていて麺にほのかな味があるとでも言うのでしょうか。
確かにこれなら毎食いける。しかも安い。

帰りは、高松空港から羽田まで1時間でした。
短い旅でしたが、夏らしい天気と面白い人々との出会いも会って楽しい時間を過ごせました。
またこのルートで演奏旅行をしたいものです。

ではでは

2010年08月20日

小湊鉄道小旅行と夏休みBBQ

皆様、こんばんは。

猛暑日が続いております。
ここのところ少しは暑さも和らいできたような気がしますが、まだまだ残暑は厳しそうです。
ご自愛ください。

さて、そんなお盆の真っ最中、かねてから機会があれば実行したいと考えていた房総半島の内側から中の方ヘ走っていく小湊鉄道の小旅行を挙行しました。

千葉県市原市の五井という駅から終点上総中野(大多喜町)という駅に至る約39kmの鉄道です。

なぜ、気になっていたかというと、昨年、大多喜町のハーブガーデンという場所で仕事をした際、現地までは車で行ったのですが、道すがら田んぼの真ん中を走っているとても素敵な線路の情景がしばらく道路沿いに続きました。
非電化なので線路が唐突に現れる感じで、雑草なんかも生えていてとてもいい感じ。

走っている列車もおそらく国鉄(JRではないと思うのですが)払い下げ車輛と思われる古色蒼然とした気動車。

非電化路線というのは関東のJRにもわりとあって、例えば、八高線の一部、小海線(今は路線名が違うらしい。)とか・・・、ただ走っている気動車は殆ど新しくきれいな車輛です。全国的にもそのようですね。もちろん利用者にとってはその方がよいのですが、プチテツ車輛系の小生は往年のベージュと赤のツートンカラーの気動車にこだわりがあります。

在りし日の米坂線、只見線、小海線、羽越本線、磐越西線、八高線、花輪線等々。

で、小湊鉄道は私鉄ですが、いまだにキハ200系という件の車輛を大事に走らせているのです。
しかもあの線路の佇まいの中を。
これは乗らずにはいられない。

たまたま、知り合いの写真家・野外料理研究家のOさんがその沿線に移り住んできたということで、小湊鉄道乗車、Oさん御宅訪問小旅行と相成りました。

この猛烈な暑さの中、家人と娘は、小湊鉄道の終点まで乗ってまた引き返してくるという愚行はパス。Oさん宅最寄り駅の上総牛久という駅で待ち合わせることに。
更に、谷中紙芝居演者のB女史、Tちゃんも参加。
となると、家族が同一目的地なのに鉄道をフルに使うというのは経済的ではないので、小生のみ上総牛久駅付近の光風台という駅まで車で行き、駅に車を置いて(1日置いても200円です。)小湊鉄道に終点まで乗って引き返す目的を果たした後に、車で拾うという方法を取りました。

光風台駅までは家から一時間半ほどで到着、弁当を買って駅でお昼。
列車を待っているのは鉄道ファン風の人、一人。

往復でも料金はそのまま払うことになるので、1日フリー乗車券1700円を購入。
一日に4本しかない終点まで行く列車に乗り込みます。

IMG_0725.jpg

光風台駅から南側を臨む。ここは有人駅です。
IMG_0699.jpg

光風台駅に入線するキハ207
IMG_0700.jpg

上総牛久駅までは、一時間に1本ほどで運行しています。
当然単線。

キハ207
IMG_0702.jpg

IMG_0704.jpg

行先表示、これは一日4本です。
IMG_0703.jpg

キハ200系の車内はロングシートで、冷房はあるのですが、ドアの上、側面に取り付けられている旧型のもので(当然ですね。)あまり利きがよくはありませんが、扇風機が回っています。
ただ、効き過ぎて痛いような今の電車の冷房に比べるとずっと優しい印象を受けます。
昔は、冷房車なんかなかったんですから、このくらいの利きでもとても涼しいと感じられたのでしょうね。

キハ207の車内後方、ゆらゆら揺れる吊革が懐かしい。
IMG_0708.jpg

キハ207の車内前方
IMG_0709.jpg

駅は始発駅の五井駅を含めて18駅、そのうち有人駅は4駅。要はほとんどが無人駅です。
この佇まいがまたなんともいえなくよい。

どこかの無人駅
IMG_0701.jpg

上総牛久駅を過ぎると、段々と街並みが遠くなり、人家もまばら。
低い山と田んぼの、緑のとても濃い景色が続きます。
時々無人駅に、変わった姿の案山子が林立しているのも面白い。
左右に生い茂った草を掻き分けるようにして進んで行きます。
実際、線路上の雑草も結構茂っていて揺れもかなりのもの。
庭だか、駅だか、道路だか分からないような駅もあります。
この感じは昨年仕事で通ったJR飯田線と似ているものがあります。
が、こちらの列車の速度はJRよりかなり遅い。

終点の一つ手前、養老渓谷駅から次の終着駅、上総中野駅までは一日4本しか列車がありません。
さすがにそれだけしか列車が走っていないせいか分かりませんが、養老渓谷駅から先は森林鉄道のような趣を呈してきます。揺れも横揺れだけでなく、車に乗っているような前後への揺れも感じられます。
この区間の景色はとても素晴らしい。
で、終点上総中野駅着。

上総中野駅
IMG_0707.jpg

乗客はお盆期間中ということもあってでしょうか、意外に多いというよりは、写真を取っている人達が大変多い。
途中の駅や沿線にもそのようなマニアっぽい方々が多数いらっしゃいます。
首都圏でこのようなロケーションはここしかない路線なので、テレビや映画のロケに多く使われている人気路線ならではの光景です。
しかしこの路線は観光路線ではなくあくまでも生活路線です。

上総中野駅の写真など撮っているうちに、着いた列車は4分後に折り返します。
誰かの「発車するぞー。」という声にあわてて戻ります(鉄道関係者ではなかったな。)。
これを逃したら次は一体何時間後に出るか分かりません。

貴重な路線、小湊鉄道の小旅行を満喫いたしました。

光風台駅から去り行くキハ207
IMG_0710.jpg

上総牛久駅でOさんやうちの家族、B女史、Tちゃんと合流。
次の目的、Oさん宅でのBBQの準備をします。

野外料理研究家のOさんの指示に従って、野菜を含め食材は一切切らないで炭にくべていきます。

Oさんの指示
IMG_0718.jpg

自宅内のBBQ場
IMG_0712.jpg

BBQ前の談笑
IMG_0715.jpg

Oさんの愛犬 こなつ
IMG_0713.jpg

野菜は丸ごとアルミホイールにくるんで、肉、魚類は網や鉄板上です。

IMG_0716.jpg

IMG_0717.jpg

IMG_0719.jpg

IMG_0721.jpg

これが驚くほどに美味しい。
別に特別な材料を使っているわけではないのですが、素材の味が生きています。
もともと高級食材やらブランド野菜やらグルメなんたらかんたらのマスコミ的拝金主義的いんちき料理が大嫌いな小生としては、我が意を得たりの料理法。
炭の力が大きいのでしょうね。
そもそも野菜を食するのには、旬の物に調味料を何も加えないのが一番美味しい筈です。
このことは、小生も千葉県に移ってきてから学んだことですが、さすが野外料理研究家!!!!!
おそれ入りました。
最高に美味なBBQを堪能しました。

翌日は、相変わらずの猛暑日。
娘の希望は、滝で泳ぎたい。
調べてみると、養老渓谷の粟又の滝というのが有名。
そう言えば、昨日養老渓谷駅で「粟又の滝」行きのバス案内を見かけたような気もします。
小湊鉄道というのは、千葉県内ではバス路線を相当に多く持っています。
たぶん観光スポットで、日曜日だし混んでいるのではないかなと思いましたが、ここまで来たのだからと、昨日は小湊鉄道で行った上総中野方向へ車で向かいました。
何年か前にシマ部の連中と行ったこじんまりした滝は覚えているのですが場所が分からない。
あそこは素朴で水もきれいで良かったな。

案の定「粟又の滝」は観光スポット。
滝に浸かることもできるし、やろうと思えば泳ぐことも出来るのですが、人は多いし、水は冷たくて気持ちは良いのですが、多少濁っていて金魚鉢の匂いがするし、ま、適当に涼んでというところ。

IMG_0722.jpg

IMG_0723.jpg

IMG_0724.jpg

滝、川、泳ぐといえば、屋久島の永田は最高でした。
贅沢な想い出ですけれど。
そうはしつつも、非日常的な気分を楽しんで、帰路へ。
途中、昨日BBQの材料を買った市原市内の激安スーパーへ寄って来週の我が家の食材を買い込むことも忘れませんでした。

久し振りの夏休み家族小旅行、とても楽しかった。

お世話になったOさん、ありがとうございました。
そして、小湊鉄道 http://www.kominato.co.jp/ は是非あの佇まいを末永く保存していただきたいものです。
本当に貴重なものです。
興味のある方は一度経験してみるといかがでしょう。

ではでは

2010年09月16日

仙台・定禅寺ジャズフェスティバルとNASHでの再会

皆様、こんばんは。

9月11日、12日と仙台定禅寺ジャズフェスティバルに行ってきました。
ジャズフェスティバルとは銘打っていますが、基本的にはジャンル問わずのお祭です。
ただ、規模が大きい。

仙台市の中心街、青葉区、宮城野区で46ステージ、参加バンドは約750。
野外を中心にホール、室内まで二日間でこれだけやるのはすごいですね。

仙台というよりは、仙台のサンバ愛好者達とは古くから縁がありまして、元々はサウーヂに参加した頃から、サウーヂ自体が仙台サンバクラブと深い交流を持っていて、一時期は仙台サンバクラブが浅草にもバスをチャーターして参加した時期もありました。
もう20年近く前ですけれど。

当時、仙台のサンバ事情は東京より進んでいたように思われました。

その当時聴いたことがなかったようなサンバを意欲的にどんどん取り入れて演奏していました。
我々も随分刺激を受けて、サウーヂとして定禅寺ジャズフェスティバルに仙台サンバクラブと合同で参加したこともあったし、バンド単位でもITA e KAZUで仙台、白石へ演奏に行ったり、その度に、仙台の仲間達と親しく交流させていただきました。

その流れは、今でも遠刈田大道芸フェスティバルに脈々と受け継がれているわけです。

小生は、今年久し振りに仙台の仲間達とバンドで参加。
天候はいまいちでしたけれど、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

9月11日は、古い仲間達を中心とした「ベーリャ・仙台」のステージを楽しみました。
もう10年ぶりくらいに見る顔が元気にサンバを奏でています。
もちろんよく見る遠刈田の顔と一緒に。

以前、と言っては失礼ですね、今でも仙台の朝の顔である元東北放送の森さんのモリトーラが、美声でカルトーラを唄えば、古くからの仙台の名バテリア、フルチーニョが絶妙に絡んで、弦、コーラスも暖かく包んでいくという印象かな。
年輪を経たサンバはいいなあとしみじみ思いました。
音楽は、年輪を経たものもそれなりの味わいが出るというところがいいですね。

モリトーラの軽やかなボーカル
IMG_0729.jpg

トークも絶妙
IMG_0731.jpg

各メンバーも唄います
IMG_0735.jpg

渾身のショーロ
IMG_0737.jpg

IMG_0738.jpg

エンディングは踊れるサンバで
IMG_0739.jpg

ダンサーも登場
IMG_0740.jpg

若い頃は、色々とやろうしたしやってみたけれど、色々とあって、年輪を経た今は出来ることと出来ないことはわかっているし、無理することが音楽ではないし、自分達が楽しんでいる音をお客さんに伝えてお客さんと一緒に楽しみたい、そんな無理のない姿勢が伝わってくるとても良いステージだったと思います。

その夜は、以前仙台に遊びに来ていた頃お世話になっていたZUTTOというお店で打ち上げライブ。

実はこのZUTTOは、以前一旦閉店して、マスターのOさんが世界放浪の旅に出て、最近また開店したというお店です。
規模はうんと小さくなったけれど、音楽的な匂いがするとても良いお店です。

ここで、小生のCD、「旅の終わり」特にタイトル曲の「旅の終わり」が受けているということを聞いてちょっとびっくり。特に50代の男性に受けているようです。

前半はソロで、後半はやっぱりパゴーヂで楽しみます。

再開なったZUTTOにて
IMG_0741.jpg

IMG_0742.jpg

IMG_0743.jpg

翌12日は雨がちで一気に気温が下がりました。

思えば、7月末に福井、大阪、尾道、高松と旅した(このブログにもあります。)頃、福井で35度だったのを皮切りに、今までずーーーっとこんな調子の温度。
一気に20度というのはちょときつい。

バンドは、福田さんのバンドリン、ギター、齋藤よしえさんのボーカルに小生のギターで雨がちの中、楽しく終えました。
この顔ぶれも久し振り。
皆、音楽の楽しみ方を知っている楽しい仲間なので今後も何らかの形で続けて行きたいねということになりました。

雨がちでお客さんも大変です
IMG_0756.jpg

IMG_0757.jpg

IMG_0768.jpg

IMG_0774.jpg

仙台の仲間達、ありがとう。
これからも一緒に音楽をやっていきましょう。

長く音楽をやっていると出会い・別れ・再会と色々なことが音楽と共にやってきます。

仙台から帰ってきて翌13日。
新小金井NASHにて、小生、鈴木厚志(p)、石井幸枝(fl)のライブ。
後半はセッション型なのですが、ジャズギタリストの宮の上貴明さんが参加。
日本ではWes Montgomeryスタイルの第一人者です。

宮の上さんは、小生が25年位前、まだジャズをやっていた小僧っ子の時代に交流があった人。
当時から、彼は名手で憧れだった人です。

約25年ぶりくらいの再会。

一曲演奏してもらいました。
相変わらずの素晴らしいテクニックは圧倒されます。
今でも日本のジャズギター界を代表するプレイヤーであることは疑いありません。
当時から、一流なのに偉ぶらず、一緒に飲んだりしていましたが、今でもその気さくさは変わらず。
小生と二歳しか違わないのに、もう二人お孫さんがいるということで、本日もお孫さんとの遊園地の帰りだということでした。
思いがけず旧交を温められて本当に良かった。
こんなふうに、NASHもとても面白いですよ。

音楽も長くやっているといろんな出会いや別れがありますが、旧交を温められる、それも単に出会うだけでなく音を通して色々なことが甦ってくるというのは、音楽をやっていて良かったなあという瞬間の大きな一つです。

ではでは

2010年12月18日

2010年冬の北陸・大阪・四国の旅

皆様、こんばんは

12月6日から13日まで北陸、大阪、四国と回ってきました。
この旅は、今年の夏に行った福井・大阪・高松が基本になりますが、今回はメンバーが3人、おなじみピアノの鈴木厚志さんと新メンバー、フルートの石井幸枝さんです。
石井さんは昨年、JR飯田線とレールパークでの演奏でご一緒しており、最近はちょくちょく演奏の機会があります。

福井での演奏日12月8日に福井駅集合とだけ決めてあるので、1日早く出発して能登空港から輪島へ行ってみました。

12月7日、今日の能登は天気もぐずついていて、とにかく寒い。
輪島は、20年近く前に一度行ったことがあります。
当時は鉄道路線があったのですが、今は能登半島の鉄道路線はほとんど廃止されて能登鉄道として唯一、穴水・和倉温泉間だけ残っています。

能登空港からは乗り合いタクシーで約20分、既に民家には雪除けの備えがしてあって、内陸部の激しい降雪を予想させます。

こうしてじっくり見てみると輪島はとてもきれいな町でした。

町並み保存地区は電柱が埋設されていて空間がすっきりしています。
江戸時代の古い街並みがそのまま残っているような佇まいです。

宿は川沿いの和紙を多用している造りの古い木造の和風旅館。
建物の中も特徴がありちょっと迷路っぽくなっています。
10部屋ほどあるのですが、本日の宿泊者は小生1名。
贅沢ですね。

川沿い
IMG_0879.jpg

宿のロビー、和紙のオブジェが面白い。
IMG_0873.jpg

6時過ぎに食事に出たのですが真っ暗で人通りが殆ど無く、既に真夜中の雰囲気。
朝市通りから重蔵神社方向の道は街灯が腰の高さにあってとても幻想的な雰囲気、商店の造りも時間が止まったような造りで、誰もいない空間を一人で歩いていると、今が21世紀だということを忘れそうになります。
古びたつくりの居酒屋で食事。
この雰囲気は筒井康隆の「エロチック街道」のようでとても好きです。

これで午後6時頃
IMG_0874.jpg

IMG_0875.jpg

エロチック街道に出てきそうな居酒屋
IMG_0876.jpg

早々に就寝。

翌朝は当然輪島の「朝市」。
宿から近いので早速出かけます。
20年近く前の記憶が甦ってきました。

朝市
IMG_0880.jpg

IMG_0881.jpg

昨日の夜歩いた通り
IMG_0882.jpg

お目当ては「いしる」、地物の魚醤で、いかといわしの2種類あります。
この辺りでは珍しいものではないのですが、全国的には秋田のしょっつるが有名であと何種類かだと思います。
少量使用するとコクが出て味が良くなるのです。
美味しそうな魚とかいっぱいあるのですが、旅は始まったばかりなので買うわけには行きません。
あまりに天気が良いのでちょっと海岸へ出てみます。
さすがに冬の能登半島は寒い。

IMG_0884.jpg

さて、今日は福井駅に5時の集合。
昼前に出発したので、各駅停車でゆっくり行けばそのくらいの時間に着ける筈。
輪島から穴水駅まではバス。
輪島駅の建物はそのままバスターミナルとして残されていました。

旧輪島駅
IMG_0886.jpg

穴水からは能登鉄道で七尾まで。ここからJR七尾線で金沢まで。金沢から北陸本線で福井というルートです。

能登鉄道、穴水駅
IMG_0887.jpg

この時期の北陸には珍しい良い天気で快適な旅です。

七尾線車窓から白山を臨む。
IMG_0888.jpg

福井駅でメンバーと合流後、本日の演奏場所であるポルトガル料理店「バスコ・ダ・ガマ」へ。
前回来て演奏したときは、その日あたりから猛暑日の始まりでした。
その後、アップライトピアノが入って店の音楽的な雰囲気は高まっているようです。
本日はお店の開店一周年記念イベントということで満席のお客さま。
ポピュラーなものから少々マニアックなものまで取り混ぜて演奏、ゲストのピアニストの演奏もあったりして雰囲気も盛り上って最後は踊ってもいただきました。

バスコ・ダ・ガマにて
IMG_0891.jpg

IMG_0898.jpg

IMG_0895.jpg

IMG_0897.jpg

オーナーのYさん宅に泊めていただいて、その夜は軽く打ち上げ。
外は雷。

ちょっと打ち上げ的な・・・・
IMG_0915.jpg

少し雪も降ったようで、翌朝うっすらと雪が残っていました。
朝は雨、今日は大阪での演奏です。

北陸本線で狭軌陸上トンネルとしては国内最長の北陸トンネルを抜けると天気は変わっていました。
琵琶湖を臨む辺りから晴れ間が出てきて、大阪は晴れ。日本海側と太平洋側の冬の天気はほんとに違います。

本日は大阪のグローバルという旅行会社のイベントでの演奏。
多少早いのですがクリスマスコンサートという触れ込みなのでそちらのナンバーも演奏しました。
演奏後の打ち上げは北新地でしたが、何だか体調が悪くなって小生一人だけ先に引き上げさせていただきました。
外に出たらぶるっと寒気がしたので風邪のひきはじめかな。
こういう日は暖かくして睡眠を充分にとることに限ります。

それにしても、大阪の地下鉄の駅というのは難しい。
宿泊場所の最寄り駅は「本町」だったのですが、この駅の出方が難しい。
出口表示を見ながら出口を探していくとすごく時間がかかってしまうのですが、入り口からあるルートを辿ると実にあっけなく目的改札に着いてしまう。
しかし逆には辿れない。
何故だ。
結局、最後までその出口への最短ルートを見つけることは出来ませんでした。
鈴木、石井の両氏は午前2時頃まで楽しく飲んでいたそうです。無念!!!

翌日は体調も回復し、CHOVE CHUVAの入り時間まで暇、ということで通天閣付近へお昼がてら観光ということになりました。

じゃん横
IMG_0916.jpg

言わずと知れた
IMG_0917.jpg

地下鉄動物園前駅からじゃんじゃん横丁辺りを散策して天王寺動物園前の橋から動物園を見渡してフラミンゴの赤さが妙に印象に残りました。

じゃんじゃん横丁は金色のビリケンが特大から極小まで至るところにあり、ど派手ファッション店の例えば鯉の滝登りの刺繍のあるジャンパーとか昇り竜のGパンとか幸枝嬢に大受け。
昼間から当たり前に飲めるじゃんじゃん横丁で我慢してお昼を食べて、大通りを渡って更に散策を続けます。

動物園前一番街から動物園前商店街へアーケードを入って行くとじゃんじゃん横丁のど派手な色合いから一転、色彩がモノトーンに変わります。ここは知る人ぞ知るディープスポット。
沖縄のコザ辺りのいわゆるシャッター商店街と雰囲気が良く似ています。
昼間から普通に飲んでいますが、この辺りの飲み屋は早い時間に閉店する筈です。
仕事のため朝が早いんですね。
女性の一人歩きがためらわれるような雰囲気の中、幸枝嬢はとても楽しんでいたようでした。

本日の演奏は、Chove Chuva、ちょっとマニアックな内容にしてみました。
最近やっているGarotoの作品のトリオ版、3人のオリジナルを並べて演奏する等です。
Garotoの曲はもともとソロギターでできているので、トリオに分解することによって、一人々の演奏がより自由になります。そして我々のオリジナルを並べて演奏するのはそれぞれの作風が対比できてとても面白かった。
こういうことは今後もやりたいですね。

翌日は曇りがちで時々雨もぱらつきますが傘をさすほどではない。
本日は高松で演奏です。

大阪駅で朝食を摂って、相生、岡山、高松と約4時間ほどの旅。
瀬戸内海を渡る橋は空中散歩みたいでなかなか面白い、もっと天気が良ければきっと海の色がきれいなんでしょうね。
そういえば、鳩間島のターキーが、関西空港から大阪へ行く南海電車の景色に鳩間から臨む西表の風景にとてもよく似たところがあると言っていたっけ。

琴電高松築港駅
IMG_0918.jpg

高松は夏にも演奏したカレー屋六ろくでのライブ。琴電瓦町の駅からすぐの場所。
ライブに先立って当然うどんで腹ごしらえ。
小生が愛用した店はボリュームのある小盛りに揚げ玉、ねぎ、しょうがをたっぷりトッピングして190円也で、これが何回食べても飽きがこない。しかも朝の6時からやっている。
さすがにうどんの国です。

本日のライブは夏と同じく、サンバの伝道師、高松在住のO氏のプロデュースで行なわれるもので、後半は吉祥寺のアウボラーダでやっているようなサンバセッションの形に持って行きたいなと思っていました。

前半は、昨日演奏したようなマニアック路線で行きます。

IMG_0919.jpg

後半の参加者も結構いるではないですか。
サンバ人口だいぶ増えてきているのですね、これもOさんやHさんのおかげでしょう。
旅の最後の演奏にふさわしく、アフターアワーのセッションまで日付を超えて盛り上ります。

セッションーホーダ・ヂ・サンバ
IMG_0922.jpg

IMG_0924.jpg

IMG_0926.jpg

IMG_0929.jpg

リクエストで幸枝嬢の唄まで披露。

IMG_0923.jpg

ここで、徳島から来られたブラジル音楽夫婦デュオ、Oさんご夫妻と知り合いになりました。
実は明日小生は徳島へ行く予定になっているということで、徳島で再会することに。

翌日は晴天です。
やはりこちらは随分暖かいように感じます。
お昼はメンバー3名でうどんではなく、そばを食べて軽く打ち上げ。
うどんだと、ものの5分で食べ終わってしまうからです。
小生、本日は徳島を観光して、翌日徳島空港から帰京の予定なのです。

高松から徳島まで約2時間、各駅停車しかも1両編成の旅です。
時々海が見え隠れしておわんをふせたような山々と陽射しと暖かい車内、とてものんびりした気分。

徳島駅でOさんご夫妻と再会。
このOさんご夫妻はギターとボーカルで徳島県内のみならず各地でブラジル音楽の演奏活動を行なっているとても魅力的な方々です。
そのOさんご夫妻の計らいでミニ徳島観光を味わうことになりました。感謝、感謝。
まずは、鳴門の渦潮。

渦潮観光船内にて
IMG_0931.jpg

安栄(このブログではおなじみの八重山の高速船です。)をちょっと小さくしたような船で見に行くのですが、現場に近づくにつれ潮の流れがものすごく速くなってくる。
まるで川の流れを逆送している感じですね。そうこうしている内に今度は逆からの流れが対面してぶつかり合って渦潮を形成します。
実に不思議な景色。
地元の人でもこんなにきれいに渦潮が出るのはなかなか珍しいということです。
夕方16時の最終便でしたがこの時間帯も良かったらしいです。

IMG_0934.jpg

IMG_0935.jpg

IMG_0942.jpg

段になっている向こう側は瀬戸内海、こちら側は太平洋というまさしく分水嶺。
IMG_0939.jpg

そして、次は徳島の味ということで夕食は割烹へ。

移動中に話していたのですが、ギターのOさん夫は、小生と年齢も近くほぼ同じようなギター愛好暦を経験していらっしゃるようでそんな話で盛り上りました。
すなわち、ベンチャーズ系→グループサウンズ系→ロック→ジャズ→ブラジル系。
この話は近年一緒に語れる人が少なくなってきたので久し振りに「そう、そう、そう」というノリで語れて嬉しかったです。
ちなみに「そう、そう、そう」というような言い方は関西人の返答3回繰り返し、例えば「見た見た見た」という感じであるそうな。

Oさん達、時間を気にしだしたので何かなと思ったら、次の観光コース、阿波踊り会館のショータイム、午後8時が近くなっているのです。

「阿波踊り会館」のステージは小劇場のような感じでとても立派なものでした。
ここで一日に何回か各連による阿波踊りのショーが催されます。
小生が抱いていた阿波踊りというのは単に賑やかな印象でしたが、大きな誤りでした。
一般的にサンバに抱く印象と同じ誤りです。

哀愁がある。

今回特に、女性の阿波踊りの衣装と踊りに見入ってしまいました。
富山県の「風の盆」のような衣装ですね。
傘を深くかぶってしゅっとした(この表現も関西特有です。)スマートな着物の着こなし。
群舞からソロ、デュエットとパターンも色々とあってとても美しかった。
日本女性は着物だなあとつくづく思いました。
男性はコミカルな動きで女性を立てる。サンバと実に似ています。

連という地域を中心としたエスコーラ、ダンサー、地方(じかた、移動しないで演奏する楽隊)、アレゴリア等の仕掛け、カルナバルの時期等々、サンバと阿波踊りとエイサー(このブログではおなじみの沖縄のお盆の時期のカルナバルです。)は仕組みから表現形態まで本当に似ています。
サンバをやっている人間が阿波踊りを見たから深い共感を覚えたのかもしれません。
楽曲も沖縄のリズムとちょっと似たところがあって、裏のリズムの刻みが強い。
これも共感を構成する大きな要因です。
これは、是非お盆の時期の本番を見たいと思いました。
阿波踊りの面白さを初めて認識させていただきました。
ちなみに体験コーナーもあって、これもよかったです。

女性陣
IMG_0952.jpg

男性陣
IMG_0945.jpg

地方(じかた)
IMG_0946.jpg

子供達
IMG_0953.jpg

群舞
IMG_0944.jpg

体験コーナー
IMG_0954.jpg

記念撮影
IMG_0957.jpg

最後は、落ち着いたショットバーで締めの一杯。

ちょっと徳島へ行ってみようかなと思って行ったのですが、Oさんご夫妻の計らいでものすごく充実した徳島行きでした。
ちなみにOさん夫は兵庫県出身、奥様は阿波女ということです。
次回は、徳島でジョイントライブをしようねと約束しました。
ありがとうございました。

今回の旅は、石井幸枝さんを交えたトリオでの始めての旅で、音楽的にも3名での個性を出せそうなアイディアを感じさせる旅でした。

いつもながらではありますが、お世話になった皆様、ありがとうございました。

皆様との出会いが旅の一番の醍醐味なのです。

ではでは

2011年06月28日

2011四国、関西、北陸、東海ツアー

皆様、こんばんは

沖縄の旅から帰ってきて間もないのですが、6月は四国・関西・北陸・名古屋という旅の予定がありました。

メンバーは、小生、鈴木厚志(p)、石井幸枝(fl)、(このメンツは最近、「シラフサウダージ」という変なバンド名が付いています。)に今回初参加tbの堂坂知之さんです。
6月11日、高松を皮切りに徳島、三宮、福井、名古屋と演奏して回ります。

初日の高松は、現地集合、宿は各自調達。
最近の我々の演奏旅行スタイルの基本です。
同じ電車に乗っても各自適当に着席。一緒に並ぶなどといううっとうしいことはしません。のみならず、今回は例えば三宮から福井への移動は、福井駅の集合時間を決めて各自適当に集合というスタイルまで発展させてみました。
こういう方が疲れないのです。
で、小生は高松空港から。
偶然にも石井幸枝さんと同便。

高松はおなじみの「カレー屋六ろく」での演奏。
偶々来ていた、パーカッションの福和誠二さんと合流。
5名での演奏です。
やはりパーカッションが入ると演奏の色がちょっと変わってきます。

IMG_1332.jpg

IMG_1330.jpg

相変わらず迷プロデューサーのOさんの仕切りで後半のパゴーヂ天国へ突入。
高松のお客さんは来るたびにブラジル度が濃くなっています。

おなじみのアフターアワー・パゴーヂ
IMG_1333.jpg

IMG_1338.jpg

フィクサーのO氏(カウンターの中の謎の人物)
IMG_1335.jpg

翌12日は、前回の四国の旅からお世話になりっぱなしの徳島在住のOさんのセッティングで徳島市の「ゴトーズ・バー」での演奏のため移動です。

13日には三宮にいたいので、四国の鉄道事情、料金、時間、人数等を検討した結果、高松でレンタカーを借りて、翌日、高松まで戻って返し、鉄道で三宮まで行く(福井まで発券する。)のが最も安くて楽だということが分かり、車を借ります。荷物も多いのでこういう場合は重宝しますね。

徳島で迎えてくれたOさん宅の家庭料理をご馳走になり、とても幸せな気分になります。
ただ、小生はこの前の沖縄の旅とか最近の健康状態から推察して、過度の飲酒は確実に体に影響が出てしまうことが分かっているので、お酒は控えめにしています。この時期、しつこい風邪も抜けていなかったので尚更。
どうも、ビール(500cc位までならなんとか)、日本酒、ワイン、ウイスキーなどはかなり体に影響が出るような気がします。
元々、ビールは500cc位まで、ウイスキーはまったく飲まないので、日本酒、ワインをどうするかということになるのでしょうが、体がしんどくなってもいいことを覚悟するほど酒好きでもないので、これらに関しては殆ど飲まなくても大丈夫。残りは蒸留酒ですが、飲むものを泡盛、焼酎に限って、量さえ間違えなければ、まあ楽しく過ごせましょう。
要は、付き合いで度を過ごすような飲み方をしなければいいのです。
実はあまり酒好きではないのだということがこの年齢になってやっと分かってきました。

何はともあれ、Oさんご夫妻のおかげで美味しい料理やお酒、安眠にもありつけた次第です。
徳島のライブは、Oさんのご紹介による「ゴトーズバー」。ジャズのライブハウスです。

IMG_1347.jpg

IMG_1349.jpg

IMG_1353.jpg

道行、集中豪雨。
東京あたりの集中豪雨とは勢いが全然違う。
天気のせいもあったのか、日曜日だということもあったのか、商店街にあまり人通りはないし車の行き来も少ない。
地元人曰く、道の向こうとこっちでキャッチボールができる。
そんなことをしてはいけません。

「ゴトーズバー」は、地元の皆さんのご協力のおかげでほぼ満席で演奏できました。
演奏家でもあるOさんご夫妻もセッションに加わります。
Oさんご夫妻には何から何までお世話になってしまいました。感謝です。
お宅でご馳走になった料理はとても美味しかった。

ここのところ旅へ行って思うのは、自分は行列のできる地元の名店とやらには決して行かない傾向にあると。
どこへ行ってもそう。
ささやかに済ませてしまう。
元々、外食よりも自炊を好む性質で、旅先でも地元の人が普通に食べているものを食べたい。観光客向けは最も好まざるところだし、そのようなものは高くて不味い印象しかありません。
この傾向が最もはっきり出るのが沖縄なんですが、今回も家庭の味は美味しかった。

翌朝は好天です。
月曜日なのでOさんご夫妻は出勤。Oさん宅泊の我々もしばしの別れと感謝の意を告げて早々に、高松に戻ります。
契約時間前に車を返却、差額を稼いで別れのうどんを食して、列車で三宮へ向かいます。
今日は、移動だけ。

小生は、今月末に東京でジョイントする大阪在住のボーカルのMIYAKOさんからのお誘いで彼女が出演するライブハウス「Lazy Angel」http://www.lazyangelosaka.com/ へ客演に。
場所は、大阪市西成区萩之茶屋。
昨年末、小生、ATUXI、幸枝の3名で散歩した付近。超ディープスポット。

この「ディープ」という表現ははっきりしなくてあまり好きではないのです。例えばディープな沖縄ってなんだろう。
土地の人々が生活している空間をそのまま感じたいという小生の傾向から言えば、観光的でない空間が「ディープ」なのかもしれません。つまり土地の日常生活。
外国では安全に配慮しなければなりませんが、日本国内では余程のところでなければ大丈夫ですが、ここはその余程のところなのであります。
でも、女性の一人歩きとかむやみやたらの撮影(これなどは本当はどこでも配慮が必要と思いますが。)とか、常識×2ぐらいの配慮があれば大丈夫とは思います。
小生は以前からこの界隈が好きで、昨年暮れの散歩に引き続きゆっくり探索したいとは思っていましたが、図らずもライブハウスに客演できるとはなんてラッキーなんでしょ。

お店は、狭くもなく広くもなく、お品書きもとてもリーズナブル、ミュージックチャージもテーブルチャージもなし、投げ銭のみという極めてシンプルな方式。投げ銭慣れしている小生にとっては自然です。

MIYAKOさんとピアニスト元岡衛さん
IMG_1355.jpg

集合写真
IMG_1356.jpg

MIYAKOさんの人柄もあるのでしょうが、お客さんもフランクな中年男女(小生と同年代の方が多かったです。)が中心で、賄いのご飯も美味しいし(普通の大阪の家庭のおかずだ。)、すごく楽しくなってしまいました。この雰囲気は、沖縄のライブハウス(と言っていいかどうかという場所も含めて。)とよく似ています。また、沖縄の飲み屋街の雰囲気ともよく似ていますね。
帰りは霧雨の降る深夜の愛隣地区を新今宮駅まで歩いて、JRで三宮まで。
楽しかったなあ。

翌14日は晴天、夏日になりました。
今日は、ここ三宮でライブ。
午後6時の現地集合時間までは自由行動です。自由行動がやたら多い。

ホテルの隣が立派な神戸市立三宮図書館なので、そこにそそられつつ、まずは散歩です。
ぶらぶら歩いて元町から南京町、人が多いのに辟易してメリケンパークへ。

南京町
IMG_1359.jpg

IMG_1358.jpg

メリケンパーク前の巨大オブジェ
IMG_1361.jpg

コロンブスが航海したサンタマリア号の復元
IMG_1364.jpg

横浜港みたいなのですが、のんびり港を見たりしているうちに浜が見たくなって、そういえば神戸の西寄りに須磨海浜公園だか須磨だか、やたらと海が近い駅があったなあと思い出し、そこへ行ってみました。
駅舎から海まで徒歩30秒。
今は人も少なく、海の家建築の真っ盛りでしたが、夏場は賑わうんでしょうね。

須磨海岸
IMG_1366.jpg

そうこうしているうちに午後も良い時間になって、三宮へ。
ホテルの隣の図書館で梁石日さんの未読の本を見つけ、小一時間読書。
読了できなかったのが気になりつつも、今日の現場へ。

ここも実は、徳島のOさんのご紹介。
グランドピアノ完備、神戸の山の手のわりと上品な感じのライブハウスです。
tb.の堂坂さんのご当地、今夜は彼がM.C.です。

IMG_1367.jpg

IMG_1375.jpg

でも、西成の印象が強すぎたなあ。

翌15日は福井へ移動、当地でライブです。
距離はありそうなのですが、この移動はJR線が便利で楽なのです。
敦賀で一回乗り換えれば福井着。
なので、本日は三宮現地解散、17時福井駅集合。
他三名は琵琶湖のほとりで昼食をしたいと、早々に出発。
小生は昨日の読みかけの梁石日さんの本が気になって隣の図書館で昼まで読書。

今夜は思い起こすともう三回目、福井の「バスコ・ダ・ガマ」での演奏です。
ここはいつもお客さんのノリがすごい。
1stステージから、こんなに早くていいのという感じの盛り上がり方。
ただ、箸が転んでも盛り上がるということもありますから、その質をじっくり検証してみたい気もあります。

IMG_1383.jpg

IMG_1380.jpg

IMG_1391.jpg

IMG_1394.jpg

今回もオーナー宅にお世話になります。
ここの家庭料理というものも特徴があってよかったなあ。
製作者が心配することはまったくないですよ。朝食、とても美味しかったです。

今日は名古屋までの移動です。これが結構大変。福井をじっくりと楽しむ時間はありませんし、当地解散・現地集合の選択肢はありません。
列車の本数が限られているからです。
即ち、福井から敦賀乗換、敦賀から近江塩津乗換、近江塩津から米原乗換、米原から大垣乗換、大垣から名古屋と、テクニックが必要です。
それでも、15時頃には名古屋到着。休憩する時間はあります。
今日は結構降ってます。梅雨時ですから。

今夜のライブは、名古屋のサンバの拠点、「ウルバナ」です。
「ウルバナ」といえば、尾張のサンバ大名、ゲーリー杉田氏の本拠地です。
実は、ゲーリーさんとはサウーヂを介して古い付き合いがあって、かつてサウーヂにいたメンバーがゲーリーさんのエスコーラ・ヂ・サンバにお世話になったり、石垣島のパパ村上さんはウルバナ出身だったり、毎年浅草にも参戦するエスコーラのプレヂデンチで、サウーヂにも過去に客演してもらったり等々浅からぬつながりがあります。

お店が移転したということで、移転前は小生が泊まっているホテルの地下二階だったのに、移転先はテレビ塔の東か。残念。

サンバ通が集う店ですから、コアにいきます。後半はゲーリーさんも加わって、ホーダ・ヂ・サンバ。
ボサノバチックなわりと軟派な曲も結構あったのは以外といえば以外。

IMG_1398.jpg

尾張のサンバ大名、ゲーリー杉田氏
IMG_1402.jpg

パゴーヂタイム
IMG_1404.jpg

IMG_1405.jpg

翌朝は、頑張って名古屋・東京間2500円の昼間激安バスに乗るため早起き。名古屋名物、楽しい朝食を摂った後、窮屈な座席で我慢すること約4時間、新宿駅西口に着きました。

明日、この同じ場所から豚丸が出発するんです。

こんなに各自自由なツアーも楽しいと思うのですが。どうでしょう。

とにもかくにも、行く先々でお世話になった方々には本当に感謝感謝です。
今回も楽しい旅ができたのは皆様のおかげです。
ありがとうございました。

ではでは

2012年03月31日

2012.3. 福井→大阪→尾道→高松→豊橋の旅

皆様、こんばんは

今回の旅は、一昨年辺りから始めた北陸・関西・四国のツアーを基本に、やはり一昨年から話を始めていて今回ようやく実現する尾道の妙宣寺でのコンサートと最後に豊橋でのライブを加えた企画です。

メンバーは、鈴木厚志(p)、石井幸枝(fl)に加えて名古屋のサンバ界の重鎮、ゲーリー杉田(vo.per)です。

ゲーリーさんとの共演は昨年以来二回目。
とても大きい人で甘い声との印象があります。

福井→大阪→尾道→高松→豊橋と移動していきます。
福井までは飛行機、後は全て普通列車の旅となりました。

今年はまだ東京も寒いので北陸はなおさらかと思っていましたが、小松空港に降りた印象はそうでもなかったようで、寒さも峠を超えていたようです

1日目の福井は、昨年暮れに場所を変えて新装オープンしたポルトガル料理の「バスコ・ダ・ガマ」。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20011.jpg

今までのお店より若干面積は狭くなったものの、変則的な形ではなく普通の四角い形状のお店になったので、ライブは却ってやりやすくなった感があります。
ここはいつも女性のお客様が大変に元気。
シャンソンの飛び入りもあったりして楽しい一夜を過ごしました。

トリオの演奏
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20017.jpg

ゲーリーさんを加えて
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20035.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201037.jpg

客席
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20042.jpg

翌日は、大阪へ移動して「ショビ・シュバ」にてライブです。
ゲーリーさんはここで一旦名古屋へ引き上げて再び尾道で合流することになっています。

福井→大阪への移動もすっかり慣れた感じです。
ここは敦賀で一回乗り換えるだけ、しかも敦賀から新快速という快適ルート。
北陸トンネルに入るまではまだ雪が残ったりしていますが、北陸トンネルを出るともう雪は見当たりません。しかし風は冷たい。

いつも思うのですが、湖西線「マキノ」駅はなぜカタカナなのか。
ご丁寧に「まきの」とフリガナまでふってあるし。
などと思いつつ琵琶湖を車窓の左に見て昼過ぎに大阪着。

本日の「ショビ・シュバ」のお客さんは、ベテランのブラジル音楽愛好者が多いので、こちらのプログラムもオリジナル曲を中心に据えて、ショーロやガロート作品等マニアックな編成で臨みます。
程よい緊張感があってとてもやりがいがあります。

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201045.jpg

3名のオリジナルを交互に演奏するという手法は最近よくやっていて、それぞれの違いが分かってとても面白いのです。
演奏を重ねていくうちに自然にアレンジが出来上がっていったり変化したりで、この辺りはインタープレイの醍醐味です。
というわけで今夜はとても充実した演奏ができたと思います。
打ち上げは、知り合いの手引きで和食へ。

翌日は、ちょっと長めの移動です。
姫路、相生、岡山で乗り換えて尾道まで行きます。
尾道の一つ手前の東尾道を過ぎると左手にとても美しい瀬戸内の景色が広がります。

本日は、尾道の妙宣寺にて手作り門前市とお寺本堂でのライブのコラボ。

妙宣寺山門

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201063.jpg

本堂外観
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20064.jpg

今日は雨がちでしかもとても寒い。
雨なので、門前市は本堂隣の大広間でということになりましたが、この寒さでは正解です。

門前市の準備
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201049.jpg

室内門前市
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201053.jpg

出店作品
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201051.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20050.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201052.jpg

妙宣寺の副住職Kさんが友人B子さんの古い友人で、音楽、イベント好きのとても面白い人。
2年ほど前に訪問したことがあって、彼が多忙でなかなかコンサートができなかったのですが、準備期間をたっぷりとってこの度実現しました。
しかもB子さんの活躍で、門前市と共に三日間のイベントになりました。
参加者は全員お寺に泊り込み。しかも夜の宴会付き。

本日は金曜日、翌土曜日からお彼岸ということでお寺も大変忙しいのですが、そこはさすがにお寺。
大人数のまかないとかイベント会場のセッティングとか手際が良いことこのうえない。
副住職によれば、昔からお寺というのは、集会所であったり教育の場であったり病院であったり相談所であったり音楽ホールであったり、要は公共の役割を果たしていたとのことで、こういうことは想定内。

本日は、本堂でのライブ。
副住職は、篠笛の師匠でもあり、そのコーナーもあります。
副住職と師範代の篠笛のデュエットは、お教もコラボして、厳かな雰囲気を醸し出しました。
本堂は冷暖房設備はありませんから、ヒーターを何台も持ち込んでの演奏でした。
お寺の本堂というものはコンサートホールとしては最高と認識しました。

本堂ライブ
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20055.jpg

地元パーカッショニスト河野さんを加えて
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201059.jpg

副住職の篠笛とデュエット

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201061.jpg

終了後は、大広間での宴会です。
とても楽しいことは間違いないのですが、なんだか寒気がして胃の具合もおかしいので失礼して早めに休ませてもらいました。

これが効いて翌土曜日は体調回復。
天気も、雨の降り出しが早かったので午前中から回復してきて晴れ間が出てきました。温度も上昇しているようで穏やかな気候になってきました。

本日はゲーリーさんと再度合流して、大広間にて南米音楽と昭和歌謡ショーというコンサート。
門前市は天気が良くなったので本来あるべき姿の参道での開催です。

門前市の案内
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201067.jpg

門前市
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201065.jpg

これも売り物らしい。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20068.jpg

昼間は暇なので周辺を散策。こののんびりさ加減がいいのです。

瀬戸内の穏やかな景色
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%201069.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20070.jpg

今夜は、お彼岸で本堂が使えないので大広間のお座敷ステージ。
風呂屋の二階みたいな寛いだいい感じです。

南米音楽と
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20072.jpg

昭和歌謡ショーは、時々昭和歌謡ライブをやっている千草ちゃんのステージです。

昭和歌謡ショー
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20075.jpg


終演後は会場がそのまま打ち上げ会場に代わり、やはりそのまま宿泊所にもなります。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20080.jpg

翌朝は、前夜の宴会鍋の出汁で雑炊と至れり尽くせりであります。
一回やってしまうと勝手がつかめるもので、第二回もありそうな予感が。
副住職のKさんには、P.A.、演奏、料理、その他諸々大変お世話になりました。
ありがとうございました。

集合
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20082.jpg

今日、日曜日は天気も良く、移動も岡山で一回乗り換えて高松までと比較的楽なので、お昼は尾道在住のパーカッション奏者、河野さんの案内で、ラーメンと並ぶ尾道名物のお好み焼き屋へ。
広島風お好み焼きを堪能しました。
天気が良いので瀬戸大橋から見る瀬戸内海がとても綺麗でした。

今夜は、高松市内のSO NICEというライブハウスでの演奏です。
バーカウンターを担当するYさんは、東京キューバンボーイズ最後のメンバー(per)ということで話もはずみました。

当然Yさんもコンガで客演。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20086.jpg

初めてのお店なのでどうなのかなと様子を見ていたのですが、お客さんは高松のベテランのサンバ愛好者のみならず大阪、徳島からもいらっしゃっていて、これはもう、どサンバで行こうというこということです。
盛り上がりました。

バンド
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20087.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20090.jpg

よく鳴るグランドピアノで
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20085.jpg

ごきげん
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20089.jpg

翌日は、このツアーで最も大変な移動です。
高松→豊橋。
新幹線を使えば別にどうということもないのですが、そこはこだわり。
7時45分高松発岡山行きに乗る予定で、そのためには、是非行っておきたい「うどんバカ一代」。
朝6時開店に間に合わせます。
開店と同時にお客さんがどんどん来るのにはびっくり。
朝一番にホテルの自転車を飛ばして行くかいがあるのです、このうどん屋は。
満足して駅へ。

本日の移動は、高松→岡山→相生→網干→米原→大垣→豊橋と、距離も乗り換え回数も大変なものです。
しかも乗換時間が、食事をするには短すぎる中途半端なものばかりで、ここは我慢するしかありません。
7時45分発で15時30分頃着。

豊橋は、三年前でしたか、JR東海のイベント列車内での演奏という面白い仕事があって、滞在したことがありました。
ここで石井幸枝(fl)さんとも初めて仕事をしたんですね。

このツアー最終日は、豊橋駅から東へ一駅行ったライブハウスでの演奏。
名古屋が地元のゲーリーさんの仕切りです。

幸枝さんとゲーリー
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20108.jpg

アツーシ
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20110.jpg

小生
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20107.jpg

バンド
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20102.jpg

アンコールの「見上げてごらん夜の星を」は良かったなあ。
無事終了。
豊橋駅前で反省会の後にここで解散。
おつかれさまでした。

小生、翌日の帰りは急ぐ必要もないので、豊橋→浜松→興津→熱海→東京と普通電車の旅。
相変わらず静岡県内のJR東海は混んでますね。しかも車両が少ないし。生活路線の故、何とかならないのかといつも思います。

というわけで、福井を起点とした、北陸・関西・中国・四国・中部のツアーも終了しました。
ツアーのコツって、演奏はきちっとやるのはもちろんですが、メンバー同士余り干渉し合わないことが肝心だと思いました。

ということでまとめさせていただきます。

関係者の皆様、大変ご苦労様でした。
また、お世話になった皆々様、ありがとうございました。

ではでは

2012年06月08日

二年ぶり、宮城県遠刈田大道芸

皆様、今晩は。

昨年は震災の影響で、できなかった宮城県遠刈田温泉の遠刈田大道芸フェスティバル。
今年は関係者皆さんの努力によって第16回目を開催することができました。
いつもの通りやろうという言葉がキーワードだったようです。

小生は、開始した当時から縁あって家族で参加しています。

今年は2年振り。

それにしても、もう16回を数えるということで、最近、沖縄を含めて、もう開催してから何回を数えますというイベントに参加することが多いような気がします。
継続は力なりというのは本当ですね。

野外の出し物なので天候に左右されますが、6月2日は梅雨入り前の好天気。
確か、過去に降られたことは土曜日に一度だけあったと記憶していますが、6月にもかかわらずほとんど降られたことはありません。

開催を知らせるチンドン
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20037.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20040.jpg

いつもどおり木村酒店に拠点を置いて、土曜日は喫茶キャロルでの室内演奏です。
やはり開始当初から参加しているエスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂのメンバーに打楽器を手伝ってもらっての演奏。
ソロギター+パーカッションという組み合わせも結構面白い。

土曜日は前夜祭という感じで、夕方から通行止めにして、野外のパフォーマンスが始まります。
最後は、恒例、エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂによるサンバショー。
これを楽しみにしているお客さんはすごく多いのです。
温泉旅館の浴衣姿のお客さんも沢山いらっしゃいます。

サンバショー
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20044.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20046.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20047.jpg

そして今宵は、出演者、スタッフだけの特権、中打ち上げが大きなおたのしみ。
翌日曜日は皆帰途に着くため長々と打ち上げができないので、いつの頃からか、全員が宿泊している土曜日の夜に打ち上げをやるという習慣になっています。
題して中打ち上げ。

送迎バスで5分位の公民館で行うのですが、ここ数年は芸人、スタッフが本気で芸を披露する、しかも酔っ払ってですから、笑えるのはもちろん、びっくりさせられるような技術も登場し、これが周りに何もない山の中の大部屋のお座敷宴会・狂騒状態の中で行われるという、他では決して味わうことができない状況になっているのです。

何年か前は、あまり芸も出ず、仲間が固まってそこここで飲んでいるみたいな好ましくない状況だったこともあったと記憶していますが、今は大違い。
初めから終わりまで大道芸のオンパレード、それも内輪でしか見られないリラックスムード。

実行委員長挨拶
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20049.jpg

交流も盛んで、仲間が固まってということはあまりなくなって、すぐにみんな打ち解けて、グループがなくなっているという楽しい状態です。

フォルクローレの合同演奏
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20051.jpg

久米島メンバーによるエイサー
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20052.jpg

ベリーダンサー
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20053.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20054.jpg

和太鼓パフォーマンス
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20056.jpg

ジャグバンド
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20057.jpg

ジャグリング
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20065.jpg

サンバをバックにこうなってしまった。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20059.jpg

中打ち上げで、最も人気を博しているのは、実は大道芸人ではなく、運営スタッフによる遠刈田大道芸フェスティバル宣伝パフォーマンスなのです。
今年は二年ぶりということもあって特に盛り上がったようです。

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20060.jpg

この振りが受ける。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20061.jpg

あいさつ
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20063.jpg

青年団
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20066.jpg

盛り上がる客席
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20067.jpg

翌日曜日もまずまずの天気。今日は本祭りで、午前中から夕方まで車をシャットアウトして大道芸が繰り広げられます。

日曜日のオープニングパレード。なんだか緩い。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20069.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20078.jpg

観客参加
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20099.jpg

フィナーレのパレード
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20103.jpg

終了を告げるチンドン
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20104.jpg

昼ごろから肌寒くはなってきましたが、さいわい雨も振らずお客さんも盛況で良いお祭りでした。

いつも思うのですが、これは商店街振興組合による純手造りのフェスティバル。
大道芸というレアな分野にもかかわらず、業者の手は全く入っていません。
そのことがフェスティバルを素晴らしくしている大きな要因と感じますが、去年の震災のように社会事象、自然事象による影響をもろに受けます。
今年は涙を飲んだ昨年の中止をバネに、何とか東北を元気づけようという気合が感じられました。

いつもどおり生活するということがいかに大事か、我々も震災を経験して認識しましたが、いつもどおりの大道芸、それも毎年グレードアップしたものを今年も変わらずやってるぞ、が復興に対する東北の気概を発信していると思いました。

いつもながらスタッフ、関係者の皆様、ありがとうございました。

2012年07月06日

小旅行二題

皆様 こんにちは。

今回は、5月から6月にかけて小旅行二題。
二題とも音楽とは関係なく家庭の事情による小旅行です。

一つ目は新潟県村上市。

小生は東京生まれで田舎らしい田舎、つまり帰省先とか両親の故郷という意味で、というものが無かったので、父方の実家がある新潟県村上市は子供の時分から夏休みやら何やらで田舎として過ごさせていただいていました。
海と山と川が揃っている申し分のない土地で、おまけに昔は蒸気機関車まで走っていました。

村上駅。昔とあまり変わらない。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20012.jpg

今回は法事で十数年ぶりの訪問。
昔は大変な時間をかけて行っていたわけですが、今は新幹線と在来線特急で朝6時に東京駅を発って9時半頃には着いてしまいます。
あいにく雨が降ったり止んだりの天気でしたが、催事は室内なのでさして影響はなく、終了後雨も止んできたので、帰りの時間までゆっくりと散歩を楽しむことができました。

駅の近辺は昔とあまり変わっていないようで、高い建物がない。江戸時代の町家のようなつくりの建物も散見されます。
昔はこんな景色はどうとも思わなかったのですが、旅が多い今は、なんだか懐かしさがあって風情を楽しむことができます。

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20013.jpg

町家
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20014.jpg

大きな産業はないのでそのぶん町が落ち着いていて川もきれいです。
現在は観光にも力を入れていて、市内を貫く三面川でとれる鮭が産業として、また観光資源として大きな位置を占めているようです。

この土地独特の鮭の保存方法
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20031.jpg

イヨボヤ会館。鮭博物館ですね。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20015.jpg

鮭の稚魚
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20018.jpg

展示されている郷土料理のサンプル4点。サンプルとはいえ、どれも美味しそう
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20020.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20021.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20022.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20023.jpg

この川では子供の頃よく遊びました。
川に入ってカジカ(ごりとも言う)や鮎を捕ったりしました。
河川敷がだいぶきれいに整備されて公園として散策しやすくなっていますが、露骨な護岸工事がされていないので自然な護岸の景色が残っています。

三面川の河川敷公園
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20024.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20026.jpg

三面川
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20027.jpg

三面川から羽越本線橋梁を臨む。昭和40年代までSLが走っていた。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20029.jpg

こちらは鮭の稚魚を育てている小川。一部がイヨボヤ会館から水中を望める構造になっている。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20025.jpg

地元ではお城山と呼ばれる村上城址がある山。正式にはなんていうのだろう。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20030.jpg

雨上がりの風景は特に風情があります。
駅前で夕食をいただいて日帰りの旅でした。

こちらはサンプルではなく本物。
%E7%94%BB%E5%83%8Fx%20032.jpg

二つ目は千葉県勝浦市。
外房の漁港ということは知っていましたが初めて訪れる場所です。

勝浦海岸
%E7%94%BB%E5%83%8F%20464.jpg

勝浦漁港
%E7%94%BB%E5%83%8F%20468.jpg

身内のお祝い事だったので散策する時間等はあまりなかったのですが、一泊した翌早朝、散歩に出かけ遭遇したのが朝市。
なんでも日本三大朝市のひとつと紹介されています。
ということはあの輪島の朝市と肩を並べる・・・・というほどのものではないのですが、程よく地元密着型で、商いの種類も、魚、野菜、お惣菜、乾物、工芸品少々と素朴です。
輪島の朝市は、全国版観光型で、観光バスで乗りつけるほど規模も大きいし、商いの種類も多様で、比較するのは無理がある感じです。
でもこの素朴な朝市もいいですね。
値段もかなり安そう。
海のものや畑のものや山のものを持ち寄ってきて交換したあたりから始まったであろう成り立ちが想像できるような雰囲気で、直売所マニアの小生としては偶然に見つけた楽しいスポットでした。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20469.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20470.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20472.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20471.jpg

帰りは行きの房総半島を南東に縦断するルートではなく、外房有料道路から東金有料道路経由にしてみました。
九十九里海岸はサーフスポットということで、海岸に沿った家々にそれ風の造りがとても多いことには少々驚かされました。
たまには仕事と関係のない旅も良いものです。

ではでは

2012年11月06日

2012年秋の大阪・尾道・高松・京都・名古屋

皆様、こんにちは

10月26日から10月31日まで関西、中国、四国、中部地方の旅でした。
大阪・尾道・高松・京都・名古屋と続きます。
今回は、五日間移動しながら毎日演奏するパターンです。
こういう時一番肝心なのが体調管理。
具体的に言うと、飲みすぎ厳禁ということです。
ついつい打ち上げ等で調子に乗って度を過ごして痛い目にあったことがあるので、これは注意しています。
毎日、ライブが続くというのでは尚更です。

まずは、大阪の「ショビ・シュバ」で石井幸枝さんとデュオ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20007.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20013.jpg

ここは随分前からライブをやらせていただいているところですが、筋金入りのブラジル音楽ファンの集う処として有名。
選曲も玄人向けの渋い選曲になります。
テンションが高まってとてもやりがいのある場所です。
二人とか三人とかの編成が最近は多くて、そういえばベースが入った編成はしばらくやっていないような気がします。
少人数だとギターの役割は非常に大きくなります。

さて、翌日は広島県尾道市に移動。
お馴染みになったような気がする妙宣寺本堂でのコンサート、ブラジルものと昭和歌謡の二本立て。
大阪から尾道までの各駅停車の旅というのも最近は慣れてきましたが、乗り換えが多い。
列車も速くて長いものから、遅くて短いものに徐々に移行していきます。
この変化が楽しい。
特に好きなのが東尾道駅を過ぎてから尾道駅到着前の瀬戸内の景色です。
対岸の島や造船所や古い町並みと瀬戸内海の風景が一体となっていきなり広がってくるという印象でとても好きです。

妙宣寺は、この土曜日はコンサート、翌日曜日は門前市と賑やかです。

門前市のポスター
%E7%94%BB%E5%83%8F%20015.jpg

本堂でのコンサート会場はこのような状態でとても厳かな感じなのですが、その音の良さにはびっくりしました。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20018.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20021.jpg

このご本尊様の左側にグランドピアノが置いてあって、以前はそちら側で演奏したのですが、今回はピアニストが不在のため、ご本尊様を背後にしています。
どうもこの向きの方が音が良いようで。
P.A.を通しても実に自然な響きが得られて、もちろん環境を熟知する加藤副住職がP.A.を担当しているからということもあるのですが、それにしても、お寺というのは究極のコンサートホールだと感じます。
もっとも加藤副住職によれば、昔からお寺というのは、コンサートホールであり集会所であり学校であったり病院であったりと、いわば地域のコアなので、コンサートをやったり門前市をやったりというのも当然のことかもしれません。

後半は千草さんの昭和歌謡。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20025.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20035.jpg

これは小生がギターアレンジを施しているのですが、日本人ですから歌詞に感じ入るものがあるし、曲想にあったアレンジを考え演奏するというのはとても楽しいことです。
もっともブラジルものも同じスタンスでないとね。

本堂コンサートの後、大広間にて打ち上げ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20038.jpg

このお寺の賄いというのが、大雑把ではありますが絶品です。
この日は鰤、鳥、を中心とした料理。
大人数の賄いに慣れているので手際はいいし、料理の種類、味、栄養にとても優れていて、それにとてもリーズナブル。
賄いにこの点は重要だと思いますよ。
で、このまま大広間で寝てしまうという極楽往生。

ゆるキャラ
%E7%94%BB%E5%83%8F%20039.jpg

翌日曜日は、天気もなんとか回復して門前市です。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20041.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20042.jpg

お世話になった加藤副住職に福山のバス停まで送ってもらって、高速バスで高松まで移動。これがなかなか快適。

バスから瀬戸内海を見る。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20043.jpg

今夜は「カレー屋ろく六」。
カレー屋ではありますが、高松のブラジル音楽の拠点になりつつある場所です。
店の醸し出す雰囲気がブラジル音楽に合っているような気がします。
演奏者とお客さんが一体となって音楽を楽しむ雰囲気ができているんですね。
だから、ここで演奏するときはいつも熱くなります。
ここからゲーリー杉田さんが加わってサンバ度が濃密になったこともあって、盛り上がりました。果てることなく続く狂騒もいいのですが、やはり飲みすぎ厳禁。
適当に引き上げます。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20048.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20051.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20049.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20055.jpg

翌日も良い天気。
土曜日の夜から日曜の朝にかけてちょっと雨が降ったくらいで概ね好天が続いています。
今日は、京都へ移動。
これも恒例なのですが6時前には起きてうどん屋へ。
京都までちょっと距離があるので早目に出発したはいいけれど琴電瓦町駅で乗り場をミスって20分も待つ羽目に。
この琴電瓦町駅というのはなかなか分かりにくい駅で、何本か枝状に路線が発着しているので踏切の位置とか乗り場とか混乱することも時々あります。
余裕で乗れる筈だったJRは滑り込みセーフ。
乗ってしまえば、どこでお昼を食べようかななどとのんびりしています。

京都の宿は市役所の近辺。
ライブ会場も歩いて約10分の距離。
京都は北の方から二、三、四・・・条と道が分かりやすくて、いつもながらの落ち着いた街並み。歴史があって戦争で焼けていない(応仁の乱とは違います。)というところは尾道と似ていますが、雰囲気は全然違います。
京都の街並みは隙がないという印象ですね。
尾道は隙だらけという感じ。

本日のライブは3名にゲストに地元のボーカリスト、林寛子さんを加えて昨日とは打って変わって落ち着いた雰囲気で進んで行きました。
これはこれで悪くない。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20067.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20061.jpg

翌日は、名古屋へ移動。
今日の移動は2時間もあれば着いてしまうので、天気も良かったので荷物を預けて昼過ぎまで散策。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20057.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20072.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20073.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20074.jpg

40年ほど前に行ったことのあるジャズ喫茶「YAMATOYA」の看板(というより行き先表示みたいな)を熊野神社交差点あたりに見つけて、まだあるのかとびっくりして探したら、どうやら看板だけみたいでちょいとがっかり。

京都からは米原・大垣・名古屋と乗り継ぎます。
この米原・大垣間というのも好きな景色の一つです。
関ヶ原があるところ。
昔から変わらないような鄙びた景色が続くのです。
ここが、関西と中部の文化的分水嶺のような気がしますね。

さて、今日の名古屋は名古屋駅から二駅の金山。
ここは大ターミナル駅で普通の都会です。
老舗のジャズ・ライブハウスが本日の会場です。
ピアニスト鈴木厚志氏も加わって4名の演奏。
途中ブラジル人達の演奏もあったりして、充実した一夜でした。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20087.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20079.jpg

ゲストのブラジル人達
%E7%94%BB%E5%83%8F%20075.jpg

打ち上げ会場の怪しい雰囲気
%E7%94%BB%E5%83%8F%20093.jpg

翌日は、帰るだけ。
豊橋・浜松・静岡・熱海・新橋と乗り換えの各駅停車の旅。
毎度のことですが、お世話になった皆様、ありがとうございました。
ではでは

2012年11月30日

兵庫県加西市から鳥取、各駅停車の旅

皆様、こんにちは

今回の旅は、最近多い関西方面です。
演奏場所は、兵庫県加西市。
地図で見ると、瀬戸内海側と日本海側の中間くらいに位置する山あいの町という感じ。
列車で行くとなると、加古川線から第三セクターの北条線に乗り換えなければならず、結構大変かなあと思っていたところが、主催者側で姫路に宿を用意してくれていて、姫路まで迎えに来てくれて送ってくれるというありがたいパターンなのです。

最近関西が多いといっても瀬戸内側ばかりで北側にはほとんど行ったことがないので、ついでにちょっと回ってこようかと、せっかく姫路にいるのだから山陰方面、鳥取まで足を伸ばして一泊、翌日は山陰本線各駅停車の旅で京都まで来て、夜行バスで帰ってくるという計画です。

加西市は、地図で見ると距離がありそうなのですが、車で行くと、高速が便利なので小一時間で到着しました。

本日の会場はレストラン「West」。
%E7%94%BB%E5%83%8F%204001.jpg

鄙びた山間地にあるお店ですが、過去には、ローランド・ハナ、渡辺香津美等そうそうたるミュージッシャンが演奏に訪れている場所だということです。
店のご主人がミュージッシャンを招致するのにとても熱心だということです。

本日のメンバーは秋山ゆりみ(vo)、ゲーリー杉田(per,vo)、角田浩(p)、小生(g)。

%E7%94%BB%E5%83%8F%204007.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204006.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204009.jpg

対バンがあって、梅永恭さん(vo)と神戸、姫路サンバチーム選抜しかもダンサー付きです。
満員のお客様は殆ど地元のお客様でしょう。
ピアノの角田さんは、ジャズピアニストで全くの初対面でしたが、ブラジル音楽好きなんでしょう、うまくコラボできました。
慣れていないとこれが結構難しいのです。

最後のステージはパシスタを加えてのサンバショー。
ガラス張りなので外からよく見えそう。
周りが真っ暗で野中の一軒家に見えるレストランでの華やかなサンバの宴。
道路沿いなので通りの車からはどう見えたかちょっと興味深い。

%E7%94%BB%E5%83%8F%204014.jpg

ダンサー登場
%E7%94%BB%E5%83%8F%204015.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204016.jpg

チビッコダンサー。メンバーのお子さんたちでしょうか。動きがすごくよかった。
%E7%94%BB%E5%83%8F%204018.jpg

集合写真
%E7%94%BB%E5%83%8F%204019.jpg

サンバショーも含めて3ステージ、時間も内容もたっぷりのショーでした。

日曜日の夜でしたし、姫路へ帰るともう遅い時間です。軽く部屋で飲んで寝てしまいました。

翌日、少々雨がちですが大したことはない。
早起きできたので、姫路から特急の鳥取行きではなく各駅停車の旅を迷わず選択。
特急で行けば直通で1時間30分で着くところを4時間かけて行く各駅停車の旅です。

姫路から新快速で相生まで、相生乗り換えで上郡まで行きます。
最近は関西の新快速の安い速いにもすっかり慣れて乗り換えもスムーズに行くし、簡易自動ドアにも戸惑うことはなくなりました。

上郡から第三セクターの智頭急行という路線で終点の智頭というところまで行きます。
これが一両編成、単線、非電化という実に良い佇まいで、発車した際は乗客5、6名、一時間半ほどの旅程なのですが途中乗ってきた人は2名、終着駅に近くなる頃は小生の貸切という贅沢な列車でした。

上郡駅のホームの先にぽつんとある智頭急行の乗り場
%E7%94%BB%E5%83%8F%204021.jpg

一両編成の車両
%E7%94%BB%E5%83%8F%204022.jpg

雨がちの景色も風情があります。山に霧がかかるというのではなく、雲が地面すれすれまで落ちてきている佇まいです。

%E7%94%BB%E5%83%8F%204023.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204026.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204025.jpg

ゆっくり走っていて、列車交換の時間もたっぷりとありローカル線を堪能することができます。一両編成ですから前面展望もとても良い。
特急にしなくて大正解でした。

こんな駅もあります。
%E7%94%BB%E5%83%8F%204024.jpg

終点の智頭で昼食。
ここも山間のまちで静かな佇まいです。

%E7%94%BB%E5%83%8F%204027.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204028.jpg

この終点駅というのはなんだか興味が湧きますね。
先の関西の新快速で言えば、とても長い距離を走っていて京都、大阪、神戸と大都会を経由して行くのですが、終点は変哲もない駅(大都会と比べれば)であることが多いようです。
例えば、播州赤穂行き、西明石行き、網干行き、野洲行き、長浜行き。
大都市行きは当たり前という感じですが、長い距離を走って着く変哲もない駅というのは興味を起こさせます。
秘境駅マニアがいるのだから、変哲もない終着駅マニアというのがいても良いのではないかと。

智頭からはJR因美線で鳥取へ。
これもまた一両編成、単線、非電化で、景色抜群、乗客わずか。
智頭急行もJRからの直通特急は編成も長く乗客も多そうですが、各駅停車は時間がかかるので観光客は敬遠するのでしょう。四国のJRも確かそんな感じでしたね。

鳥取は雨、風が少し強くなってきています。こちらは関東と違って西の方から天気が変わっていくという感じではないみたいです。
鳥取に来たからには砂丘を見なくてはと思って、雨風が強くなる中出かけてみました。
砂丘センターで長靴を貸してくれるのですが、砂丘まで行くと風で傘は役に立たず、上下のレインコートがなければずっと先の方に行くのはこの天候では無理。

砂丘
%E7%94%BB%E5%83%8F%204032.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204033.jpg

ま、見たからいいやと夕食を食べに市街地へ。
散策してから夕食兼軽く飲み。
これが意外と美味しかった。

鳥取市内
%E7%94%BB%E5%83%8F%204034.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204035.jpg

こんな居酒屋ですが。
%E7%94%BB%E5%83%8F%204038.jpg

この時期旬のカニ
%E7%94%BB%E5%83%8F%204036.jpg

仕上げはごはんセット、350円也。
%E7%94%BB%E5%83%8F%204037.jpg

翌日も雨がちですが、冬場の山陰の天気はこんな感じらしいです。
今日は、山陰本線を京都まで各駅停車の旅。

まずは、浜坂行きで浜坂乗り換えで豊岡行き。
単線、非電化は変わらず、二両編成に格上げ。
この区間は日本海沿いを走って行きます。
陸側はほとんど山で、山沿いを走っていくため地面との標高差が相当ありそう。
日本で最も標高差がある余部鉄橋もこの区間です。
日本海は荒れていて寒そう。

余部鉄橋上から日本海
%E7%94%BB%E5%83%8F%204040.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%204041.jpg

やはりこの鳥取・豊岡間の単線、非電化区間の景色がよろしいようで。
豊岡からは電化されていて、関西快速電車の車両です。
スピードが違う。
福知山行きで福知山から園部行き、段々と車両数も増え乗客も多くなっていく、こういう変化も面白い。
園部からは快速京都行き、ここはもう大都市近郊列車になります。
京都着はもう夕方だったので、どこへも行きませんが、この時期京都は観光シーズン。
嵯峨嵐山駅は観光客が多いようでした。
23時40分発の夜行バスで翌朝6時30分には東京駅着。

関西横断と山陰は初めてだったので良い旅でした。
やはり各駅停車を選択したのが良かったということです。
18切符シーズンだともっと安くあげられますね。

ではでは

2013年02月11日

ベトナム観光 その1

皆様、こんにちは

2月3日から8日までベトナムに行ってきました。
特に目的はありません。
ハノイに滞在して歩き回ってきました。

日本との距離はそれほど遠いわけではないのですが、シンガポール経由でしたので成田を夜発って、シンガポール・チャンギ空港で5時間ほどの乗り継ぎ待ち、翌日正午頃の到着です。
チャンギ空港は、世界でも有数の巨大ハブ空港。
三つのターミナルはあまりに広いので、無人トレイルが結んでいます。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20616.jpg

気温は27℃くらいあって段々と暑くなってきました。
時間があるので無人トレイルに乗って各ターミナルを散策、一番快適そうだったT3の奥、映画が見れるゆったりとしたソファに座って時を過ごします。

2月4日(月)
正午頃、ハノイ・ノイバイ空港着。
軍服のような制服を着た係官による入国審査。
成田空港やチャンギ空港に比べると古びて照明も暗い印象です。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20617.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20618.jpg

まずは、2000円をVND(ドン)に両替。444,500VNDになります。
大体1VND=0.0045円,1,000VND=4.5円の計算です。
以後、この貨幣価値が頭を混乱させることになります。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20619.jpg

タクシー等の客引きが強引と聞いていたので用心しましたがそれほどでもなく、ハノイ市中心のベトナム航空事務所行きのオンボロワゴン車に乗り込みます。定員いっぱいの15人を詰め込むまで発車しません。
所要時間約1時間、料金は終点まで40,000VND、180円。
後になって考えると、これは相当安かったと思います。

さて、ワゴン車はクラクションが盛んに鳴らされる空港を出発してハイウェイのような道路を進んで行きます。「のような」というのは、人や自転車がいたりするのではっきりしなかったのですが、後になってくると事情が飲み込めてきます。
まず、交通事情の片鱗が見えてきます。
日本ではまず聞かれないクラクションの鳴らし方。
それものべつまくなし。懐かしい暴走族のようなホーンも当たり前。
強引な追い越し、割り込み、無謀極まる進路変更etc・・・・・
しかし、この段階で驚くべきではなかったのです。
あれはまだ空港周辺の郊外の景色であって、本格的な混沌はハノイ市中心部に入ってからでした。

びっしり渦巻くバイク、バイク、バイク、バイク、車、車、バイク、バイク、バイク、バイク、車、バイク、バイク、車、バイク、バイク、自転車、バイク、バイク、バイク、バイク、シクロ、歩行者・・・・・・・・・。
これが、クラクション鳴らしまくりで譲り合うということを全く知らずに濁流の如く流れていくのです。
バイクは殆どが、50ccくらいの小ぶりなものか、125ccくらいのスクーターが多い感じで、山のような荷物を満載しているものもあるし、それが後ろだけでなく前後左右なんてのもありました。また、よく見ると、3人乗りをしているものや、中には4人乗りなんてのもあります。
別に不良ではなく普通の人達です。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20674.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20620.jpg

とにかく、この混沌渦巻く全く知らない街に降り立った途端、今度は強引な客引きの嵐。

ホテルだのバイクタクシーだのシクロだの。以後、街中ではあらゆるところでこの手の連中に声をかけられることになりますが、一切無視。目を合わさない。一旦話に応じたら、とにかく面倒くさいことになりそうで。

で、地図を片手にホテル目指して歩き始めました。

客引きを振り切りながら、あとこれも以後、重要な要素になってくるのですが、どうやって通りを渡るのかこの時点で理解できていない。
初めてハノイの中心部に置かれたので無理もないと後々思ったのですが、一応信号があるようだが、何故か流れが途切れない。それでもこの付近は大きい通りが多いので辛抱強く待って一瞬の途切れを見つけて渡る、また渡れそうなところまで移動して渡る。そんなことを繰り返しているうちに、似たような通りが多いこともあって、ここはどこ、の状態に。

またまたこれも以後重要な要素になってくるのですが、どうもこの街の人たちは地図が読めないのではないかという疑問が生じてきます。分かりやすいと思われる地図を見せて聞いても?????

ま、最終的になんとかたどり着いたのですが、暑さもあって汗だく状態に。
そして今度はホテルで予約が通っていない。でひとモメ。
ホテルは英語が通じるので、カタコトでも何とかなるわけで、ドミトリーに通されそうになるところを断固拒否。一部屋確保しました
とても広い天井の高い部屋で、ベッドはW、冷蔵庫、バスタブもトイレもあるし清潔なので申し分ないのですが、ひとつ難点が。
窓がない。
Uuuuuuuum・・・となったのですが、どうせ寝るだけだからいいやとOK。
これは後々良い選択だったと思いました。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20634.jpg

後になって考えてみると、初めてハノイ中心部に放り出されて無理もないと人ごとのように苦笑していまいます。

さて、シャワーも浴びて一心地付いたら、着替えの買い物がてら付近の散策です。
とりあえず、1.5km程先の憩いの場であるらしいホァン・キェム湖を目指します。

ホテル前の通りはハン・ボン通り、まっすぐ行けば自然とホァン・キェム湖に突き当たる筈です。ハン・ボン通りは片側一車線の交通量の多い生活通り。ここを渡るのが慣れるまで大変。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20625.jpg

途切れることのないバイク、バイク、バイク、バイク、車、車、バイク、バイク・・・を強引にかき分けて渡るしかない。遠慮もしくは躊躇していたら夜中になるまで渡れません。信号もあるにはあるけれど、あまり関係ないようだし、一番よさそうなのは、地元のベトナム人に付いて渡ることです。
で、渡れたからといって安心してはいられません。歩道はきちんとあるけれども、バイクや車が駐車、占拠しているところも多く、食堂や屋台、物売り、ぼんやり佇む人、客引きやバイクタクシーなど、とてもまっすぐは歩けません。果てはバイクが走ってきたりするわけで、油断も隙もない。

それでも、行きはまだ道も分かりやすく街の様子も魅力的で、取り分け1週間後にやってくる旧正月(テト)の準備もあるのでしょう、活気にあふれた人々の様子は見ていて少しも飽きることはありません。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20626.jpg

ホァン・キェム湖周辺も同じような交通事情ですが、道も広いので幾分横断が楽。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20621.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20622.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20623.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20624.jpg

色々と店を見ながらTシャツを買うことにしてリュックから財布を出そうとしたら・・・・・・無い!!!!
リュックのそこだけチャックが開いてるし。
やられた!!!!
安全そうなのでリュックを背負うという油断をしてしまった隙にスられたらしい。
全然気が付かなかった。
被害は財布のみで、現金が7,000円くらいしか入っていなかったのが不幸中の幸いでした。
カードやパスポートや貴重品はバラして持ち歩いています。
この混沌の中戻ってくるはずがない。
被害額も小さいし財布も安物。授業料だと思ってくれてやるわい。旨い酒でも飲んでくれと開き直り。

ここで一文無しですから、ATMが頼り。

街中にはいたるところにATMがありますが、使える機械とそうでないものがあったりで、結構苦労したりします。
気を取り直してVNDでTシャツが買えました。

ホァン・キェム湖畔のカフェでビア・ハノイ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20628.jpg

ホァン・キェム湖の夜景
%E7%94%BB%E5%83%8F%20627.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20629.jpg

土産物屋にあったお面。なんとなく石垣島のアンガマーのお面に似ている。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20630.jpg

路上食堂で晩御飯。
これで140,000VND(630円)
%E7%94%BB%E5%83%8F%20631.jpg

これとこれとこれというように、おかずを指させばご飯と一緒に出してくれるのですが、初めてのベトナム路上ご飯は大変美味しかった。日本人の口にとても合うようです。インディカ米も白米で丼で出てくるのですが、とても美味しい。
以後、帰るまで路上ご飯がやみつきに。

満腹になってビールも飲んでスリからも立ち直ってそろそろホテルに帰ろうかと歩き出したはいいのですが、同じような街並みでいくら歩いてもホテルがない。
あるはずのない鉄道線路があったりして、またまた、ここはどこ、の世界。
でも、歩いているうちに正月市場、ナイトマーケットに出たりして結構楽しい。
人通りも多く、不安はあまり感じません。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20632.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20633.jpg

こういうときは出発したところに一旦戻るとリセットできるので、ホァン・キェム湖に戻ります。

以後、迷わずにホテルに帰れたのは最後の方だけ。
おかげでたっぷり街歩きが楽しめました。

夜になって街は昼間と様相を変えています。
通りによっては、車は走らずに屋台、物売り、食堂がはみ出してきている。歩行者天国という決まったものではなさそうなのですが、ナイトマーケットになっていたりします。
皆さん、お風呂の椅子の小さくなったようなそれに座って、食事をしたり、飲んだり、語らったり、トランプ博打をしていたりするようです。

やっとホテル到着。
機内でもあまり寝てないし今日はよく寝れそうです。
窓がないので通りの喧騒が聞こえないのも却ってありがたい。

ではでは

ベトナム観光 その2

皆様、こんにちは

2月5日(火)

当初は、水曜日にしようかなと思っていたハロン湾のツアーを今日にしてみました。
天気予報も良さそうだし。
バスで片道4時間ほどかかります。
8時に出発して20時頃帰着のバスツアーです。

我々の英語ガイドと日本語ガイドが付いた日本人グループもいました。
久々に日本語が聞こえます。
我が方は、スイス、イギリス、中国、ポルトガル、ロシアというところ。
冷房が効くマイクロバスはハノイ市内から郊外へ向かっていきます。

しかし、このバイク、車の濁流は皆が大きいマスクをかけていて、過激なホーンの鳴らし方からして街中で暴走している感じがします。歩道も平気で走ってくるし。3人乗りは当たり前。
でもみんな普通の人達なんですね。不良ではありません。
日本の暴走族どもを一回ここで走らせてみたいものです。おばちゃんのバイクに蹴散らかされるんじゃあないかな。
この状況にも昨日よりは幾分慣れてきました。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20674.jpg

バスはどんどん郊外へ向かいます。
田舎の水田風景、時々工業団地、市街地などと続いて、車窓に眼は奪われっぱなし。
快調に一方通行のハイウェイを跳ばしていると思ったら対向車が来るんですね。実は片側一車線の一般道路でした。
要はセンターライン無視、左車線が空いていたらとにかく追い越し、追い越し、クラクション(暴走族的なホーンと言った方が適切か。)で、交通ルールがどうなっているかは謎です。

途中、トイレ休憩のお土産センターへ寄ります。

お土産の織物を生産している。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20635.jpg

陶磁器も地場産業
%E7%94%BB%E5%83%8F%20636.jpg

だんだん海が見えてきてそれらしい雰囲気に。

その頃から左側を鉄道線路が走り始めました。一体どんな列車が走っているのだろうと興味を惹かれますが、
列車を見ることはありませんでした。走って(歩いて)いたのは、犬、子供、天秤棒を担いだおばさん、おじいさん、バイク・・・・・・・。

で、ハロン湾到着。
観光船に乗り込んで観光開始。

以後は写真中心でいきましょう。

港の風景
%E7%94%BB%E5%83%8F%20637.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20638.jpg

ツアーに船上昼食が付いている。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20640.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20641.jpg

犬の形をした岩
%E7%94%BB%E5%83%8F%20642.jpg

今度は猫が見下ろしている
%E7%94%BB%E5%83%8F%20643.jpg

水上村
%E7%94%BB%E5%83%8F%20644.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20645.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20646.jpg

水上村の住人
%E7%94%BB%E5%83%8F%20647.jpg

ここでカヤックに。ロシア人と言ってました。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20648.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20649.jpg

水上村にて
%E7%94%BB%E5%83%8F%20650.jpg

水墨画のような景色
%E7%94%BB%E5%83%8F%20652.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20654.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20655.jpg

漁師のお寺
%E7%94%BB%E5%83%8F%20653.jpg

にわとり岩、つがいで向き合っているとのこと。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20656.jpg

ゴリラ岩
%E7%94%BB%E5%83%8F%20657.jpg

鍾乳洞入り口
%E7%94%BB%E5%83%8F%20658.jpg

鍾乳洞内部
%E7%94%BB%E5%83%8F%20661.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%20664.jpg

鍾乳洞出口から臨む。与那国島にこんな景色があった。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20666.jpg

なんとなく瀬戸内海の景色にも似ている。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20667.jpg

のどかな水田風景
%E7%94%BB%E5%83%8F%20669.jpg

楽しかったハロン湾観光を終えてホテルには20時頃到着。
お腹がすいたので、ここへ来る前からお目当てにしていた食堂街へ。
その前に昨晩のTシャツ屋でもう1枚。
1枚150,000VND(680円)、安いのです。

今日は絶対迷うまいと決めていたのにお目当ての食堂街付近でまたしても迷う。
さ迷っているうちに紛れ込んだ路上が件の食堂街でした。
ベトナム語のメニューが読めないので、おかずが盛り付けてある店へ行ってこれとこれと指さし指定。
またもや大変美味しい。

これで55,000VND(250円)とは。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20670.jpg

で、帰ろうと思って店のおばちゃんに今どこにいるのかと地図を見せても??????
店にいる複数のおばちゃんたちも全員????
この人たちは実は地図の読み方を知らないのではないかと再び昨日の疑問が頭をよぎる。
ここが食堂街だとすれば、近いはずだからなんとかなるでしょと左、左と行くとすぐにホテルの前に出る。
なんだ、こんなに近かったんですね。

明日こそは、迷うまいと決意を新たにします。

街中はベトナム国旗と並んで旧ソビエト連邦の旗も多く翻っています。

そうでした。ここは社会主義国でした。
あまりの混沌と活気ですっかり忘れてしまっていました。

明日は、それを認識するような歩き方をしてみましょう。

ではでは

2013年04月17日

ブラジル旅行記1(準備・成田発Rio de janeiro行・3月19日(Rio de janeiro))

皆様、こんにちは

ようやく時差ボケも解消しつつあるようです。
3月18日から4月12日までブラジルを旅行してきました。
ブラジル音楽をやっていながら恥ずかしながら初めてのブラジル旅行です。
これは、長年の夢でした。広い国なのでやはり一ヶ月は滞在しないとわけがわからないと思っていたので、サラリーマンをやっていないこと、子供がある程度一人で生活出来る年齢になること、家族の了承があることが自分の中での条件でした。
これらをクリアしてようやく今回行ってくることができました。
この一ヶ月弱の旅行記をこれから記していこうと思うのですが、書く事もいろいろあるし写真も相当な量になっているのでじっくりと連載形式で書いていこうと思います。
今月末には春の沖縄・八重山ツアーも控えていますし、記憶を掘り起こしながらある程度時間をかけることになりそうです。

・準備段階
自分の旅のスタイルとして団体行動が嫌い、したがってツアーなどはもってのほかということになる。
飛行機、宿泊は全て自分でやろうと考えていたが、ブラジル国内の移動を時間の関係で飛行機でやるとなるとここは手配を旅行会社で行ったほうが無難である。幸いミュージッシャン仲間の千田氏がブラジル旅行を専門に扱っているI社にいるので早速相談に乗ってもらう。
国内移動のTAM航空とブラジルまでの往復をエミレーツ航空(ドゥバイ経由)で手配してもらう。結果的にはこれが大正解。
旅程も相談に乗ってもらい、初めてのブラジル、Rio以外にも色々と見て回りたかったのでRio→ Ouro preto→ Salbador→ Olindaと北へ進んでRioに戻ってくる旅程を作成、TAM航空の手配をお願いした。
ホテルはwebでいろいろ探し回って納得のできるところを自分で手配。
VISAの手続きも順調に終わって、やはり一番の問題は言葉。
先生についてポルトガル語を学んだ経験がないので非常に不安ではあるが1月頃からテキストなどを色々と買い込んで勉強に着手。果たしてこれが役に立ったのか立たなかったのか。
個人旅行で、一人旅の時間が長いので何もやらないよりはマシなはず。
あとは現地での支払いにどのような手段を使うかだが、安全を考えて多額の現金は持たず極力カードを利用することにして、現金は必要な額をATMで引き出すことにした。ただ、当初の現金としてドルを準備してガレオン空港で必要最低限の額を両替することにした。空港での両替はレートが良くないとのことなので。
さて、これで準備は終了。衣類も楽器も向こうで買うことにしたので荷物を作ってみるとえらく少ない。沖縄に行く時より少ないかもしれない。

・成田発Rio de janeiro行き
成田空港22時発のエミレーツ航空、ドゥバイ行き、A380型は総2階建ての巨大航空機。
1stクラスとビジネスが入る2階とエコノミーの1階は完全に分離されている。噂では2階のウェルカムドリンクはドンペリだとか???
約12時間かけてドゥバイ空港着。韓国・中国・インド・パキスタン・イランと飛行してきたはずだが5時着で暗いまま、さっぱり分からず。
ドゥバイ空港は巨大空港と聞いていたが想像を超える巨大さ、シンガポール空港も巨大だったが、あそこはコの字型、ここは真っ直ぐのかまぼこ型。その建物の中をターミナル連絡用の無人電車が走り、未来都市のような印象。乗り継ぎのため入国しないスペースも巨大で、ショッピングセンターの遥か彼方は霞んでいて見えない。夜中だろうが早朝だろうが世界中の各方面に飛行機が発着し多種多様な人種が行きかい、金ピカの壺やらなんせ車まで売っているのだ。全体的には金ピカでお客様大歓迎の印象。これからハブ空港として更に発展しそうだなあ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011635.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011636.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011637.jpg

3時間待ってエミレーツ航空のB777型Rio de janeiro経由Buenos行きに乗り換え。
すぐ出るのかなと思ったらタキシングのまま1時間待ち。
このフライトはアラビア半島、紅海、アフリカ大陸、大西洋を横断していくかなり長い旅で、約15時間。
ドゥバイを8時15分頃発ってガレオン空港到着は16時。
ずっと明るいところを飛んでいるはずだが、機内は暗くなっていて朝だか夜だか分からない。
食事の時だけ明るくなるのはブロイラーのようだ。
航空機搭載カメラで下界を見ることができる。
アフリカ大陸に入ったときは茶色がずーっと続く。赤道ギニア辺りから大西洋に抜けていく手前は緑がずーっと続く。そして大西洋。南米大陸が待ち遠しい。500年前この海をアフリカ人達が何ヶ月もかけてブラジルへ連れられていったわけだ。
機内は暇なので寝るか映画を観るか。
偶然ブラジルチャンネルを見つけて、トム・ジョビンのコンサートと故ルーラ大統領の伝記映画「Filho do Brasil」を見る。
特に後者には興味を惹かれた。
エミレーツ航空はサービスも良くてとても良い印象を持った。
もっともアラビア語は分からないが。ブラジルチャンネルがあるのも気が利いている。ドゥバイ空港も併せて国を挙げてサービスに気合を入れているのだろう。「お客様は神様です。」的な姿勢は徹底しているようだ。
C.A.の女性の制服もとてもかっこよいのだ。
さて、長いフライトを経てようやく南米大陸が見えてくる。殆ど眠れなかったが期待と不安に胸が膨らむ。

・3月19日(Rio de janeiro)
ドゥバイ空港から来たせいか、ガレオン空港がやけに地味に感じられる。

ガレオン空港
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011639.jpg

今日はここで午前中にローマから到着しているはずのピアニストの鈴木厚志氏と待ち合わせているが、エミレーツは約1時間遅れ。ま、エミレーツはこの1便だけだから大丈夫でしょうと入国手続き、当面必要な最少額を両替。ゲートで厚志氏と合流。
彼とは本日から小生が北へ旅立つ24日まで同行することになっている。
それからどこに泊まるかは彼も決めていないという。

今日から5日間はメトローのGloria駅近くのMonte Castelというホテル。
とは言っても着いたばかりで何もわからない。
ここは事前にグーグルで確認できず場所に不安があった。
荷物もあるし複数だしということで、TAXI。
跳ばす跳ばす。これがRioの標準なのだろうか。
近くに到着したのは良いのだが案の定ホテルが見つからない。これはどこかで聞いたほうがいいだろうということで一番近くにあったレストランへ。
親切にも若い店員さんが付き添って行ってくれた。実は目と鼻の先。
以後、こういう親切は各地で何度となく受けた。

場所がわかったので安心してセルベージャ(ショッピではなくセルベージャが一般的だった。)を飲む。
喉が渇いていたせいもあるかもしれないが、これが飲み助の二人共、目が点になるほどの激美味。

激美味のセルベージャ(瓶ビール)・・・アマゾニア地方の地ビールだとのこと
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011647.jpg

チェックインして、近所を散策。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201637.jpg

ホテルのあるrua(通りという意味)を海方向へ下りていくと賑やかな大通りがあってその向かい側は公園。
商店や銀行、露天、Barも立ち並ぶちょっと下街っぽい雰囲気。その大通りにメトローのGloria駅がある。以後毎日ここを利用することになる。
ホテルのあるRua Candid Mendesは静かな通りだが、ホテルの隣のBarは大賑わい。
夕食は、先ほどお世話になったレストランへお礼がてら伺う。
実はイタリア料理屋で、,落ち着ける雰囲気。店員さんも感じがよく、二人共気に入った。
またまたセルベージャに料理を頼むが、美味しさと量で大満足。
このセルベージャが美味しかったのは単に喉が渇いていただけではないことを再確認した。
以後何度となく通うようになる。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201636.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011641.jpg

やはり本場のカイピリーニャは美味い、そして安い。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011640.jpg

仕上げはホテルの隣の大賑わいのBarで軽く飲む。
帰ると、時差のせいもあっていきなり意識喪失、爆睡。
ともあれ、無事に到着できた。
明日からは、いろいろと歩き回りたい。

2013年05月14日

ブラジル旅行記5(3月26日~3月27日(Salvador、バイーア州))

・3月26日
今日はSalvadorへ移動の日。
6時のベロ行きのバスに乗りたいので5時起き。外は真っ暗。
昨日試したrodoviariaへのよくわからない急坂道を行けるのか、宿のお姉さんに相談すると「無理、無理、ぜーったい無理。タクシーを呼んであげるから。」ということでタクシー。またミナスのゆったりした山の景色を2時間バスに揺られてベロ・オリゾンチ着。このバスは通勤バスにもなっているようだ。連絡よくバスが出て10時前にコンフィン空港着。
TAM航空のチェックインが機械式になっていてブラジル人たちが結構困っている。こっちにとってはむしろ楽。

Salvadorまで約2時間のフライト
とても美しい海岸線が見えてきた。

涼しいオーロプレットからやって来るとかなり暑く感じる。
ここサルバドール空港もセントロからは結構離れている。
初めての訪問地は安全を買う気持ちで空港タクシーを利用する。

それにしてもホテルの近くまでR$107は高い。
どこでもそうだったがカウンターでお金を払ってしまうのでボラれることがない、目的地まで確実に行ってくれる等の安全確実性の担保なんだと思った。リスクがなくはない面を棚上げすれば流しの方が安い。

さて、相変わらずぶっ跳ばすタクシーが到着したのは賑やかな広場の一角。ここから車は入れないから歩いて行ってくれと。
降りたとたんに群がる物売りやガイドやら振り切って多分そうだろうと思われる方向へ石畳の坂を降りていくと左手に質素な入口のHotel Pelourinhoがあった。

入口は質素だが中はやたらに広い。1階はエントランスと商店が何軒かある。外から見ただけでは全体像がつかめないホテルだ。
部屋は2階。広くて天井が高い。3人はいけると思われるキングサイズのベッドに天井扇、ないと思われたエアコンらしきものもある。
そして何よりも素晴らしいのは部屋からの見晴らし。
トドス・オス・サントス湾が正面に見える。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011690.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201682.jpg

ただしこの窓を持ち上げるのは大変。多分20kgくらいはある。これを毎朝毎晩開け閉めするわけだ。
暑くて乾いていて風通しもいいから、これは洗濯物がよく乾きそうだと、さっそく紐で即席物干しを作ってしまう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011696.jpg

冷蔵庫もあるし、クローゼット、シャワー、トイレもOK.、ここでこれから一週間過ごすのでこれは楽しそうだという気になる。
問題があるとすれば、wifiが使えないこと、電話が外線に通じないことの二点。
wifiに関しては今までその便利さを享受しているので何とかしなければという気になる。ブラジル国内外の通信手段はi-padを使っているのでwifiが使えないと問題だ。
電話はSalvador在住の日本人に連絡が取れればいいなくらいのものだから、まあぼちぼちという気分。
Rioでもそうだったが、公衆電話は9割がた故障しているのだ。

そして、バンド仲間のカズーの旧知の友人であるイザイアスさんを探す。
多分このホテルの1階に土産物屋さんを出している人だという探すとも言えないハードルの低さ。案の定さっきBoa tarde!!と挨拶を交わした人でした。

イザイアスさん
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011695.jpg

早速Amigoになった。

色々な思い出の写真を見せてくれる。人の良さそうなおじさん。ペロリーニョでは有名人らしい。

夕方まで坂の多い石畳の街を歩いてみる。

マップがなかったのでホテルに貼ってあるものを参考に
%E7%94%BB%E5%83%8F%201683.jpg

今までとは雰囲気がずいぶん違う。

ホテルの前の石畳の坂道
%E7%94%BB%E5%83%8F%201684.jpg

タクシーを降りたジェズス広場
%E7%94%BB%E5%83%8F%201688.jpg

カポエイラの準備中。観光向けだから撮影有料。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201689.jpg

ペロウリーニョ広場
%E7%94%BB%E5%83%8F%201690.jpg

ペロウリーニョ広場からカルモ教会方向
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011694.jpg

最初のブラジルの首都、最初に黒人が入ってきた土地。
歴史的建造物が多いし、黒人率が非常に高い気がする。それもアフリカ系の。
そしてカポエイラをやっている連中(観光客向けだが)、水売り、ビール売り、コーヒー売りその他諸々の物売りに物乞い、何もやらずに佇む人々、寝ている人、観光客を値踏みするギーア(ガイド)、絵描き、痩せてひねた感じの犬、ずーっと窓から外見ている人、ぶつぶつつぶやく裸足の人、大声で何事かを罵る黒人女性、そしてここにも多いPolicia(警官)、どこからか聞こえてくる音楽、重低音・・・・・。何だか混沌としている。
そういえば今日は火曜日だからオロドゥンの路上エンサイオがあるのかなあなどと歩いているうちに5時頃に。
とはいえまだ日は高い。

ホテルの部屋からの眺めがあまりに良すぎて、近所の安Barから買ってきたビールをガンガン飲んでしまう。ホント、この部屋で飲むビールは最高にうまい。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011697.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201692.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011698.jpg

夕食は近くのポルキロ屋へ。ここはひたすら安いが落ち着いて食べるところではない。ま、牛丼屋と思えば良いではないか。

夜のジェズス広場
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011699.jpg

セー広場
%E7%94%BB%E5%83%8F%201693.jpg

夜、オロドゥンの路上エンサイオはどうもなかったようだが、火曜日の夜というのは路上ライブが行われる日らしくてホテルの前の路上では大音量でヘギではなくてレゲエ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201694.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201695.jpg

柔道着の下を履いたようなボーカルが「Jesus!!」「テンキュー!!」などとやっている。
これは面白かった。
交代して出てきたデュオがつまらなかったので、部屋へ帰って就寝前のビール。

天井扇を回さなければやはり暑い。エアコンらしきものは音だけうるさくて普通の風が出てくるような気がするからあまり当てにはならない。
目の上で回っているあの巨大な天井扇が間違って落ちてきたらどうなるんだろう、まさかそんなことはないだろう、でもブラジルだしなどとぼんやりしているうちに寝てしまった。

・3月27日
快適な部屋なんだけれど、蚊だかダニだか明け方にかけて痒い。キンカンを片手に半覚醒。
Café d’amanhaは3階の食堂。
ここがまた見晴らし抜群。トドス・オス・サントス湾と教会群、ペロリーニョ広場が同時に見渡せる。

今までの基本通りパン、ハム、チーズ、フルーツ(マンゴー、パパイヤ、スイカ)飲み物に加えて、芋関係が多い。
さつまいもとジャガイモの中間のようなものとか、大体ふかしてある。ついでにバナナもふかしてある。あとココナツ。アフリカ色が強いからだろうか。フルーツジュースも数種類あって、絞っただけ。甘いのが大好きなブラジル人でもフルーツジュースは絞ったものだけなんだね。毎日とてもヘルシーな朝食で大満足。

今日も晴天、暑い。

サルバドールはとても広くて複雑。今日はガイドを利用してみようと思う。個人だと高くついてしまうが、概要が分かればあとは一人で行動できるはず。ここも安全を買う。
Praca da seで知り合ったJordeにガイドをお願いする。
身元もしっかりしているし、イザイアスともアミーゴだと言う。しっかりしたガイドをしてくれる生粋のバイアーノだがギャラは若干高めかな。

Jorde氏
%E7%94%BB%E5%83%8F%201697.jpg

まずは、本日からの拠点になるであろうPonto de onibus(バス乗り場)、Elebvador(上町―ペロリーニョのある保存地区の方だ。―と下町を結ぶエレベーター)、Mercado modelo(市場)を経由して下町へ。

上町から下町を見る
%E7%94%BB%E5%83%8F%201696.jpg

ラセルダエレベーターの手前から
%E7%94%BB%E5%83%8F%201711.jpg

ラセルダエレベーター
%E7%94%BB%E5%83%8F%201699.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201698.jpg

ラセルダエレベーター前から下町
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011701.jpg

桟橋方面
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011702.jpg

下町とホテルのある保存地区とは随分と景色が違う。下町は商業地区のようでビルの間をバスが疾走していく様はRioの街とよく似ている。
かと思えば最高級ホテルのコンベント・ド・カルモが同居するカルモ教会のように16世紀の建築物があったりで興味が尽きない。
曲の題名になっているBaixo do sapateiro通りー庶民的な商店街だ。

Baixo do sapateiro
%E7%94%BB%E5%83%8F%201705.jpg

建設中のサッカースタジアムを通ってTororo湖へ。ここでしばし休憩。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201707.jpg

トロロー湖。昼の時間帯は作業員の休憩場所になっている。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201708.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011707.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201710.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011709.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011710.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011711.jpg

日本語案内もある飲料屋台
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011705.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201701.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201702.jpg

Morro入り口から旧市街地へ戻ってきた。
ざっと4時間程の歩き。
これで付近の地理は大体把握できた。
それにしてもいい天気だし暑い。明日も天気は大丈夫かねと聞くと、バイーアは雨が降ってもすぐに止むのだとのこと。
ここでガイドは終了にして一旦ホテルへ戻る。

まだ2時ころなのでシャワー、洗濯の後再び外出。
日本のように洗濯機がホテルにあるわけではないので、シャワーと一緒に足踏み洗濯をしているわけで乾燥時間等の若干の計算が必要なのだが、ここは洗濯物の乾きが抜群に良いので汗だくのものは片っ端から洗濯。

ここで一句・・・・ペロウリーニョ、洗濯物がよく乾く・・・・・・・。

昨日の早い・安い・まあまあうまいのポルキロ屋で昼を済ませて上町のインターネットが使えそうなところを探しながらと使えそうな公衆電話を探しながら散策。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201687.jpg

Internet Caféは何軒かあるのだがwifiは使えないとのこと。いろいろ探していずれもNG。
これはあきらめるしかないかと思ったが、昨日から気になっていた一軒があった。

ホテルからほんの二三軒隣のTattoo Zeus(すごい名前だ)という刺青屋さんの看板に小さくInternetとあるのだ。狭い階段を上って二階に行くのだが、階段の入口にはあまりガラの良くなさそうなのがいつも二三人たむろしている。その不機嫌そうな顔に向けて、ブラジルに来てから一日に何回もやる親指立てポーズで思いっきりニコッとしてやったら向こうもにっこりで交渉成立。
お二階へご案内。

パソコンが4台並んでいて子供がゲームで遊んでいる。窓際の床屋みたいなスペースが刺青屋だ。不機嫌そうな顔のお姉さんにi-padを使いたいのだがと説明すると、いいわよと。
ここはしっかりwifiが使えた。
1時間3R$で水も飲み放題なのだ。トイレもある。
不機嫌そうな顔のお姉さんも別に不機嫌なわけではなさそうで、帰り際には毎日笑顔で接してくれるし、そういえばこんなこともあった。
お姉さんは別室で休憩中、5分延びたので代わりの店番の兄ちゃんに3R$でいいのかと聞いてみたら、5と言う。このやりとりが聞こえたのだろう、隣室からお姉さんの声が一喝「3だからね!!!」。
いい人なのだ。
日本と同じで小学生くらいの子供たちがパソコンゲームをやっている隣でi-pad。
パソコンは買えないけれど、ここへ来る小遣いはある子供達なんだ。
いつものサインでニカッとすると子供もニカッ。

以後この刺青屋さんへは毎日通うようになる。何だか僕が愛用している石垣島のGという店に状況が似ているな。エアコンはないけど。
ともあれこれで懸案の一つは解決。

夕食は、かねてから気になっていた料理学校がやっているレストラン「エスコーラ・セナツキ」へ行ってみたが現在夜の営業はやってないらしい。
戻りがてら覗いてみた教会からサンバっぽい合唱が聞こえてくる。
思わず入って聞き入って、更に見入ってしまう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201712.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201713.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201714.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201715.jpg

バンドは打楽器だけ。ボーカルは時々変わる。ゴスペルっぽい曲想のサンバなのだろう。
これはミサをやっているという事なのだきっと。
観光客もウェルカムのようなので見学させていただく。
とても素晴らしいライブになっていた。
最後は司祭様の水と煙をかけていただき揚げパンのようなお土産までもらった。

ここはペロリーニョのIgreja do Rosario dos pretos(ホザーリオ・ドス・プレートス教会)。
黒人が黒人のために建てたブラジル初の教会。
装飾もアフリカ色を感じさせる。というより非ヨーロッパ色か。

大満足で夕食はジェズス広場に面した時々ライブをやっているレストランでポルキロ。
サルバドールへ来てからムケッカを食べまくろうとしているのだが、まだこれというものにめぐり合っていない。
本日もまあまあ。Mais un menos。
ビールは相変わらずうまい。

昨日からgeneiro(現金)オンリーが増えてきたような気がする。Rioではほとんどカードだったけれどこちらは違うみたい。
ちょっと注意せねば。
おかげでお釣りの小銭が重たくなってきている。

明日はイタパリカ島へ行ってみよう。

夜になるといっぱいいる。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201716.jpg

2013年05月22日

ブラジル旅行記6(3月28日~3月29日(Salvador、バイーア州))

・3月28日
朝から晴天、暑くなりそうだ。
今日はトドス・オス・サントス湾に見えるイタパリカ島へ行ってみようと思う。
午前9時頃には遊覧船が出るはずなので、朝食を済ませ早々にホテルを出発。
ラセルダ・エレベーターで下町へ降りて桟橋へ向かう。既に観光客が集まり始めているので一緒にチケットを買う。

桟橋
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011712.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011713.jpg

フラジス島という小さな島を経由してイタパリカ島で昼食、午後5時頃に戻ってくるというクルーズだ。
船は木造の素朴な観光船、白人の観光客が多い。
後でネタにもなるのだがアルゼンチンの観光客が多いみたい。
これまた船内では飲み物(もちろんアルコールバリバリ)から写真から色々な有料サービスがある。
客も楽しんでやるぞという意気満々でとても賑やかな船内。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011716.jpg

そこで始まったのがサンババンド。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011714.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201719.jpg

船出、サルバドールの街を後にする。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011715.jpg

バンジョーカバッコ、パンデイロ、タンタン、タンボリンという3人編成で生音で演奏。当然お客さん参加型。
リーダーが、お客さんはどこから来ていますかーみたいな質問で東洋人は小生一人。初めからJapones?と聞いてきたから目をつけていたのかな。
そういえば、この旅でJapones?と聞かれたことはあっても中国人とか韓国人とかと聞かれたことは一度もなかった。
まあそれはいいとして日本人は一人だけだからまずあなたに踊ってもらいましょうと、バンドの前に招かれてサンバを踊れと。しかもシャツも脱いで裸足で。
ここはブラジル音楽をやっている日本男児としては受けて立たぬわけにはいかぬのだ。
ということでもっと普段から踊っておけばよかったなあと思いつつ踊る。
でも客は素人だから大ウケ。
多分このウケは東洋人がサンバを踊ったというウケで上手い下手のウケではないはず。
以後これが国ごとにずっと続くわけで特にアルゼンチンおばさん軍団のパワーはすごかった。沖縄のおばあたちを思い出してしまった。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011718.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011737.jpg

バンドは観光客向けだから、演奏する曲もAquarela do Brasil 、Tristeza、 E Hoje、 Mas que nadaとかの有名曲の他に花祭り、ボラーレ等の国籍の違う曲もあって賑やか。ただ演奏の節々にさりげないテクニックが感じられ、多分この人たちは普段きちっと音楽活動をしている人たちなんだなと感じさせた。

イベントもあり元々陽気な客たちで船内は打ちとけたとても楽しい雰囲気になっている。この辺は日本とずいぶん違う。

船内で偶然ペロウリーニョホテルの従業員のRoberto(ホベルト)君に会う。人懐っこい受付の青年だ。今日は休暇だと言う。それじゃ一緒にビールでも飲もうぜと。

初めに着いたフラジス島はとても小さな島。
リゾート用のちょっとしたBarとかレストラン、トイレはあるけれど人が住んでいるような雰囲気はあまりない。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011719.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011720.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011721.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201721.jpg

海は綺麗なのでここでは海へ入ってみた。
大西洋で泳いでいるんだなあと感慨ひとしお。
Roberto君達とセルベージャ。日本の海で飲むビールもうまいのだが、ブラジルでは特に美味しく感じられる。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011723.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011725.jpg

ジャンガーダ(帆掛け舟)
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011727.jpg

1時間ほど滞在して、メインの目的地イタパリカ島へ。
船内更にリラックスした雰囲気が漂い、アルコール類もよく売れているようだ。船上のサンバもひたすら続いている。
30分ほどでイタパリカ島着。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201726.jpg

ここはかなり大きい島で、集落も複数有り、バスやタクシーも走っている。大きい宿泊施設がありサルバドールのリゾート地のようだ。桟橋を出たすぐのレストランでランチ。ビュッフェ方式。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011731.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011730.jpg

ここはたっぷり時間がとってあるので、ビーチでセルベージャ&日光浴。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011732.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011733.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011734.jpg

ブラジル人はビールが好きだ。ガンガン飲む。
海にもちょっと入ってみたが水は暖かい。透明度は八重山の方が数倍上。
積極的に水に入りたいという気分にはならない。
もっとも大都会サルバドールからゆっくりした船で1時間30分だからそれはしょうがないか。
ブラジル人と同じくビーチでセルベージャ&日光浴が正解のようだ。
3時半ころまで滞在を楽しんで帰りの船。相変わらず船上サンバも続いている。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011738.jpg

それにしてもこの船のパイロット兼船長はこんなところで操縦していて果たして前が見えるのか。
それともこの舵はサービス用のダミーで本物の操縦室はどこか他にあるのか。確認することはできなかった。

この子供はパイロットではない。当たり前。後ろの舵を持っている人ですね。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011735.jpg

行きに下手くそなサンバを踊ってしまったが、帰りはどうにもたまらなくなりタンボリンを奪って参加。観光客にも結構受けたようだ。

船上からの夕陽
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011739.jpg

楽しいツアーからサルバドールの桟橋に帰ってきたのは5時頃。

部屋でギターの練習とセルベージャ。
どこかの教会から合唱が聞こえてくる。
ゆったりした単純な旋律でとても心地よい。
G/G/Am7/Am7/D7/D7/G/G/G7/G7/C/C/G/D7/G/G(/は小節線)という感じのシンプルなコード進行で思わず部屋でギターを合わせて弾いてしまった。

夜、ビールを買いにホテルからすぐのBarへ。ここはいつも立ち飲みで繁盛している。

Japones!と声をかけられる。
俺もガイドなんだがお前は昨日ジョルジと一緒だったろと。
イザイアスとも友達なんだろと僕に関する情報をある程度持っている。
ガイドの情報網は強そうだ。また、東洋人は結構珍しいから見られているんだなと感じる。
オロドゥンのプロフェッソールと称する人物?????を交えてしばしセルベージャ。
ここはカード不可。

夕食の食堂もカード不可。
ムケッカを食べたが酸味が効きすぎ。
多分ブラジル人も美味しいとは思えないが。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011740.jpg

サルバドールに来てからカード不可が目立ってきた。

・3月29日
今日も晴天
今日はサルバドールもSemana Santaで店は軒並み休み。イザイアスも休み。Roberto君はいる。
いつもは賑やかなSe広場も閑散としている。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011742.jpg

黄金教会で有名なサンフランシスコ教会を見学しようと思ったら50R$の釣りがないとのこと。
どこかでくずそうかなと思ったら店は皆休み。
明日明後日は土日なのでこれはまずいと思って、やっている店を探しにエレバドールへ下町に。年中無休のはずのメルカードも本日休業。
かなり徹底している。
銀行も休業なので仕方なく再び上町へ。使えるATMを探す。
Rioで使えるものと使えないものを経験しているから真剣だ。
結果、Banco do BrasilのATMが使えると分かり一安心。ただしこれもどこにでもあるわけではないのだ。
部屋へ戻ると豪華客船がやってきたのが見えた。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011744.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011745.jpg

午後からはボン・フィン教会へ行ってみる。

エレバドール前の下町のバス停でバスに乗りたいのだが、行き先表示もなにもないのでどのバスに乗っていいのかわからない。
隣にいた青年に聞いたらさらにその隣にいたおばあ(この表現がぴったりくるのだ。)が「私もそこへ行くから一緒に行きましょう。」
以後拙い僕のポルトガル語とのやりとりはおそらくこんな感じだったと思われる。

「料金はいくらくらいなんですか。」
「いいの、いいの、私に着いといで。」
「あれに乗るわよ。」
前から乗って料金は払わない。確か後ろ乗りの前払いだと思ったが・・・・・・・
「ここ(おばあの隣)に座って。魚工場の匂い臭いわねえ。」
しばらく経って「運転手さんこれはボン・フィン教会へ行くの?」
「行かないです。これこれのバスに乗り換えてください。」
舗装はされているがかなりのガタガタ道をものすごい勢いでバスは跳ばしていく。当然すごい揺れ。カーブの曲がり方もエキサイティングだ。
それにしてもブラジルの車、特にバス、タクシーの跳ばすこと、日本ではまず考えられない。
乗客に対する気遣いというサービスはあまりない。
次のバス停で降りる。料金を払った様子はない。
小生に「sol?」と聞こえたので「太陽?」と問い返したら「違うの。あんた1人(sozinho)なの?」「はい、そうです。」こんな間違いはしょっちゅうで「来たわよ。」でまたまた前乗りで料金払わず。
でボン・フィン教会着。
「料金はどうなったんですか。」「いいのよ。私は年寄りだからいらないの。あんたは私の付き添いだからあんたもいらないの。この坂を登っていけば教会だから楽しんでいらっしゃい。」・・・・・・・と。
ご親切に感謝感激でした。

ボン・フィン教会は観光名所だけあって観光客も多く物売りも多い。
教会内部もさることながらここから見るサルバドールの街の眺めも素晴らしかった。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011746.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011747.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011748.jpg

日本であるところの身代わり地蔵のようなもの
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011749.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011750.jpg

帰りのバスもバス待ちの人に親切に教えてもらってエレバドール前で下車。
これはちゃんと後ろ乗り、料金2.8R$払って前降り。

ブラジル人は人懐っこくて面倒見が良くて親切だが、反面、交通機関、エレベーターも含めて日本のように乗客に優しくスムーズに発車停車するとか歩行者に対する気遣いとか、利用者あるいは周囲にたいする気遣い、やさしさというサービスは交通機関には欠けていると思えた。

街中にいる白人の集団、プラカードで案内されている集団は、多分午前中にやってきた豪華客船の客なんだろう。エアコン付き大型バスが何台もお迎えに来ている。ガイドや物売りは忙しいはずだ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011751.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011752.jpg

午前中は休みだった商店も空いてきている店も多い。午前中休みだった例の刺青屋もやっている。

なんてビールが似合う部屋なんだろう。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011753.jpg

夕暮れ
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011754.jpg

Semana Santaの行列を見る。オーロプレットとはだいぶ異なっている。こちらはcarnavalに使うトリオエレトリコを出している。ま、それほど大音量ではないが。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201744.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201745.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011759.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011760.jpg

夕食は久しぶりにちょっと高級そうなレストランで魚(tropical fishとなっている。)のソテー。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011761.jpg

この店
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011762.jpg

これが絶妙の美味しさ。
白ワインともよく合う。ここはカードが使えた

今日はおばあの親切が印象的な一日だった。

2013年05月27日

ブラジル旅行記7(3月30日~3月31日(Salvador、バイーア州))

・3月30日
サルバドール二来てから初めて朝から雨。本降りだ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011763.jpg

ホテルの中庭は画家の仕事場だ。有名な人らしい。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201750.jpg

午前中の外出はせずに、部屋で練習などをして過ごす。
昼頃にかけて止んだ。さすが、地元の人の話通り、雨はすぐ止むのだ。
昼食はかねてから気になっていたエスコーラ・セナツキへ行ってみる。
昼時しか営業していないし、明日日曜は休みなので今日は是非行ってみよう。
ペロウリーニョ広場に面した緑色の建物の二階で分かりやすい。

料理学校がやっているレストランということで、従業員のサービスも本格的。
高級そうな雰囲気だが値段はそこそこ。
昼ちょっと前だったので客は僕一人。
ビュッフェ形式で食べ放題なのだが、料理の種類が多くてまた面白そうな食べ物も多くて取りきれない。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011765.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011764.jpg

ガルソンがところどころに立っていてサービスをしてくれるのだが、客一人状態ではなにか見つめられているような感じがして少々落ち着かない。
味はとても良い。
ただ、ビュッフェ形式、ポルキロもそうなのだがついあれこれ取りすぎて一品の印象が薄れてしまいがちだ。
ま、これはひとえに自分が悪いのだが。
人間は欲深い。

昼からは晴れてきたので、バスでBarra方面へ行ってみることにする。
トメ・ヂ・ソウザ広場付近にあるセー広場バス停から多分このバスだろうと検討をつけて乗る。
2.8R$で乗り放題。

相変わらず警官は多い。バスにまで乗ってくる。これは警備なのか、はたまた移動なのか。移動を兼ねて治安に不安のあるバスにも乗ってくるのだぞという示威行動だとすれば、犯罪予防にはなる。
確かに安心感はある。

さて、相変わらずバスはぶっ跳ばしていく。

Barra要塞で降りようと思って気持ち良い速度で過ぎていく海岸線を見ている。
それにしてもセー広場バス停から約20分と書いてあったような気がするが、もう4、50分は乗っているような気がするなあと思っているうちにバスは海岸線を離れて行く。
また海岸に出るだろうと思っていたら何か雰囲気が違ってくる。
これは乗り過ごしたと思って対向車線にバス停があることを確認して適当なところで降りる。反対方向のバス停でセー広場方面行きを待つ。

騎馬警官がやって来る。道に迷うのもまた楽しというところか。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011767.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011768.jpg

それにしても暑い。
帰りのバスでお客さんに聞いたらBarraからはかなり離れ空港に向かう方向だったことが判明。帰りはBarra要塞を確認しようと注意していたが分からず。ルートが違っていたようだ。

イザイアスの店で日本語ガイドのLivia Pereiraさんと日本人夫婦と遭遇。久しぶりに日本語を話す。気になっていた日本人と電話連絡してもらってこれで問題は全て解決。

夕陽がきれいな部屋だ。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011769.jpg

夕食。
FB上で友人の中原仁さんから薦められていたカエターノ・ベローゾの故郷サンタ・アマロの料理が味わえるというレストランへ。
お店の名前はPonto Vital。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011770.jpg

Salvadorのヤールー(やもり)。右45度を狙っている。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011771.jpg

ホテルからはすぐ。ジェズス広場から入った通りの奥にあって目立たない。綺麗な作りで店内も清潔だ。
仁さんお薦めのムケッカ・Maturi。
大体ポルキロ、ビュッフェを除くブラジルのレストランは料理が出てくるまでにたっぷり30分はかかるのでそれまでにビールだのワインだの結構飲んでしまうのだ。
客は僕一人。くつろげる雰囲気だ。
ゆっくり出てきたのはカシューナッツのムケッカ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011772.jpg

これが大変美味しくてようやく念願のムケッカにであったという心持ち。
量的には二人で食べてちょっと足りないかなくらいの感じ。
一時間半くらいゆっくり食べて飲んで64.9R$は妥当なところだろう。
ここはサルバドールを離れるまでに是非もう一度来て違うメニューを味わいたい。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201778.jpg

お店の外の夜、いい雰囲気だ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201755.jpg

・3月31日
今日は日曜日、ほとんどの店が休み。

日曜日朝のミサ
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011774.jpg

エレバドールでメルカードモデーロへ下る。
さすがに観光客が多く営業中。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011775.jpg

ここは那覇の公設市場なんかとは異なり純粋に観光客仕様のマーケットだ。

市場前広場の露天商
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011777.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011778.jpg

ブラジルの有名観光地は観光が一大産業になっている。様々な形で観光マネーを獲得しようとする。
ピンからキリまでのガイドもその一つで、とにかく声かけまくり。
ただ、断られるのは彼らも想定内だから必要ない場合ははっきり断ればいいのであって何の遠慮もいらない。
一旦受け入れてしまって料金を曖昧にしておくのが一番良くないみたいでトラブルのもとだ。

彼らの横のネットワークや情報網は強力みたいなのであまりトラブルは起こしたくないものだ。
物売りや物乞いも多いが、断ることに何の遠慮もいらないはずだ。
土産物はイザイアスのところで買えばいいので、再びエレバドールで上町へ。

相変わらずの晴天。
昨日失敗したBarra海岸へ行ってみよう。
今日はエアコン付きミニバスが「Barra方面」と言ってやってきた。3R$でこれは快適。
日曜だからだろうBarra海岸沿いの道路は歩行者天国になっている。今度は間違えずに適当なところで降ろしてもらう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011779.jpg

Barra要塞。博物館と現役の灯台。眺めがすごく良い。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011780.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011783.jpg

日曜だけあって海水浴やらビーチ遊びやら人出がすごい。
1km程先に見えるキリスト像まで歩く。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011781.jpg

キリスト像と白鳩
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011787.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011788.jpg

喉が渇いた。
Agua de cocoの屋台で2R$。僅かな甘味で喉が渇いているのでとても美味しく感じられる。

海岸はリゾート地。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011782.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011784.jpg

海側に林立する高級マンション、高級ホテル、高級レストラン、陸側にうずくまるファベイラ、乞食、物乞いの子供たち等々、貧富の差が本当に極端だ。

海岸に張り出しているレストランで昼食。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011791.jpg

ピッツァ!! 旨いのだが量が凄い。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011792.jpg

とても食べきれないが、ブラジルは持ち帰りOKがほとんどなので無駄にはならない。
1/3くらいお持ち帰り。
運が良いことにセー広場行きのエアコン付きミニバスがまたやって来た。
空港もこれで良ければいいのになあ。

まだ4、5日しかいないのにペロウリーニョ付近に戻ってくると帰ってきたなあという雰囲気になる。石畳の歩き方にも慣れ、シマサバ(ビーチサンダル、ハワイアーナス)の食い込みも気にならなくなってきた。

持ち帰りピッツァをイザイアスにおすそ分け。
部屋からギターを持ってきて店で弾いたりして楽しんだ後に僕のCDをプレゼント。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011793.jpg

改めて夕食に行こうとしたら、店から大音量でCDが流れていた。
少々気恥ずかしい。
ありがたいことに何人か欲しいというお客さんがいたそうで。何枚か置いておく。
どこかの島でこんな情景があったことを思い出した。

昨日のPonto Vitalへ行ってみたが日曜日で休み。主だった店は休んでいるが、ジェズス広場に近い安ポルキロは営業中。安くて味もまあまあだけど騒がしくて落ち着かない。長居をする雰囲気ではない。まあ当然だろうけれど。

日曜日の夕暮れ時、静かなペロウリーニョ広場
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011794.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011795.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201764.jpg

明後日、火曜日の深夜にチェックインする予定のRecifeのホテルから心配ないから気をつけて来いとのメールが来ていて一安心。
明後日の移動は深夜になるので注意が必要なのだ。
部屋では真夜中から痒みの来襲。
蚊の羽音も聞くので多分そうだとは思うがダニもありかも。
キンカンの出番が多い。

2013年06月07日

ブラジル旅行記8(4月1日~4月2日(Salvador、バイーア州))

・4月1日
月曜日、サルバドール滞在も早いもので、残すところ今日明日の二日。
今日は遠出をせずに歩いて行ける範囲で教会や街を探索することにする。

ペロウリーニョ広場を下って坂を登ったところにあるカルモ教会。
朝食の時、尖塔が見える教会だ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011797.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011798.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011800.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011801.jpg

カルモ通り坂下からペロウリーニョ広場を臨む。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011802.jpg

そして黄金の教会とも呼ばれるサンフランシスコ教会。
教会の内外、目に映るものすべてが美術品に見えてとても新鮮だ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011803.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011804.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011805.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011808.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011809.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011811.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011812.jpg

昼はセー広場に面したColiseuへ。
ここは落ち着けて美味しい。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011813.jpg

昨日あたりから自分の体臭が変わってきたように感じる。
ココナッツ臭というか表現するのは難しいが、色彩で言うと黄色っぽいオレンジ色みたいな、ブラジルの街中に降り立って初めて嗅いだあの匂いとでも言おうか。
やはり食べ物の影響だろう。

午後からも街を歩いて、夕食は一昨日のムケッカが美味しかったPonto Vitalへ。休み。残念。
もう一回行きたかったのに。
二三日前に行った魚が美味しかったレストランへ。
またもや同じものを頼んでしまう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011819.jpg

気になる明日の予定を考えてみる。
正午にホテルをチェックアウトしてRecife行きのフライトは午後10時過ぎ。
約1時間で到着してからホテルへ移動という、初めての土地に降り立つ者にとっては深夜の若干リスキーなスケジュール。
ホテルは確認が取れているので締め出されて宿無しということはないだろうから、いや、ここはブラジルだから油断はできないぞ。
ま、明日はまだ暗くならないうちに空港行きのバスに乗ることにしようなどとあれこれ考える。
気が付くとサンバの音が聞こえてくる。
向かいのミゲル・サンタナ劇場でショーが始まったらしい。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011820.jpg

明日でこの街を離れるとなると何だか寂しい気分になる。
ペロウリーニョ近辺の地理は歩き回って大体つかんだし、バスの乗り方も分かったし、近所のおいしい店も大体理解したし、イザイアスやホベルト達の友達も出来たし、多分これから腰を据えてじっくりサルバドールを堪能できるとっかかりの時期なんだろう。
やはりそこまでたっぷり1週間はかかるのだ。
そこで移動なんだから心残りはある。

サルバドールの街並みはここへ来る前にオーロプレットという極端な異国情緒を味わったのでそれ程びっくりはしなかったが、人が違う。
黒人のエネルギーが渦巻いている感じで、なんというか街全体が踊っているような感じがする。
どこかから聞こえてくる重低音、打楽器の音、歌声、呼び声、物売りの声、叫び声、酔っぱらいの嬌声、街の匂い、突き抜けるような青空と強烈な太陽、引き込まれそうな海・・・・・・・・すべてが混沌として渦巻いているようで街並みと一緒になって虜にしようとするのだ。

Terra felicidade,Que beleza!!

また必ず戻ってきたい。

・4月2日
思い出深いサルバドール出発の日。
今日も晴天。暑くなりそうだ。
ゆっくり朝食をとる。このホテルの朝食も充実していた。
パン、フルーツ、いも、ドリンクが基本で時々謎の食材があったりした。
ホテルペロウリーニョは古いホテルだが、部屋は広くて眺めがよくてとても満足した。
従業員も親切だったし便利な場所にあったし、毎日イザイアスと顔を合わせることもできた。
幸運な選択だったと思う。
ホベルトは午前中の勤務だからここでお別れ。
イザイアスのところでお土産を物色したりして午前中はのんびり過ごす。

荷物をホテルに預けて、昼はPonto Vitalに行ってみる。
ラッキーなことに営業中。
例によって客は僕一人。
カニのムケッカをビール、ワインなどとゆーっくりと楽しむ。
カニの身の量が半端ではない。濃厚な味でワインが進んでしまう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201777.jpg

カニのムケッカ
%E7%94%BB%E5%83%8F%201779.jpg

可愛いモレーナ達
%E7%94%BB%E5%83%8F%201780.jpg

後ろの肖像画はカエターノ・ヴェローゾのお母さんではないか。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201782.jpg

すっかりお気に入りの場所になったセー広場の見晴らしがいい場所でしばしの休憩。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011817.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011814.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011815.jpg

時々現れるサル。人っぽい顔つきをしている。なんというサルなんだろう。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011818.jpg

刺青兼インターネット屋へ。
ここも世話になった。
ここがあったおかげで本当に助かった。
不機嫌顔のお姉さんに丁寧にお礼を言う。
ここのところは不機嫌顔ではなく笑顔を見せてくれる。

イザイアスにお礼を言う。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011766.jpg

「イザイアスさんは日本に来ることはないの。」
「いや、俺なんかもっともっと働かないと。お前だって働いて働いてブラジルへ来たんだろ。俺なんかまだまだだ。」
大半を占めるブラジルの庶民にとっての現実は確かにそうかもしれないな。
いろいろとお土産も頂いた。
セー広場からバスに乗るため5時半頃出発。
さらばペロウリーニョ。

さて、空港行きのバスはラッシュ。エアコンなし。
しかも海岸通り大渋滞。
Ondinaを過ぎてもまだ詰まっている。
かれこれ1時間。
暑い。子供が泣き出す。
こういう状況は久しぶりだ。じっと乗っているブラジル人は案外我慢強いと思った。
あたりはすっかり暗くなって時間はどんどん過ぎていく。
早めに出たのが正解だった。渋滞でも余裕があるのだ。
海岸線を離れてからは車が流れ出す。
終点の空港へ着く前にほとんどの人は降りてしまう。結局空港までの所要時間は2時間。
2.8R$でこれだけ乗れたんだから良しとしよう。

サルバドール国際空港は深夜でもかなりの人出。
昼間のムケッカが効いているせいか、腹はあまり減っていない。ただ喉が無性に渇いている。
セルベージャが美味い。
飛行機が若干遅れてRecifeグアララペス国際空港へは午前0時頃到着。
ここからホテルのチェックインまでが肝心なところなのだ。
しかし国際空港だけあって空港タクシーもまだ営業中で、ホテルまで31R$で行ける。
これはラッキーだ。

Inter Hotelは日本で言うならば空港から近い産業道路沿いのビジネスホテル。
もしもチェックインできなかったらという不安があるのでタクシーに待ってもらってホテルへと思ったら運ちゃんも着いて来た。
俺は確かにこのお客さんを届けたからよろしく頼むぜと確認してくれる。
ありがとう。

このホテルはホテル探索サイト上で評判が悪く最悪みたいな意見が出ていた。
部屋が狭くて窓が小さい、薄暗い、冷蔵庫はないしシャワールームはぶっきらぼう。近所には何もない。
多分このあたりが不評の理由なんだろう。
しかしフロントは親切だし、部屋によく効くエアコンがある、シャワールームだって部屋にあるのだから上等、wifiもあるし、ベッドは広い、飲み物はフロントに言えば制服を着た黒人少年が部屋まで持ってきてくれるのだ。
空港から近い産業道路沿いのビジネスホテルに贅沢を言えばきりがないのだ。
ホテル探索サイト上の意見は勘違い旅行者の間違った評価だと思う。
ホテルにとってはいい迷惑だろう。

あまり治安も良さそうでない深夜の街で近場には見当たらない食堂を探しに行く気にはなれず、セルベージャを3本程飲んだところで寝てしまうことにした。

2013年06月18日

ブラジル旅行記9(4月3日~4月4日(Recife、Olinda、ペルナンブーコ州))

4月3日
今朝はのんびり。午後にオリンダに到着すればよい。
昨日は結局夕食抜きだった。
勘違い旅行者にはきっと悪評だろう朝食。
とんでもございません。
パン、ハム、チーズ、フルーツ、ドリンク、質素だけれどとても充実している。

地図によればこのホテルの近くにメトローの駅があるはず。
終着がRecifeだからそれに乗ってみようと、まずは散歩がてら駅までの道順を確かめに行く。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011825.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011822.jpg

朝からものすごい暑さ、日差しが痛いように感じる。さすがに赤道に近いだけのことはある。
通勤時間帯なのだろう、ホテルの前の産業道路(Av.Mascarenhas de Moraisという大通り)を満員のバスが物凄いスピードでRecife方向へ跳ばしていく。
幸いにして信号がある。
渡ってしばらく行くと駅らしい建物がある。
Shoppingという駅だ。
メトローとはいうものの地上を走っているらしい。どうもRecifeまで地上路線みたいだ。
しばらく見ていると4両編成の電車がやってきた。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011824.jpg

小奇麗な車両だ。
どこか東急の古い車両にも似ているような気がする。全線1.8R$。安い。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201786.jpg

すっかり気に入って乗る気満々でホテルへ戻る。しかしそれにしても付近にはお店などは何もない。海側へ行くと巨大ショッピングセンターがあるらしい。駅名もそれを示している。

午前中にShopping駅から乗車。結構混んでいる。だがエアコンが効いているので快適。混雑の中、物売りが乗って来る。
15分ほどで終着のRecife駅に到着。
2本の路線が入ってくる線路止のある終着駅Recife駅は何だか東急の蒲田駅に雰囲気がよく似ている。
外はすごい暑さ。
Olindaへ行くバス停はここからしばらく歩くみたいだ。荷物もあるしここはTaxiを利用する。

陽気な黒人のモトリスタ(運転手)。始めから終わりまでしゃべりっぱなし。初めは40R$で行くと言っていたのが何とか50R$につり上げようとしてくる。観光案内もしてくれているようだしチップ替わりで承諾する。
とにかく皆現金を得ようと必死なのだ。
承諾するとモトリスタはボルテージが上がったのか、更にしゃべりまくり。

オリンダは地図で見るより意外に近い。
とにかくホテルへ到着。

ホテルの入口
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011827.jpg

明後日の帰りはこのモトリスタに来てもらってRecife駅まで行きメトローで空港駅まで行こうかと思ったが、ホテルのフロントが当のモトリスタと、ここまで迎えに来て空港まで60R$で行けと話をまとめている。10時台のフライトだからそのほうが安全だということでOKする。

ここ、Pousada dos quarto cantos は値段の割にはグレードが高い。
敷地全体が木の生い茂った邸宅という感じで庭も広いし部屋は清潔でwifi、エアコン完備。フロントのサービスも良い。日本のホテルサービスのようだ。
フロントにはオリンダのカーニバルで中心的な役割を果たす巨大人形、Boneco(ボネコ)がいる。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011828.jpg

これは街のいたるところにいるのであって、1年に一回の出番を待っているのだろうか。
荷物を降ろして、早速街歩きを開始する。

ボネコのいる風景
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011830.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011829.jpg

まずは昼食。ホテルの前の坂をずっと下ったところにある公園に面したMouriscoというポルキロ屋。
ほぼオープンエアという環境。種類も多いし安くて美味しかった。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011832.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011831.jpg

プリンセス・イザベル像
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011833.jpg

カルモ教会
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011834.jpg

再び坂を上って旧市街地へ。
オーロプレット、サルバドールと同じように石畳の坂が多い保存地区の街並みだが、建物がものすごくカラフルで、それも原色のカラフルさ。サルバドールもカラフルだったけれどここまでではないように思う。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011842.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011843.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011844.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011845.jpg

日本的に言えば悪趣味な色使いで落ち着きがないということになるのだろうけれど、この赤道に近い日差しと暑さには原色の街並みがとても良く似合う。日本にはありえない景色だ。
街のいろいろなところでボネコが顔を覗かせている。
歩いているうちに暑さのせいもあるのか、おとぎの国に来たような気分になってきた。
坂の上の方からは高層ビルの立ち並ぶ大都会Recifeの街並みが見える。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011846.jpg

それにしてもサルバドールからやってきたからかもしれないが、人が少ない。警官はそれなりにはいるが、今までと比べると少ない。2月のカーニバル時には人が道を埋め尽くすそうだからカーニバルが終わったあとのこの時期はよけいに静かなのだろう。

旧市街地から坂を下って海岸に出てみる。

生活に溶け込んでいる馬車
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011840.jpg

海岸からRecifeを臨む
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011837.jpg

ドリバル・カイミの歌詞にあったジャンガーダが置いてある。
遠めに見ると白い蝶に見える。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011838.jpg

さすがに保存地区を出るとサルバドールの下町やRioのような普通の市街地になる。
夕方近くになったがまだ日差しは強い。

この日差しが強いうちに気になることをやっておきたかった。
ホテルには小さいながらなんとプールがあるのだ。
ホテルのプールで寛いでみたい。
ということでホテルに戻ってプールへ。

プールと言うよりはぬるい露天風呂みたいだ
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011883.jpg

プール近くのオブジェ。いろいろなところにこういうものが点在するアートな雰囲気
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011847.jpg

ブレスト二かきぐらいで終わってしまう代物だが、プールサイドにはデッキチェアもあるし人もいないしとても快適。
日が陰るまで楽しんだ。

夕暮れ時のホテル
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011849.jpg

昼のポルキロが効いているので割と遅めの8時頃夕食に出た。
暗くなって人通りもほとんどなくなっているので近場ですまそうと散策していると、ホテルの通りにちょっとアートなレストランを見つけた。入ってみることにする。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201824.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011894.jpg

ここが当たり。
店内は絵画や色々なオブジェが展示されていて目を引く。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011852.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011853.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011855.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011856.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011857.jpg

人懐っこい店主兼料理人がどうも一人でやっているらしい。他に客はいない。
本当はbacalhau(タラ)料理が食べたかったのだが、今日はないという。
勧められたのが卵料理。
オムレツらしいことまでは分かるが詳細は分からない。
ビールは既に飲んでいるのでカイピリーニャを飲んでやろうと思い注文。かなりの量。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011854.jpg

美味い!!やはりブラジルのカイピリーニャはうまい。
青レモンのせいだろうか。原料が安いので値段も当然安い。これだけの大盛りで約250円なのだ。そうこうしているうちに出てきたのが、スペイン風オムレツ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011858.jpg

とても優しい味で、はっきりした味の多いブラジルでは異色に感じたが、曖昧な味も好きな日本人の僕としてはとても気に入った。量もちょうど良い。
カイピリーニャをもう一杯いただいてちょうど良い量だった。
気さくな店主兼料理人といい加減なポル語であれこれ雑談。
飾ってある絵(実は売りものなのだ。)やオブジェ(店主が作っているとのこと)、音楽の話とか日本の話とか。
絵は奥の間で画家が制作しているとのことで、画家のおじさんとも会うことができた。
明日はbacalhau(タラ)を用意しておくよとのことですっかりいい気持ちになって店を出る。
こういう素敵なお店と偶然出会える楽しみは一人旅では格別なのだ。

4月4日
本日も晴天。暑い。
今日は街を歩こうと決めている。

オリンダも世界遺産、観光地だけあってサルバドール同様ガイドの売り込みがしつこい。
ホテルでもらった地図があるので、さほど広くないこの街を歩くのにガイドはいらない。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011861.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011862.jpg

観光流しのおじさんたち。素朴な地元のフォークソングを奏でていた。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011864.jpg

ボネコのいる風景
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011868.jpg

このくらいの大きさ
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011869.jpg

これはひょっとしたらエスコーラ・ヂ・サンバの練習場だろうか。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011870.jpg

展望塔から見た360度パノラマ
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011871.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011872.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011873.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011874.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011877.jpg

野外授業か
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011876.jpg

ボネコのいる風景
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011879.jpg

旧市街地、昼過ぎまで散策すると大汗。
シャワーと洗濯をして昼食。

ここで気付いたのが、dinheiro(現金)が不足していること。
地方はcartaoが効かないところが多いのはサルバドールで学んだことだが、うっかりしていた。
ホテルでVISA対応のATM、すなわちBanco do Brasilの在り処を聞くと、海岸通りを北へ行くとあるよ、でも歩くとかなりあるからタクシーがいいんじゃあないかと。
実は近辺にVISA対応のATMがどこにもないこともdinheiro(現金)不足の一因だった。
ATMへ行くのにタクシーはないだろうと、時間もあるし散策がてら歩くことにする。

容赦なく照りつける赤道近くの太陽の下、傍らをバスがぶっ跳ばしていく海岸通り沿いを30分ほど歩いたら銀行ではないが大型スーパーがある。経験上こういうところにはたいていATMがある。入ってみると当たり。ついでにトイレも借りれた。

帰りはまた海岸通り沿いをのんびり歩く。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011882.jpg

途中、海浜で日光浴などして帰ったが、今から考えると人目につきにくい場所は危なかったかもしれない。金はなさそうな格好はしていたけれど、やはり日本人は用心する必要があったと後になって反省。
いい加減時間も経っていたので二度目の洗濯とホテルのプール。
そんなこんなで夜になってしまう。

夕食は昨日約束したbacalhau(タラ)を食べに行くのだけれど、その前にどうにも気になってしょうがないホテルの向かいのCaféへ行く。
Estacao Caféという店だ。

Estacao Café、ここにもボネコが。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011884.jpg

入口から続くフロアが土産物屋、奥へ進むとオープンエアのCaféになる。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011885.jpg

ここでいただいたカイピリーニャ+エスプレッソカフェという初体験の飲み物が大変美味しかった。
値段も7R$(350円)と安いのだ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011887.jpg

BGMはカエターノでした。

さて、お約束のbacalhau(タラ)料理。
昨日と同じで落ち着いた雰囲気、店主との楽しい会話にカイピリーニャ。
料理はbacalhau(タラ)と野菜の炒め煮をご飯にかけたもの。
優しい味で大変に美味しかった。量もちょうどいい。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011888.jpg

店主兼料理人
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011892.jpg

店主作のオブジェ
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011890.jpg

それにしても、サルバドールでも感じたことだが、美味しくて落ち着ける店というのは客があまりいない。だから落ち着けるというところもあるのだが大丈夫なのだろうか。
料理や絵画やオブジェ、会話、カイピリーニャを楽しんでとても良い気分になってしまった。
夜も更けてちょっと酔っ払ったかな。ま、ホテルも近いし大丈夫だろう。
店主「Cuidado!!」。さすがわかっていらっしゃる。
Obrigado、ありがとう。
本当に良い店だった。

明日は、9時にお迎えが来てRioに出発だ。

2013年06月25日

ブラジル旅行記10(4月5日~4月6日(Rio de Janeiro))

4月5日
ここのホテルの朝食も実に興味深い。
ココナッツを使った料理が多いようだ。
ココナッツは好きなのでどんな料理でも歓迎。
更にサルバドールもそうだったが、日本ではありえないマンゴー食べ放題にマンゴー好きな僕はとても嬉しい。
いも料理、甘味のないフレッシュジュースといいブラジルのホテルの朝食はとてもヘルシーだ。もちろんCaféはどこでも美味しい。

今日はオリンダを出発してRio de Janeiroに戻る。

オリンダは色彩豊かで、とてもアーティスティックな街だった。
静かな時期に来て、落ち着いて散策できたのも良かったけれど、カーニバルの時期にも来てみたい。
フォホーやフレーボもたっぷりと聞いてみたいし、Bonecoのパレードも見たい。
今回は初めてということもあったが、サルバドールを含めてノルデスチをじっくり旅したい気持ちに駆られた。

約束の9時前には一昨日の調子のいいモトリスタが迎えに来ている。
一昨日別れたばかりなのに何だか懐かしい気分になる。

空港まで60R$の約束は覚えているのか。こっちはメモを持っている。
大都会Recife市街地は通勤時間帯と重なったのだろう、結構渋滞している。
都会だけあって運河が臭う。
以前の東京の川のようだ。
渋滞専門の物売りなどというものもいて、サイドミラーに何かを引っ掛けていったり新聞を売ったりと忙しい。
もちろん売れない場合は回収する。

またまたモトリスタしゃべりまくり。サッカースタジアムの自慢やら贔屓のチームのことやらあれこれ。
見るとメーターが上がっている。しかも2で(2は深夜料金なのだ。)。
これはなんだと聞くと笑ってごまかす。
空港到着時には90超になっている。60の約束だろと言って、100を渡してお釣りをもらうまで断固として車を降りる気配を見せずにいると、申し訳なさそうな表情でこれでどうだと30釣りを渡してきた。
迎えに来てくれたのだし、荷物を運んでくれたり楽しい気分にさせてくれていたので、元々チップを10加えるつもりでいた。
だから何も言わなければ70でOKなんだよ。
あえてメーターを上げる必要もないのにと思いつつ、OKと言うと、恐縮した表情からどっと破顔、Amigo!!Amigo!!と握手を求めてきた。
いい人なんだよね。
とにかく皆現金を稼ぐのに大変なのだ。

乗り継いできたTAM航空も今回は今日のフライトで最後。
Rioまで約3時間。ほぼ満席。東洋人は見当たらない。
3箇所あるトイレの2箇所が故障中、長い列ができる。ブラジル人は我慢強い。
CAは後方でお喋りに熱心。操縦席との扉が時々開放になり前方が見えたりする。
日本ではありえない風景だ。

Rioは雨。涼しい。やはり北とは大違いの気候なのだ。
今日からの宿はCopacabanaに程近いB&B。
ガレオン空港からはエアコンバス。エアコン効きすぎ。寒い。
目的地の地図を見ていると隣のビジネスマンが、うちの近くだと降車場所などを教えてくれる。
今まで何回もこんなことはあって、ブラジル人はとても親切だとつくづく感じる。

本降りだった雨も小止みになって目的地のRua Constante Ramosで降りたは良いものの、ホテルらしき建物はどこを探しても見つからない。
ブラジルの住居表示は通り沿いに番号順になっているのでとても分かりやすいのだが、ホテルは見当たらない。
そこにまた親切なおばさんが登場して、見つかるまで一緒に歩いてくれる。
ホント助かる。
見つからないはずで、普通の高層アパート。そこの一室が目的地でした。

Senhora Dulce Maria França Giannini のおうちです。

そういえばDulce Mariaさんからはたびたびメールが来ていて、ホテルではなくB&Bですよとか、通常は男性一人は泊めない、女性一人かカップルのみ、あるいはカード決済の機械を持っていないとか、????????の部分が多かったのだが行ってみて全て納得がいった。

高層アパートの6階(日本だと7階)のDulceおばさんのおうちにはバス、トイレ付きの部屋がひと部屋あって、更におばさんの部屋とシングルルームがもうひと部屋あとは普通の家庭、リビング、ダイニング、バス、トイレ。
だからカップル+女性1名なのだ。どういうわけで男性の僕がOKになったのかわからないけれど、要するにDulceおばさんの家に泊めてもらっているということなのだ。
僕のいる部屋には家族のアルバムや写真があったり、鍵(これが曲者だ。)は持たせてくれるし、Dulceおばさんは普通に外出するし、もし僕が悪人だったりしたら怖いだろうなと思ってしまう。
他に客はブラジル人カップル1組だけだ。

リビングで寛ぐSenhora Dulce
%E7%94%BB%E5%83%8F%201827.jpg

新宿通りみたいなNossa Senhola 大通りを渡れば有名な海岸通り、Atrantica大通りに出るという好環境のこの近所は、高層アパートが立ち並ぶ高級住宅街。
全ての建物の1stフロアは頑丈な門でガードされ、かつ警備員がいる。夜中の警備員不在時間の帰り方をよく聞いておかなければ。
そして難しい部屋の鍵。
二段階でロックがかかるようになっていてその通りに回しても簡単には開いてくれない。初めは警備員を呼びに行こうかと思ったけれど、そのうち慣れた。

例によって付近を散策。
うちの隣は昼からセルベージャ客で賑わっているBar。

Atrantica大通りと平行に走るNossa Senhola 大通りとBarata Ribeiro大通りは、新宿通りに似ている都会のショッピング街。もう一本山寄りの通りを左に行くと地下鉄の終着駅Cantagalo駅がある。そして海へ向かって3分程歩けばコパカバーナ海岸に出られるというロケーションだ。
とても便利な場所だし、宿舎も快適なので旅の最後の日々を楽しく過ごせそうな予感がする。

夜はDulceおばさんお薦めの近所のポルキロ屋へ。
寿司コーナーがあって、兄ちゃんが一生懸命ガリを削っていた。
面白そうだから食べてみたが外側がべちょべちょでしかも芯があるご飯で大概のものはいける僕でもちょっとキツイ。
もちろん普通のブラジル料理はとても美味しいし料理の種類も多いので店は気に入ったわけだが。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011895.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011896.jpg

ATUXI氏とBIPへ行くという選択肢もあったけれど、移動に疲れてしまった感じでおとなしく寝てしまった。

4月6日
今日はいい天気だ。
朝食は、ダイニングでパン、フルーツ、チーズ、ドリンク。とても簡素だが本当は量的にこれくらいが適当なんだろう。今まではずっとビュッフェ方式だからつい食べ過ぎてしまっていた。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011897.jpg

部屋から山側を見る。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011899.jpg

部屋から海側を見る。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011900.jpg


13時過ぎにATUXIと小沢沙織さん(Rioに着いた頃のブログに登場している。)とLargo do Machado 駅で待ち合わせてリハをやるということになっているので、午前中はコパカバーナ海岸へ出てみたり、付近を散策したりする。

とても良い天気の土曜日なのですごい人出。
ウォーキング、ランニング、ビーチバレー、ビーチサッカー、バトポン?、日光浴、筋トレ、自転車、物売り等々、ビーチには露店も花ざかり。皆それぞれのスタイルで楽しんでいる。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011901.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011902.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011903.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011904.jpg

これはなんだろう。ダンスの練習か。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011908.jpg

海岸通りの何箇所にも設置されているアスレチック器具。人気があって皆これで筋トレをしている。日本にもあるといいな。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011989.jpg

このように使用方法も図解されている。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011990.jpg

砂の造形をしている連中も多く、砂とは信じられないような作品もある。しかし、これを写真に撮ると有料のはずだ。

これらはまだシンプルな方。カラーの作品まであったがこんなふうにただで写真はなかなか撮れない。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011975.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201878.jpg

相変わらず警官も多く、安全そうな雰囲気。
これだけ警備が厳重なところでは強盗は手を出せないだろう。ただ、波打ち際は道路から見えなくなっている箇所が多く、このあたりはスポットかもしれないけれど、わざわざ波打ち際に金を持っていくのかね。

アトランティカ大通りに面したところは高級リゾートホテルが立ち並んでいる。
ここから山側へ入っていくとアトランティカ大通りに並行した大通りが走り、庶民的なショッピング街が形成されている。そして3本目の通りの下をメトローが走っている。
こんなふうに街並みを把握する。多分都市計画で作られているだろう碁盤の目の街並みは分かりやすい。
世界遺産の旧市街地とは大違い。
ただ、分かりやすいことと美しいこととはこれまた大違い。
というわけで、近所の地理はだいたい頭に入った。

やはり特徴的なのは、市街地の真ん中に突然そびえ立つモーホ。
この場合のモーホとは単なる丘を指す。
岩山がそそり立っているので当然トンネルを掘らなければならない。
日本のように山を削り取るというのはとても無理そうだ。
地中まで岩盤のはずだから、地下鉄の建設は大変なのではないだろうか。

Cantagalo駅
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011905.jpg

アパートの近くのメトローCantagalo駅から乗車、Largo do Machado駅で久しぶりに二人に会う。
久しぶりの日本語だ。

昼食の後、熊本尚美さんの自宅で本人不在のうえでリハ。
ここの鍵も超難物だった。
あまり開かないのでもう諦めかけたところで何故か開いた。

二人は、最来週のショーログループ、エポカ・ヂ・オウロのラジオ番組に出演するということで、かなり綿密なリハをする。
残念ながらその頃僕はもうブラジルにはいない。
途中で熊本さん帰宅。土曜日のショーロ学校の講師はかなり疲れるようだ。

終了後、久しぶりにATUXIと駅近くのBarで軽く一杯。
こんなところでも俺にもなにか食わせてくれという物乞いがやって来る。
あまりお腹もすいていないので、帰りがけにパンと白ワインを買って帰る。
パンが中身たっぷりの重たいパンなのでこれで十分だ。

居間でDulceおばさんにギターを聴かせる。とても気持ちよさそうに聴いていた。

Rioに戻ってくると、やはりここは大都会だと認識させられる。
コパカバーナ周辺は高級住宅街のせいか白人の姿が多い。
黒人が圧倒的に多い北の方から来たから尚更そう感じたのかもしれない。
地域性もあるが、差別のない国とはいえ経済的格差は厳然としてある。
少しは周りを冷静に見る余裕ができてきたのかもしれない。

それにしても、ブラジルの鍵は難しい。

2013年07月06日

ブラジル旅行記11(4月7日~4月8日(Rio de Janeiro))

4月7日

今日も良い天気だ。
今日は、ATUXIが泊まっているMorro da Babiloniaの宿でバーベキューをやりながら小澤さんと3名のミニライブをやろうということになっている。
今日が日曜日で水曜日の深夜というか木曜日の午前2時頃の飛行機に乗ることになっているから、実質的には今日を含めてあと4日ほどでブラジル滞在も終わってしまう、と考えるととても時間が貴重に思えてくる。

昼前にアトランティカ大通りが行き止まりになる手前、交通の殆どが大きく左に曲がっていくプリンセス・イザベル像前で待ち合わせ。
午前中にカンタガーロ駅付近まで散歩していると、何故か駅が使えなくなっている。
警官も出ているし、なぜだと聞くとどうもあまりはっきりしない。ただ、当分使えないだろうということなので、歩いて行くことにする。
この選択が正解。
天気が良い日曜日のコパカバーナ海岸をたっぷり楽しむことができた。
人出が多い。思い思いの楽しみ方をしている。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201830.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201831.jpg

のんびり歩いて約40分。
プリンセス・イザベル像に到着。
パーカッショニストの金子大介君、宿の主人、大介氏も買い出しがてら登場。
Morroへ。
今日で二回目だが、ある程度の期間を経ているせいか、街並みを把握することができる。
階段下の商店でcerbejaを購入、1リットル瓶を何本か麻袋に詰めてATUXIがしょって階段を行く。
これをしょっちゅうやっていて、かなりの運動になるそうだ。
さて、BBQ兼ライブ会場は宿の屋根の上。
Leme海岸が臨め、風通し日当たりとも良すぎる素晴らしいロケーション。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011909.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011940.jpg

洗濯物なんかも干してあるし。ただし、柵もなにもないので酔っ払って落ちたらただでは済まない。
宿泊客は全員日本人。ミュージッシャン、画家、世界旅行者等々多士済々。

宿入口に描かれた鯉のぼり、作者の画家と家主家族と。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011935.jpg

真夏を思わせる陽光の下でのライブ&BBQはとても気持ちが良かった。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011910.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011938.jpg

生音なのでボーカル、ギター、鍵盤ハーモニカという編成。
野外で生という環境なのにとても音がよく聞こえるような気がする。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011912.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011915.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011916.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201846.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201847.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201850.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011919.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011928.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011931.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011934.jpg

楽しい時間だった。
ひたすらセルベージャと肉。
良い加減に食べ飲み疲れて5時頃おひらき。

モーホの風景
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011941.jpg

モーホの野生鶏、ひよこもいる。これを食べたわけではない。念のため。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011943.jpg

階段滑りに熱中する子供ら。自分たちも昔こんなことやっていたな。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201853.jpg

階段下の店。明日ライブがあるようだ。
%E7%94%BB%E5%83%8F%201854.jpg

アトランティカ大通りが歩行者天国になっているので当然歩いて帰る。
徐々に暮れていくコパカバーナ海岸。
様々に楽しむ人たち。
こんな雰囲気の中でかつてボサノバが流行っていったのだろうか。
日曜日、歩行者天国のアトランティカ大通りはお薦めスポットだ。
6時10分頃に歩行者天国は終了。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011944.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011945.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201855.jpg

石膏像が突然動き出すパフォーマンス。子供はびっくり。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011949.jpg

Sra.Dulceとどこへ行ってきたか話題になったのでMorroと言うと驚いた様子で、「危ないところよ。」とくるので心配をかけてもいけないと思い、「いや、MorroのBaixo」ですと言っておいた。
やはりこの辺りの日本で言えば山の手(Rioでは山の下)に住む人たちにとって、モーホはとても危ないところなのだ。
夜になってもBBQが効いているので、今晩は白ワインを少々飲んで寝てしまう。

4月8日

今日は午前中に、先月Rioを出発する際に小澤さんに預けてあった大型リュックを取りに行き、夜はエポカ・ヂ・オウロのラジオ生放送ライブ、熊本さんらと食事という予定になっている。
小澤さんのBotafogoのアパートまではメトローですぐ。
目の前にボタフォゴ湾が広がりパン・ヂ・アスーカがよく見える。
とても景色のよい場所だ。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011951.jpg

大型リュックを受け取るともうすぐブラジルを離れるんだなあという気になってくる。

滞在中に一度はRioの名所旧跡であるCorcovadoのキリスト像かPao de acucarに行ってみたい。
幸いにして今日もとても良い天気。キリスト像は午前中が良いと言われているが、午後の早い時間帯だったら天気も大丈夫そうだと予想して出かけることにした。
丁度良いことに夕方の待ち合わせ時間もCinelandia駅に16:30。それまでに行って帰ってくれば良いのだ。

Nossa Senhora通りから583番のバスでCosme Velho下車。
例によって案内も何もないわけだがキリスト像へ行く人が降りるのでわかる。
ここから登山電車でキリスト像の足元まで行けるはずだ。
ところが登山電車は14時に出た直後、この後16時までない。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011952.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011953.jpg

それではとても間に合わないのでどうするか迷っていると、どうもマイクロバスで送迎している業者がいるようだ。
聞いてみると15R$で上の駐車場まで行くとのことで渡りに船。
終点からはオフィシャルの入場料込みの専用バス(19.8R$)でキリスト像下まで着いた。
30分ほどで着いてしまう。
駐車場までは歩いて登っている人もちらほらと見かけた。
駐車場から先は何人も入場料込みの専用バスに乗らなければいけない仕組みらしい。
最後は階段とエスカレーター。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201864.jpg

観光客は多いが月曜日なのでまだ空いている方だろう。
キリスト像の格好をしながら写真を撮る輩多数。どこの国でも同じだ。
像の足元から頭までは寝転ばなければ写真に収まりきらないらしく、寝転び撮影の輩も。
キリスト像のポーズはどうしても「ようこそいらっしゃいませ。Seja bem vindo!!」とやっているように見える。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011958.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011955.jpg

午後からは曇ることが多いこととキリスト像が逆光になることから午前中が狙い目と言われているらしいのだが、今日の午後は視界がとても良い。

レブロン方向
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011954.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011957.jpg

ロドリゴ・ヂ・フレイタス湖とイパネマ海岸
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011960.jpg

アパートの窓から見えるMorro dos Cabritosを上から臨む。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011959.jpg

有名なPao de acucar
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011964.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011967.jpg

言ってみれば東京タワー(今はスカイツリーか。)のようなものだ。
おそらくカリオカは来ないんじゃあないかな。
ま、一度は行ってみたいスポットだ。一度行けばいいとは思うけれど。
適当な時間に降りる。
それにしても、平地にこのような岩山が突如として何箇所もそびえ立っている-しかも大都会の中に-Rioの地形というのはとても面白い。

Sra.Dulceからとても分かりやすい市内の地図をもらったので、これを見ているとバスも楽勝なのだ。
ラルゴ・マッシャード駅までバス。待ち合わせ場所のCinelandia駅までメトロー。

メトローはプリペイドカードを買ってしまえばすぐに乗れるし本数も多い。エアコンもよく効いていて快適な交通機関だ。
時々楽器を持っている若者たちが乗ってくると車内生演奏が始まってしまう。
客はさして関心がある風ではないが一曲終わると結構な拍手。
しっかり投げ銭集めもある。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201857.jpg

その快適なはずのメトローがCinelandia駅に着いた途端ドアが開かない。
何やらホームが騒がしくなってきた。
駅員や警官が走っている。反対方向の電車は着いた途端に乗客が全員降ろされて駅から退避させられている。
こちらの電車のドアは開かない。
そのうち車内灯も消えてしまった。
辛抱強いブラジル人も不安になってくる。
どうしたんだと電車内も不安げな雰囲気に包まれる。
そうこうしているうちに数箇所だけドアが開いてそこから全員退避。駅の外へ。
何があったのか分からず。ただ、運転席のガラスに大きなひび割れが走っている。
電車の下を覗き込んだり、しかめっ面をしている人もいたので飛び込みかと思ったがどうもそのような雰囲気ではない。
何かが投げ込まれたのだろうか。
後で聞いたのだがブラジル人は決して飛び込みなどしないらしい。
とにかく騒然とした雰囲気の中、全員地上へ出され、駅はシャッターが閉められた。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201874.jpg

地上は公園の中。警察車両も来ているので事件であることは明らかだ。
それはそれで何が起こったのか興味もあるのだが、そもそも駅で待ち合わせをしていたわけで、駅も閉鎖された今、待ち合わせは不可能になってしまった。
何せ目的地の名称も場所もわからないのだ。
携帯もないしメールも繋がらないからどうしようかなと思案にくれていると、偶然に東洋人、いや日本人か、金子大介君登場。
なぜにこのような素晴らしいタイミング。Nossa Senhora!!

というわけで、とにかく目的地へ行こうとラジオナショナル局へ。
エポカ・ヂ・オウロの生放送ライブは2時間ほど。
ジョルジーニョと司会者の懇談をはさんでエポカの素晴らしい演奏をたっぷりと聴くことができた。
司会者は、これが商売だから仕方がないのだろうけれどちょっとしゃべりすぎだ。
音楽を聴きに来た者としては早く進めろと言いたくなる。
ラジオ番組だからしょうがないのだけれど。
この番組に来週ATUXIと小澤さんが出演する。
今日の番組の中でも大々的に宣伝していた。
楽しんでほしい。

それにしてもこの会場は冷房効き過ぎで寒い。
お客さんは年配の人が多くてトイレの回数も増えているのだ。
終了後、例のメトロー事故で電車が駅間に止まってしまいコンサートには間に合わなかったATUXIも駆けつけてミュージッシャンとしばし交流。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011969.jpg

夜のCentro付近は歴史的な建物がライトアップされていて幻想的な雰囲気を出している。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011970.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011972.jpg

このあと、熊本さんからお誘いのあったバンドリン奏者、ペドロ・アモリン氏のライブへ。

場所はUruguaiana駅の海寄り、Saude地区だろう。
タクシーで向かったSaude地区は海と倉庫、なんとなく本牧辺りと雰囲気が似ている。
倉庫を改造したらしい天井が高くて広いライブハウスだ。店の奥の方は大きく開口していて開放的な雰囲気の店。
Samba de Fatoというバンドはバンドリン、7弦ギター、パーカッション2名の編成で主にサンバを演奏する。
ところどころコーラスが決まっていたりして洗練されたサンバとの印象を受けた。
スルド、タンタンを使う低音部の打楽器が心地良い。
ボリュームもちょうど良く、とても楽しめた。
これでチャージが約1000円だから安い。
ミュージッシャンにはちゃんと入っているのだろうかと我が身のように余計な心配をしてしまう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011974.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201877.jpg

タクシーにて帰還。
1時頃到着。
これで鍵が開かなかったりしたらシャレにならないなと思いつつ、無事に門扉も部屋も開いて帰宅できた。

今日は朝から夜中までいろいろあった。大都会のRioならではの刺激がいっぱいあったように思う。
これが都会の面白さなんだな。
ブラジル滞在もあと2日か。

2013年07月19日

ブラジル旅行記最終回(4月9日~4月10日(Rio de Janeiro))

4月9日
ブラジル滞在も残すところ今日と明日の二日間。
本当は午前中のチェックアウトなのだろうけれど、フライトが11日の午前2時なのでSra.Dulceに相談したら、好きな時間に出ていいからと快く応じてくれた。ありがたい。

今日は、Morro宿に滞在している連中と昼をMorroのDavidの店で食べようということになっている。あとは特に予定はない。
床屋に行きたくなりSra.Dulceに紹介してもらったが、午後しかできないということでこれはあきらめる。

午前中はNossa Senhora通りやBarata Ribeiro通り辺りを散歩。
ブラジルの都会の通りはほとんどが一方通行になっていてNossa SenhoraはCentro方向、Barata RibeiroはLebron方向への交通だ。
信号はあるにはあるが車が来ない歩行者赤信号を守っている人はほとんどいない。
確かに一方通行だから左右のチェックではなく、車が来る方向さえチェックしていればいいのかもしれないが、この習慣が当たり前になると日本に帰ってからが怖い。

海岸に向かって走る通りは比較的狭い静かな通りで商店も小規模なものが多い。
対して海岸線に並行して走るのは大通り。
交通量も多いし商店も大規模なものが立ち並ぶ。
Rioの市街地はおそらく都市計画が施された街並みだから分かりやすく、慣れてしまえば迷うことはまずない。
しかし今まで歩いてきた旧市街地はホントに謎だった。
絶対に迷わないつもりでチェックしながら歩いていても迷ってしまう。
歩く方向で景色が違うし、日が暮れてしまうと尚更だ。

昼頃にプリンセス・イザベル像前だから天気も良いのでアトランチカ大通りをまた歩いていく。

コパカバーナ海岸
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011976.jpg

大通りはこの先で行き止まりになるのでセントロ方面はここで大きく左にカーブしてモーホのトンネルをくぐって北方向へ向かうことになる。
このモーホがバビロニア。
昨日も来た道なのでモーホの階段下、Davidの店も大体見当はつく。
帰る前にもう一度来たかった。
相変わらず賑わっている。
肉料理の定食はかなりの量。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201879.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011978.jpg

ブラジルへ来てから日本によくあるようなシュハスコ屋さんへは一度も入っていない。種類も量も自由に選べるポルキロ屋を選択することが多かった。選択自由とはいえ、旨そうなものや珍しそうなもので皿が山盛りになってしまうこともしばしば。
そしてビール。
これは帰ったら体重が結構増えているのではないかとの考えが一瞬頭をよぎるがまだブラジルだ。
日本的な心配をし始めたのは帰国が近づいたからだろうか。
Morro宿仲間達とゆっくり食事を楽しんだ後はまた海岸沿いを歩いて帰る。

モーホの階段下の雰囲気
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011979.jpg

夜になって、近所のスーパーへお土産やワインを買いに行く。
店内に煙が立ち込めているが、火事!ではなかった。肉を焼く匂いだ。
どうも排煙がうまくいかないらしい。
日本だったら大騒ぎになりそうなのだが、こちらは平然としている。
お客さんも苦笑いくらいで済ましている。

スーパーの魚売り場。沖縄のそれと若干似ていなくもない。
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011983.jpg

明日はアトランチカ大通りからガレオン空港行きのFrescao(冷房バス)に乗る予定なので、バス停を下見に行く。
大体30分おきくらいで一応どこでも止まってくれるとのことなのだが、見ると片側3車線の歩道から一番遠い車線を猛スピードで跳ばしていく。乗る側も運転する側もお互いに分かりにくいであろう夜間、果たして止まってくれるのか若干の不安を覚えるが、フライトが深夜の2時、時間はたっぷりあるから、なんくるないさと思ってしまう。

平日の夜、9時頃にもかかわらずコパカバーナ海岸はかなりの人出。
ランニング、ウォーキングの人が多い。
一見しただけでは皆安全に楽しんでいるように見えるがここで油断をしてはいけないのだろう。
しかし過剰に臆病になることも人生をつまらなくさせそうだ。
次にブラジルに来る時はもっと大胆になれるだろうか。

夜のビーチサッカー
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011980.jpg

4月10日
朝、エミレーツ航空から搭乗案内のメールが届いている。
ついに帰国の日か。日本という日常からブラジルという非日常の空間・時間へ運んでくれたものが非日常から日常へ戻すという通告だ。
お迎えが来たんだという懐かしいのと寂しいのと複雑な気分。
今日はFrescao(冷房バス)の代金R$12程度を残せばいいので手持ちのR$を処理するため、3時にATUXIと例によってプリンセス・イザベル像前で待ち合わせ。
夜8時半頃にアパートを出発すればいいはずだ。

ブラジル滞在最後の日、昼前から海岸沿いをいつものLeme方向ではなく、Ipanema方向へ出来る限り歩いて、歩いて歩いてプリンセス・イザベル像前へ行ってみようと思い立ち出発。

夏の盛は過ぎたのだろうが、まだ十分に夏の気配。
ビーチを楽しむ人たちで賑わってはいるが、Carnabalも終わったこの時期、落ち着きもある。

コパカバーナ海岸
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011984.jpg

ドリバル・カイミ像
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011985.jpg

Ipanema海岸は小さい岬を通り越して左手に広がる海岸。
コパカバーナより海岸沿いの建物の高さが低くなったような気がする。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011986.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011987.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011994.jpg

イパネマの先のレブロン海岸の方まで歩いていく。

%E7%94%BB%E5%83%8F%201886.jpg

イパネマ海岸から陸地側へまっすぐ入っていくと、唐突にロドリゴ・ヂ・フレイタス湖が現れる。
面白い地形だ。
周回道路のすぐ脇に湖に浮かぶ島があるが、ここはクラブ制の高級リゾート施設らしい。
このあたりは高級住宅街。モーホと対局をなすところだ。

高級リゾート施設
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011991.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%201889.jpg

湖のほとりからは北方向にコルコバードの丘と僅かにキリスト像が見える。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011993.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011992.jpg

ジョビンのCorcovadoの歌詞に、窓からコルコバード、キリスト像が見えるという一節があったが、このあたりから見たのだろうか。
それとも現在のイパネマ海岸からはビルが立ち並んで見ることはできないが60年代は見えたのだろうか。
ボサノバがこのあたりの雰囲気、富裕層、経済的に余裕があって欧米の新しい文化を享受出来る層から生まれていったということがイメージとして理解できる。

ボサノバは例えば日本で言えば古い言葉だがニューミュージックのようなものだろうか。
一時期に流行った音楽スタイルを適当に名付けただけで実体はないと思う。
イパネマの娘とかコルコバードだとかのその時流行った名曲はいくらでもあるけれど、それはボサノバなのかと聞かれると、ブラジル産の名曲としか答えられない。
確かにいわゆるボサノバ時代の歌詞はロマンチックなものが多く、夢見がちで軟派なものが多い。サンバのように、俺には金はない、サンバしかない的な歌詞はほとんどないし、ドロドロの愛憎なんてものもおそらくない。
曲も漂うような曲調が多く、サンバのように黒白決着をつけよう的な明確さは感じられない。
それが時代の空気だったのだろう。
ブラジルではボサノバという用語はほとんど死語だが、日本や欧米ではボサノバという音楽スタイルがあるかのように思われている。
ブラジルでも「Bossa Nova」と掲げているのを見ることもあるが、それは観光客のためのものだ。

サンバとボサノバの違いは何かとよく聞かれるが、今思うのはボサノバという言葉が流行った時代に生まれた数々の名曲はあるけれど、ボサノバという音楽スタイルは実体としては無いと。
ニューミュージックのようにマスメディアや音楽出版業界が適当に名前を付けただけではないかと。
だから、ジョアン・ジルベルトはボサノバ歌手かなどというのは無意味な問いかけだと思うし、例えば、今日はボサノバを中心に演奏しますという表現も無意味だ。
とかく日本人はジャンル分けが好きだ。例えばジャズでもそうだった。

とにかく、このあたりはそのようなロマンチックな富裕層の雰囲気が漂っている。

そろそろレーミへ向けて歩こうかと陸側から近いルートを行こうかと思ったが、モーホを貫くトンネルを歩かなくてはいけないことを思い出し、再び海岸に戻ることにした。

もう出発してから2時間ほど経っている。
朝を食べてから飲まず食わず。さすがに喉が渇いた。
こういう時にはAgua de cocoだ。
バイーアと比べて若干高いが喉が渇いた時には美味い。ほとんど甘味がないのでさっぱりしてあとの心地も良い。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011995.jpg

出発してから約3時間かけてプリンセス・イザベル像着。
ATUXI氏と所要を済ませ遅い昼ごはんは、中国系がやっている焼きそば屋。
チャーハンを試してみたがインディカ米だからとても美味しい。パステウも良かった。
多分焼きそばも美味しいだろう。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011997.jpg

あとは帰って荷造りしてシャワーを浴びて休んで出発を待つだけだ。
帰りは、海岸通りではなく新宿通りに似たNossa Senhora通りを歩いて帰る。

さて、午後8時。出発の時間だ。
Sra.Dulceには家族のように接してもらって感謝の念に耐えない。
近づきすぎず遠すぎず、ちょうど良い位置で接してもらえたからこの数日間本当に快適だった。
僕のCDをプレゼント、代わりに彼女のお気に入りのCDをもらったり、帰ったら無事に帰ったと必ずメールしなさいとか、やっぱり親戚の家にいる気分だ。
月並みな感想だけれどまた来てみたいアパートだった。

うちのパソコンが壊れたのでインターネットカフェに行くのというSra.Dulceと一緒にアパートを出る。
さあ、あそこからバスに乗るのよ、気を付けてね、と最後まで面倒を見てくれる。
ありがとう。さようなら。また来るから。

で、問題はバスをどう止めるかだ。
暗いので近づいてくるまではFrescaoか普通のOnibusか分からない。そして何者か分かるほどに近づいてきた時にはもう遅い。歩道から一番遠い車線をぶっ跳ばして行ってしまうのだ。
Onibusやマイクロバスは乗せる気満々で向こうの方から乗らないかと誘ってくるが、Frescaoはそもそも乗せる気がないのではないか。
タクシーを使おうとしても空港はUS$が使えるだろうと思って、手持ちのR$はFrescaoの運賃RS12を考えて20くらいしか持っていない。

1時間くらい止めようとしたりしていたが何だかあほらしくなった。
時間はあるのだから多少荷物は多いがメトローでどこかガレオン空港に近い駅まで行ってそこからタクシーにしよう、金はメトロー駅のATMでおろせばいいだろうと予定変更。
このあたりは短い期間だがブラジルに滞在していた経験が生きる。入国したてだったら絶対こうはいかない。この近辺も歩き回っていたから地理も分かる。

Siqueira Campos駅まで歩く。幸いにして駅のATMが使えた。
まだ時間はたっぷりあるところが強みだ。
駅の案内表示を見るとCentral駅がガレオン空港に近そうに思える。
Central駅はメトローから一旦地上電車のCentral駅を通って外に出る。

あの映画、セントラルステーションの舞台となったCentral駅だ。
天井がやたらに高く薄暗くなんとなく不気味な雰囲気。大時計がやたらと目に付く。
バカでかいアナウンス、異様な匂い、浮浪者、乞食、ホームレス、そしてうずくまる古ぼけた電車。
大層な荷物を持った旅行者丸出しの外国人が長居をする雰囲気ではない。
通りへ出て流しのタクシーを捕まえた。
しかし一回は乗ってみたい電車だしCentral駅に対する興味もむくむくと湧いてきて、これはやり残したなという気になった。

ガレオン空港まで30分程、R$40の料金は入国した時の空港タクシーに比べてかなり安い。まともな流しのタクシーは結構リーズナブルだ。
来た当初は期待と不安を持って見ていた古ぼけた倉庫群。これでお別れだと思うと懐かしく感じてしまう。
Boa Viagemと送ってくれたモトリスタはなかなか親切だった。

夜の11時過ぎのガレオン空港はあらかた店も閉まっていて閑散とした雰囲気。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011998.jpg

そんな中、エミレーツ航空はやたらと目立つ看板を何箇所も設置してこちらは乗せる気満々。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011999.jpg

行きも感じたことだがこの航空会社のサービス精神は半端ではない。
ほぼ定刻に出発。
機内はほぼ満席。
ドバイ空港まで約14時間。長い。
行きで見た映画「Filho do Brasil」をまた見てしまう。
ブラジル旅行前と後ではやはり印象が違う。
前に見たときもおおよその意味はつかめたのだが、今は空気感のようなものが伝わってくる。
退屈な番組に飽きたらしい隣席のブラジル人が私もそれを見たいのだがどうすればよいのかと聞いてきた。
長い時間の混み合ったフライトは空気を弛緩させるのか何だか機内はだらしない雰囲気が漂っている。

ドバイ空港は23時頃ほぼ定刻に到着。夜から夜への移動だ。ここで約4時間待ち。
今日の駐機位置はターミナルからかなり遠いところ。奇妙な形のバスに20分強も乗せられた。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20112001.jpg

%E7%94%BB%E5%83%8F%2012000.jpg

しかしドバイ空港は客を飽きさせない巨大空港だ。
深夜にもかかわらず人出も多く店も全開で賑わっている。
無料で使えるリクライニングチェアもあったりしてお金を使わないでもくつろげるところが嬉しい。
エミレーツ航空といいこの空港といい、アラブ首長国連邦おそるべし。
次回はドバイにも一泊したくなってきた。

午前3時頃発の成田行きは日本語のアナウンスがある。
だんだん日常に近づいてきたわけだ。
久しぶりに聞く日本語のアナウンスはポルトガル語に比べて抑揚に乏しい分、優しく丁寧に聞こえる。
総二階建ての巨大航空機A380は比較的空いていて12時間のフライトもあまり苦にならなかった。

午後5時頃成田空港着。
寒い。
行列を作る外国人出口を尻目に日本人出口から退出、秩序正しく清潔な空港からなめらかに優しく運行する電車に乗って車窓を眺めると、車がゆっくり走っている。
成田駅を過ぎると田園風景が見えてきた。
日本へ帰ってきたんだなという実感が湧いてきた。

初めてのブラジル旅行。
日本から最も遠い国。
期待とそれと同じくらいの一人旅への不安もあった。
しかし、ブラジル人は人懐っこくて親切な人が多かった。
道を探しているとまず間違いなく声をかけられる。
不安のあった治安もワールドカップ、オリンピック前のせいもあるかもしれないが相当に強化されていた。
反面、貧富の差は歴然としている。

富裕層はヒステリックなほどセキュリティを強化した住宅に住み、貧困層はファベイラに住む。
日本ではあまり見られなくなったいわゆる乞食や物乞いーそれも身障者のーも頻繁に目に付く。
道端に座り込んであてもなく視線を走らせる人たちやとにかく何が何でも現金を獲得しようとする人たち。
多分土地から一生出ることができないような若者たち。
現在ブラジルで起こっている国費の使い方に反対する集団示威行動は、あのような状況を見ていると起こるべくして起こったと思わざるを得ない。
歴史的建造物や交通機関などに放火されている報道を見ると胸が痛む。
政府もファベイラの環境改善などに取り組んでいる面はあるが、いかんせん国が広すぎる。

人種差別もほとんど感じることがなく開けっぴろげで自由な国。
この自由を担保するために貧富の差を提供しているとは思いたくない。
ブラジル国旗にOrdem e Progresso(秩序と進歩)と示されている意味が初めは分からなかったし、ブラジルの雰囲気には合わないのではないかと思っていた。
しかし、今はあのスローガンー秩序と進歩と言うよりは秩序ある進歩と言った方が適切のような気がするーはブラジルにとって絶対に必要なものだと思うようになった。

今回の旅でブラジルとりわけブラジル人がとても好きになった今はそう思う。

Tchau Brasil!!

2013年08月27日

郡上八幡の夏

8月半ば、郡上踊りを見学すべく、郡上八幡へ行ってきました。

時候も良いので何回か使ったことのある青春十八切符を使ってみることに。
往復で2回使うとして、せっかく行くのだから郡上八幡二泊にもう一泊どこかへ行くと考えて、まずは3回分の十八切符を安く手に入れます。オークションが安いようで。
そしてなるべくJR区間を多くして目的地にちょうど良い時間に着くこと。
東海道線を乗り継いで岐阜まで行って高山線で美濃太田、ここからは三セクの長良川鉄道しかありません。

家を出たのは朝の6時前。
熱海までは快適ですが、熱海から豊橋までの区間が何回か乗り換えねばならず、しかも列車は3両編成で混んでいるのが常なので工夫が必要です。

例えば、島田行の列車は終点まで乗らず途中の興津で降りる。
島田で乗ることになる浜松行は興津始発なので座ることができるのです。
次も浜松までは乗らずに掛川で降りて掛川発豊橋行を待つという塩梅です。

豊橋からは編成も長く乗り心地もよい新快速が走っているので快適だし、岐阜からは空いています。
時間はかかっているのですが乗り継ぎ時間はあまりない。5分くらいがほとんど。特に昼時は忙しくて昼食をとっている時間はありませんでした。
15時40分頃に到着するまで昼食抜き。

長良川鉄道
IMG_3170.jpg

郡上八幡駅、いい味が出ている。
IMG_3171.jpg

今日から二日間は郡上八幡自然園のロッジにて外ごはん雑魚寝。

ここ郡上八幡自然園は、郡上八幡駅から一駅先(この一駅というのがなかなか大変。あまり便がない。)にある大規模な野外学習施設。
すぐ横を長良川の清流が流れています。
ロッジも100棟ほどありプール、大浴場や学習棟もある。
少年自然の家のように公立なのかなと思いましたがそうではないらしい。
家族連れやボーイスカウトやらでかなり賑わっています。

外ごはんですから、明るいうちに済ませるべく、そのままバーベキュー&飲み会に突入。

ロッジ
IMG_3172.jpg

釣った鮎ではないけれど美味しそう。
IMG_3176.jpg

定番
IMG_3178.jpg

主催しているシマ部の面々はもう何十年も郡上踊りを体験しているベテランです。
小生は今回初めて。

話によると今夜は郡上八幡とは反対方向に長良川鉄道に乗って約30分の美濃白鳥という場所で徹夜踊りがあるそうで、そこへ行くとのこと。
この三日間程は徹夜踊りのため長良川鉄道も深夜の臨時便を出しているとのことなので徹夜しなくても戻ってこれそうです。

最寄駅の自然園前という駅はホームが一つあるだけで屋根も壁もない当然の無人駅。
付近も真っ暗。
月明かりがほんのりあたりを照らす中、一両編成のディーゼルカーがカーブを曲がってやってくる姿は中々に趣があります。

深夜の長良川鉄道自然園前駅
IMG_3179.jpg

美濃白鳥は有人駅だが夜も更けているので駅前は踊りに行く人がぽつぽつといるだけでとても静か。

美濃白鳥駅前
IMG_3180.jpg

踊りの会場は駅からしばらく歩いたところ。
山車に地方(じかた)が乗って演奏し踊り手が道に広がって踊ります。
道路封鎖スタイル。
曲は結構テンポが速いものもあって動きは激しそう。若者向きかもしれません
キメの箇所では下駄の音を合わせます。
ゆったりしたテンポから始まっても段々曲のテンポが上がっていってトランス状態になっていくような感じ。
これで徹夜は結構大変じゃあないかな。

IMG_3184.jpg

IMG_3186.jpg

IMG_3187.jpg

適当なところで引き揚げました。
また一両編成の列車で戻ります。
誰かが猫バスみたいと言っておりました。

美濃白鳥駅ホーム上で戯れる猫
IMG_3188.jpg

翌日のお楽しみは何といっても長良川での川遊び。
ロッジから水着のまま歩いて行けてしまうという好環境。
相変わらず天気が良くて暑いので川の水が冷たくて気持ち良い。
川で泳ぐということ自体が珍しい。屋久島以来ではないかな。
潜るとアユが結構います。こんなにいるのに中々釣れないんだよね。

IMG_3189.jpg

IMG_3190.jpg

少年カヌー教室をしていた。
IMG_3192.jpg

お昼ごろまで川を堪能して、午後は好きな時間を過ごします。
小生は、プールへ行ったり昼寝をしたり。
夜は郡上踊りを堪能するため郡上八幡へ繰り出します。

お出かけ前におめかし。
IMG_3193.jpg

ここは戦災にあってないんでしょうね、古い街並みがそのまま残っていて山間の古い宿場町の趣があります。
IMG_3195.jpg

IMG_3198.jpg

昨日と同じで踊りの会場は駅からしばらく歩いた路上。
有名なイベントだけにかなりの人出。
スタイルも昨日と同じく、山車地方(じかた)道路封鎖下駄鳴らし型。
ただ昨日と大きく違ったのは曲がゆったりとしていて歌詞も聞き取りやすくてとても味があるという点でした。
地方の上手さというのも相当あると思いますがベテラン唄者の表現はさすがだと思いました。

IMG_3201.jpg

IMG_3204.jpg

地方(じかた)
IMG_3203.jpg

これなら徹夜もできそう。
ただし小生は徹夜はパス。
徹夜踊りのシマ部の面々とは別れて猫バスで帰りました。

帰路
IMG_3207.jpg

列車が行ってしまった深夜の自然園前駅、真っ暗だ。
IMG_3208.jpg

翌朝は徹夜の疲れもあってゆっくりと出発。

小生は、美濃太田から多治見を経由して中央西線で松本へ行って一泊して、翌日は大糸線から日本海側を通って長岡から上越線で帰ろうと計画していました。

松本までは4時間余り。中央西線は木曽川沿いを走ります。
松本もやはり暑い。

ホテルは変哲もないビジネスホテルですが、漫画も置いてあったりして(特に小生の大好きなゴルゴ13がかなりあるではありませんか。)かなり居心地が良い。

夕食を外に食べに行くのはいつも大きな楽しみですが、一回りした結果このホテルの食堂が旨そうで値段も安いことを発見。特に小鉢一皿100円は良かった。

IMG_3210.jpg

ブラジル旅行の時もそうでしたが、一人で偶然良い店に出会えるというのは旅のだいご味の一つです。
で大満足。
ゴルゴ13でちょっと夜更かししてしまって、翌朝日本海周りルートの列車に乗るのが億劫になってしまいました。
確かに、このルートだと朝9時頃出て家に到着するのは夜10時頃だしとか軟弱な理由をくっつけてお手軽に中央本線で帰ることにしました。
これだといくらでも電車はある。

というわけで、たまには楽器を持たない旅、仕事と何の関係もない旅というのも良いものです。

ではでは

2013年10月29日

房総キャンプ

筆者近影
IMG_3286.jpg

毎年、この時期になると房総半島方面キャンプというものをやるのですが、今年も計画しまして、ところが今年は10月になっても大型の台風が来襲して各地に被害をもたらしています。

今回はキャンプを予定していた土曜日に27号28号がダブルで接近、特に土曜日は最接近かという状況に見舞われました。

さすがにキャンプは中止、でもせっかく日程は抑えてあるので急遽民宿泊まり宴会に変更。
行き先は毎年ボサギ合宿でお世話になっている岩井海岸の小池荘。
直前にもかかわらずいつもの一棟借りOK。
夕食はBBQにしてくれて、雨でも食堂でできるという便利さ。
勝手知ったる人の家という感じですから気を使うこともないのでとてもくつろげました。

目的地が小池荘になったということは、いつもの保田の番屋集合が可能になります。
この一週間ばかり続いている時化しかも台風当日で地元の魚はないのではないかと思いましたが、どうせ通り道だからということで番屋集合。

さすがに台風最接近だけあって、土曜日にもかかわらず空いている。
いつもは昼時はすごい混雑なのにこんなに空いている番屋は初めてでした。
ネタもそこそこにあったようで、結果、民宿宴会食い倒れ一泊旅行になってしまいました。

幸いなことに土曜日午前中の雨も大したことはなく道路事情も平穏で、土曜日午後からは天気も回復に向かい、翌日曜日は台風一過の久々の晴天。

食い倒れで秋に肥える一泊旅行でした。

名物、番屋のかき揚げ天丼
IMG_3288.jpg

小池荘のBBQは船盛付
IMG_3289.jpg

食堂玄関にBBQを設置
IMG_3291.jpg

船盛中のこれも焼いてしまう無駄のなさ
IMG_3294.jpg

食堂の様子
IMG_3292.jpg

様になりすぎる焼きそばやさん
IMG_3298.jpg height="300" />

小池荘名物、卓球
IMG_3297.jpg

台風一過の岩井海岸
IMG_3301.jpg

集合写真
IMG_3302.jpg

帰路で食した住吉飯店のもやしラーメンも強力
IMG_3305.jpg


2013年11月22日

2013.秋の関西

すっかり寒くなってまいりました。
クワガタも深く潜って冬眠状態。

今月は初めの方に静岡、半ばに関西と演奏してきました。

静岡は、以前にやったことがある駅近くのレストラン青木。
ここは初めから盛り上がるつもりで来ているお客さんばかりなのですぐに大盛り上がり。

IMG_3318.jpg

IMG_3322.jpg

天気も良かったので翌日は各駅停車で帰りました。

関西はいつもやっているキタのChove Chuvaと一日休みを入れて兵庫県加東市のPink Houseというレストランでの演奏です。

大阪行きは最近よく利用している成田空港からのLCC。新幹線よりはるかに安いし、短期間の旅だと荷物も軽量なのでその点の費用もあまりかからないのです。

以前鳩間島のピアニスト、ターキーが、関空から大阪までの車窓で鳩間から上原海峡を挟んで見た西表島にそっくりの景色があると言っていたので、ちょっと注意してみました。
関空島から紀伊半島を見る景色がまさしくそれでした。橋の上を走行中の電車からもまさしくそのように見えます。違うところは陸地側にすべて街があること。当たり前ですがそれは西表と違います。

今回の演奏は、vo.の斎藤みゆきさんとのデュオ。
ギターソロも挟んで踊れるような曲まで多彩なプログラムにしてみました。
そして後半は打楽器登場で早めのサンバ。
暖かかったこともあって結構汗ばむほど。
聴き手と一緒に楽しめるサンバは楽しい。

IMG_3325.jpg

ダンサー登場
IMG_3326.jpg

IMG_3328.jpg

打楽器隊も加わって
IMG_3334.jpg

IMG_3336.jpg

IMG_3341.jpg

あつらえたようにおさまりのいいエビス。じつはこれ三線のケース。
IMG_3344.jpg

翌日は土曜日でライブ日和なのですが、なかなか都合が合わずに休みにしました。この後演奏が続くのでそのくらいがいいでしょというわけで。

小生は古くからの友人で何事に対しても好事家のI氏のお宅を訪問。
阪急の武庫之荘という駅は初めて降りましたが静かで良さげなところです。
ぽかぽか陽気の午後、南側の窓を開け放して一杯やりながらLPレコードを聞く。最高でっせ。

I氏は小生より若干上の世代、所謂団塊の世代。古くからのジャズの聴き手なので面白いものが色々と出てきます。
中でも面白かったのが1965年のスイングジャーナル。

小生も1971年頃から毎月買っていた時期があって、それよりも古いので内容もとても興味深い。
マイルス、コルトレーンがバリバリの時期、フリージャズが台頭し新しいスタイルがどんどん出てきた時代です。今はもう亡くなった方が多いのですがその当時生きの良かったジャズ評論家連中が勝手なことを言いまくっていて、それがまた読んでいて面白い。
ジャズ喫茶の広告、ライブハウスのライブ情報、オーディオ機器の広告、評論等々。ミニタイムスリップを味あわせていただきました。
楽しい時間は早く過ぎていきます。窓を開け放していたほどの陽気も季節に合わせて日が落ちると寒くなってきます。

夜は今夜お世話になるお家の方々と小宴会の予定。
場所は環状線または阪神の野田駅近辺です。
目指すはたこ焼き屋ですがこの辺りは戦災を免れたところが多く、古い町並みが残っています。
古い長屋が続く街並みは尾道を思い出しました。
昼間は子供らが買いに来るたこ焼き屋ですが、今晩は我々のために貸切になっていました。

こちらへ来てから小春日和の晴天が続いていますが翌朝も良い天気。
今日は兵庫県加東市へ移動してライブ。
大阪駅始発のハイウェイバスに乗って北条というところでコーディネーターのYさんと待ち合わせ。
このYさんという方は昨年11月の加西市のツアーでもお世話になった方ですが音楽に関しては大変なこだわりの人。
特にジャズに関してのこだわりはすごい。
今回初めて自宅を訪問させていただいたのですが、自身のオーディオルームは全盛期のジャズ喫茶でもありえないほどの装備。
巨大な3つのスピーカーやツイーターやらを真空管アンプで鳴らすわけで、しかもスピーカーごとにアンプが独立しているから、真空管が温まるのを待って鳴らしきるまで一時間はかかるそうでこれまたびっくり。

IMG_3346.jpg
メンテナンスも大変でしょうね。
音をぜひ聞いてみたかったのですが会場へ入る時間もあるので次回のお楽しみ。
で、またすごいのがLPレコードの保有量と質。
サイン入りも結構あったけれどぜひ聞いてみたい懐かしい盤が沢山あってこれはあきない。
万に近い数千枚はあるんじゃあないかしら。
ギターコレクションもすごかったのですが切りがないので会場へ。
まあ、次回のお楽しみが増えてよかったというところです。

会場のピンクハウスは郊外のレストランだけあって広いつくり。地元の対バンの方々とも交流します。

IMG_3349.jpg

IMG_3351.jpg

PAの専門家が入っているのでとても演奏しやすい環境でした。これだけ広い会場だとやはりPA専従者が必要です。思い切って演奏することができました。

IMG_3367.jpg

IMG_3377.jpg

IMG_3369.jpg

集合写真
IMG_3385.jpg

デュオの場合は曲想によってはソロ部分をフリーにしてよい場合があるので(他に演奏している人がいないので)、時々そういう展開をしても面白いことがあります。
終了後はYさんに本日の宿泊先の関空まで送ってもらいました。

深夜の関空
IMG_3389.jpg

何から何までお世話になって、いつも思うのですが良い演奏で答えるしかないわけで、旅は楽しいけれど責任もあるなあと。
というわけで今回も楽しい旅を演出してくださった方々、一緒に楽しんでくれたお客さん、ありがとうございました。

ではではは

2014年02月19日

ハノイからルアンパバーンへ・2014.2

旅の記録(日本→ベトナム→ラオス→日本)2014.2.

1.日本からハノイへ

今回の旅は、今の時期乾期でおそらくあまり雨が降らないであろうラオスを訪れるというものだ。
ラオスを選択したのは、何となく国のイメージがわかないから行ってみたいということと、昨年訪れたベトナムと同じように表向きは社会主義体制をとっている国だからというのが主な理由だ。

ラオスへの日本からの直行便はないので、昨年訪れたことのあるハノイを経由することにした。
あの殺風景なノイバイ空港で何時間も待つのは嫌なので、一旦ベトナムへ入国して翌日ラオスへ向かうことにした。

行きも帰りもベトナム航空。
ハノイ行きは空いている。一人で二席取れるから快適だ。しかし機体は古そうだ。サービスも食事もまあまあ。前面のプロジェクターは壊れている。ま、映画は見なければいいだけの話だ。

午前10時に成田を出て約6時間でハノイ、ノイバイ空港着。

IMG_3501.jpg

昨年来ているせいかターミナルビルの屋根の形が懐かしく感じられる。
機内はサービスが行き届いているが、機を出た途端にいきなり無愛想な空間に放り出された印象を受ける。このギャップがすごい。
明日出国してしまうわけだからあまり多くない1000000vndをATMで引き出す(約5000jpy)。

さて、ここからハノイ中心部へどうやって行くかがまず問題。結構距離があるのだ。
選択肢は三つ。
①はタクシー、②は空港専用バス、③は路線バス。
通常だと安い②を使うわけで昨年もそうしたのだが、これがぎゅう詰めのミニバンで、終点のベトナム航空オフィスで降ろされてから群がるバイクタクシー運ちゃんを振り切ってホテルにたどり着くまでえらく苦労した。
③は在住者でない限り無理。
ボラれないようにすれば①が最も楽。要は金額をはじめに決めてしまえばいいのだ。35で交渉。35とは350000vdnのこと。この国では0を三つとらないと買い物できない。約1500jpy。これでとてもごちゃついたホテルの前まで行ってもらえたから正解。

日本が寒かったからもあるのかもしれないが、暑い。
今日は日曜のせいだろうか昨年来た時より車が少なく感じられるし、クラクションの音も少ない。シャッターが閉まった店舗も多いようだ。見覚えのある花市場は今日は休みのようだ。
ホテルはホアン・キェム湖のすぐ近く。繁華街の入り組んだ路地にある。部屋は広くWifiはフリー、
窓もあるし上等々。

IMG_3476.jpg

暑いのでエアコンをつけるが何故か机の上に電熱器が。
もうすでに午後4時頃。だが外の日差しは強い。日本との時差が2時間あるので食事の時間が空いてしまって腹が減っている。
とりあえず何か食べようと外へ。

日曜のホアン・キェム湖周辺はすごい人出だ。

IMG_3483.jpg

IMG_3485.jpg

IMG_3489.jpg

IMG_3486.jpg

北側の大きな交差点前のバインミーの屋台で購入。30000vnd。
湖のほとりで遅いランチ。うまい。

IMG_3481.jpg

IMG_3482.jpg

湖周辺は散策する人たちですごい賑わい。天気も良く温度も高くてとても良い休日なのだろう。
今回はバイク・車の流れを楽に横断できる。スリ対策もできているし。
去年は道には迷うし、道路の横断も命がけ、この辺でスリに財布をすられるし、頭からは流血するし大変だったなあなどと余裕を感じてはいるが、油断は禁物なのだ。

IMG_3478.jpg

IMG_3479.jpg

IMG_3480.jpg

IMG_3491.jpg

IMG_3492.jpg

IMG_3493.jpg

湖周辺を散策して、ビアハノイ2本、30000vndを買ってホテルへ。
ハノイは乗り換えだけで観光する気はない。
ホテルでビールを飲みながらテレビなどを見てみる。
間もなく訪れる旧正月の特集番組だろうか、なかなか良さげな番組をやっている。日本の民放なんかよりずーっと良い。普通にCMもやっているし、いつも思うのだが社会主義国の顔は表にはなかなか出てこない。

日が落ちてくると何だか涼しくなってくる。
机の上の電熱器をつけてみる。快適だ。こういうことなんだ。
暗くなってから夕食をとりに外出。

IMG_3495.jpg

IMG_0403.jpg

選択肢はものすごくあるが、やっぱり大衆食堂が好き。オープンエアの食堂で鶏肉のフォーとビールで65000vnd。

IMG_3496.jpg

いつも感じることだがベトナムの食事は美味しい。味付けが日本人に合うのだろうか。
気になっていたホテルの横の屋台で豚まんと黒糖まんを買って帰った。

IMG_3497.jpg

IMG_3499.jpg

部屋は結構冷えている。冷房なんてとんでもない。
明日は10時頃にはタクシーが迎えに来るはずだ。
繁華街なので外は賑やかそうだが寝てしまう。

2.ハノイからルアンパバーン(ラオス)へ

ホテルの朝食はメニューから選ぶ方式。
またフォーをいただく。これもおいしい。
タクシーでノイバイ空港へ。
ホテル契約タクシーでホテルへ料金を払ってしまうと23で行ってしまった。えらく安い。
午後1時の出発時間までちょっとある。タクシーが安くてvndがあまりそうなので空港4階で生春巻きを食べてみる。さすがに上品な味だしなかないい値段だ。

メニューには「Spring Roll」と書いてある。
IMG_3500.jpg

ノイバイ空港の4階というのが空いていてWifiもつながるし結構穴場だということを発見。帰りはここで夜4時間ほど待たなければいけないので4階を使うかなどと考える。
ノイバイ空港は巨大空港ターミナルを建設中。アジアのハブ空港化したいのだろう。
ベトナムの経済発展の勢いが見て取れる。
ただ、巨大空港にふさわしいサービスを充実させるには時間がかかりそうだ。

IMG_3503.jpg

さて、時間になりバスで沖停めのベトナム航空・ルアンパバーン行きへ向かう。
100人乗り位のプロペラ機。

IMG_3504.jpg

客は小生以外は全員白人。それも中高年。
機体を見て「Oh,my God!」なんて声も聞こえるのだ。
しかしこれがなかなか乗り心地がいい。
陸地の上だけを約1時間飛んでルアンパバーン着。
この機内で初めて入国カードを書いた。

ルアンパバーン国際空港は山に囲まれた新しげで空いていてきれいで小さい空港だ。
歩いてターミナルビルへ向かう。機を出ると強い日差しとすごい暑さ。温度差がすごいとは聞いていたがこれほど暑いとは。

IMG_3506.jpg

IMG_3505.jpg

IMG_3507.jpg

空港内はがらんとしていてのんびりしたムードが漂っている。
日本人の入国審査は早い。
空港内のATMを探しているうちに白人たちはどこかに行ってしまった。
とりあえず500000kipを引き出す(約5000jpy)。0を二つとると円に近くなるのだ。
人が少ない。群がってくる運ちゃんもいない。強烈な真夏の日差し。どこか懐かしいような風景。
とりあえず空港タクシーでホテル近くまで50000kipで。

ホテルはほぼ中心街に位置している。
部屋は狭いのだがベッドがやたら広くてテレビとティッシュがある。ティッシュなんてのはきっと珍しいよ。

メイン通り
IMG_3508.jpg

IMG_3537.jpg

お経がPAを通して流れている。
荷物を降ろして真夏バージョンに着替えて散策へ出かける。
ルアンパバーン中心街はメコン川とナムカーン川に挟まれている。
メインの大通りがあってそこを中心に考えると分かりやすい地理だ。
人、バイク、車が少ない。通りを渡るのも楽勝。
タクシーに代わってトゥクトゥクという一体何人乗せるのかわからない三輪車が近場の公共交通として一般的なようだ。
この国には鉄道というものは存在しない。

トゥクトゥク
IMG_3866.jpg

午後3時頃、日は高いが既にメイン通りではナイトマーケットの準備が始まっているようだ。

IMG_3517.jpg

IMG_3533.jpg

IMG_3534.jpg

IMG_3535.jpg

とにかく腹が減った。のどが渇いた。メコン川沿いのレストランでとりあえずビール。ビアラオだ。
大瓶で10000kip(約100円)という安さ。
これが旨い。
どこで飲んでも土地のビールはうまい。

メコン川
IMG_3511.jpg

IMG_3512.jpg

IMG_3515.jpg

IMG_3513.jpg

茶色いメコン川を見ながらのビールですっかりリラックスしてしまった。
ベトナムのようにうるさく声をかけられることもないし、目線を感じることもない。のんびりした雰囲気だ。
ここでは食事はせず、メイン通り沿いの公園にある屋台村のようなところにあるバインミー屋台でバインミーと生ジュース。
これは種類が豊富で味付けも程よくボリュームたっぷりで安くてうまくて全く言うことなし。
ベトナムのそれより美味しいと見た。

IMG_3518.jpg

カップの中に入っている果物がそのままジュースになるという分りやすさ。
IMG_3520.jpg

IMG_3519.jpg

ナイトフードマーケットの準備も始まっていて、狭い路地ににおいや煙や活気があふれ始めている。
夕食はここにしようかなと思ったりする。

直売所マニアの血を騒がせる食材の屋台
IMG_3521.jpg

IMG_3522.jpg

IMG_3523.jpg

金色を中心とした派手な装飾の寺院が至る所にあり、白人や中国人の観光客が多い観光の街だ。

IMG_3526.jpg

IMG_3525.jpg

IMG_3530.jpg

IMG_3529.jpg

IMG_3531.jpg

24時間営業のATMも何か所もある。
これから奥地の方へ向かうわけでこれからはそうはいかないだろう。
ホテルの隣にツーリストがあるので明日の目的地、ノーンキヤウへのバスの様子を聞いてみる。
ホテルへの迎え込みで75000(約750円)だという。
予想より高かったし、この先ルアンパバーンに戻ってくるまでATMはなさそうなので200000kipを余計引き出す。とは言っても数千円の世界の話で感覚が狂ってくるのだ。

ホテルはまあまあだが、中国人の声がやたらうるさい。いつも集団で行動しているからか中国語のせいなのか、大声でけんか腰に聞こえるのだ。ベトナム語もラオス語も中国語系列なのにこうならないのは何故だろう。

午後6時を過ぎて暗くなってきた。と同時に肌寒くなってくる。昼間の真夏の太陽がうそのようだ。フリースを羽織る。一日の温度差20°というのはこういうことなんだ。
そして外出するとナイトマーケットが始まっている。
メイン通りを歩行者天国にして大がかりなマーケットだ。毎日やっているのだろうか。
衣類、工芸品、乾き物食品あたりが中心となっている。
しつこい売り方はしていない。なんだかすごく気持ちの良い売り方だ。
先があるので、今晩はTシャツを買うにとどめる。

IMG_3539.jpg

IMG_3541.jpg

IMG_3542.jpg

IMG_3543.jpg

IMG_3545.jpg

そして、食品はナイトフードマーケット!!
これが実にすごい。
IMG_3548.jpg

10000kip(約100jpy)バイキング
IMG_3536.jpg

IMG_0420.jpg

IMG_3550.jpg

沖縄と似ているようだがもっと混沌としている。
10000kipバイキングなんておいしそうなんだが混みまくり。
テーブルを用意してあるところは混んでいて、座れたとしても寛いで食べれる雰囲気ではない。
ならば、気になっていた揚げ春巻き屋台で揚げ春巻きとフォーのつけ麺バージョンをお持ち帰りで買う。これとビアラオを買ってホテルの外テーブルで食べようという魂胆だ。
ただ、お持ち帰りが縁日の金魚みたいなビニール袋なのでこれは持って帰っても食べれないなあということでプラケースもお願いしてしまった。
これが正解。

ホテルは中国人団体客は外出中らしくて静かだ。
部屋の外テーブルでゆっくり食事。

IMG_3553.jpg

IMG_3552.jpg

これがとてもおいしい。
猫どもが遊びまくっている。

IMG_3551.jpg

犬もそうだが逃げないのだ。
激安夕食に大満足。
これでゆっくり寝れるかなと思ってベッドに入ったら、外からクラブ的な大音量。
寝れないことはないけれど、あれはいったい何なんだ。
明日は8時30分に迎えが来ることになっているので早く寝てしまおう。

2014年02月21日

ルアンパバーンからノーンキヤウへ・2014.2

3.ルアンパバーンからノーンキヤウへ

2月4日、まだ暗いうちに起きる。
早朝行われる托鉢を見に行くつもりだ。
それにしても寒い。日中の暑さがうそのよう。日中は短パン、Tシャツでちょうどよかったのだ。おそらく今の気温が12度くらいじゃあないだろうか。
ベトナムではこれほどの寒さは感じなかったが、標高が高いせいもあるのだろう。

寒い中をオレンジ色の薄い僧衣をまとったお坊さんたちが一列になって歩いてくる。裸足だ。
年配の人から小学生くらいの子供まで年齢は多彩。
市民は座って待っていて、お坊さんの持っている壺にそれぞれのざるのような入れ物からもち米やら何やらを入れていく。
撮影する観光客多数。
夜がすっかり明けきるまで托鉢は続いた。

IMG_3556.jpg

IMG_3558.jpg

IMG_3559.jpg

IMG_3562.jpg

朝食は付いていないので何か温かいものが食べたいと思っていたら屋台のおかゆ屋さんが目についた。
ゆで卵なんかが入っていてすごく美味しかった。約100円。

IMG_3564.jpg

IMG_3563.jpg

朝市
IMG_3561.jpg

これで8時半に迎えが来て9時のバスに乗れると順調なわけだが、そううまくはいかない。

約束の時間前からホテルの前で待っているが待てど暮せも迎えなど来ない。
昨日チケットを買ったツーリストの兄ちゃんがいたので、どうなっているんだと聞いたらここで待っていてくれと言ったままどこかへ行ってしまう。もう9時になりそう。
このあたり、ベトナムは妙に時間に正確だった。
まあ今日中に着けばいいわけだしと腹を決めて待っていると、客満載のトゥクトゥクがやってきてあんたかと聞く。体を押し込んでこれでいっぱいだろうと思ったら途中で更に白人を二人乗せた。いったい何人乗れるのだろう。
約10分ほどでバスターミナルに着いて昨日買ったチケットを見せてノーンキヤウ行きのミニバスに乗り込む。
12名乗りの乗用車、定員いっぱいになるまで発車しない。

バスターミナルの様子
IMG_3566.jpg

要は時間は適当なのだ。
客がいなければ時間が来ても出ないし、いれば時間前でも出てしまう。
でもひょっとしたらツーリストの兄ちゃんが連絡を取っておいてくれたのかもしれないし、この辺りは結果良しとしよう。

ミニバスは決して乗り心地が良いとは言えないし、道も凸凹、所要時間は約3時間半と長い。小生の他は全員白人の客は我慢。
途中トイレ休憩1回。変哲もない道端に停まって用を足す。女性もそうだから一応隠れやすいポイントを選んで停まっているようだ。しかし体調が悪かったらたまらないだろうなと想像してしまう。幸いにしてそういう客はいないようだ。

トイレ休憩
IMG_3568.jpg

山間の、舗装はされているが所々凸凹道を進み、町やら集落やらを通り過ぎ、唐突に終点のノーンキヤウに着いた。
目の前は岩の壁。

IMG_3569.jpg

ダイナミックな景色の中、一本道がある。そこを行くまでもなく道を渡ったすぐの場所に本日のホテルはあった。バスターミナルとは目と鼻の先だがあとは何もない。おそらく町の中心部は一本道を進んだ先にあるのだろう。

ホテルは独立したコテージ風で一棟に二部屋しかない。
広くて清潔、コーヒーセットもあるしwifiも問題ない。

IMG_3570.jpg

IMG_3571.jpg

食堂がナムウー川に面していて絶景である。
マイトウゼの川版高級バージョンといったところか。
この食堂でビールは絶対に気持ち良いはずだ。

食堂からの景色
IMG_3587.jpg

IMG_3588.jpg

案の定、朝からはイメージできないほどの暑さ。
お昼も過ぎているので早速真夏バージョンに着替えて散策&昼食に出かける。
真夏の一本道を東へ向かって歩く。

IMG_3572.jpg

IMG_3573.jpg

学校
IMG_3574.jpg

車はほとんどいない。時々バイクと自転車。それにもまして道にいるのは、犬、ニワトリ、時々アヒル。人が近づいても逃げない。
民家、商店、建築中の家、学校佇む人々等々。ものすごくのんびりした雰囲気。
昭和30年代の日本の地方都市から電車で1時間くらい行った田舎の風景とでもいおうか。

ゆっくり15分ほど歩くとナムウー川にかかる橋に行きついた。

IMG_3576.jpg

ここは絶景スポットで、この町はこの橋を中心に考えればまず迷うことはない。この近辺に橋はここしかないのだ。
橋の前後は賑やかで、川沿いにゲストハウス多数、食堂や商店もある。ATMは1個あったが使えないやつだ。

川沿いのゲストハウス
IMG_3580.jpg

橋上からの景色は趣がある。
高さはこちらの方がずっとあるけれど、何だか郡上八幡の長良川にかかる橋からの景色を思い起こさせる。
水遊びをしている子供たちがいる。船が行きかっている。
ナムウー川はメコン川と違って普通の緑色の川だ。

IMG_3577.jpg

船着き場方向を臨む。
IMG_3578.jpg

IMG_3585.jpg

昼時も過ぎているので腹が減った。
わりと選択肢はあるが、DEENSというカレー屋さんがあったので入ってみる。インド人がやっているらしい。

IMG_3583.jpg

IMG_3581.jpg

メニューは豊富で安い。
オーソドックスにチキンカレーとナンを頼む。
チキンはいつも家で鍋に入れている骨付きのもので柔らかく煮込んである。関節まで食べられるやつである。
日本で食べるインド人のカレー屋さんより日本的な味がする。
美味しい。
ここまで食事に全くはずれがないのがうれしい。
いつものように関節までみな食べてしまったら日本人はカレーの食べ方が旨いと感心される。

帰りがけに船着き場の様子を見に行く。
チケット売り場と土産物屋、案内小屋みたいな建物が並んでいる。

IMG_3575.jpg

ノーンキヤウは今日、明日と二泊の予定なのでゆっくり過ごすことができる。

ホテルの庭
IMG_3590.jpg

IMG_3591.jpg

ホテルに戻って洗濯などしているうちに夕方になって涼しくなってくる。
日が落ちると冷え込んできて冬バージョンに着替え。
ここはルアンパバーンより標高が高いので更に温度差が激しいようだ。
8時近くなって夕食時、外は真っ暗。これから橋あたりの食堂へ行くのも面倒だなとは思いつつ東へ歩いていくと、何やら足元に灯りがついている。導かれて行くと唐突にこじゃれたレストラン出現。白人男女がワインなんかを飲んでいる。ここじゃあないなと思い、後にする。
ホテルのすぐ隣に商店のような食堂のようなものがあったなと思い出し、試しに行ってみる。

打ちっ放しの土間には家族、親戚、友人、近所の人らしき人々が集まっておしゃべりしたりテレビを見たりしている。

IMG_3592.jpg

食堂の雰囲気はあるので何かできますかと聞いたら、スープならできると言っている。フォーかと聞いたらそうだというのでここに決めた。
で出てきたのがこれ。

IMG_3593.jpg

麺はきしめん状に平たい。フーという。
野菜は、レタスに似た野菜とミント、パクチー、青レモン、唐辛子など。
これを混ぜ合わせて食べる。
美味い。
とても気に入った。ビールも飲んで300円弱。
ベトナムのフォーとほぼ同じだが麺が平たいので食感がこちらのほうがもちもちしている感じだ。
とても優しい味付けで飽きが来ない感じ。
やっぱり大衆食堂が性に合う。
隣がホテルだし、明日の夜もここだな。

2014年02月23日

ノーンキヤウ・2014.2

4. ノーンキヤウ

2月5日、まだ暗いうちに起きる。
ニワトリの鳴き声が朝まだ暗いうちから数か所で響き渡る。
日本の伝統的な「コケコッコー」という表現はうなずけるが、聞いているうちに「ホットコーヒー!!」と聞こえ出す。
一旦聞こえ出してしまうとこれほどはまる表現はないのではないかと思う。
甲高い子供のような声で「ホットコーヒー!!!」と叫んでいる奴までいる。
早朝は真冬の寒さ、あたり一面霧が立ち込め、ウー川にも霧がかかっている。
これでほんとに昼間は真夏のようになるのだろうかと心配させる気温と天気。

IMG_3596.jpg

IMG_3599.jpg

朝食は川沿いの食堂でパン、卵、フルーツとコーヒーの質素なもの。

IMG_3598.jpg

ちょっと肌寒いがGパンに半袖で朝の散歩に出てみる。日が昇って霧が晴れてくると温度が上昇してくる。

ホテル前の寒そうな風景
IMG_3600.jpg

日が昇ってくると春めいてくる。
IMG_3602.jpg

橋からの朝の景色がなかなか良い。
IMG_3603.jpg

この橋から約2.5km程のところにあるタム・パトゥーク洞窟へ行ってみようと思う。
段々暖かくなってきた。
もっと暑くなってから行こうと一旦ホテルへ戻る。

案の定10時半を過ぎたあたりから夏っぽくなってきた。もう短パンTシャツでOKなのだ。
レンタサイクルもあったけれど、たぶん歩いて1時間かからないはずだし時間もあるわけだからと徒歩。

学校の隣の商店、子供たち御用達のようだ。
IMG_3607.jpg

船着き場方向から橋を見る。
IMG_3608.jpg

色々なところで見られる干し草
IMG_3609.jpg

橋を渡って一本道を歩く。既に天気は真夏。

IMG_3605.jpg

橋の周りの集落を離れると時々民家、製材所、商店のようなものが点在する。
学校帰りの子供たちが自転車で追い越していく。時々自転車の白人観光客とすれ違う。歩いている人はいないなあ。

IMG_3610.jpg

段々景色がダイナミックになってくる。ほぼ垂直のような岩山が周りにそびえ立ちはじめる。
クライミング好きの人達はこういう岩壁を見たら上りたくなるのだろうか。
でも30階建てのビルくらいの高さがあるように思うんだけれど。

IMG_3611.jpg

IMG_3613.jpg

その岩山で一際目立っている山の麓にタム・パトゥーク洞窟の入り口があった。

IMG_3614.jpg

小川に木が渡してあってー橋だなー橋の入り口で少年たちがカードをしている。
入場料5000kip(約50円)、彼らはコブラドール(料金集金人)なのだ。

IMG_3616.jpg

IMG_3615.jpg

橋を渡って洞窟へ。
目の前にそびえ立つ岩山を見上げる。

IMG_3617.jpg

IMG_3618.jpg

ほぼ垂直、てっぺんの方はこちらに反り返っている。
これでも上りたくなる人はいるのだろうか。
見上げていると首が痛くなる。

かなり急な階段を上って洞窟へ入る。

IMG_3620.jpg

ひんやりしている。
灯りも何もないので真っ暗だ。
目が慣れてくると少しは分かるが、奥の方は灯りがないと無理そうだし普通の穴だ。

IMG_3623.jpg

IMG_3625.jpg

洞窟を後にして来た道をゆっくり戻る。

IMG_3627.jpg

IMG_3628.jpg

まだ真夏の暑さ。
昼を過ぎていたので橋のたもとにあるレストランで昼食。
ラープとビール。
ラープはひき肉ともやしとかパクチーとかその他の野菜を香辛料と一緒に炒めたものでラオスの名物料理。

IMG_3630.jpg

これが出てくるとどうしてもご飯に乗せて食べたくなる。
相性はばっちり。

IMG_3631.jpg

ラープ40000、ビール10000、ご飯5000kipでしめて約550円。

帰りがけに船着き場へ寄って明日のムアンゴイ行きの船の時間と料金をチェックする。
11時発25000kipとのこと。
ここで手持ちの現金が気になってくる。船賃とバス代は確保して、そうすると残りはいくらでムアンゴイではいくらに抑えなければという考えが頭をよぎるが、まだドルも持っているし、こんなことを考えるのはあほらしいと開き直る。

午後も4時くらいになると徐々に涼しくなってくる。
初秋のような風の吹くまことに気持ちの良い時間帯だ。
ビールを飲みながらテラスで読書なんてぇのが似合う時間だ。

IMG_3633.jpg

庭で子供らが遊んでいる。子守をしながらというのがいい。
IMG_3634.jpg

乾期で乾いているので昼の真夏の気候でも木陰に入ると涼しい。
だから日が傾いてくると尚更さわやかな気候になる。
で、夜になると冬。

夕食は迷わず隣の食堂へ。
相変わらず、家族、親せき、ご近所ゆんたく状態。

IMG_3637.jpg

できるものは一種類しかないので話は早い。
ビールを頼んだらおやじさんがバイクに乗って買いに行った。
昨夜と同じ鶏肉入りフーは、ほんのりスーラータンスープのような酸味も感じられてすごく美味しい。
野菜(レタス、パクチー、ミント、青レモン等)の生きが良いというのもあるかもしれないが昨夜よりもさらに美味しく感じられた。

IMG_3636.jpg

お店の外観はこんな感じ。
IMG_3638.jpg

ビールもいれて約300円。
大満足。

明日は早めに船着き場に着くことにしよう。


2014年02月26日

ノーンキヤウからムアンゴイへ

5. ノーンキヤウからムアンゴイへ

2月6日、今朝も「ホットコーヒー!!!」の絶叫、連呼で目が覚める。
何だか昨日より暖かく感じられが霧が濃い。

IMG_3639.jpg

今日は最終目的地のムアンゴイ村へ船で向かうことになっている。
昨日チェックしておいた11時発の1時間前に着いておくことが安全策だ。
人数が集まったら時間前でも出てしまうらしいから。
昨夜は節約しようかとも思ったがドルを行った先のホテルで両替すればなんてことはないと。
こんな時はホテルの決済を予め日本でカード決済しておくことのありがたみがわかる。

思ったより早く船着き場に着いた。

IMG_3640.jpg

この船で行く。
IMG_3641.jpg

船着き場から橋を見る。
IMG_3642.jpg

船賃は25000kip、徐々に人が集まり始めた。
11時近くなると既に真夏の日差しになっている。
しかし遮るもののない船の上なのでTシャツの上にウインドブレーカーを羽織る準備をしておく。
出発前にラオス式トイレ、2000kipなり。
最初にルアンパバーン行きの船が出て次にムアンゴイ行きの船が出る。
2艘づつで行くようだ。沈没した時の対策か。
ここも注意していないと乗りそびれてしまう。

11時過ぎに出た船はウー川をさかのぼる。
客は地元の人が2~3人にあとは白人観光客。バックパッカーと中高年夫婦。やっぱりフランス人が多いようだ。
真夏の日差しだが川の上。ウインドブレーカーは正解だった。
西表島の浦内川クルーズのような感じ。
でも船は西表のそれよりぼろい。
野生の水牛があちらこちらにいる。東南アジアの景色なんだな。

IMG_3647.jpg

IMG_3650.jpg

ウー川は全体的に穏やかな流れだが所々急流ポイントがある。
慣れた船頭は難なく急流をさかのぼる。素人だったらたちまち座礁、転覆だろう。
スリルを楽しむフランス人から喝さいが飛ぶ。

IMG_3649.jpg

川の景色は楽しい。
舟で仕事をする地元の人とか、おそらく川海苔を採っている人とか水遊びをする子供とか、時々集落が現れる。

IMG_3644.jpg

IMG_3651.jpg

IMG_3654.jpg

IMG_3653.jpg

ムアンゴイ村はこの船でしか行けないということだ。
ムアンゴイ村の手前で地元の青年が一人飛び降りていったから他にもそのような集落があるということなのだろう。
出航して1時間10分位か。
ムアンゴイ村に到着する。

IMG_3655.jpg

ムアンゴイ村は川沿いにゲストハウスが並んでいるので分りやすい。
桟橋というものはない。
階段に濡れないようにうまく飛び移る。

IMG_3657.jpg

暑い。
階段を上がっていくと川に沿った一本道があってこれがメイン通りのようだ。

IMG_3661.jpg

IMG_3663.jpg

IMG_3671.jpg

IMG_3672.jpg

未舗装の通りは約400mくらいだろうか、車はいない。
人、人、ニワトリ、ニワトリ、ニワトリ、ニワトリ、人、犬、犬、犬、アヒル、人、ニワトリ、ニワトリ、アヒル、アヒル、人、犬、犬といった感じだ。

IMG_3674.jpg

IMG_3675.jpg

IMG_3673.jpg

IMG_3676.jpg

通りの両側に商店、食堂、ゲストハウスが並んでいる。
この雰囲気、鳩間島によく似ている。
しかし鳩間と違って現金を使うところが多そうだ。
ここは島サバで歩くのが正解。

本日の宿、LERTOKEO SUNSET GUESTHOUSEは独立した5棟5部屋しか部屋はなく、しかも村で唯一のRC造りのゲストハウスなのだ。
メイン通りのほぼ南端に位置している
ただ、船から降りた段階でホテルへ勧誘する人がいたから予約なしでも空いていればどこかへもぐりこめそうだ。
ホテルは1棟ごとに独立していて24時間電気も使えるし温水シャワーもある。ウー川に面してテラスが付いていてこれは相当に快適そうだ。
おかみさんだろうか、英語もしゃべれるし面倒見もよさそうだ。ドルの両替もできるとのこと。当面は安心。

IMG_3658.jpg

テラス
IMG_3660.jpg

荷物を置いて真夏バージョンに着替えて散策に行く、とは言ってもメイン通りは約400m位ですぐ終わってしまう。西側が川だから、東に向かっていく道が何本かある。
ホテルに近い東側は学校があった。校庭と民地との境はなさそうだ。

IMG_3677.jpg

もう昼過ぎ。早朝にパンを食べたきりで腹が減っている。食堂の選択肢は意外に多い。観光客が多いのだろう。英語のメニュー表示もある。ま、村の人は外食はしないだろうな。

川沿いの食堂に入ってみる。何でもある感じだ。値段も安い。
IMG_3664.jpg

IMG_3665.jpg

IMG_3666.jpg

野菜カレーにスチームライス
IMG_3668.jpg

野菜カレー10000kip、ご飯5000kip、ビール10000kipで約250jpyは安い。
味はそこそこで不満はない。
景色が良いし気が置けない雰囲気でここを利用するかな。

村の中の地理はすぐに把握できてしまったので、ビールを買ってホテルのテラスで読書。
とにかく暑い。日差しは八重山のそれだ。上半身裸になって日光浴。
目の前にそびえる山の向こうに日が落ちるまでは暑いはずだ。
その後は秋から冬になる。

5時前に日が隠れると涼しくなってきた。
ホテルの中庭に畑というか家庭菜園がある。
見ると見覚えのある葉の形状、実の付き方をしている。
ミント、パクチー、キューリ、菜花、ねぎ、ミニトマト、なす、レタス・・・・・・・。

IMG_3681.jpg

IMG_3682.jpg

IMG_3683.jpg

IMG_3684.jpg

テラスから見える、パパイヤと島バナナの木
IMG_3685.jpg

手入れをしていたおばあが大きくなりすぎたきゅうりを食べろと皮をむいてくれた。
ラオス語しか喋れないので何を言っているかわからないが何となく意思疎通はできる。
美味しくいただきました。

IMG_3689.jpg

涼しくなった村を散策。
メイン通りを北に向かって5分も歩くと道は終わってしまいその突き当りにお寺がある。
これは大変立派なお寺で、こんな田舎にそぐわないと言ったら怒られてしまうか、とにかく立派なものだ。住職のような年配のお坊さんが一人いて、あとは青年から少年まで、お坊さんの人数もそれなりにいる。
中を見学させてもらった。

IMG_3696.jpg

IMG_3702.jpg

IMG_3701.jpg

IMG_3697.jpg

IMG_3703.jpg

IMG_3704.jpg

IMG_3705.jpg

夕方のメイン通り。
IMG_3706.jpg

網干し。鳩間の追い込み漁の投げ網に似ている。
IMG_3690.jpg

機織り
IMG_3691.jpg

露店肉屋。歩き回っているニワトリもこのような姿に。
IMG_3693.jpg

夕方の民家
IMG_3694.jpg

IMG_3695.jpg

夕方、放牧していた水牛の帰還だろうか。
IMG_3686.jpg

IMG_3687.jpg

IMG_3688.jpg

夜になって冬になる。
昼間と同じ食堂へ。
フランス人が何やら読み上げている。
ラープ、春巻き等で夕食を済ませ、帰って洗濯をしてそのまま寝ようかと思ったが何だか物足りない。
ちょっと飲みにでも行くかと外へ出てみる。
あまり人はいない。
開いている店もあるが音楽がうるさかったり趣味に合わなかったりする。
結局ビールを買って部屋のテラスで飲む。

月明かりだけの静寂を楽しむ。
これが大正解。
両隣の客人も物静かな白人なので良い環境だ。

明日は東側にのびる道を洞窟まで行ってみるか。

2014年02月28日

ムアンゴイ・2014.2

6. ムアンゴイ

2月7日、今朝も「ホットコーヒー!!!」の連呼だ。
土地が変わっても聞こえ方は同じ。日本へ帰って聞いたらどうなるのか。
やはり朝は寒くて霧がかかっている。

IMG_3711.jpg

パンとコーヒーのみの質素な朝食を済ませて庭へ出ると、ホテルのおじさんだろうか、たき火をしている。

IMG_3710.jpg

朝は寒いのでたき火に当たる。
そのうちに川で獲れた魚だろうか結構大きいのを焼きだした。

IMG_3712.jpg

IMG_3714.jpg

IMG_3723.jpg

木に挟んで器用に焼いている。面白そうなので見ているとおじさんはどこかへ行ってしまった。
しょうがないので火の番などをしているうちにまた戻ってきて魚醤を塗りだした。

IMG_3715.jpg

魚醤は壺から出す。
IMG_3726.jpg

何だか二人で魚を焼いているような雰囲気になっているうちにテーブルを出して来て、いい感じに魚が焼けてきたあたりで村のお歴々が登場。
魚をあてに一杯やろうということらしい。
お前も入れということでご相伴にあずかることにした。

まだちょっと緊張気味。
IMG_3722.jpg

IMG_3721.jpg

昨晩食堂で少し飲んだラオラオという米焼酎を飲む。
まだ朝の10時頃だ。
各自小さいグラスを渡されて年長者だろうか、注ぐ人は決まっていてみなに注いで乾杯した後は飲み干さなければいけないルールらしい。
これを間段なく繰り返していたら15分でぶっ倒れてしまいそうだが、そこは水やお茶を飲んだり食べたりおしゃべりをしたりで、注ぐ間隔は結構あくわけで何とかなる。

今までに覚えたラオス語は2つ。「サバイディー」(こんにちは)、「コプチャウ」(ありがとう)だが今朝「トプチョウ」(乾杯)が加わった。
こちらも「かんぱい」などと教えたりする。
そのうちメンバーが増え6名ほどになる。

IMG_3728.jpg

英語のできる人が少しいて意思疎通はできる。
例えば、「ビアラオを飲むと↓だけどラオラオを飲むと↑だ。おかげで俺は子供が7人いる。お前も飲め飲め。」などのばか話。

今度は魚の頭だけを焼きだした。
魚醤とにんにくを入念にすりこんでいる。

IMG_3731.jpg

IMG_3717.jpg

菜園の野菜を摘んできて生で食べる。
レタスのような大きい葉物にねぎだのにらだのパクチーだの包み込んで魚醤あるいは味噌のようなものに浸けて食べる。
魚も包んで見たりする。
何故か日本製の「わさび」のチューブを出して来てびゅーっとものすごい量を魚醤に入れたりしている。
どうもみんな練りワサビが好きらしい。辛くないのかよと思ったら案の定辛い。

IMG_3732.jpg

アルファルファのような小さな葉物を食べろというから食べた。

IMG_3733.jpg

すーっぱい、という顔をしたらみな面白がっている。
これは外人に梅干を食わせる逆バージョンだな。
しかしこれを他の野菜と魚を包んで食べると美味いのだ。
骨なんかの食べかすはその辺を歩いている犬のエサだ。犬も心得ているらしくて待っている。こういうリサイクルもあるわけだ。そういえば鳩間島ではカニのエサになっていたな。

IMG_3729.jpg

ラオラオは大きな瓶から三合瓶のような瓶に小分けして注ぎやすくする。シマ酒と同じ流儀だ。
段々盛り上がってきて気温も真夏になってきた。

どこかの子供
IMG_3725.jpg

家の中からパワードスピーカーを出して来てラオスの歌謡曲を大音量で流し始めた。
途中、ノーンキヤウまで帰る人がいた。船はあるのかと聞いたら、どうもプライベートなバスがあるらしい。陸路もあるらしいのだ。

昼を過ぎていい加減みな出来上がってきてそろそろお開きかな、昼寝できるなと思っていたら、昼寝なんか駄目だよ、これから皆でどこかへ行くからお前も来いということになってしまった。

とりあえず集合写真
IMG_3735.jpg

IMG_3736.jpg

メイン通りを流す酔っぱらいのおじさんたち。

IMG_3755.jpg

途中、子供に絡まれたりー村の子供は人懐っこいー何故か子供の勉強を見たりしながら船着場方向へのんびり歩く。

勉強を見ている。
IMG_3738.jpg

IMG_3740.jpg

IMG_3741.jpg

IMG_3743.jpg

IMG_3751.jpg

IMG_3753.jpg

IMG_3748.jpg

IMG_3754.jpg

右に曲がったら大きな家がありここでは更に大規模な宴会の最中。

IMG_3756.jpg

庭の手前に大きいテーブルがセットされ飲み食いしている。

IMG_3757.jpg

奥の方は女性陣が固まって肉をさばいたりしている。

IMG_3762.jpg

肉をさばく。
IMG_3767.jpg

IMG_3779.jpg

ここは店なのか民家なのか。
店で宴会をしているということらしい。
6~70人はいそうだ。

ここへ参入。新たなメンバーも加わってまたまた始まるラオラオによる「トプチョウ」(乾杯)。

IMG_3764.jpg

乾杯の準備
IMG_3787.jpg

しかしこんなに朝から飲んでいていいのかと余計な心配もしてしまう。
ここで出てくるあては、庭の野菜ではなく菜花のスープとか川海苔そしてもち米。

IMG_3763.jpg

川海苔
IMG_3780.jpg

またまたパワードスピーカーを出して来て大音量でラオスの歌謡曲。
こういうのが好きなんだ。

IMG_3766.jpg

人々
IMG_3770.jpg

IMG_3769.jpg

IMG_3772.jpg

IMG_3773.jpg

IMG_3768.jpg

IMG_3771.jpg

IMG_3781.jpg

IMG_3782.jpg

途中中国人の女性観光客(単独は珍しい。)なんかも加わる。

IMG_3804.jpg

奥の方の女性陣は鼻歌なんかを唄いながら実に楽しそうに作業をしている。

覗かせてもらった。
肉をつぶしてひき肉を作っているらしい。

IMG_3777.jpg

IMG_3778.jpg

IMG_3793.jpg

IMG_3792.jpg

一段落。
IMG_3806.jpg

厨房の中は広い。

IMG_3809.jpg

煮炊きは薪を使ったかまどでしている。

IMG_3810.jpg

見ているうちにやることになった。
たらい一杯のひき肉をすりこぎで更に細かくつぶす作業。
コツをつかめば割と簡単

IMG_3811.jpg

IMG_3814.jpg

酔った勢いで掃除までしてしまった。
男性はあまり厨房には入らないようだ。

IMG_3816.jpg

IMG_3817.jpg

IMG_3818.jpg

IMG_3819.jpg

ビールやるかい?
IMG_3821.jpg

ラオス式トイレ
IMG_3803.jpg

人々
IMG_3822.jpg

IMG_3825.jpg

IMG_3826.jpg

IMG_3827.jpg

IMG_3829.jpg

IMG_3830.jpg

なんやかんやで気が付いたらもう5時頃だ。

お開き
IMG_3805.jpg

メンバーも三々五々引きあげたようだし、最後の方はあまり記憶がない。
船でしか行けない小さい集落、メイン通り一本、朝からの地元飲み会、ラオス語の分らなさは鳩間語と同じだから鳩間島と同じ状況なのだ。

夕方のメイン通り
IMG_3833.jpg

IMG_3834.jpg

今日は洞窟へ行ってみようとかテラスで読書とか考えていたが、宴会で一日が終わった。

夜になってから性懲りもなく、また昨日の食堂へ行ってビールと春巻き。

どこかで転んだのかお尻に擦り傷。
もう夜の記憶は飛び飛び。

思うに、この閉鎖的な環境でよそ者、しかも外国人でラオス語は喋れない人間を簡単に受け入れて、他の宴会まで連れて行ってしまうというおおらかさはすごい。

おかげで楽しい一日だった。

2014年03月09日

ルアンパバーンからハノイ経由日本へ・2014.2

8. ルアンパバーンからハノイ経由日本へ

2月9日
今日は帰国の日。
ルアンパバーン発が19時25分と遅いので、チェックアウト後も荷物をおいたまま17時半ごろまでゆっくり散策するつもりだ。
例によって朝は寒い。
でも早起きなのでまた托鉢を見ようと思って、まだ暗いうちから外出。

早朝の寺院
IMG_3854.jpg

このホテルの前が托鉢のコースになっている。
前回の時より撮影する観光客が少なく感じられる。
この寒い時間帯にこの衣装は修業とはいえ大変だろう。
日中はちょうど良いかも。

IMG_3857.jpg

IMG_3861.jpg

IMG_3860.jpg

IMG_3863.jpg

IMG_3865.jpg

朝食は前に行ってとてもおいしかったおかゆの屋台へ行く。
やっていた。よかった。
今朝は揚げパン(1個約10jpy)も食べてみる。
相変わらずおいしい。

IMG_3867.jpg

IMG_3868.jpg

シャワーを浴びてから散策に出かける。
まずは朝市を見て、真夏の暑さになる前に街の全部が見渡せる寺院に登ることにする。

朝の市場はとてもたくさんの店が出ていて活気があって楽しい。
沖縄の農連市場の雰囲気に似ている。
野菜、肉、魚、もち米、雑貨等々何でもありそう。
直売所マニアの小生には全く退屈しない場所だ。

IMG_3869.jpg

IMG_3870.jpg

IMG_3871.jpg

IMG_3874.jpg

IMG_3876.jpg

これは仏様へのお供え物
IMG_3875.jpg

中にはなんでこんなものを売っているのかわからない店も。
IMG_3873.jpg

メイン通り屋台村から階段を上がって更に登って行く丘、Phousi Hillへ登ってみる。
IMG_3877.jpg

頂上にはお寺があり、ここからルアンパバーンの全景が見渡せる。遠くに山々も臨める。

IMG_3881.jpg

なかなかの絶景ポイントだ。
メコン川、カーン川に挟まれた街だということが良く分かる。

メコン川
IMG_3878.jpg

カーン川
IMG_3879.jpg

IMG_3880.jpg

IMG_3882.jpg

下に降りると真夏の太陽。
上から見たメコン川、カーン川との合流地点、即ち旧市街地の一番外れに行ってみる。

合流地点
IMG_3901.jpg

IMG_3902.jpg

茶色いメコン川と緑色のカーン川が合流している辺り、カーン川にとても粗末な木の橋がかかっている。

IMG_3887.jpg

IMG_3900.jpg

有料らしいが増水したら一発で流されてしまいそうな代物だ。
地図を見ると乾期オンリー、つまり今の時期だけということらしい。
ということは雨期になって増水したら流されてしまってまた毎年作るのか??
この川を渡らないと空港へ行けないのでちゃんとした橋はちょっと上流にある。
メコン川にかかる橋はなく、対岸へは渡し船だ。
木造船だが、車を乗せられるフェリー的なものもある。

IMG_3883.jpg

寺院
IMG_3892.jpg

IMG_3893.jpg

IMG_3895.jpg

IMG_3897.jpg

IMG_3898.jpg

ブラジル的ー西洋風ーな街並み
IMG_3890.jpg

IMG_3891.jpg

IMG_3885.jpg

これはたぶん洗濯した僧衣を干しているのだろう。
IMG_3903.jpg

リバービューの高級そうなレストランの芝の庭でお掃除ロボットならぬ芝刈りロボットが動いていた。

午後ホテルへ戻ってコーヒーなど飲んでいるうちに、5時に頼んだお迎えのトゥクトゥクが随分前にやってくる。
この国に来て時間前に来る交通機関は初めてだ。
空港まで50000kip。行きのタクシーと同じ料金だった。

日が傾いてきて秋の気候になってくる。重ね着を準備する。
今日の空港は客が多いような気がする。
だからかもしれないが、行きと違って今日はジェット機。
「I love Laos!!」と言って空港職員と抱き合っている白人がいたりする。
気持ちはわかる。
きっと楽しい経験をしたのだろう。
ここまで日本人と会うこともなく、日本語を聞いたこともなかった。

夕暮れのルアンパバーン国際空港
IMG_3907.jpg

ジェット機
IMG_3908.jpg

1時間ほどでハノイ・ノイバイ空港着。
機から降りると・・・・・・・寒い!!!
トランジットの客はほとんどいない。
今日のハノイの係官の女性は美人で感じが良い。
0時半頃の成田行きだから、ここで4時間ほど過ごさねばならない。

退屈な時間。

IMG_3909.jpg

4階でネットや読書をしたりして過ごす。
ここは空いていていいのだが寒い。
適当な時間に搭乗口のある3階へ降りていくと嘘のようにごった返している。
搭乗が立て込んでいるらしい。
日本人団体観光客の日本語がわーっと聞こえてくると何だかがっかりしてしまう。
この空港の搭乗案内の訳の分らなさも相変わらずで、気をつけていないと逃しそうだ。
今夜は中部空港行きと成田空港行きがほぼ同じ時間帯にあるらしく、しかも遅れているらしくややこしい。
遅れているとのアナウンスなどはない。

ベトナム航空、約5時間半のフライトで成田空港着は2月10日朝。
これが1日早かったら大雪で道路も閉鎖、電車もストップで成田空港で足止めだったということだ。
運が良かった。

ラオスという国は行くまでは全く印象がわかない国だった。
実際に行ってみて特に産業といった産業はない農業国で、観光が重要な産業である印象を受けた。
経済的には貧しい印象だが、人々はのんびりしていて人なつっこくて優しかった。
隣国ベトナムの経済的活況、それを下支えする人々の経済的積極性とは対極にあるように思えた。
社会主義体制だがそれが表立って出てくることはないし、体制にかかわらず仏教に対して信仰の厚い国でもある。

今回、ルアンパバーンからノーンキヤウ、最終目的地のムアンゴイまで行って帰ってきたわけだが、一番印象に残っていることと言えば、何といってもムアンゴイ村での宴会の一日だ。

よそ者しかも外国人を暖かく迎え入れてくれた村人達の度量の広さには恐れ入るし、優しさには感謝だ。

あの一日を境にラオスという国に対する印象が大きく変わった。

それは民族とか体制とか経済とか宗教とかではなく人間に対する印象だ。
もしも民族とか体制とか経済とか宗教の違いで国がぶつかり合うことがあるとすれば、直接にぶつかり合わなければならないのはこういう人達とだ。
それはいやだ。
難しい形而上的な対立も最終的にはこういう生の感情に直面して簡単な答えが出る。
しかしこの答えは重要だと思う。
民族、体制、歴史、経済とか宗教は事前に勉強できても、実際に行ってみて分ったことは人だった。

何だかムアンゴイ村での宴会を最終目的として行ったみたいになってしまった。
してみると、日本→ルアンパバーン→ノーンキヤウ→ムアンゴイの道程は東京→那覇→石垣→鳩間とよく似ている。
しかも最後は船でしか行けない。
というわけで、思わぬところに思わぬ出会いがあった今回の旅だった。
ラオスがとても好きになった。

2014年03月18日

松田の桜

先週、静岡へ演奏へ行ってきました。

翌日は、夜茅ヶ崎で演奏なので、夕方の入りの時間まで暇な時間ができました。
小生以外のメンバーは沼津あたりでお昼を食べるという予定にしたらしいのですが、小生は沼津から御殿場線を経由して行ってみることにしました。

御殿場線というとこの季節、梅というイメージがあってどこかで見れればいいなという感じで。

御殿場駅はJR東海とJR東日本の境界の駅で、またがってsuicaを使うと精算が面倒くさそうなので昼食がてら一旦降りてみます。
楽器も持っているし徒歩なのでそう遠出はできず、眼前にそびえる富士山を楽しむくらいでした。

IMG_3940.jpg

で、ここから松田駅まで行けば確か小田急に乗り換えられるはずで、厚木か海老名まで行って相模線で茅ヶ崎へ行こうという気になりました。

時間があるときの適当な旅感覚はとても楽しい。
日本の交通網は発達しているし正確だし、海外だったらとてもこうはいかない。
あまり考えず気の向くままにぶらぶらできます。
とても天気が良くて暖かい。

再び御殿場線に乗って松田駅に降りると正面に見える山がピンク色に染まっている。
梅かなと思ったら「松田さくら祭り」と看板が出ていて結構人も出ている。

少々早いけれど桜なんですね。

幸いにして駅前からシャトルバスが出ていたので山の上まではこれを利用。
山頂付近からは富士山やら相模湾等が一望できます。

IMG_3942.jpg

うっすらと見えるのは伊豆大島だろう。
IMG_3949.jpg

IMG_3955.jpg

IMG_3944.jpg

IMG_3951.jpg

IMG_3960.jpg

結構起伏の多い園内でこれが大人の交通手段としても機能しているらしい。大人の方がいっぱい乗っている。
IMG_3945.jpg

去っていく姿にも趣がある。
IMG_3946.jpg

桜のピンクと菜の花の黄色と青空のコントラストがとてもきれいでした。

IMG_3952.jpg

IMG_3954.jpg

IMG_3957.jpg

IMG_3958.jpg

IMG_3959.jpg

帰りは下り坂なので徒歩で小田急の新松田駅まで。
途中猿回しなんかも出ていたりしてなかなか楽しい。

IMG_3961.jpg

竹馬ごとジャンプしているのだが足しか撮れなかった。
IMG_3962.jpg

IMG_3965.jpg

得意になっている。
IMG_3964.jpg

厚木からは一時間に3本程の相模線でちょうど良い時間に茅ヶ崎着。
楽しい小旅行でした。

余談

春の選抜甲子園に小生の卒業した都立小山台高校が出場することになりました。
21世紀枠で。
もちろん初出場。
都立は選抜で初めてらしいですね。
1日目の第三試合、すなわち今週の金曜日。
楽しみです。

2014年04月24日

出発前

明日は毎年恒例になっている沖縄への演奏に出発します。
ということは、ブラジル旅行へ行ってからもう一年たつわけです。
何だか早い。

鳩間島音楽祭出演も今年で12回目。
出演するメンバーも移り変わりはあるけれども、基本的な部分は一緒です。
本土から行くメンバーも、昔はまとまって行ったりして、それはそれで楽しいこともあったけれど、回数を重ねるうちに慣れてばらけるようになりました。
ま、それが自然な姿なんでしょう。

鳩間島は昨年の9月に欠航で渡ることができなかったので去年の音楽祭から1年ぶりです。
島の友人たちも自分も年齢を重ね、まだ付き合いが続いていることはとても楽しいことです。
島には現在、商店がないので自炊材料をどうするかなんてのも考えなければいけないのですがー実際に以前は食材を予め送っていましたー今は石垣で適当に買って持ち込むだけです。
何だか段々力が抜けて、適当さが増してきているような感じです。
今年も石垣へ行ってから考えよう。

この力の抜け具合と裏腹に、毎年沖縄へ行く前に完成させるルーフバルコニーの家庭菜園は手抜きできないので大変です。
天候や風が塩梅の良い状況でないとできないし、1日に終える手順が自然と決まってくるので完成まで3、4日はかかります。
しかしうまくできたもので作業を終えた頃は、そろそろ半袖もありかという気候になっていて沖縄の気候にも順応できます。

今年はチューリップが咲いていた施工前の状態
IMG_3988.jpg

施工後
IMG_3996.jpg

今年も出発前日に9割方の作業終了。
出かけることにしましょう。

2014年05月21日

2014ぶた丸

今年も「豚の丸焼きとサンバの宴」が開催されました。
通称「ぶた丸」。

このイベントも相当に開催数を重ねています。
小生達がバンドで参加することになってから十数年は経っていると思われますが、正確なところは忘れてしまいました。

いつものように新宿駅前に午前8時集合。
バスで群馬県片品村へ。

バスの御一行表示はどこのP.A.でも注目される。
IMG_4213.jpg

今年は開催が例年に比べて約一か月早いのが特別。
梅雨入りしていないので天気は比較的良く、この週末二日間は好天との予報が出ていました。
この時期にしては珍しく、朝自宅から富士山も見えました。
これはラッキーと思ったのは甘かった。

現地先乗り部隊からは、こちらはとても寒くてストーブを焚いてこたつも出しているとのこと。
この季節になってしまうとあまりイメージできないのですが、一応の防寒の用意はしておきました。

確かに到着してみると、寒い。
天気は曇りがちではあるものの雨は降ってはいません。
しかし温度が真冬並みに低く、たぶん7~8°くらいじゃないでしょうか、北風が強いので体感温度はさらに下がります。
セーターにダウンでちょうど良いくらい。
今まで雨に降られたことは何回もあったけれどここまで寒いというのはあまりなかった。
というよりは東京が暑いので温度差が激しすぎてイメージできないという感じ。
温度差といえばラオスの一日の寒暖差が約20度というのもありました。
これをイメージすればよかったのかな。

まあ雨が降っていないだけ良しとしましょう。
今回のように防寒具を色々持って来られる点では車組が有利だったかも。
何はともあれ開催宣言から、うどん→バンド→ピザ→バンド→豚→サンラータン→おでん→時々温泉→一泊→時々温泉→民宿→朝食→トン汁と、さすがに年季の入った運営、つつがなく進んでいきます。

IMG_4214.jpg

民宿近辺
IMG_4215.jpg

IMG_4232.jpg

この時期八重桜満開
IMG_4231.jpg

まずうどん
IMG_4217.jpg

開会
IMG_4219.jpg

タルタルーガの演奏
IMG_4220.jpg

IMG_4222.jpg

次はピザ。これはピザ窯
IMG_4230.jpg

何かいい感じだ。
IMG_4218.jpg

今回は、Ita e Kazu
IMG_4223.jpg

IMG_4228.jpg

ぶたの配給が始まった。
IMG_4233.jpg

この間に参加者各人自慢の一品などというものも多数披露され、楽しくも勉強になります。
ただあまりに寒くて夜になったらさらに冷えるだろうと予想されたため、スケジュールは前倒しに進んでいきました。

明るい時間帯にサンラータンスープを食べたのは初めてでしたし、ビニールハウスが北風を防いでくれるおでん屋はいつにも増して早い時間から満員。

白日の下のサンラータン
IMG_4235.jpg

おでん屋
IMG_4236.jpg

IMG_4238.jpg

夜の飛び入り演芸大会はあまりの寒さに希望者現れず。
温泉で体を温めてその勢いで飲むといった感じでしょうか。
早い時間帯から盛り上がっていたので、その分終わりも早めで良く寝れるというのは翌日に影響を残さない良い傾向です。
夜になって更に厳寒かと思われましたが、どうも風向きが変わってきたようで昼間ほど寒くはない。
風も弱くなってきたような気がします。

翌日は良い天気。
風もそう強くはない。

IMG_4252.jpg

IMG_4253.jpg

昼前にかけて雲も取れて暖かくなってきました。
Tシャツで過ごせる気温になってきたようです。
これが昨日だったらなあというのは野外イベントにはよくあることですね。
今回は子供の参加も多く、ぶた丸の高齢化対策には良い傾向でしょうか。

昼のトン汁
IMG_4246.jpg

炊き出し行列
IMG_4249.jpg

天気が良いのでまったりと寛ぐ。
IMG_4250.jpg

IMG_4251.jpg

共同開催者、神明の湯の星野さんあいさつ。
IMG_4256.jpg

集合
IMG_4255.jpg

民宿の朝食だけを除いて、全部自分たちで運営・自炊する大人の遠足。
できる限り続いてほしいものです。

スタッフの皆様、大変ご苦労様でした。

2014年06月20日

一人旅の反省点

2014サッカー・ワールドカップ・ブラジル大会が始まりました。
日本の初戦はRecifeでしたね。
昨年ブラジル旅行をした際、旅の後半で行ったところです。

%E7%94%BB%E5%83%8F%2011822.jpg

人が見当たらない街
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011825.jpg

メトロー
%E7%94%BB%E5%83%8F%2011824.jpg

外務省の渡航情報を見るとブラジルでも一二を争う治安の悪さだそうで警戒を呼び掛けています。
巷で喧伝されているブラジルでの避けたい行為というのも、振り返ってみると結構自分に当てはまる部分もありました。

深夜0時頃のGuararapes空港着だったので、かなり空港に近いホテルを予約しました。
これは○。
それでも深夜にタクシーは拾えるのかとかレイトチェックインはちゃんとできるのか、締め出されることはないのかとか気にはなりました。
幸い国際空港だけあって深夜でもすぐに空港タクシーを捕まえることができたしタクシーの運ちゃんも親切な人でホテルのフロントまで付いてきてくれました。
空港タクシーは前払いで若干値段は高いのですが信頼性は高いのでやはり○。

渡航情報によると単独行動は控える、夜間外出も避けるとありますが、一人旅だから単独行動はしょうがない。

真夜中で周りに何もないところで食事には行けそうもないのでホテルのビールで我慢して無用な外出は避けました。これも○。

日中になれば周囲に気を配れるので、ここは一体どういう場所なのか把握するために歩き回るのは必要なことで、近くに地下鉄のshoppingという駅がある場所だと把握できました。
終点のCentral駅まで5駅。

こんなふうに自分の行動を振り返って○×評価をしてみるのも面白いかも。

・オリンダ旧市街地での食事のための夜間外出、人はほとんどいない。怪しそうな通りには入らなかったので△。
・昼間オリンダの海岸で日光浴。人目に触れる場所ではなかった。これは今考えると相当にやばい。金を持っていそうな格好ではなかったとしても×。
・オーロプレットの夜、食事の後、道に迷う。街自体が静かなので人気もあまりなくなってしまう。所々に警官がいて危なそうな雰囲気ではなかったとしても、今考えると△。
昼間もっと街を把握しておくべきかその時間が無かったらホテルの近場で済ませた方が良かったかも。
・サルバドールの初日の独り歩きは避けて街を把握するための1日はガイドを雇ったこと。
広い街でこれは正解だったと思う。事前にギャラ、身元をチエックできたので○。
・Rioのモーホ、バビローニア訪問の時は複数人数、かつ現地在住の日本人がいること、警官が常駐していて比較的安全な場所であることが分かっていたことで○。
・Rio、ライブからの帰り、夜中のアパートの門の鍵の開け方。事前に予行演習していてうまく開いたので結果的には○。
ただ、ブラジルの鍵は難しいものがあって、もし開かなかったらどうなったのかという危険性はあった。
・夜、アトランチカ大通りで空港行きの高級バスを停めようとしたことは×。
どこでも停まるという触れ込みだが歩道から遠い車線を猛スピード走っていくし、夜はどれが目的のバスなのか判別が難しい。
しかも荷物は多くて現金はバス代くらいしか持っていない。
今考えると、初めからCentral辺りまで地下鉄で行ってそこからタクシーを使うべきだった。
・結果的にはミニバスで地下鉄駅近くまで行って駅のATMでタクシー代を用立てることになった。
これも夜間荷物を持ってATMを使うのは危ないので×。
・Central駅から空港まで流しのタクシー。普通は×だろうな。
荷物があってタクシー乗り場も分らず危ない場所に出そうだったのでタクシー会社の表示のあるタクシーをつかまえた。
親切な運ちゃんで値段も安かったことは幸運だった。

バスで空港まで移動するというプランが崩れたところから予定外の行動をとらざるを得なくなったわけで、事前の詰めがちょっと甘かったか。

他にも色々とあるんでしょうが、全体としては幸運に恵まれていたと言っていいと思います。
ブラジルへ応援に渡航した皆さんも無事に帰国できるといいですね。

2015年02月21日

2015ネパール旅行記 1 (東京→カトマンドゥ)

旅の記録(2015.2.ネパール)

ネパール、中央ネパールを旅してみました。
何回かに分けて旅行記を記すことにします。

1.東京→カトマンドゥ

値段の安さもさることながら、乗ってみたかったカタール航空で行くことにした。
わざわざ目的地ネパールを通り越して、カタール・ドーハまで行ってトランジット、東に戻ってカトマンドゥに着くという迂遠なルートだが楽しそうじゃあないか。

羽田・ドーハはB787。
空いていたので3席独占。
11時間半のフライトでこれはラッキー。

食事は2回。
質・量ともに自分的には満足のいくものだった。

P2080002.jpg

P2080003.jpg

定刻より早く出発して、定刻より早くドーハ・ハマド空港着。
昨年オープンしたばかりのハマド国際空港は、お隣のドゥバイ国際空港に追い着け追い越せ感満々の立派な空港。
港内にBMWだとかベンツも売っているし。
ドゥバイのように港内電車は走っていないが、動く歩道が沢山あってしかも速いので不自由は感じない。

P2080004.jpg

P2080007.jpg

P2080005.jpg

今日は乗換時間が2時間とそんなに余裕はないので、たっぷり時間がある帰りに探索してみようか。
沖留めの航空機に乗る待合室が昔っぽいのは、ちょっとほっとする。
カトマンドゥまではよく乗るエアバス。
フライト3時間30分はすぐだ。
それでも機内食は出る。

P2080008.jpg

さて、カトマンドゥ・ドリブバン空港着。
旧石垣空港のような狭さ。

P2080009.jpg

P2080010.jpg

色々な手続きは大体いい加減。
で、待てども待てども荷物は出てこない。
表示がいい加減だったり。
まず、日本の空港ではありえない。
本当に出てくるんだろうか。
待つこと1時間、やっと出てきた。

日本のパスポートはあっという間の審査完了。

ゲートを出ると、例によって鈴なりの客引き、お迎え等々。

返答はなかったもののホテルの迎えを希望してあったので一応探してみる。
それらしいものはない。色々声はかかるが無視。
そんな中でとても流暢な日本語が聞こえた。

ここは慎重になるべきところなので、一応話を聞いてみた。
とりあえず、ホテルまで500RS(ネパール・ルピー、1JPY=1.2RS)(通常は650RS)で行くとのことで、彼とは別ドライバーのタクシーに乗ってみた。
ハノイと似た乱暴な運転とクラクション、埃っぽい街。

日本語で声をかけてきた彼、Rimal氏は、6年間日本にいたことがあって、大塚で働いていたり、ネパール大使館で働いていたこともあるそうで、どうりで日本語がうまい。
カトマンドゥの旅行会社の人なのだ。
この手のお誘いは海外ではよくあることなので慎重に行くべきだ。

カトマンドゥのホテルは日本で予約してあるのでどういう話になるのかというと、明後日からのチトワン国立公園のツアーを現地で探さないといけないのでその辺の話も匂わせてみるが、今日はホテルまで送るから、明日改めて相談しようと余裕のある返答。
ここはペンディングが肝要で調べる余裕ができるのだ。

狭い道に車、バイク、リキシャ、歩行者、動物等混在の混沌空間のタメル地区。

本日のホテルはGaju Suiteホテル。
とてもきれいで広い部屋、礼儀正しいホテルマン。これだったら言うことないなと思っていた。
シャワーのお湯が出ない。
試しているうちにノブが外れてしまう。
で、すったもんだ。

部屋を替えてくれるというが、そちらの部屋のシャワーもホットではない。
面倒くさいので元の部屋でいいと。

Hotをずーっ流していると5分後くらいにちょっと来たかなという感じはあったが、やっぱり水だ。
5時辺りを過ぎてくると日中の暖かさ(20度くらい)と裏腹に5~10度くらいに冷えてくる。
よって、夕刻の水シャワーは気合。

現地ホテル到着後の儀式、地ビールを味わう。
EVEREST ビール。
いける。

P2080012.jpg

そうこうしているうちにすっかり夜だ。

夕食だな。

明るい時間に周囲を散策している余裕がなかったのでお目当ての店を予め決めていく。
周囲は迷路っぽい雰囲気で、似ている通りが多いので目印を見つけておこう。
狭い通りに相変らずバイク、車、クラクション。

P2080014.jpg

P2080015.jpg

で、今夜はやはりネパール定番定食のダルバート。
タカリ・バンチャという地元食堂だ。

ダルバートは初めての経験だがとても美味しかった。
肉以外はどんどんお替わりが来る。
野菜は大根の葉っぱの炒め物をはじめとして、にんじん、キュウリ、大根、カブ等日本と食材は似ている。

P2080016.jpg

満腹で大満足。
安かったな。

近くにスーパーマーケットらしきものがあったので部屋で飲む酒を買いに寄った。
Apple Vodkaなるものが地元で作られているとのこと、180ccボトルで売っているのでこの安酒を購入。

P2080018.jpg

部屋のエアコンを暖房で強めにする。表示が分りにくいのだ。

時差の関係もあって急激に眠くなってくる。

布団を頭からかぶって寝てしまう。


2015年03月04日

2015ネパール旅行記 2 (カトマンドゥ)

旅の記録(2015.2.ネパール)

2. カトマンドゥ

地元では「カトマンドゥ」と発音するネパールの首都。
2008年に王制が廃止され、現在は連邦民主制国家だ。
既に標高1300mほどにある盆地。

飛行機ではほとんど寝れなかったのでよく寝た。
5階のレストランで朝食、遠方に雪山の頭がちらっと見える。まだ寒い。

P2090019.jpg

P2090020.jpg

昨日会った旅行会社のRimal氏と9時にロビーで待ち合わせて彼の会社に行くことになっている。

どのみちチトワン国立公園を経由してポカラまで行くツアーをこちらで探そうと思っていたので、妥当なものであれば契約するつもりでいる。

既に来ていたRimal氏は昨日とちょっと異なって、カジュアルながらも清潔な服装。
事務所はタメル地区にある。
こじんまりとしたところだ。
何度も飲むことになるウェルカムのミルクティーが美味しい。
かの三浦雄一郎氏を案内したこともあるらしい。
チトワンの入り口の村、ソウラハで2泊してポカラへ向かうプランを価格別に提案してきた。

バス、3食付きのホテルと色々なactivityが付いている。昨晩一応検討した範囲内の値段で、いろいろ話を聞いた。
押しつけがましくない態度等、信用できると判断して契約することにした。
カトマンドゥに帰ってきたら感想を聞きたいのでホテルまで行くと言う。
結構きめ細かいサービスだ。
ただ、会社名が「Googlle Treks Nepal Pvt.Ltd.」というのはある種の誤解を生まないだろうか。
まあ余計な心配か。

明日のバスは7時発で6時半集合とのこと。
まだ来たばかりで地理があまりわからないのでRimal氏がバス停まで案内してくれた。
タメルチョークからまっすぐ東へ向かい信号のある交差点を南に向かった大通り。この一角にツーリストバスが集結するとのことだ。

さて、段取りも整ったところで、午前中はダルバール広場を中心としてタメル地区を歩き回ってみる。

P2090021.jpg

P2090022.jpg

P2090023.jpg

P2090024.jpg

P2090025.jpg

P2090026.jpg

P2090027.jpg

P2090028.jpg

P2090029.jpg

旧市街地は建築物等とても古いたたずまいだが、人が多い。
狭い道に車、バイク、リキシャがひしめき合う。
しょっちゅう鳴るクラクション。
露天商も多いし、怪しげな路地の雰囲気など、歩き回って飽きることがない。
「歩き方」の地図はほぼ正確だが、道幅に関しては日本的な感覚でいると間違える。
狭い道が多いので車、バイクもとばしてはいないのでハノイのように横断に気を使うことはない。
まあ大体こんな方角だろうという感じで歩いて行くとダルバール広場に到着する。

日本で言えば浅草寺のような場所だ。
何となく佇んでいるホームレス風の人多数。
外国人は、750RSを払って施設の見学をする。
博物館や旧王宮など見どころは多数ある。
旧王宮を上まで上ると10階
結構高い。街が見下ろせる。

P2090030.jpg

P2090031.jpg

P2090032.jpg

P2090033.jpg

P2090034.jpg

P2090035.jpg

P2090036.jpg

P2090037.jpg

P2090038.jpg

P2090039.jpg

P2090040.jpg

P2090041.jpg

P2090042.jpg

ゆっくり散策したり、寺院の縁側に座って行き交う人々なんかを見る。
車も自転車もバイクも滅茶苦茶に入ってくるようで、ぶつかりはしない。
クラクションは鳴るけれど、いちいちそれにイラついたりはしない。
日本とは異なる秩序がある。

さて、そろそろ昼どき。
昼食はタメル地区へ戻ってチベット料理の「ギリンチェ」でトゥクパを食べてみる。
日本のラーメンに似ている。ラーメンよりは丼が小ぶりで具も多い。
味はあっさりしていて美味しい。

P2090043.jpg

暑くなってきた。

一旦ホテルへ戻って昼バージョンに着替えて、午後は丘の上に立つスワヤンブナートという寺院に行ってみようと思う。
「歩き方」によれば徒歩30分ほどと書いてあるが、ホテルの人に聞くとそれはやめた方がいい、タクシーで行った方がいいという。
地元の人のアドバイスは聞くべきなので、流しのタクシーで行く。RS300。

距離は大したことはないが、タメル地区を出ると舗装が所々壊れていたりして車やバイクの巻き上げる砂塵がすごい。
しかもゆっくり歩けるスペースが道路にない。
これは帰りも車だなと判断して、運転手に言うと、待っているのでRS1000でどうだと言う。
まあいいかと。

スワヤンブナートは丘の上に立つ寺院。
駐車場から少し登ると、有名なブッダアイが記されたストゥーパがある。
さまざまな建築物があり、ここからはカトマンドゥの街が一望できる。
ルアンパバーンにもこんな寺院があった。
中国人観光客がやたら多い。

P2090044.jpg

P2090045.jpg

P2090046.jpg

P2090049.jpg

P2090048.jpg

何をするでもない地元の人も佇む。やはり貧富の差が激しいと感じる。
そして猿だらけ。
何かを狙っているようだと思ったら、お客さんがエサのようなもの(売っている。)を撒くのを待っているようだ。

P2090052.jpg

1時間ほど散策して再び件のタクシーへ。
帰りの道が渋滞している。
どうも先の方で穴を掘ったり埋めたりしているらしい。
トラックが道を占拠しているのだが、誘導員も何もいない。
両側から渋滞しているところに車線を無視してみんな突っ込んで行く。
そして強引に突破。
それにしては怒号も何もない。
しかしこの砂塵、これは歩きたくない。
帰りも車にして正解だった。

夕方になると空気が冷たくなってくる。
初めはとても複雑だと思っていたタメル地区も大体地理が把握できてきた。
把握できた頃に出発というのはいつもの例だ。
明日早朝のバス停へも行けるだろう。

砂塵のせいだろうか。
指の爪の間に埃がたまってくる。
親指爪側面は埃が付着して血が出てくる。しかも痛い。日本だったらあり得ない。

ホテルへ戻ってアンチ・ホットシャワーに備えてエアコンをチェックしてみる。
なんとか暖かめの温度に設定してシャワーは気合。
何故か快適になってくる。

夕食をどうしようかと歩いているうちに昨日のタカリ・バンチャの前に来てしまう。
で、リピート。
今晩は、ダルバートとモモ、そしてEverest Beerも頼む。

P2090053.jpg

P2090054.jpg

とても美味しい。
すっかり良い気持ちになって帰った。

明日は6:30集合、7:00発だから5時起きだな。
今夜は早く寝よう。

2015年03月11日

ネパール旅行記 3

旅の記録(2015.2.ネパール)

3. ソウラハ・その1

6時30分の集合に間に合わせるために5時起き。
早めに起きて腹筋運動をしたり、水を飲んだりしてお腹の調子を整えておくことを習慣にした。
道中、どのようなトイレ事情か分らないからだ。
荷造りをしようと思ったらいきなり停電。
鼻をつままれても分らない真っ暗闇とはこの状態だ。
昨日、一昨日もあったけれど今朝のは結構長い。
手探りでヘッドライトを探し当てて一安心というところで自家発電開始で明かりがついた。
以後、ヘッドライトは常に枕元に置いておくことにした。

出発の6時15分頃、外は真っ暗。
フロントにはいつもの係員がいる。
頼まなかったのに、朝食を提供できないからと弁当を用意してくれている。
これには恐れ入った。
シャワーがどうとかカランが壊れた、エアコンがどう、停電がとか、一切を逆転して好印象。
ただ、日本から持ってきた関節の痛みが抜けていない。
ま、何とかなるだろう。

昨日確認した大通りの左車線にツーリストバスがずらりと並んでいる。
乗客目当ての露天商やら朝食屋台やらいっぱいいる。
なるほどこういうことだったのだ。

バスを見つけて乗り込む。

カトマンドゥ市内は渋滞や客待ちでちんたら走る。
が、その後山岳ハイウェイに入ってから本領を発揮し始めた。

ハイウェイといっても日本でいえば片側一車線の普通の地方の国道。
路肩を普通に人が歩いている。もちろん有料なんかではない。
道路幅は大型がすれ違うのがぎりぎり。
一応舗装はされているが、穴だらけ。
路肩は崩れていて土が剥き出し、ガードレールもないし片方は崖。
時々大型トラックが落ちているのが見えたりする。
ここを猛スピードで跳ばすのだ。
前方に車がいても隙あらばとにかく追い越す。
見通しが悪いカーブや登り坂であろうがお構いなし。
追い越し禁止というルールは存在しないんだろうな。
日本では全く考えられない運転だ。

山道、カーブ、凸凹、スピード出しまくり。これは苦手な人には致命的だ。
前の席で窓際を占拠して外の景色を撮るんだと騒いでいた中国人は、早、後部座席に退散。
途中の休憩はタイミングよくあるし、ドライブイン的なところなのでトイレ事情はラオスよりは良い。

P2100056.jpg

目的地近くらしい街に到着するが、ここがどこかよく分からない。
賑やかな市街地を抜けてどんどん田舎に入って行く。

野原の中のバスステイションに到着。

P2120157.jpg

ホテルのお迎えの車やら客引きやら多数。
Herimitage Hotelの車はすぐにみつかった。

敷地がやたらに広い
門番までいる。
結構グレードが高そうなホテルだ。

P2100058.jpg

とてもきれいな部屋だ。
しかし、電気がつかない。
停電時間ももちろんあり自家発電中だがメインの明かりが点かない。
係員が来て色々といじった挙句、どうも無理らしい。

そうこうしているうちに、専従ガイドさんが来た。
名前は、Santa、サンタさんだ。
分りやすい。
小柄で日本人とよく似た顔だ。
何となく鳩間人と似ているような気がする。
2日間お世話になります。

P2120155.jpg

食堂から対岸を臨む。向こう岸にワニがいる。

P2100059.jpg

単語程度の日本語は理解できるようだ。
僕のことは「トモダチ」と呼ぶことになったようだ。
ランチ後、部落を案内してもらい自然公園に入る。
街歩きはもちろん一人で歩くのが常だが、自然公園は公認ガイドが必要らしい。
ソウラハ村は田舎だ。

P2100060.jpg

P2100061.jpg

路傍にひっそりと咲く大麻草

P2100062.jpg

チトワン国立公園はインド国境方面に広がる広大な自然公園だ。
野生動物、植生等手厚く保護されている。
ソウラハの街は公園の北側に位置する。
まずは、象の飼育施設に行ってみる。

P2100063.jpg

P2100064.jpg

P2100066.jpg

川岸に人が集まっている。
何ごとかと思って行ったら、向こう岸にインドサイの親子がいた。
絶滅危惧種でめったに見れないという。
しかも親子連れ。
これはラッキーだった。

P2100069.jpg

P2100074.jpg

P2100075.jpg

P2100077.jpg

P2100080.jpg

P2100081.jpg

P2100086.jpg

ホテルに戻って夕陽を見ながらCafeを楽しむ。

P2100089.jpg

ところが、17時まで予定の停電が終わっても相変わらず部屋のメインの明かりは点かない。
ホテル側は部屋を替ることを打診してきた。
喜んでお受けした。

夜のイベント、地元の人達によるダンスショー見学に出かける時間が近づいてきた。
この手のショーはあまり見に行かないのが常で、外してもいいな程度の気持ちだった。
部落の中の公共施設でやるということで、歩いて約10分。
他のツアーのお客さんたちもいるのでほぼ満席。

感想を一言で言えば、来てよかった。
地元の青年たちによる民族芸能。
パーカッションが3名。
タンタンあるいはアタバキのような縦長楽器で横抱きだ。
これでリズムを刻んで男女の踊りが繰り広げられる。

P2100094.jpg

P2100095.jpg

P2100096.jpg

P2100098.jpg

P2100099.jpg

リズムは2ビートでサンバと通じるものがある。
踊り手も手持ち打楽器でパーカッションに絡んだり、沖縄の棒術的なものや大道芸のような火の棒のパフォーマンスもある。

P2100100.jpg


最後は、皆さん踊りましょうで、とても楽しめた。
若者達がとてもきれいだった。

戻って夕食前に部屋をチェンジ。
新しい部屋はベッドが3つもある4人用の贅沢な部屋を用意してくれた。
ありがたい。

P2110103.jpg

夕食時に頼んだビールはTuborg、何故かデンマークビールだ。

P2100101.jpg

他に酒を頼もうかと思ってメニューを見たらえらく高い。
さっき帰り際にあった酒屋らしき店が安そうだと思ったので夜の外出。
門番は快く開けてくれる。

部屋の明かりはパーフェクトだが、2時間くらい半分が点かなかったりまた全部点いたり。
これがこの国の事情なのだと納得。
こういうものなのだと思うとあまり気にならなくなる。
ホットシャワー出てくれるのがうれしい。

明日は朝から晩まで自然公園めぐり。
楽しみだ。


2015年03月19日

ネパール旅行記 4.ソウラハ(象の存在感)

旅の記録(2015.2.ネパール)

4. ソウラハ(象の存在感)

今日は1日自然公園めぐりというプログラムになっている。
7:30朝食、8:00出発というのは結構あわただしい。

朝は寒い。ラオスの時と同じように霧が立ち込める。

P2110104.jpg

午前はカヌーライドとジャングルツアーにバードウオッチングということになっているが、この名称は実際に行ってみるとかなり大げさだった。

担当ガイドは昨日のSanta氏。大声で「ともだち!!!」と呼びに来る。
同行する他のお客さんはオーストラリア人女性2名に中国人女性2名。女性が多いのだ。

早朝の川はもやがかかっている。
カヌーというから自分で漕ぐやつかなと思ったら、船頭さんが漕ぐサバニ。
天竜川とか長瀞ライン下りと同じようないわゆる川下り。
まあそれでもいいんだけれど、景色はなかなかのものだ。

P2110105.jpg

川は浅くてゆったりと流れている。
水草が流れていくのが風流だ。
対岸にワニがいたり、きれいな色をしたカワセミがいたり、エレファントライディングと遭遇したりする。

P2110108.jpg

P2110109.jpg

P2110111.jpg

真っ青なのがカワセミだ。

P2110110.jpg

川の景色を楽しんだ後はジャングルツアー。

これもジャングルではなく、森の中をハイキングするという感じ。タイトルが大げさすぎる。
亜熱帯ではないので日本の森と似ている。深くもなく浅くもなく。
ここを1時間くらいハイキングする。

P2110122.jpg

P2110123.jpg

P2110124.jpg

シカがいたり、クジャクがないていたりするがあまり珍しくは感じない。
ベンガルトラの足跡というのはちょっと驚き。
その他はどうということはない。
日本の樹海の方がはるかに深い。

ハイキングの終点は象のブリーディングセンター。
観光用の象を育てている

象のエサ作り

P2110112.jpg

親子の象が何頭かいて、特に子象に人気が集まっている。
柵の中から出てきたり、触ることもできる。
犬や猫のように地面をごろごろしたりもしてとても可愛い。
こんなに身近に象と触れ合う機会というのは日本ではできない。
子象の肌はざらついてはいるが意外に柔らかかった。

P2110113.jpg

P2110114.jpg

P2110115.jpg

P2110119.jpg

P2110120.jpg

P2110121.jpg

午前中はこれで終わり。

川沿いをゆっくり歩いて帰る。
エレファントライディングから帰ってきた白人女性で涙ぐんでいる人がいたが何故だろう。
Santa氏と?????

午前の部は象との触れ合いが一番楽しかった。
午後からはこの象に乗るエレファントライディングなのだ。

ガイドは皆英語が達者。
どこでも感じることだが、英語ができればある程度の職に付けるようだ。

ランチの30分前にホテルに着いたし、暑かったのでビールを買いに酒屋へ。
買い物を済ませて店を出たら、象が鼻で荷物を持ってやってきた。
誰も驚きはしない。
車と同じで左側通行だ。
タクシーの代わりに走っているのはロバタクシー
犬は寝そべり、道端には牛、アヒル、カモやニワトリ等が佇んでいたりして、全く逃げやしないというのはラオスの田舎でも見た光景だが、象が普通に道を歩いているというのは驚きだ。
もちろん象使いは乗っている。
午後からは象に乗る予定だから何だか楽しい気分になってきた。

15時集合で車で出発。
八重山のようにトラックの荷台に乗るスタイルだ。
ネパーリー(ネパール人)の真っ赤な衣装を着た中国人女性2名を含めて女性7名、男性は小生1名。珍しい環境だ。
この中国人女性達は道々注目の的になっていた。

さて、後になって思え返してみてもソウラハの圧巻はこの象乗りだった。

象の背中に相撲の桟敷席のようなアタッチメントを乗せ、四隅の棒を股で挟み込んで一人づつ座る。首の上に象使いが乗るので5人乗り。
乗り心地は悪くないが、生き物だから揺れ方は不規則。道はあろうがなかろうが関係ないわけで張り出した枝は乗客自身でよける。
目線は3.5mくらいはあるだろうか。
揺れ方が不規則だから車に弱い人は酔うんじゃないか。
象酔い。

森の中をどんどん進んでいく。

重機が無い時代は象が運搬手段として使われていたんだろうな。そう推測させる動きだ。
現在は観光資源として重宝がられているのだろう。
象使いは、象が言うことを聞かなかったりしたときに竹の棒で象の頭をかなりの激しさでパシッと叩く。
象もそれにこたえて時々パォーなどと鳴く。
お客さんの中には眉をしかめたりする人もいる。

一見すると虐待に見えないこともないが、馬の鞭と同じで、「パシッ」の何十倍もの愛情を注いでいるのが午前中のブリーディングセンターで垣間見ることができた。
それに象の頭や皮膚は固い。
強く叩かないと何にも感じないのではないか。

P2110130.jpg

P2110131.jpg

P2110132.jpg

P2110134.jpg

P2110135.jpg

P2110143.jpg

数頭の象で森を移動する。
行く手に大型のインドサイが登場した。とても珍しいことだ。
インドサイは絶滅危惧種でとても貴重な生き物だ。

象はパォーなどと吠えながら行く手のインドサイを追い立てる。
興奮したのか走り出す象とか木を倒す象も出たりして、ここは機械と違うところだ。
勿論、人が乗っている状態で。

P2110136.jpg

P2110137.jpg

P2110138.jpg

象軍はサイを川の方へ追い立ててサイは退散した。

P2110139.jpg

P2110140.jpg

そして草原をゆっくり進み、川を渡ったりで出発地点に戻る。

P2110145.jpg

P2110146.jpg

結局一時間半くらい乗っていた。

下象?後も、鼻で愛想をふりまいたり、おとなしく被写体になったり、なんだかんだで大サービス。
これだけ象と身近に触れ合えた経験は今までにない。
こんなに利口でかわいい動物だったのかと初めて認識した。

P2110148.jpg

P2110149.jpg

お客さんは飛び込み台のような乗り場で象に乗り降りするが、象使いを降ろす時はひざまずいて降ろしていた。

乗り場

P2110129.jpg

しかも象使いが乗るときはひざまずいて伸ばした鼻から乗っていたのにはちょっとびっくりした。
とてもけなげな様子だ。

夕陽に向かって象使いと一緒に帰っていく象たちの姿は何だか哀愁があってロマンティックだった。

ネパールに来る前にタイの自然公園で象が暴れて車をクラッシュしたというニュースをみたが、それも象なのだ。
本来このように激しくて強力な動物なのだ。
しかし放っておけばどんどん減少してしまう。

ここでは観光資源としてではあるがとても手厚く扱われていた。

帰り道、また公道を通行中の象と会う。

P2110150.jpg

P2110153.jpg

ここでは馬、牛、やぎ、犬、猫、ニワトリ、アヒル等と同様に人間と一緒に生活している愛すべき存在なんだと感じる。

何といってもこんなに象を身近に感じたことはなかったので、今日の経験は強く印象に残った。

ホテル帰着、カフェ、シャワー、夕食、停電・・・・・停電も自然な流れに感じられる。

夕食ビュッフェ

P2110154.jpg

これがこの国の事情なのだ。
ホットシャワー、しかも熱いのが使えることはとても幸福なことだ。
何だか、今までネパールに来て、灯りがちゃんとつかないじゃないか、電気が来ていない、シャワーがホットじゃないとか不満を抱いたのが恥ずかしく感じられた。

これがこの国の日常で、しかも優遇されている外国人観光客に対してのせい一杯のもてなしなのだ。
地元の暮らしはもっと大変だと思う。

感謝したいのと幸福な気分になってゆっくり眠りにつく。

明日はポカラ行きだ。

2015年03月25日

ネパール旅行記 5. ポカラ その1

旅の記録(2015.2.ネパール)

5. ポカラ

8:45集合でひたすらポカラへバス移動。
丁度従業員たちが集まって談笑していたので、楽しかった二泊三日のお礼を言う。
皆日本人は好きだよーと言っていた。
ガイドのSanta氏は良かった。
適度な関わり方で。本当に鳩間人に似ている感じだった。

埃っぽいバスパークからツーリストバスは客を満員にして走る。

P2120157.jpg

ソウラハからタディ・バザールへ。
初めはここがソウラハかと思ったが、雰囲気はまるで違う。
街だ。

バスはバスパークに寄りながらナラヤンガートへ。
ここは大きい街だ。ネパール中央の交通の要衝でインドへのルート上にもある。
街はどこでも埃っぽい感じだ。
ここから山道へ入って例によってでこぼこ道を荒い運転。
ただトイレ休憩がわりと多いのが助かる。
途中昼過ぎにランチ休憩。
ビュッフェ形式でRS440。

9時半頃出発してポカラ到着は14時半頃。
ヒマラヤの展望で知られる街だが、今日は曇っているようで見えない。
バスパークのある場所は普通の市街地。
ここからフェワ湖のレイクサイドへ行くと一気に観光地の雰囲気になる。
メコン川沿いのルアンパバーンにちょっと似た雰囲気だ。

P2120158.jpg

三日間お世話になるNew Pokhara Rodgeはきれいな雰囲気のホテル。
部屋は3人部屋でとても広い。
快適そうである。

P2130212.jpg

P2130167.jpg

「歩き方」にも載っていたマネージャーのフムラジさんに会う。
日本語が少しできるようだ。
会話はなかなか難しいので英語でということになる。
今日はあまりお客さんがいなさそうで色々と相談に乗ってくれる。

まず明日からの予定を検討する。
日帰りのトレッキングをしたいというこちらのリクエストには、所要時間6時間くらいのフェディからダンプス、オーストラリアンキャンプへのコースがいいとのこと。
トレッキングはガイドなしでは危ないとのことなのでフムラジさんお薦めのガイドさんが同行することになった。
フェディまではタクシーで行く。で帰りもフェディからはタクシー。
タクシー、ガイド込でUS50$。
値段は適正なものだろう。
長らく使わなかった50$札をようやく使うことになるわけだ。
これは明後日の予定。

ガイドとタクシー運転手を紹介された。
ガイドのクリシュナ君は若い。26歳とのことだ。
日本語がかなり話せる。
タクシー運転手のRudra氏は気の良いおじさんという雰囲気。
6時45分出発。

そして明日はサランコットの丘へ朝日とヒマラヤを見に行くといいと勧められる。
駐車場までのタクシー往復RS1200。
5時15分発。早い!!!
カトマンドゥ行きの帰りのバスの手配もしてくれる。
何だかスムーズすぎる気もするが慣れているからだろう。
ここは地元の信用できそうな人に任せるべきだろう。
洗濯物がたまっていたがランドリーサービスを使ってくれとのこと。
朝食はオーダーしていなかったが、何せ朝が早いので任せることにする。RS230。

カトマンドゥも含めてだが、ここまで何かと出てくるお茶。日本的に言えば甘いミルクティーはとても美味しいのだ。癖になりそう。
1日のうち、11時間停電しているとのことで、停電中はジェネとかソーラーでしのいでいるという。
シャワーはホットというには程遠いが、入り方のコツをつかめば慣れることができる。
停電は「今週の停電時間」みたいなスケジュール表がある。
今日はもう何かをするには時間がない。

夕方屋上へ登ったら雲が取れてマチャプチャレが顔を覗かせた。

P2120162.jpg

P2120163.jpg

初めて見るヒマラヤ。
隣のアンナプルナの方が高いのだが、位置の関係でマチャプチャレの方が高く見える。日本を象徴する富士山のようにネパールを象徴する美しい山だ。
明日以降に期待しよう。

屋上から下を見ると。
P2120161.jpg

フムラジさんがひょっとしたら明後日よりも明日の方が天気が良さそうだからトレッキングを明日に変更するかいと聞いてきた。
色々変更するのは面倒なので予定通りに行かせてもらう。

夕食はちょっと歩いてダルバートを食べに行く。
とても美味しいし、例によってどんどんおかわりが来るので満腹。

P2120165.jpg

ライスビールと称してはいるが、これはおそらく米焼酎だろう。見てくれはどぶろく。
白色で若干の酸味がある。
酒屋では見かけなかった。

P2120164.jpg

夜のレイクサイド
P2120166.jpg

いつものapple vodkaを寝酒にして、明日は4時半起きだから早々に寝ることにする。
手の届く範囲にヘッドライト。

4時半起き。
まだ真っ暗。
水を飲んで腹筋運動をして体を温めるのとトイレに行きやすくする。
出発時間の5時15分もまだ真っ暗。
ドライバーのRudraさんは既に到着。
真っ暗な中をサランコットの丘へ出発。

跳ばす、跳ばす。
街灯もないので真っ暗。
時々通行人が現れるのだがどんどん跳ばす。
ネパール人は跳ばすのが好きらしい。
Rudraさんの運転は温厚そうな外見とは反対のものだった。

20分程で駐車場らしき場所に到着。
ここからbest view pointまで30分位登るのだ。
まだ暗い。ヘッドライトがなくては足元が見えない。
Rudraさんも一緒に行くということだ。ありがたい。
階段を30分位登り続ける。
これが結構な運動。
気温はおそらく5度くらいしかないと思われるが、展望台に到着したら汗だく。
ダウンにセーターまで着てきたのだからTシャツ1枚になる。
でもすぐに冷えてくる。

ご来光目当ての観光客が多数。やはり中国人が多い。
騒がしいからすぐわかるのだ。
やけに簡単な服装で来ていると思ったら、すぐ下に駐車場があったのだ。
まあ朝から良い運動をしたと思えばいいだろう。

東の方向から徐々に明るくなってきた。
マチャプチャレやアンナプルナが輝き始める。
初めはピンク色、それからオレンジ色と時間が経つにつれて色彩が変化する。
美しいとしか言いようがない。
これは一度は見ておきたい光景だ。

P2130168.jpg

P2130169.jpg

P2130170.jpg

P2130171.jpg

P2130172.jpg

P2130173.jpg

P2130174.jpg

P2130175.jpg

P2130176.jpg

P2130177.jpg

展望台からサランコット村を見る。

P2130179.jpg

7時頃になってすっかり明るくなった。
景色を堪能して駐車場へ戻る。
行きは真っ暗で分からなかったが、登ってきた階段はサランコット村の主要道のようだ。
車道沿いには立派なホテルが建設中だったが、階段沿いには村の暮らしがある。
リオのモーホを彷彿とさせる。
それぞれの民家が観光客相手に小さな商いをしている。
これと農業で暮らしを立てているのだろう。
こんな生活もある。

P2130180.jpg

P2130182.jpg

タクシーも含めて「SUZUKI」の車が多い。
よく見ると、「MALTI SUZUKI」となっている。
日本企業の鈴木だが、MALTI SUZUKIはインドで生産されているとのこと。
右ハンドル、左側通行だから日本製の車は多く見かける。
日本製はとても評判が良いようだ。

早朝出発だったから8時前には帰ってこれて朝食も採れた。

P2130183.jpg

これから、World Peace Pagoda-日本山妙法寺-に登ってみる。

湖の対岸の山の上にあるので、湖をボートで渡って登るルートと、山側から登って湖へ下ってボートで帰ってくるルートがある。
山側から登ってみよう。

9時30分にRudraさんに来てもらって登山口までRS250。
早朝と違って今回は話が弾む。
団体さんが登っていったので、近くのデヴィズ・ホールという景勝地を眺めてから登ることにする。
彼もうるさいのは嫌いということで同意。ただし彼は今回は同行しない。

デヴィズ・ホールとは日本のどこにでもありそうな滝だが、乾期のこの時期は水は流れていない。雨期だとかなり盛大らしい。

P2130184.jpg

街中を歩くのは楽しい。
牛が普通に寝そべったり通行していたりするが、さすがに象はいない。

P2130187.jpg

P2130188.jpg

P2130189.jpg

かなり暑くなってきた。
登り始めて15分位でTシャツに。
高校生たちも登ってきている。
遠足?かと思ったら、彼らのうち一人が英語で話しかけてきて、この上に家があるとのこと。
うまい英語だ。学校でちゃんと勉強しているとのことだ。

ここは生活空間で確かに登山道沿いに家々がある。
と思って登っているとぽっかりと車道に出てしまうというのは、日本の低山歩きにもよくある光景だ。
広がる段々畑と植わっている菜の花と素朴な村、ゆっくりと幸せな時間を歩く。

P2130192.jpg

P2130193.jpg

P2130194.jpg

P2130195.jpg

P2130196.jpg

小一時間でWorld Peace Pagoda-日本山妙法寺-(ストゥーパとも言う。)着。

P2130200.jpg

真っ白い円形の建物だ。

P2130201.jpg

P2130205.jpg

やはり近くまで車で来れるようだ。
軽装の観光客が多い。
アンナプルナ、マチャプチャレ、フェワ湖、ポカラの街並みが一望できる。

P2130203.jpg

P2130202.jpg

P2130204.jpg

P2130206.jpg

P2130207.jpg

観光用のミニプレーンやセスナが飛んでいる。
しかし、広場にあった「Do Not Jump !」の看板はどういう意味だ。

帰りは湖に降りる下り。
約30分。
距離は短いが登りだとかなりきつそう。
登ってくる人たちはきつそうだった。

ボートは自分で漕ぐという雰囲気ではなく、漕ぎ手がいるのだ。
オールは一個しかないので日本のボートのイメージとは違う。
漕ぎ手は少年。途中から小生も手伝って漕ぐ。

P2130208.jpg

P2130209.jpg

P2130210.jpg

40分程でレイクサイド到着。20分ほどぶらぶら歩いてホテルへ戻る。
Gパンは汗だくだがどうせ明日もトレッキング。
遅い昼食は昨日行ったタカリキッチンでダルバート。

P2130211.jpg

夕方までは読書などしながらのんびり過ごす。
中庭で読書しているとお茶をサービスしてくれる。
基本的にトレッキングはまだ明けやらぬ早朝から昼過ぎまでがメインの時間なのだ。
明日はフムラジさんも一緒に行くということで、ちょっと時間も早まって5時集合。ということは4時起きだ。

夕食はすぐ近くの気になっていた日本食レストラン「たべものや」に行ってみる。
停電中で真っ暗。客は全くいない。が、営業中。
一人の客のためにジェネで電気を起こしてくれた。
メニューを見ると、そば、うどんから寿司、てんぷら、サバの塩焼き等々何でもあるみたいだ。
そば、うどんは注文の後に麺を作るから時間がかかるとあるのは、注文後に打つということか。
すごく本格的ではないか。

かつ丼とみそ汁を頼んでみた。
酒はネパールの地酒、ロキシー。
おちょこに入って出てきた。

P2130214.jpg

無色透明で、香りがかの泡盛の逸品「白百合」そっくりだ。
泡盛の味はしない。
白百合の香りはそのままに、限りなく薄めた感じ。
これはこれでいける。
味噌汁はわかめの具でまとも。付け合わせの漬物もスパイスが効いていてうまい。
そしてかつ丼は何とジャポニカ米を使っている。

P2130215.jpg

P2130216.jpg

異論はあるだろうが、とても美味しくいただけた。
野菜等の素材はポカラ近郊の村の専用有機農場で作られているとのこと。
ジャポニカ米もそこで作っているのだろう。
サービスも日本流でしっかりしているし、これは他のメニューも試してみたい。

明日も来てみよう。

明日は4時起きだ。
早く寝よう。

2015年04月03日

ネパール旅行記 6. ポカラ その2

旅の記録(2015.2.ネパール)

6. ポカラ(その2)

今日は日帰りトレッキングの日。

フムラジさんも同行することになったので早朝5時集合だ。
真っ暗でよく分からないが、天気は今一つのようだ。

フムラジさんとガイドのクリシュナ君とRudraさんのタクシーに乗り込んで、例によって真っ暗な道を跳ばし、追い越してダンプスへの登り口、フェディへ。フロントガラスに雨が当たるので、もし雨だったら引き返そうということになっていたが、大丈夫なようだ。
登り口横の商店でチャーイとパン。起きてから水しか飲んでいないからこれは美味しかった。

手前から、ガイドのクリシュナ君、ドライバーのRudraさん、フムラジさん

P2140217.jpg

まだ真っ暗な中を歩きだす。
クリシュナ君はスマホのライトで歩いている。
二人とも手には水を持っているだけ。後は何もなしの殆ど手ぶら状態。
こちらは雨具が入った小リュックを背負っている。
どうせすぐ暑くなってダウンは脱がなければいけないからその収納もあるのだ。

多分フェディ村の人にとっては生活路であるだろう石段を登り始めて約30分、案の定暑くなってきたのでダウンを脱いでTシャツにタオルの夏仕様。
ネパーリーは息も切れないのかなと思ったら、やはりハァハァしているのでちょっと安心。

暑くなってきた。

P2140218.jpg

ダンプス村まで高度差は約500m。

P2140233.jpg

P2140234.jpg

普通に家があって畑があって暮らしがある。
トレッキング客用のロッジや食堂もかなりあって旅行者にとっては便利が良い。
更なる高地にも普通の暮らしがあるわけでこの山道を日常に上り下りしているわけだ。
時々大きい道路にも遭遇するから、そういうところまでは、例えば建築資材なんかは搬入出来るだろうが、こういうダンプス村のような道が殆ど石段のような場所はどうするのだろうか。
昨日もストゥーパの補修工事だろうか、20kgのセメント袋を頭、つまり額にひもをかけて袋を背中に背負う状態で登ってくる人達を見たが、そんなこともするのだろうか。
ロバなんかも使うみたいだ。

シェルパとして生計を立てている人も大勢いる。
クリシュナ君のようにガイドで生計を立てている人も然り。

彼はまだ26歳。
日本語がうまい。
学校で勉強したそうだ。
兄2名は日本で働いているとのこと。
日本に対する憧れが強くて、是非日本に行きたいという。

日本のビザは取るのが大変らしく、年齢、収入、推薦、スポンサー(金主の意味ではないらしい)等色々条件が整わないと難しいらしい。
27歳からと言っていたからあと1年ということだ。

農業をやりたいと言う。
聞けば18歳で結婚して子供も既に2名いるとのこと。
出会って5分で結婚したと言っていたが習慣なのだろうか。

日本での給料とか平均所得のことなどを聞いてくる。
26歳普通のサラリーマンだと、年収は300万くらいだっけ。
日本では給料から税金、社会保険、健康保険等の天引きがあって手取り額はもっと少ないんだというとちょっと意外そう。

そんなこんな話しながら登ってオーストラリアンキャンプ到着。
ダンプスから高度差約500m。
昔、オーストラリア人がキャンプをした場所なのでこういう地名になっているとか。
立派なロッジや、建設中のものもあり、その名の通りキャンプ場もありキャンパーもいる。

P2140219.jpg

P2140220.jpg

P2140221.jpg

P2140222.jpg

P2140223.jpg

P2140224.jpg

P2140228.jpg

雲が取れてアンナプルナやマチャプチャレがはっきりと見えてきた。
昨日よりはかなり大きく見える。
ここはこのトレッキングルートのいわば宿場なのだ。
ルート上にはこんな宿場村が何か所かあって宿や食事を提供しているのだろう。
結構立派なロッジが建設中だ。

ここで大休止、お茶とビスケットで糖分補給。
写真などを撮っているうちにマチャプチャレ側から曇ってきた。

筆者とフムラジさん

P2140227.jpg

ここから登ってきたフェディ村までずっと下り。
あまり天気が良くないので短めのルートを選んで下ることになった。
下りはあまり暑くならないのでダウンを再び着込んでひたすら下る。
途中何か所か分岐点もあり、やはりガイドなしだとそれなりに準備する必要があるだろう。
特に早朝スタートだと真っ暗なので尚更だ。
それにガイドと話しながら歩くのはなかなか楽しいものだ。

途中山岳の小さな集落やダンプス村を回りながら下っていく。

P2140230.jpg

P2140231.jpg

P2140235.jpg

P2140236.jpg

P2140237.jpg

ネパールの国花だというシャクナゲが二人のお気に入りだ。
そういえばホテルの中庭にもあった。

シャクナゲの花を採ろうと木に登るクリシュナ君、木登りも得意技だ。

P2140229.jpg

LALIGURANSというのがシャクナゲのことだ。ダンプス村

P2140232.jpg

バスパークのような場所でRudraさんが待っていた。
土曜日は休日ということで、近所では子供たちがピクニック。
やはり大音量のポップスなんかを流している。
ラオスを思い出した。

帰り道、何か所か見所に寄ってくれた。

河川敷でたき火をしているのではなく、火葬をしているとのことだ。

P2140242.jpg

チベット難民キャンプ。
キャンプというイメージではなくて集落という感じだ。
ダライラマよ、永遠に! なんて落書きがあったりする。

チベタリアンキャンプ

P2140238.jpg

P2140239.jpg

P2140240.jpg

P2140241.jpg

オールドバザール。
築300年などという建物があちこちにあり、他の場所とは雰囲気が異なる。
超旧市街とでもいうものか。

P2140246.jpg

ファイルをダウンロード

ファイルをダウンロード

クリシュナ君、フムラジさんともFB友達になった。
最近はどうもこれが名刺交換みたいになっているらしい。

正午頃ホテル着。
中庭でお茶を飲んでいると、近所にアパートを借りて一年の半分くらいをここで暮らしているというアメリカ人夫婦が遊びに来た。
ネパール人の英語は今一つ聞き取りにくいところもあったが、アメリカ人の英語はよく聞き取れる。
話も弾んだ。

IMG_0751.jpg

本日の停電タイムは12~18時までで18時から翌朝4時まではONということになっている。
ラッキーと思っていても突然消えることがあるので油断は禁物だ。
朝も殆ど食べていないのにハングリー感があまりないので、ぶらぶらとレイクサイド北へ歩きながら食堂を物色する。

チベット料理のトゥクパとモモを食べる。
日本人にとっては、トゥクパは具沢山塩ラーメンの中盛りのような感じでなじみがある外見と味、モモはこれまた外見が餃子そっくりなので、ラーメンと餃子を食べている形になるが、当たり前だが中身は違う。

トゥクパ

P2140248.jpg

モモ

P2140249.jpg

ここのモモは皮がしっかりしていて具がジューシー、特に美味しかった。

レイクサイドを散歩しながらゆっくり帰って、午後の時間は読書したりネットをやったり。
フムラジさんがお茶をサービスしてくれる。
これがまたおいしいのだ。
日当たりの良い中庭でゆっくりと過ごしていたが、4時頃になると風が冷たくなってきた。
外から野外イベントのような音楽が結構な大音量で聞こえてくる。
音楽というよりは単なる騒音にしか聞こえない。
近所でイベントでもあるのか。堪んないな。

夕食は昨夜行った「たべものや」へ行こうと決めてある。

今日は天ぷら定食を頼んでみる。
ごはん、味噌汁、香の物、小鉢付きだ。
小鉢は茄子の煮びたし。美味しい。
昨夜の白百合の香りのRoxiを今夜は二杯いただく。
丁寧に仕上がって出てきたアツアツの天ぷらは野菜中心でパリッと揚がっていてとても美味しい。
素材は自店の農場で作っているということだが、高地で日本とできるものが似ているのではないだろうか。
普段、直売野菜を食べているので何となくこの店の素材の良さも分る。
鍋焼きうどんとかサバの塩焼きとか幕の内弁当とか他にも試してみたいメニューがいっぱいあった。

どんなものが出てくるか期待させる。

P2140250.jpg

P2140251.jpg

静かできちんとしたサービス、ここはお薦めです。
そして更に更にお薦めは、3日間お世話になったニュー・ポカラ・ロッジ。

マネージャーのフムラジさんのサービスは、対価のあるサービスの範囲をはるかに超えていた。
親戚の家に来ているような気分にさせてくれた。
3人で行った今日のミニトレッキングも本当に良い思い出になったし、お茶のサービスもありがたかった。
あまり干渉しない、それでいてどんな相談にもちゃんと乗ってくれるちょうど良い関係性も。
そういえばソウラハのサンタさんの立ち位置もそんな感じだった。
空気を読めるのはネパーリーの特徴かな。物静かな人も多いし。

ホテル自体も普段から掃除をきちんとやっていて清潔。
停電やホットシャワーはこの国の事情。
慣れてしまえばどうということはないのだ。
フムラジさんが言うには、次回からは旅行エージェントを通さずにfbで直接言ってくれとのこと。
とてもありがたい。

騒音は隣のホテルの野外レストランに入っているバンドの音だった。
表通り側には全然聞こえずこちらのホテル側にだけ響くのだ。
みんな我慢しているんだろうな。

明日は7:00朝食、7:30出発だ。

※ これを書いている4月アタマ、ネパール南部でサイが街中を暴走。1人死亡8人けがというニュースがあった。
案の定チトワン国立公園から侵入したインドサイ。どこの街か示されてはいなかったが、映像を見ているとソウラハへの入り口に当たるタティバザールではないかと思った。
別に柵もあるわけじゃあないし。
サイは見かけはごついけれど、草食でおとなしくて人を襲ったりなどはしない動物なのに。
最後は象4頭で追い立てて帰ってもらったとあった。
あのエレファントライディングのとき遭遇した光景と同じだ。
とても手厚く保護されているのでこんな状況でも処分しないのだ。
それにしても象というのは最強の生き物だ。

2015年04月13日

ネパール旅行記 7. カトマンドゥ・帰国

旅の記録(2015.2.ネパール)

7. カトマンドゥ・帰国

今日はカトマンドゥへ移動、一泊して明日は帰国だ。

7時頃、質素な朝食を採って8時出発のバスに乗るため7時半に出発。

P2150252.jpg

バスパークはすぐ近く、歩いて3分程度だがフムラジさんも一緒に来てくれる。
今日はポーランドから11名、ライトプレーンを楽しみに来るお客さんが来るということだ。
昨日までは他にお客さんは見なかったからハードになるな。

ポカラでは完全にホテルの供給過剰。
ピンからキリまで選び放題という感じだが、フムラジさんのところのような当たりを見つけるのは、旅行者との相性というものがあるから結構難しいと思う。

3日間とても楽しかった。
ポカラに来ることがあったらまた利用したい。
フムラジさんと再会を約してお別れ。

チケットは予め買ってあったので座席の指定だけを受ける。
グリーンラインバスはツーリストバスより少しグレードが高いとのことだが、乗り心地は同じようなものだ。
ただランチが無料で付いているところだけが違う。

8時半頃出発。
カトマンドゥは東へ約400km、約8時間のバス旅。

バスパークにも所謂物乞いが何人かいて、顔を合わせるとお願いをしにくる。
どこでも見られる光景だ。
観光地のホテルやゲストハウスは立派だが、バスが観光地を出て車窓から見える普通の暮らしは、掘立小屋に波板トタンあるいはスレートを乗っけて、その上に石を重しとして置いてある程度の住宅がひしめき合っている。
共同飲料水汲み場があって、水はそこから汲んでいるようだが飲めるのかどうかは不明。
下水を含めインフラはどうなっているんだろう。

あの掘立小屋群におそらくはネパール人の多くの暮らしがあるのだろう。
10年程前に王制から連邦民主制に変わったが、貧富の差が激しいようだ。
観光を仕事としていておそらくはきちんとした収入のある人達としか知り合えなかったので、本当はこういう暮らしを知りたいというのも本音ではある。

相変わらず中国人観光客は多いのだが、隣に座った体格の良い中国人が英語で話しかけてきた。
一人旅とのことで、中国人でこれはなかなか珍しい。
聞けばインドで仕事をしてからネパールを観光して中国へ帰るのだという。
仕事はMOLDを作る仕事だとのこと。
MOLD ????
簡単に言えばプラスチック等の成型をする金型というよりは技術だという。
金型なんていうのはちょっと古いけれど、今は様々な技術があるらしい。
H.P.(www.cd-lianyu.com.)を見てくれとのことだった。
名前はJames。
中国名じゃないねと言うと、インド・アメリカ相手の仕事だと中国名は分りにくいのだとのこと。
そこで、例えばジャッキー・チェンとかブルース・リーのような英語の通称名を使っているらしい。
中国人旅行者も1人だと物静かだ。
話題はもっぱらどこの国のホテルはどうだったとかの旅行情報交換。
お土産までもらってしまった。

ネパールのツーリストバスは日本の観光バスのゴージャスさに比べると劣るけれど、例えばラオスなんかに比べるとはるかに立派なものだ。
無料Wifiも使えるのが売り。
しかし一般のバスは中型でボロボロ、ドアもないのが殆どで、屋根まで荷物や人が満載。
落差が激しい。

主要道路と言われるポカラ・カトマンドゥ間のハイウェイといっても、日本の普通の県道並みの広さで、路面状態はデコボコ度Cランク。すぐに補修が必要なランクだ。

山岳道路だから路肩は崖。
ガードレールなどという気の利いたものはない。
時々大型トラックなんかが落ちたままになっているのも見受けられる。
ここをかなりのスピードで突っ走るのだが、荷物満載の大型トラックが先頭にいると渋滞。
それでも、全員が隙あらば追い越しをかける。
カーブや登り坂で見通しが悪いことなど関係なしだから、なかなかスリルがある。
二車線のはずなのに三車線になっていたりする。
これは落ちる筈だ。
日本では考えられない運転だ。
上手いというのか何というか。

ランチ休憩のドライブイン

P2150254.jpg

P2150253.jpg

ランチ休憩があって、午後もしばらく経った頃、バスはカトマンドゥ盆地に向かって下り始めた。
車、バイク、自転車、人の混沌が激しくなる。
ごみが散乱する道路。
道路から巻き上げられる埃も半端ではない。
道路わきにずらりと並んでいる粗末な商店は何を売っているのだろうか。
渋滞しているのだが、構わずに追い越して突っ込んでいく車やバイク多数。
渋滞の原因は変なところに駐車していたりとかのどうということもないことが原因で、これが日本だったらマナー違反として大変な非難を浴びるところだが、こちらでは皆無言だ。

15時半頃にバスはグリーンラインバスのオフィス前ではなくどこかの駐車場に到着。
初めての土地だったら途方にくれそうなところだが、二回目というのは強い。
初めにバスに乗った大通りを更に北に行ったあたりだと見当がつく。
案の定見覚えのある大きな交差点が見えてきた。

今日のホテルはタメル地区の西のはずれにあるNew Hotel Panda というおかしな名前のホテルだ。
よく酒を買いに行っていたスーパーの近くだ。
初めての土地は、初めのうちはどこをどう行くと何があるか、どこへ出るか狭い範囲でしか理解できないから、何かをランドマークにしておかないと位置関係が分らなくなってしまう。
だが、把握できる範囲が広がると東西南北でおおよその見当が付いてきて、この店はこういう位置にあったんだというような再認識ができる。
頭の中で地図の範囲が広がっていく感じだ

New Hotel Pandaもタメル地区のはずれとあるが、良く歩き回った範囲と非常に近い。
値段が随分安い割にはなかなか良さげなホテルだ。
部屋は広くて2ベッド、エレベーター付き、停電タイムも自家発電でしのげるとのこと、エアコンはないが電熱ストーブが置いてある。
久々の完璧なホットシャワーだ。

P2150255.jpg

ポカラから帰ってきたら、チトワン行きのお世話をしてくれたRimal氏と会うことになっている。
約束の時間より早くやってきた。
天気も今一つだし観光はもういいからと言おうと思っていたら、向こうも誘ってこなかった。
チトワンの感想などを聞かれてtrip advisorで当社のことを誉めてくれなどの要請。
世話にもなったし、その位のことはお安い御用だ。

かなり熱めのホットシャワーで埃を落として、荷物を整理したりしているうちに夜になってしまった。

夕食は、ムスタン・タカリ・チューロというタカリ族の店へ行く。

P2150261.jpg

P2150258.jpg

ここのRoxiは強い。泡盛の生のような味わいがある。

P2150256.jpg

そしてダルバートの中央には何か茶色いものが。
蕎麦かきなのだ。

P2150259.jpg

ネパールの高地はソバの栽培をしているとのことで、タカリ族というのはチベット系の山岳民族らしい。
結構いける。
相変わらずのおかわり責めでご飯まで出てくる。

水を持ってきてくれたのはご主人のミラン・ラズ・スベディ氏。
この人はとても流暢な日本語を話す。
日本滞在歴が長いのだろう。
この国では日本人だからだろうか、美味しいかどうかよく聞きにくる。
美味しいというととても喜んでくれるのだ。
勘定もとても安かった。

スベディ氏はついでに安くて偽物を売らない店を紹介してくれて、ついでに同行までしてくれた。
明日帰国だから、そろそろ土産を買おうと思っていたので渡りに船だった。
いつものスーパーでアップルフレイバーのウオッカはちょっと飽きたので、saufフレイバーなるものを買ってみた。
これが当たり。
かなり強いハーブの香り。
料理によく使っているものらしいが名前が浮かばない。

P2160262.jpg

2月16日、帰国の日だ。

新パンダホテルの朝食

P2160263.jpg

随分慣れてきたタメル街

P2160264.jpg

またドーハ経由で帰るわけだが、出発が20時50分と遅い。
12時にチェックアウトして18時頃までぶらぶらしていなければならない。
チェックアウトしてからどこかへ観光しようという考えはない。
土産は昨日買ってあったが、昨日目を付けてあったニットを何でも揃っている土産物屋で、香辛料をいつものスーパーで買う。
安い。

昼はすっかりお気に入りになったトゥクパ

P2160265.jpg

チェックアウト後は荷物をホテルに置いてお昼を食べたり、地理も大体把握できたタメル地区を散歩。
天気が良く暖かいので適当な時間にホテルの屋上で読書。
これがなかなか気持ち良い。

新パンダホテルの屋上からの眺め

P2160266.jpg

P2160267.jpg

16時頃になって風が出てきて冷えてきたのでロビーへ移動。
空港への車は18時に来るので、軽く食事をとりに行く。
前にも行ったチベット料理のギリンチェで、スープモモを食べてみる。
見てくれは水餃子だがこれが大変おいしかった。

P2160268.jpg

18時にホテルを出発。
New Hotel Pandaはおかしな名前で値段も安いのだが、地理的にも便利でとても快適なホテルだった。
初めからここでも良かったな。

旧市街のタメル地区を出ると車線が広くなり、仕事帰りの車や人で賑わっている。
大きなショッピングセンターがあり、商店も賑やかでこれが首都カトマンドゥの雰囲気なのだろう。
段々車が増えてきてついには全く動かなくなる。
この渋滞の加減は事故か何かだろうか。
空港まであと5分のところだ。
ドライバーも良く分からないらしい。
トイレに行きたい感もあるし、いっそのこと歩いてしまおうかと思ったが、じりじりと動き出してきたので我慢。
原因は先にある公園で明日からパシュパティナート(ヒンズー教の神様)のお祭りがあり、どうも前夜祭のようなことをやっていて、そこに車が集中するのに、例によって交通整理の悪いことが原因らしい。

お祭り会場のイルミネーション

P2160269.jpg

ここを通り過ぎると5分で到着。
15分で着くところを結局1時間かかった。
空港への時間は余裕を持って出かけるのが正解だ。
そういえばこんな経験は、サルバドールやリオデジャネイロでも味わったな。

空港は混雑している。
しかも信じられないことだが突然停電して真っ暗になったりする。
数秒で回復するが。
搭乗口も突然変更になったりするので気が抜けない。
ドーハ行きは定刻の20時50分発。

P2160270.jpg

ドーハ・ハマド空港着は23時50分だが、実際は5時間くらいのフライト。
ここで朝まで約7時間半過ごすわけだ。

行きは、帰りに時間があるからこの新空港をじっくり見てやろうと思っていたが、やっぱり横になりたい。

P2170272.jpg

ただで休めるスペースは沢山あって、目的別に選択できる。
例えばP.C.をやりながらとかひたすら寝たいとか。
照明を落としたリクライニングスペースはとても快適だが結構寒い。

P2170271.jpg

お祈り専用部屋もある。

P2170273.jpg

横になる前にビールでもと思って、レストランで頼んだらハイネケンの350が9us$。
機内で飲めばただなのに。さすがに金持ち国の空港だ。
空港としてはただで休めるスペースがたっぷり用意されていて、係員も親切でとても利用しやすい空港と感じた。

7時20分発のカタール航空810便羽田行(現在は812便)は昼間のフライトで殆ど大陸の上を飛んでいるから窓側が面白い。
カタール→パキスタン→インド→ミャンマー→中国→日本というルートのようだ。
わりと空いていて3席を占有できたので快適だった。
ドーハはよくテレビに出てくる砂漠の都市だ。
出発してあっという間に陽は真上に。
下界はまるで海の上を飛んでいるかと錯覚させるような一面の緑。
川があったり、道路、都市、集落が見えるので陸の上だと分かる。
明るいうちは面白いので動画を撮ったりする。
しかしB787のこの席はフライトデータも読書灯も不具合で、今どこ辺りを飛んでいるのかわからないのだ。
ま、3席もあるから文句も言えないが。

そうこうしているうちに夜になる。
羽田空港には予定より40分位早い22時10分頃到着。
約9時間半のフライト。
荷物を待っていたり入国、税関の手続きに思いのほか時間がかかった。
東京は冷たい雨が降っていた。
持って行った傘を初めて使った。

ネパールがどういうところか皆目分らずに行ってみたが、思ったより混沌としていた。
都市、交通、インフラ等の近代国家としての整備のされ方は日本とは及ぶべくもないが、これは日本と比べるからだ。
日本は都市、インフラ整備が行き届いていて、交通機関の正確さ、街や水の清潔さは殆ど世界に類を見ないのではないだろうか。
しかし、貧富の差はあるけれど人々には活気があって、古い街並みはしっかりと保存され、広大な自然公園に動物は手厚く保護され、動物と人間が共存する暮らしもある。
親日的な人が多く、日本語を勉強している、日本に行ってみたい、日本で働きたいという人達とも出会った。
物静かで控えめなところは日本人と似ているし、仏教やヒンズー教、チベット仏教等他宗教の国でもあるところ、海はないけれど収穫できる作物も日本と似ている。
そういえばクリシュナ君は海を見たことがないと言っていたな。

確かに清潔さ、正確さ、便利さ等はあればそれに越したことはないが、それだけではないだろう。
モノやシステムに細部まで支えられた社会は人間を脆弱にする。
停電も何とかして半端なインフラもそれなりにこなし、山の上の高地を耕し、象と共に生活する村があったり。
物静かで逞しい人々にとても親しみを覚えた楽しい旅だった。

2015年07月02日

2015・6 札幌

6月21日~25日にかけて北海道ツアーへ行ってきました。
仕事は札幌オンリー。
毎日、夕方には現地入りなので、広い北海道、あまり遠くへは行けません。
それでも時間をみつけては動ける範囲を散策してきました。

一日目は着いてすぐに本日の現場、アートホテルズ札幌入りでサウンドチェック、リハ、本番となり後は軽く打ち上げをして知人のK氏宅へお世話になります。

ライブ会場
IMG_0006.jpg

IMG_0007.jpg

実は北海道はもう数十年前に行ったきり縁がなく、久しぶりなのです。
その時はまだ学生時代で、東京で学生アルバイトの同僚の実家が北海道の人が結構多くて、更に中学校の同級生が北大生だったりで、夏休みの彼らの帰省先の実家へお邪魔したり、道内の色々なところを回った記憶があります。
あの頃は上野発の青森行き夜行列車の固い座席に10時間くらい揺られて、青函連絡船で函館に渡るというルートでした。
その時もすすき野でジンギスカンをご馳走になった記憶はありますが、街の様子は記憶の彼方。
北大構内で待ち合わせをして案内をしてもらった記憶はあります。

二日目の午前中は市街地を散歩してみました。

北海道には梅雨がないと言われていますが、気圧の谷に入っていて曇りがちで時々細かい雨が降ります。
少々肌寒い感じで、ちょっと歩いたり、日が差したりするとと長袖は暑いかなという印象ですが、ずっと半袖ではきついかも。
街は完全に碁盤目状に整理されているので慣れてしまえば非常に分かりやすい。
ブラジルのオーロプレットだったか、毎回、一回では帰りつけない街とは大違い。
ただし大都会でビルの様相、辻の様相が似ているので少々の配慮は必要です。

K氏宅から札幌駅の南側をぐるっと歩いてみました。
北大植物園も興味があったけれど、月曜日は休園日で残念。

IMG_0018.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0022.jpg

IMG_0021.jpg

噂に聞いていた通り、中国人観光客がやたらに多くてドラッグストアでは爆買いをしています。
世界中に多いですね、中国人観光客。
お昼はメンバーと近所の狸小路で炭焼きミニジンギスカン定食。

IMG_0026.jpg

街中であるにも拘らず公園の規模がやたら大きいことを除けば東京とあまり変わらない大都会という印象。

K氏宅を出て本日から3日間はホテル暮らし。
中島公園という、東京だと日比谷公園規模の結構大きい公園の入り口近くにあるビジネスホテル。
札幌駅からはひたすら南へまっすぐ行く道の突き当りが中島公園で、その途中に大通りやすすき野があるので分りやすいと言えば分かりやすい。

本日のライブ会場はK氏の弟さんが経営するこじんまりとしたイタリアンレストランです。
店の雰囲気、客層、料理等を見て演奏曲目や演奏内容を決めていきます。
料理や会話も楽しめるような演奏がレストランでは基本。

IMG_0028.jpg

IMG_0029.jpg

ライブ終了後はイタリアンもご馳走になりました。

IMG_0041.jpg

IMG_0042.jpg

IMG_0043.jpg

ホテルは値段の安さにもかかわらず、部屋もまずまずで朝食も充実しているのですが、機械音でしょうか重低音が聞こえているのが少々気にはなります。
繁華街から聞こえてくる音は全く気にならないのですが、重低音は気になってしまう質なのです。
耳栓でも手配しようかと思いましたが、酒を飲んで寝てしまえばさほど気にならなくなりました。

翌日は、午前中から電車で約30分で行ける小樽に行ってみることにしました。
銭函駅を過ぎると進行方向右側、線路敷地のすぐ下まで海が迫ってきます。
これだけ海が近い路線も珍しいのではないでしょうか。

IMG_0047.jpg

小樽駅は改築されてレトロな駅舎が再建されたらしく味わいのある造りです。

IMG_0049.jpg

まず港の方へまっすぐ行ってみます。

IMG_0048.jpg

手宮線廃線跡

IMG_0050.jpg

途中有名な運河があったりしますが、港は変哲もない場所でした。

IMG_0051.jpg

IMG_0052.jpg

漁港ではないので魚臭さはありません。
駅方向へ少々戻って東西に走る通りが堺町通りで、観光通りのようです。

IMG_0054.jpg

観光客用店舗多数で寺社の表参道のような印象です。
観光客奪取の気合が入っています。
ここでも相変わらず中国人観光客多数。

古い洋風建築物とか倉庫とか硝子小売とか色々と見どころはあるのですが、この表参道的人ごみはちょっと苦手なもので、南小樽駅方向へ歩いて行きます。
そんな中で興味を引いたのが小樽オルゴール堂。
パイプオルガンから自動ピアノ、手造りボルトオルゴールまで大小様々なもの、人形が動いたり色々な仕掛けがあったりでとても楽しめました。
店員さんの説明も丁寧でした。

IMG_0055.jpg

IMG_0056.jpg

ねじーボルトを使ったオルゴール、ボルタ。色々なポーズがあってよくできていて可愛い。

IMG_0057.jpg

表参道を離れてしまえば閑散としています。
南小樽駅前でお昼はラーメン。
中々のものです。
ここも一泊すれば表参道だけではなく、色々な場所を回れたなという印象がありました。

15時前にホテル着で仕度をして本日の会場へ。
ちょっと慌ただしい。
今日は前日と同じ経営者のゆったりしたレストランでディナーショー。
オーナーシェフはイタリアへ出張中ということで不在でしたが、スタッフの頑張りが印象に残った一夜でした。

IMG_0061.jpg

IMG_0069.jpg

IMG_0075.jpg

さて、翌朝。

これだけ近いのに、まだ中島公園を散策していないので朝の散歩。
カラスが多く感じられます。
巣の下でしょうか、歩いていると頭を掠めるように飛んできます。
多分威嚇じゃないかな。
広くて緑が豊かでジョギングするのに気持ちよさそうな公園でした。

IMG_0077.jpg

IMG_0078.jpg

IMG_0079.jpg

IMG_0080.jpg

散歩の後は一度は行ってみたかった円山動物園へ。

IMG_0083.jpg

ここはとても広い森林公園の一部にある場所なので、とても自然環境が豊かに感じられます。
内容はとても充実していて、門を入ってとにかく目立つのがキリン。

IMG_0085.jpg

後は写真でご覧ください。

IMG_0088.jpg

IMG_0089.jpg

IMG_0090.jpg

これは一体何なのか良く分からないが

IMG_0099.jpg

横から見るとこうなっているのが分かる。

IMG_0100.jpg

IMG_0107.jpg

IMG_0110.jpg

IMG_0113.jpg

IMG_0115.jpg

IMG_0116.jpg

中でも興味を惹かれたのは、オオカミ、爬虫類・両生類館。
毛の抜け替わる時期らしく、オオカミ、トラ、豹などはちょっとオンボロ感がある。

IMG_0095.jpg

彼は穴を掘り続けていた。

IMG_0101.jpg

IMG_0102.jpg

実物はとても小さいのだが、色といい形といいポーズといい「かえる!!」と言い切るのにふさわしい。
IMG_0104.jpg

IMG_0105.jpg

象はいなかったけれど、これはネパールで散々触れ合ってきたのでよしとして、昼食も忘れて3時間ほど楽しみました。

動物園というのは不思議なもので、子供の頃から何度となく行っているのですが、その年代によって心に残る動物や全体的な印象が変わります。
普通は家族連れや子供連れでしか行かないのかもしれませんが、旅行と同様に一人で気儘に行くのも楽しいものです。
今回も久しぶりでしたが、色々な旅先で動物園を探して行ってみたくなりました。

本日の会場は、札幌駅から北へ行った郊外のライブハウス。
レストランと違ってある程度マニアックな選曲をしていましたが、お客さんの様子を見て分かりやすい選曲に変えました。

IMG_0121.jpg

打ち上げは色々迷った挙句、やはり定番、すすき野のジンギスカンで締めました。

IMG_0122.jpg

翌日、東京行きの便は17時頃で時間がかなりあるのですが、小雨もぱらついていて、どこかへ出かける気分でもありません。
のんびり新千歳空港まで行って噂の新千歳温泉に入ってみるかと、各駅停車に乗り込みます。
各駅停車は快速と違って、駅名を見ることができるのが楽しい。
「平和」なんて駅があって、車内表示に「ただいま平和です。」なんてあると嬉しくなってしまいます。

新千歳温泉は空港ビル内に在って、露天風呂からサウナ、岩盤浴、とても広くて快適な休憩室、安眠室、食堂と申し分のない快適な施設でした。
殆ど24時間近く営業していて、ここなら何時間でも過ごせそうです。
成田空港にもこんな施設があったらLCCの時間も気にする必要はないのにと思いました。
ここで4時間近く過ごして成田空港行きに搭乗しました。

というわけで、札幌の中心部はあまり特徴のない大都会の印象でした。
ただ、雪の季節になると印象は変わる筈です。
その頃に来てみたい。
この季節、北海道は都心ではなくて地方へ行く方が楽しいと思いました。
仕事と関係なく時間を充分に取って回ってみたいものです。

ではでは


2015年07月20日

JR久留里線の旅

先日、とても天気が良かったので、かねてから乗りたいと思っていたJR久留里線に乗ってきました。

首都圏近郊では殆ど見られなくなったJRの非電化路線です。

まあ何時でも行けるわけですが、こういう記事をネット上に発見。

「君津市高水のJR久留里線上総亀山―上総松丘駅間で7月11日午後7時25分ごろ、上総亀山発木更津行き上り列車(2両編成)が、線路を横切った鹿1頭をはね、停車した。乗客はおらず、けが人はいなかった。
 JR千葉支社によると、鹿は即死。乗務員が死骸を撤去し、車両を点検したが異常がなかったため、約18分後に運転を再開した。上下2本が運休、乗客2人に影響した。
2015年07月13日(千葉日報)」

鹿をはねて停車、乗客はなし。上下2本が運休、乗客2人に影響とは、首都圏近郊にありながら秘境路線のような趣ではありませんか。

この記事を見て、行ってみたくなったわけです。

久留里線の始発駅は木更津駅。
途中の久留里駅までは1時間に1本程度あるのですが、終着の上総亀山駅までは1日に6本。
久留里駅でゆっくり昼食をとって上総亀山駅に向い、約15分後に折り返す同じ列車に乗って帰ってくるというプランです。
上総亀山駅近辺には温泉もあるということで、それも惹かれはしますが、この折り返し列車に乗らないと次は3時間後になってしまうので、車で来た時に訪れる方が良いでしょう。

木更津駅
IMG_0224.jpg

気動車は冷房完備のきれいなワンマン車両。
近所の小湊鉄道の旧国鉄色キハとは大分違います。

木更津駅を出て程なく田園地帯。
緑色の稲が風に揺られる様子は、まるで緑色の海に波が立っているようで幻想的な光景でした。

IMG_0236.jpg

久留里駅
IMG_0235.jpg

IMG_0237.jpg

IMG_0226.jpg

久留里駅は名水百選に選ばれた里ということで、街のあちこちに水汲み場があって、飲用のそこにはタンク持参で水を汲みに来る人も結構いるようでした。

IMG_0227.jpg

IMG_0232.jpg

この水を利用した古くからの酒蔵も駅近くに2軒あって、それぞれで購入してみました。

IMG_0234.jpg

IMG_0248.jpg

暑い昼下がり、出歩いている人もあまり見かけません。

とても良い雰囲気だが、丁度昼時で混んでいた。
IMG_0229.jpg

結局蕎麦屋さんで昼食。
IMG_0230.jpg

IMG_0231.jpg

上総亀山駅までは3駅、民家もあまり見えなくなって森の中を進んでいく感じです。

終着の上総亀山駅で線路は途切れています。
もう十数キロで外房に出るところです。

上総亀山駅
IMG_0244.jpg

IMG_0246.jpg

IMG_0239.jpg

IMG_0242.jpg

駅の付近には民家が数棟。店らしきものは見当たりません。
もちろん無人駅。

IMG_0245.jpg

IMG_0243.jpg

この辺りはダムや温泉もあるということですが、車で来るところなんでしょうね。
しかし非電化路線には趣と地元の足としての役割があります。

約15分で折り返し列車は出発してしまうので、駅近辺をぶらっとするしかありません。
帰りの列車、ちょっとうつらうつらして気がついたら普通の市街地の風景。

こういうのんびりさはローカル列車ならではのもの。
車だとどこにでも行ける気軽さはありますが、列車だと連れられて行く意外性があります。
特に各駅停車の旅は駅名や景色をのんびり楽しめるということも格別。
ビールも飲めるし。

こんなに近場の小さな旅も、少し日常から離れられて良いものですね。


2015年10月02日

大日影隧道

中秋の暑くもなく寒くもなく良い季節。

とても天気が良くて空気も乾燥してさわやかだったので、かねてから興味のあった大日影隧道へ行ってみることにしました。

ここは、廃線になった1.4kmの鉄道トンネルを、線路や標識等の当時の施設はそのままにして遊歩道となっているという珍しい施設です。
つまり、鉄道トンネルを1.4km、通年歩くことができ、しかも入場無料という、プチ鉄にとってはとても楽しい場所なのです。

線路上を歩くというのは何故かとてもわくわくするものがあり、最近では屋久島縄文杉への道程とか、古くはSLの写真を撮りに米坂線の線路を歩いた(本当はいけないのだろうが)ことを思い出します。
場所は、中央本線勝沼ぶどう郷駅徒歩すぐ。

1903年(明治36年)に開通し、1997年(平成9年)に新トンネルが開通したために廃線になり、その後旧勝沼町(現在は甲州市)に譲渡され、2007年(平成19年)に遊歩道として整備されたと案内板にあります。

自宅を10時頃出発して、京成線、都営新宿線、京王線、中央本線と乗り換える激安ルートで13時過ぎには勝沼ぶどう郷駅着。

IMG_0397.jpg

勝沼はブドウ作りで有名な扇状地で、駅は扇状地の上部の方にあって(つまり市街地にはない。)、見晴らしはとても良いのだけれど駅前は住宅と葡萄畑で商店はほとんどありません。

IMG_0366.jpg

1軒だけあった食堂で遅い昼食。

IMG_0362.jpg

IMG_0361.jpg

駅から東へ歩いて行くと公園があって、懐かしやEF64がとてもきれいな状態で展示保存されています。

IMG_0363.jpg

旧ホーム跡
IMG_0365.jpg

しばし見とれて、左手階段を昇ると大日影隧道入り口です。

IMG_0367.jpg

IMG_0368.jpg

中秋とは言え、日差しが強いので温度が上がってきていますが、トンネルに入るとひんやりしてきます。
一枚羽織らないと寒い。

IMG_0369.jpg

IMG_0370.jpg

IMG_0373.jpg

IMG_0377.jpg

IMG_0378.jpg

IMG_0379.jpg

この辺りから線路中央に開渠水路が設置されている。とても珍しいらしい。
IMG_0381.jpg

IMG_0383.jpg

トンネルは煉瓦作りで、蒸気機関車や気動車が走行した期間が長かった名残りのすすやばい煙がこびりついて良い感じです。
そのような様子は照明があるので分るのですが、これが実に絶妙な感じのライティングで、この世のものとは思えない幻想的な空間を生み出しています。
所々にある待避所に置かれているオブジェもそんな雰囲気を後押ししているように思えます。

IMG_0372.jpg

IMG_0376.jpg

IMG_0382.jpg

オブジェと休憩所
IMG_0394.jpg

IMG_0374.jpg

歴史説明のパネル
IMG_0371.jpg

標識
IMG_0393.jpg

保線用の車両
IMG_0384.jpg

施設自体きれいに保存されていて掃除等も行き渡っているようで、とても快適。
直線なので1.4km先の出口がポツンと小さく見えていて、進むにつれてそれがだんだん大きくなってきます。
東京駅からのキロポストがそのまま保存されています。
片道のんびりと30分ほどかけながら見学。

これは直線だから往復2.8kmで何往復かジョギングしたら、夏でも涼しいからいいだろうなとは一瞬思ったけれど、全く日の当たらないところを走るというのもちょっと悲しいかなと。

出口に至ると、更に先に深沢トンネルというものがあります。

IMG_0385.jpg

IMG_0389.jpg

こちらは入り口をふさいであって、隣接する休憩所兼管理事務所に申し出ると中を見せてくれます。
中は、低温を利用したワインカーブになっていて、個人所有のワインも多数保存されていました。

IMG_0390.jpg

IMG_0391.jpg

帰りも再び隧道を戻ります。

IMG_0388.jpg

IMG_0386.jpg

16時閉門。
今回は隧道が目的だったので、ワイナリー見学はしないで帰ります。

例えば、昼過ぎまでに隧道見学を終えて、後は夜までワイナリー見学と試飲をくり返し、そのまま市内で飲みに入ってしまうというのも素敵なコースかもしれないなあと思いました。

帰りは、大月駅から中央特快東京行。

都内で夜遅く大月行の中央特快を見かけることはあるけれど、この区間で乗るのは初めて。
とりわけ、高尾以西の中央本線ローカル車両では通常の、乗客が自身でボタンでドアを開閉する方式をあの中央特快車両で経験するのは初めてでした。
普通、都内で中央線に乗っていてもあのボタンを利用することはないわけで、通常はトマソン的(赤瀬川源平氏の表現ですが)オブジェとしか意識していないボタンが、ある瞬間から意味のある道具として利用されるというのは新鮮な驚きです。

というわけで、夕食時間帯までには帰宅できる非日常空間を味わった小旅行でした。

2015年10月19日

秋の超小旅行

この10月中旬というのは天気も比較的よくて、空気もさわやかで、朝から晴れていると、ふらっとどこかへ出かけてみたい気持ちになります。
一日空いていればある程度足を延ばすことができますが、夕方から予定がある日は近場で気になっているところへ行ってみます。
成田空港へ行く途中、京成線の京成佐倉駅の一つ成田寄りに大佐倉という駅があり、以前からここで乗降客はおろか、人がいたのを見たことがありません。
何かで東京近郊秘境駅と紹介されていたのを見たことがあり、一回散策してみたいと思っていました。
で、とてもさわやかに晴れ上がった10月中旬のある日、出かけてみました。
自宅最寄駅から約30分ほど電車に乗って、大佐倉駅着。
IMG_0398.jpg

IMG_0399.jpg

IMG_0400.jpg

小生の他に誰も乗降客はいません。
これは深夜降り立つと怖いだろうな。
終電で酔っ払って乗り過ごしたくはないでしょうね。
バスはおろか、タクシーもいる気配はない。
今日は工事関係者の人が若干名見受けられました。
京成佐倉駅へ向かってゆるりと歩いて行きますが、住宅も見受けられます。

IMG_0402.jpg

京成佐倉駅から次の京成臼井駅までは距離もあり、結構見どころもあります。
印旛沼棲水路の周りに広がる田園風景を見ながら誰もいない道を歩いて行きます。
とても気持ちが良い。

IMG_0403.jpg

IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0407.jpg

IMG_0408.jpg

IMG_0409.jpg

IMG_0410.jpg

これはなかなか共感を覚えるというか、努力したなとか・・・・・・
IMG_0411.jpg

で、行きついたところが風車を中心とした公園。
ここは春先に電車から見るとかなり広大なチューリップ畑になっていたところですが、この季節はコスモス畑。

IMG_0414.jpg

IMG_0415.jpg

風車はオランダから運んできた本格的なものでした。

IMG_0418.jpg

IMG_0419.jpg

風車の内部
IMG_0422.jpg

IMG_0423.jpg

IMG_0425.jpg

大佐倉駅~京成臼井駅約10km、徒歩約2時間の小旅行ですが十分に楽しめました。
費用は、往復電車賃と水、100円のみ。
次も気になるところへ行ってみたいと思います。

2016年03月14日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅  第1章 2/21~2/22 出国・マラケッシュ

久しぶりのブログ更新です。
実に、2016年初めて。
さて、今回からは毎年この時期になると行きたくなってくる、海外の旅、紀行文を掲載します。
今回は、2月21日~3月9日までモロッコ・スペイン・ポルトガルを旅してきました。
回数を分けて掲載していきます。
お楽しみ、あるいは参考にしていただければ幸いです。

第1章 2/21~2/22 出国・マラケッシュ

3年前のブラジル行きの際に搭乗したエミレーツ航空EK319、あの時は総二階建てで世界最大の旅客機A380だったが、今回はごく普通のB777。
成田空港22時発で5時ドゥバイ空港着なので真っ暗なフライトのはずだ。
比較的空いている。
カウンターで通路側の席に変更してもらう。
一つ空いた窓側の席にはブラジリアの大学に留学するという京都の大学生K君。
夜便なので節度ある交流をする。
聞けば、半年の留学で海外も初めてだという。
お父さんが趣味でビリンバウをやっていたとのこと。
親戚に女性ピアニストがいるという。
わりと珍しい苗字なので、確かそのような苗字のジャズピアニストがいたような気がする。

日本海を抜けて中国大陸に入るまでかなりの揺れ。
これでは食事はとても無理だ。
静かになってから夕食。この便は夕食、朝食と二食。
エミレーツは食事もエンターテインメントも充実していて好きな航空会社だ。
隣が空いているので足は伸ばせたりするが、やはり1時間位しか寝れない。
大陸に入ってからはずっと静止しているかのような静かさだった。

IMG_0571.jpg

ドゥバイ空港へは30分程早く到着。
相変わらずの賑わい。
次の便のエリアは10分位の徒歩移動で済む。
しかも待ち時間は約2時間ととても楽。横になって休息。
カサブランカ行きもそんなに混んではいない。
今度は昼間のフライトなので、成田で窓際にしてもらった。
日本ではこういう細かいサービスを受けることもできる。
正解だった。
アラビア半島→シナイ半島→アフリカ大陸→地中海→北アフリカと眼下の様相がどんどん変化する。
アフリカに入ってからは、茶色の山と大地、緑のオアシスが点在という感じになる。

マヨルカ島
IMG_0575.jpg

そして、12時30分頃モロッコ王国カサブランカ・ムハンマド5世空港着。

IMG_0579.jpg

IMG_0580.jpg

きれいで近代的な空港だ。入国審査は並んでいるので時間はかかるが手続き自体はスムーズで荷物受け取りも然り。列車の案内板通りに進み、マラケッシュまでの切符を買った。
事前の調べでは、カーザ・ボワイヤージュという駅で乗り換える必要があるということだったが、実際は次の駅、カーザ・オアシスという駅で乗り換えということだ。
空港の地下から発車する14時発の鉄道に乗れた。

IMG_0582.jpg

今回の旅、モロッコはアラビア語とフランス語、あとはスペイン語とポルトガル語。
ポル語はブラジルへ行ったとき少しは勉強したけれどフランス語は40年前の大学の第二外国語以来、スペイン語はほとんど分らない。フラ語は昨年11月頃から教本を買って多少勉強し、ポル語も一応復習してはみたものの、スペイン語は時間切れだし全体的に全く自信はない。
フランス語圏は英語はあまりポピュラーではないと聞いているが、切符売り場では向こうから積極的に英語で聞いてきた。こちらはあやふやなフラ語で応酬。
とにかく乗車はできたのだ。

マラケッシュまでは約3時間、東京・名古屋くらいのイメージか。
初めてなので一等車の座席を買う。
二等は混んでいるが一等は空いている。
ここで同席したユセフ氏と少し話す。
乗換駅の確認をさせてもらう。
車内で買ったクロワッサンを分けてくれたりする。
フラ語も少しは通じたようだ。
初めて接したモロッコの民間人は、とても紳士的で親切な人だった。

IMG_0584.jpg

列車は3両編成の客車列車。快速列車らしく次の駅までかなり走るようだ。
スピードも結構ある。

IMG_0583.jpg

Casa Oasis駅で近くの席のアルゼンチン人らとこっちだこっちだと乗換ホームへ。
ここで突然の夕立。

IMG_0585.jpg

駅は日本の田舎の駅のたたずまい。
写真を撮っていたら、駅員が、それは駄目だ。撮ったものを削除しろと言ってくる。
うわさには聞いていたが何故か鉄道、鉄道施設の写真撮影はご法度らしい。
携帯の写真は消えてしまったが、それまでに撮っていたデジカメの写真はかろうじて残った。
しかし、何本も列車をやり過ごしてもなかなかマラケッシュ行きの列車はやってこないのだ。
本当に来るのか不安になり始めた約1時間後に長い編成の列車がやってきて、これがマラケッシュ行きらしい。
ここでようやく切符に記されていた車両No.と座席番号の意味が分った。
この辺はわりと正確なのだ。
空港と同じ方向へ走り出す。

一等車は6席のコンパートメント。
空港からの列車は3両編成でコンパートメントもなかったので、京急の空港線のようなものだったのだろうか。
同席する客は4名。
皆ビジネスマンのようだ。
携帯は使い放題。
シートはゆったりしていて、時差と睡眠不足で眠気が襲ってくる。
列車はかなりのスピードを出している。関西の新快速ぐらい速い。

IMG_0586.jpg

IMG_0587.jpg

市街地を離れると車窓が段々面白くなってくる。
砂漠ではなく土漠という感じの丘がどこまでも連なっている。
緑は殆どサボテンだ。サボテン畑もある。
短い緑は牧草か。
牛もいるがヤギが多いようだ。茶色いヤギ。
両側に果てしなく続く地平線。
人家など何もないところを走行している。
時々ヤギを追う遊牧民が行き来する。
日本ではありえない風景だ。
土漠の上だからなのだろうか、雪の上を走行しているような静けさで、眠気もあって気が遠くなっていくような気がする。
20分おきくらいにどこかの駅に停車する。
車内アナウンスのマラケッシュの順序が何だか変なような気もするし、本当に終着駅なのだろうか。
日も暮れかかった18時半頃、彼方に蜃気楼のように大きな街が見えてきた。
どうやらあれがマラケッシュの街らしい。

IMG_0589.jpg

とても美しいマラケッシュ駅。
もうすっかり日は暮れた。
ホテルの場所は地図上では把握していたが、荷物があることと初めての街は安全を金で買うという意味でタクシーを使う。
100dhという、後で考えると随分と吹っ掛けられたものだが初めは仕方がない。約1200円だ。
さすがにホテルの前まで行ってくれる。
町の印象は暗くてはっきりとしたことは言えないが、多分大都会だ。
メディナの中、旧市街の佇まいは、趣があると共に夜は不気味さが漂う。
あちらこちらに人が佇んでいる。
ホテル・ル・ガリアにチェックイン。
変なフラ語と英語のちゃんぽんで十分行けるようだ。
部屋は小さめだが清潔そう。ベッドはダブルの大きさ。
吹き抜けの中庭が美しい。
人なつっこい猫が何匹もいて、すり寄ってくる。

IMG_0590.jpg

IMG_0591.jpg

IMG_0602.jpg

機内食しか食べていないので腹ペコだ。
いつもの常で到着後のビールを飲みたいので聞いてみる。
ビールやワインはタクシーで行かなければならないところにしか無くてしかも高いという。
さすがにイスラムの国だ。原則、飲酒は禁止なのだ。
外国人は例外だがとても面倒くさそうだ。
今回はあきらめるか。

で、噂に聞くジャマ・エル・フナ広場の屋台に行ってみることにした。
かなり近いようだ。

IMG_0647.jpg

IMG_0597.jpg

フナ広場からクトゥビア・モスクを臨む。
IMG_0601.jpg

広場の光景を初めて見て相当にびっくりした。
噂には聞いていたがなんだこれは!!!
広大な広場に光の渦!!と見えるのは無数の屋台の織り成す光、そして音、太鼓や重低音、人声、
笛・・・・・・諸々。
広場一杯の大道芸と屋台、繰り出す人々。
平日の夜なのだ。
どうもこれが毎日続くらしい。
まあ、日本とは異なる国だとは言ってもこれほどすごいとは。
音楽が多いのが楽しい。
ただ、写真でも撮るとチップを要求される。
これは、大道芸に対する投げ銭として当たり前のことだが、慣れていない人には不当な要求と思われるかもしれない。
この辺りがガイドブック等にあまりよく書かれないところの所以となっているのだろう。
皆、酒が入っていない筈なのにのにこのテンションの高さ。もし酒が入ったらどうなってしまうかと考えるとイスラムの教えは正解なのかもしれない。

投げ銭をするとこういうサービスも。
IMG_0598.jpg

屋台からはとにかく声をかけられる。
日本語の掛け声も多数。

IMG_0593.jpg

IMG_0592.jpg

IMG_0594.jpg

今晩は何でも良いのだが、とりあえずモロカンサラダとチキンのクスクスにしてみる。
サラダはトマトの細切れにパクチーのビネガー味。クスクスには鶏もも焼きが乗っている。
甘いミントティー。
パンもあるので量が多い。
味はまあまあというところか。

IMG_0595.jpg

IMG_0596.jpg

これがエスカルゴなのか・
カタツムリ煮。オレンジジュースは噂通りの激美味。
大道芸もそこそこに楽しんだ。

今日は、時差ボケと寝不足で疲れている。
酒も買えないので、水を買って、帰ってシャワーを浴びてたまらず寝てしまった。
明日は歩き回ろう。

2016年03月20日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第2章 2/23 マラケッシュ

第2章 2/23 マラケッシュ

昨日は旅の疲れもあって、しかも酒も飲まずに早く寝てしまった。おかげで4時に目が覚める。
まだ外は真っ暗。
今日の予定を立てたり、日誌を書いたりしておそらく街が目覚めるであろう時間まで過ごす。
まず初めにやることは朝食。これは、フナ広場へ行けば何かあるに違いない。
そして必ずやらなければいけないのが、明日のメルズーガ行きのバスチケットをゲットすること。
売り切れてしまう可能性もあるのだ。

明るくなった7時半頃から行動開始。
朝は日本並みの冷え込み。防寒がしっかりしていないとダメ。
セーターとダウンで正解だ。

IMG_0606.jpg

フナ広場は昨夜の喧騒が幻だったかのように静かなただの広場になっている。
掃除人が沢山いて、目立つごみも落ちていない。きれいだ。
周りのカフェとオレンジジュースの屋台は開店し始めている。
カフェでパンケーキとコーヒーにオレンジジュースの朝食。
ボリュームたっぷりで美味しくて20DH(約240円)は安かった。

IMG_0604.jpg

IMG_0605.jpg

明日乗る筈のバス、Supra toursの事務所は、昨日降り立ったマラケッシュ駅のすぐ近くにあるとのことなので、フナ広場脇のバス停が集中しているところでマラケッシュ駅を通るバスを探して待つ。

クトゥビアモスクは目印にとても便利だ。
IMG_0607.jpg

IMG_0609.jpg

IMG_0610.jpg

バス停④-No.5のバスを見つけて(係のおじさんがいるので便利だ)、マラケッシュ駅まで何と4dh。
昨日のタクシー料金は25倍だった。

IMG_0611.jpg

マラケッシュ鉄道駅
IMG_0612.jpg

二日目の街歩きで地理を大体把握することで当地での無駄な金はなるべく出ていかないようにする。
駅近くのONCF(国鉄)事務所でバスチケットをゲット出来て一安心。
まだ、時間は午前9時を回ったばかり、今日はフリーなので新市街地から旧市街へ歩いて帰ろう。
駅のトイレはタダだし、わりと清潔なので利用しやすいのだ。
wifi無でも使えるGoogleマップを見ながらATMを使ったりしながらのんびり歩く。

IMG_0613.jpg

IMG_0616.jpg

ただ、そうのんびりんもしていられなくなってきた。
陽が高くなるにつれてアフリカの強い日差しが照りつけてくる。温度がどんどん上がってくるのだ。
寒い時間に出てきた格好ではきつい。
一旦戻って着替える必要がある。

今日は雲一つない快晴だ。
南側に見える雪を抱いたアトラス山脈の白い山並みが美しい。

IMG_0617.jpg

確か4000m級の山もある筈だ。
日本アルプスのふもとの街のようだ。
まだ午前中だから、迷路と言われるスーク(市場通りと言っていいのだろうか。)を歩いてみて昼食をどこかで取ろうと計画する。
明るくなって分かるのだが、泊まっているホテル・ガリアとフナ広場はすごく近い。

フナ広場とお茶
IMG_0619.jpg

昨夜、幻想的に見えていたクトゥビアモスクの見え方で、迷ってもフナ広場との大体の位置関係はつかめるのだ。

スークの道は狭く、人、自転車、バイク、自動車、馬車、ロバ車等がひしめき合っている。

IMG_0620.jpg

IMG_0621.jpg

IMG_0622.jpg

IMG_0623.jpg

那覇のマチャグァーと少し雰囲気が似ているが、こちらは迷路だ。
しかも、さすがに腕は引っ張られないものの、呼び込みは強烈で落ち着いて商品を見る気にはなれない。
そして、呼び込み、物乞い、乞食等々。
値札は殆ど付いていない。
どうも値段もあってないようなものらしい。

温度はどんどん上がって暑さが激しくなってくる。
なんだかくらくらしてくる。
歩き回って昼も過ぎてしまった。
フナ広場の周りには広場を見下ろすことができるテラスがあるレストランが囲んでいる。
その一つに入ってみる。

空いているし、アトラス山脈もくっきりと見える。
とても落ち着く。

IMG_0626.jpg

IMG_0625.jpg

IMG_0627.jpg

コーランの放送が広場に響き渡る。
何だか学生時代の革マル派のアジ演説に似ている。
これから何回も食べるであろうタジン鍋を頼んでみた。
牛と鶏卵だ。
オリーブの実の漬物が出てきて、ビールがあったらさぞ美味しく飲めるだろうと思うのだが、イスラム圏だからご法度。

IMG_0628.jpg

IMG_0629.jpg

出てきたタジンは絶品だった。

IMG_0630.jpg

タジンてこんなに美味しいものなのか。
ビールがあったらいくらでも飲めそうだ。
しかし、そこはお茶でいただく。
パンを使ってもすごく合うソースだ。
これは一体どうなっているのか。
さらにポテトも付いたりするので、パンと一緒にお持ち帰り。
屋台のオレンジジュースと一緒にホテルへ持って行けば、ティータイムが過ごせるのだ。
普段のこういう状況だとビールを飲んでしまうのだが、早くもティータイムなどと考えている日和見主義者だ。

ホテルの中庭。リヤド(邸宅)の中庭
IMG_0632.jpg

明日のバスは、調べたところによれば、まずドライバーに終着のメルズーガのほんの少し手前のハシ・ラビト村へも寄ってくれと注文を付けて、そこで降りて、かつ到着が21時頃なので、宿の迎えの人と会えないと砂漠の街で路頭に迷うという可能性があるので、行動計画を考える。
まあなんとかなるだろう。
ちっとも考えていないのに、考えたつもりになって安心してうとうとしてしまった。
歳のせいなのか、ちょっとうとうとすると行動が億劫になる。

しかし、まだ15時頃で陽は高い。
明日は移動だから、決めていた史跡地区へ行くことにして、起き上がって行動再開。
結構頼りにしているGoogleマップは突如道案内が始まったりするのだが、正確だ。
おかげで、アル・マンスールモスクへもすんなり行ける。

IMG_0634.jpg

IMG_0636.jpg

IMG_0638.jpg

IMG_0639.jpg

木彫りやタイルの美しさが印象的だ。
日本人団体観光客を見かける。
日本人はわりといるみたいだ。
その代り、あれほどどこでも沢山いた中国人観光客は全くと言っていいほど見かけない。
フナ広場へ戻って少し買い物をする。

値札はない。
250と言ってきたので高すぎるから120にしろと言うと、200だと言う。
ならば150と言うと握手を求めてきて商談成立。
品物は悪くないのに、何故こんな面倒な商いの方法なのだろう。

17時頃、まだ日は高いが、フナ広場ではそろそろ大道芸が始まっている。

IMG_0646.jpg

IMG_0641.jpg

投げ銭をすると、このようなサービスも。
IMG_0642.jpg

この時間帯は、音楽よりもビジュアル的な猿回しとか、身体雑技とかの大道芸が多いようだ。
漫画のような笛でコブラを操る蛇つかいというものを初めて見た。
ホテルへ戻って夕食時まで休憩。
この頃になるとフナ広場から宿までの最短の怪しげな道を覚えた。
二日目からのいつものパターンだ。

IMG_0640.jpg

20時過ぎ、再びフナ広場へ。

IMG_0647.jpg

昨夜と変わらない熱気、人出。
大道芸の種類も増えた気がするし、人出もかなりのものだ。
昼間のビジュアル的なものから、夜は音楽が中心になってくる。
エレベそっくりな音でフレーズを延々と繰り返すのは電気ゲンブリ、これに打楽器、バイオリン、唄、踊り等が絡んでモロッコ風ソウルミュージックとでもいうのだろうか、グナワミュージックを奏でている。
円陣を組んで色々な楽器が絡んできて大規模パゴージ的になっているものもあれば、少人数でアコースティックなものもある。
やはり大音量の方が人だかりは多いようだ。
ずっと聞いているとトランスミュージックのように幻惑的な気分になってくる。

今晩はケバブを食べたくなって、誘われて屋台の一つに座る。

IMG_0649.jpg

IMG_0652.jpg

IMG_0651.jpg

ここはハズレ。
大して美味くもなく量だけは多いが、注文したかどうか怪しいようなものも出てきて値段も高い。
昼間はきちんとしたレストランだったから注文と計算もはっきりしていたし味も確かだった。
やはり、空いている屋台というのはそれなりの理由があるわけだ。
ま、雰囲気も楽しんだし法外と言えるものではないので、オレンジジュースで口直しをして帰路につく。
相変わらず、ハシシ、大麻だかの売人がすり寄ってきたり、キメまくったような女性が道端に座り込んで何やら叫んでいたり、物乞い、乞食、客引き等々、混沌の世界だ。
鉄道駅でも見かけたが、むき身の銃を持ったポリスが3人組でそこここにいる。
時世柄、分かる。
毎晩いったいどのくらいの人がフナ広場にいるのだろうか。
車やバイク、馬車やトゥクトゥク等も侵入可能なのだ。
もしここが標的になったらなどと考えるとぞっとする。

混沌を現実化したようなジャマエルフナ広場、どのようにしてお開きになるのか見てみたい気もして去り難くもあったが、明日は12時間のバス旅、体調を整えておくことが肝心。
怪しげな細い道を宿に引き上げた。

深夜のホテル猫
IMG_0653.jpg

2016年03月27日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第3章 2/24 マラケッシュ→ハシラビト

第3章 2/24 マラケッシュ→ハシラビト

今日はいよいよ砂漠行き。
8:30発のsupra toursのメルズーガへ行くバスに乗る予定だ。
昨日チェックしたマラケッシュ鉄道駅の隣、CTMターミナルから出る。
余裕を見て、早朝6時半頃に朝食を探しにフナ広場方向へ。

まだ真っ暗。
しかし、しっかり食べておかないと、この先約12時間のバス旅の体調を整えることはできない。
どこもやってはいないようだが、それでもパン屋というかブラッセリーか、ただ一軒開いている。
店内でクロワッサンとコーヒー。
これは当たり。
以前はフランスの支配化にあった国、クロワッサンが美味しい。

IMG_0654.jpg

IMG_0655.jpg

7時半頃にはバスステーションに到着。
チケットは昨日買ってあるので、荷物タグを5dhで購入。
バスに乗り込んでハシラビト村へ寄ってくれとドライバーへ言う。
通常のルートらしく、問題はないとのこと。
ここで日本人旅行者のT君と出会う。
同じハシラビト村のWilderness Lodgeへ行くという。
同行者もいるので少し安心した。
これから12時間の長旅だ。

IMG_0656.jpg

バスは9時頃出発。
到着は21時頃だ。
市街地は渋滞したりしている。
何だか同じところを回っているような気がしているが、市内各処でお客さんを乗せて、車内はほぼ満席だ。
クッションが良くて乗り心地はとても良い。
バスの長旅、さぞや退屈だろうと思っていたが、とんでもない。
オートアトラス山脈に向かってどんどん登って行く。

IMG_0657.jpg

IMG_0658.jpg

雪山だ。
アフリカの雪山!!!

IMG_0660.jpg

IMG_0661.jpg

しかし土は赤い。
家々が赤土からそのまま生えているように見える。
山肌がそのまま家になっているように見える。
小生の席は前から2列目。前方がよく見える。

IMG_0670.jpg

IMG_0671.jpg

IMG_0679.jpg

山岳道路を登ってきて、11時半頃一回目の小休止。
バスの長旅はトイレが一番の問題点。
禁酒状態だし、水分も控えているので体調は十分。

小休止
IMG_0662.jpg

さて、今までおとなしくしていたバスがこのあたりから本領を発揮し始める。
道路は山岳道路に入っている。険しいカーブの連続。おそらく6m道路。
猛スピードだ。
乗用車、トラックだろうが何だろうが全ての車を追い越し始める。
前方がよく見えるのでスリル満点。
山道でバスチェイスを始める。
正気の沙汰とは思えないが、結局抜き去ってしまった。
荒いというか見事というか、ネパールに行った時も感じたが、地元のバスは強い。

景色はここがアフリカだと思えないような雪景色に変化していく。
退屈する暇はない。
山の土は赤い。
家も同じ赤土でできているようだ。
赤土レンガとか土をこねて作っているのであれば材料は無限にありそうだ。

オートアトラスは、4000m級の山を擁する山脈だが、今一体どのくらいの標高を走っているのだろうか。
現れてくる雪山の景色に乗客が息を飲む気配が伝わってくるようだ。

IMG_0663.jpg

IMG_0664.jpg

IMG_0665.jpg

IMG_0666.jpg

IMG_0667.jpg

IMG_0668.jpg

IMG_0669.jpg

やがて途中の村々を経て徐々に景色が変わってくる。
雪が消えてきた。山脈を越えつつあるのだ。
そしてカサブランカからの車窓に見られたような土漠地帯となってくる。
緑は例のサボテン。
そして、それも無くなってくる。
時々広葉樹が生えているところはオアシスなのだろうか。村がある。

テーブルマウンテン
IMG_0672.jpg

IMG_0673.jpg

IMG_0674.jpg

バスは相変わらずぶっ飛ばす。
前を行く車をことごとく挑発し抜き去ってしまう様は、猛獣が草食獣を襲うような印象を与えるのだ。
肉食獣バス!!!
車内に流れるアラビアンミュージックでうとうとしているうちに、徐々に砂漠地帯に入りつつあるようだ。

IMG_0677.jpg

IMG_0678.jpg

IMG_0680.jpg

大きい街では乗客の乗り降りがあるが、指定席なので混乱はない。
が、地元の人、特に女性はこういう荒っぽいバスには弱いようだ。
次第にゲロゲロの声が聞こえはじめる。
ただ、予め分かっているらしく準備に怠りもないらしい。

ワルザザートの街は映画の砂漠ロケ地として有名。

IMG_0676.jpg

ロケで使われているアトラスコーポレーションスタジオは誰でも見学可能。

IMG_0675.jpg

16時頃、街外れのドライブインで大休止。
ここがどうやら昼食のようで、皆食事を始める。
出発してから8時間もたって食事休憩というのは日本の感覚からすれば随分時間が開くとも思うが、こちらにはラマダンという制度もあるので、このくらい間隔があってもどうということはないのか。

IMG_0683.jpg

IMG_0682.jpg

IMG_0681.jpg

すっかり荒野の一本道と化した道路をバスは再び猛スピードで走り始める。
変化のない景色と地平線に向かう何10kmも真直ぐな道路。
距離感とスピード感が分らなくなってくる。
更に日が落ちて真っ暗になると尚更で、遥か彼方に見える対向車の灯りが幻のようだ。
近づいて来ると真直ぐにぶつかってくるような錯覚すら覚えてしまう。
そんな中を相変わらずの猛スピード。
慣れていなければ絶対できない運転だ。
列車に乗っていた時も感じたが、何だか段々と気が遠くなっていくような感覚。

そうこうしているうちに、エルフード到着。そしてリッサニ着。
もうすぐの筈だ。
地元客もほぼ降りてしまう。
21時40分頃ハシラビト村着。
暗くて周囲の様子が良く分からない。
が、事前の連絡通りオーナーが迎えに来てくれたのでありがたい。
T君と宿に入って夕食のタジンをごちそうになる。美味しい。

IMG_0684.jpg

素朴なゲストハウスだが、とても広い。
今日は我々2名しか客はいないようだ。
13時間強のバス旅。
とにかく疲れた。
今日も酒抜き。
これはモロッコを出るまで本当に禁酒かも。

2016年04月05日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第4章 2/25ハシラビト →砂漠

第4章 2/25 ハシラビト→砂漠

モロッコは朝晩と昼間の温度差がかなりある。
夜は毛布を何枚も重ねて寝ないと寒いが、日中はTシャツ1枚の陽気になる。
昨日は夜着だったので食事をしてすぐ寝てしまった。

昨晩は暗くてわからなかった風景を見る。

ホテルの建物は土とわらが混ざったような外観。

IMG_0686.jpg

IMG_0702.jpg

土の煉瓦でできているのだろうか。雨が降ったら溶けてしまいそうだ。もっとも雨は降らないが。

IMG_0707.jpg

IMG_0708.jpg

内部はとても広い。中庭を挟んで客室がある。
キッチンも自由に使える。

IMG_0705.jpg

IMG_0706.jpg

IMG_0691.jpg

IMG_0704.jpg

IMG_0703.jpg

宿の屋上へ登る。土でできているのだろう、足元がふかふかとする。
赤い砂丘が見える。
何だか絵に描いたようだ。
自分の中の現実のイメージとしてまだ把握できないのだ。
想像できない風景が広がっている街だ。

IMG_0692.jpg

IMG_0690.jpg

今日は、モロッコの旅で一番楽しみに思っていた砂漠への旅だ。
砂漠の寒暖差はさらに極端と聞いているので、服装を考える。
着脱が楽な重ね着が良いと判断した。

スタートは16時ということで、まずは洗濯。
さすがに砂漠の街だ。
洗濯物はあっという間に乾く。
今朝早くバスで到着した卒業旅行二人組の日本人女子とも挨拶を交わす。
今日の砂漠ツアーに参加するという。

洗濯機は最新型

IMG_20160225_175132.jpg

出発まで街を散策、といっても狭い街だし、高い建物はモスクしかなさそうで見通しが良いので迷うことはない。
ハシラビト村の街並みは、アフリカの田舎の風景。
土でできた家々、モスク、彼方に広がる地平線。
幹線道路からの一本道で村の入り口、中心部にあたる場所に入ってくる。
素朴な商店が何軒かあり、ホテルやロッジもわりとある。
各々砂漠ツアーをやっているようだ。
観光業で成り立っている街のようだ。

IMG_0687.jpg

IMG_0688.jpg

IMG_0696.jpg

IMG_0693.jpg

IMG_0699.jpg

こちらは普通の煉瓦だ。

IMG_0701.jpg

IMG_0695.jpg

お昼に食べたサンドイッチはいつものモロッコパンに具を詰め込んだものだからすごいボリューム。
これで15DH(約180円)は安い。

IMG_0698.jpg

Wilderness Lodgeのオーナー、オマルさんは日本語ができるので、日本人旅行者が多いようだ。
そういえば、世界中にいると言われる中国人旅行者を全く見かけない。
日本人は結構いるようだ。
日本語が少しわかるモロッコ人もいる。

そうこうしているうちに出発時間の16時。
車か何かで駐ラクダ場へ行くのかと思ったら、宿のすぐ裏手にラクダが待機していた。

IMG_0709.jpg

ガイドでラクダ使いのユセフさん。
実は、ユセフ・カレーライス・カルロスという。
つまり、日本人、スペイン人に好まれる名前も付いているということらしい。
「ラクダは楽だ」などと変な日本語をしゃべるベルベル人。
ツアーの客は同じ宿の日本人、同室したT君と卒業旅行二人組女子。

IMG_0711.jpg

IMG_0713.jpg

ラクダはよく言われるような乗り心地の悪いものではなかった。
ただ、T君はまいっていたようだからこれは小生だけの印象か。
女子たちは大騒ぎで自撮りなどしている。
先導するユセフも若い女の子たちがはしゃいでくれて楽しそうだ。

村をスタートするとすぐに砂漠に入る。

IMG_0714.jpg

IMG_0715.jpg

まったく初めて見る景色に現実感がわかない。
遠くの砂山は映画でしか見たことのないもの。
日の当たり方によって砂山の色が変わる。
白い雪山に見えたり、真っ赤になったりする。

IMG_0719.jpg

IMG_0718.jpg

IMG_0720.jpg

IMG_0717.jpg

IMG_0731.jpg


実際の砂は赤っぽい茶色でものすごく細かい。まるで黄な粉のようだ。
尾根の部分が鋭角になっていて、まるで魚の背びれのように見えたりする。

フンコロガシがいっぱいいる。

IMG_0788.jpg

ラクダの乾燥した丸い糞を本当に転がしている。
初めて見る風景が続く。
砂山をどんどん乗り越えて進んでいくので、登りの時は体の重心を前に、下りの時は後ろに置くようにユセフから指示があった。
下りの方がきつい感がある。
ラクダの背は地上から2mくらいの位置にあるので、変な落ち方をしたらただでは済まないような気がする。

どこをどう歩いてきたのか皆目わからないが、一時間半ほどでキャンプ地到着。

駐ラクダ場にラクダを停止させる。

IMG_0722.jpg

IMG_0732.jpg

周りにも何棟かキャンプがある。
オアシスでも何でもない砂漠の真ん中だ。
鉄パイプで基礎を組んで厚い布で周囲を囲った四角いテント。テントのイメージではないが。

IMG_0725.jpg

内部は結構広くてベッドが2台は入る。

IMG_0833.jpg

テントで四角く囲んで出来た中庭は集会スペースのようだ。

IMG_0724.jpg

別棟で食堂棟、調理棟、トイレがある。

IMG_0726.jpg

右側にポツンとあるのがトイレ。

IMG_0729.jpg

定員は結構多そうだ。
電源はミニソーラー発電機。なるほど。
客は我々4名と他ツアーの若者男性2名にカナダ人夫婦。
水は貯めたものしかないので飲料以外は無いようだ。
手洗い、歯磨き、シャワー等一切なし。
アルコール除菌ティッシュと芯抜きトイレットペーパーを準備してあったのでこれが重宝しそうだ。

到着して食堂棟でお茶。

IMG_0733.jpg

IMG_0734.jpg

酒を飲まないので、この甘みを加えたお茶を頻繁に飲むのだが日が経つにつれて美味しさが増してくるように感じられる。
そしてここではオレンジジュースではなくて、日本サイズのみかん。
日本の物より皮は固いがとても甘い。
これをぜいたくに使ってあの美味しいオレンジジュースを絞っているわけだ。
ユセフともう一人のガイドのハッサン。
二人はとても気さくなベルベル人だ。
ユセフは陽気で気さくな中に少しの寡黙さがある。鳩間人を思い出す。

今日の砂漠は風一つ、雲一つない。
18時半頃から日が暮れ始める。
砂漠が赤く染まる絶景。

IMG_0727.jpg

IMG_0728.jpg

IMG_0730.jpg

それに連れて温度がどんどん下がり始める。
もはや半袖は不可能。砂が冷たくなってくるのでサンダルも寒い。
日中の暑い空気をテント内にため込んでおくことの訳が分かる。
星が徐々に出始めてきた。

夕食はタジン鍋。

IMG_0735.jpg

IMG_0736.jpg

大きなタジン鍋は山状に盛り上がっている。
中心部は鶏肉、ポテト、周りはキュウリ、ナス、トマト、ピーマンで覆われていて沢山のスパイスが効いている。
それにパンとスープとみかん。
結構な量だ。
野菜が沢山なところがうれしい。

美味しくいただいた後、外へ出ると星がすごいことになっていた。
今晩は、満月に近いので月が上がってくるまでの星の鑑賞。
プラネタリウムでしか見たことのないような星、いや、鳩間島の良く見える時期の星が近いかも。
星に詳しくないのでよく分らないが、詳しい人だったら大喜びだろう。
そうこうしているうちに食堂棟の前でたき火を囲んで打楽器セッション開始。
ユセフとハッサンが中心となって他のキャンプからもベルベル人がやってきた。

早速混ぜてもらった。
構成は、二連の太鼓と金属製カスタネットのような楽器と、拍子木のようなものとジェンベ。
小生は二連の太鼓を担当した。
2拍と3拍が交錯するポリリズム的なものが多いようで、時折日本の民謡で聴くようなフレーズも出てくる。

IMG_0742.jpg

IMG_0743.jpg

IMG_0746.jpg

IMG_0744.jpg

IMG_0748.jpg

セッションは、ユセフがきっかけのフレーズを出して全体の流れをコントロールしていく形で進む。
ユセフの手元を見て音を聴きながら合わせていく。
細部を聴くと複雑なことをやっているように聴こえるが、大きく間をとって聴くとリズムが見えてくる。
突出したことはやらずに皆に合わせる感じで叩いていると次第にノリが出てきた。
後はいつものセッションの感覚だ。
いつも思うのだが、音楽の素晴らしさは人種や国境を越えて親しくなれる共通語だということだ。
ベルベル人も相当な音楽好き。すぐにうちとけた。
いつものセッションと同じように、うまくいけばたたえ合う。

IMG_0751.jpg

夜は更けていく。
今日も酒抜き。
それでもこんなに楽しい。
慣れてきたのかもしれない。
セッションは22時過ぎまで続いた。
小生だけが2泊3日。
明日もまだいるのだから明日もやろうぜということになった。

2016年04月13日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第5章 2/26 砂漠

第5章 2/26 砂漠

朝8時のバスでマラケシュへ移動するということで、卒業旅行女子2名は早朝に出発したようだ。
夜明け前に起きて砂漠の朝日を見る。
砂漠というのはとても静かなもので、静けさに圧迫感がある。
朝日が昇る前、白く見えた砂漠が赤くなっていく光景は見事だった。

IMG_0753.jpg

IMG_0754.jpg

IMG_0755.jpg

IMG_0752.jpg


7時過ぎにはガイド達が皆を起こしてまわり、もう一泊する小生とラクダを残してみな出発した。

IMG_0756.jpg

IMG_0757.jpg

IMG_0758.jpg

ラクダとここで待っていてくれと言われて居残り。
残されたラクダは昨日乗ってきたラクダと違う奴で、格好もなかなか良いしおとなしくてよさげに見える。

IMG_0759.jpg

砂漠に来てからデジカメの眼が半開きになったりしている。
あまりに細かい砂のせいだ。
良いカメラを持っている人はビニールで覆っている。

飲料以外に水を使えないので顔はウェットティッシュでふいて、歯磨きはなし。
明日戻ってから洗濯をすればよいわけだから服は着続ける。
ただ、早朝までは日本の真冬の寒さだが、日が上がってくると、どんどん気温が上昇して真夏の暑さになるので着脱が楽な服装にする。
靴はウォーキングシューズ、サンダルでは砂に沈んでしまう。
パンとジャムとお茶で簡単な朝食。
このオレンジジャムがまた美味しいのだ。

IMG_0760.jpg

もう誰もいなくなったキャンプの戸締りをして、小生、ユセフ、ラクダで出発。奥地に向かう。

IMG_0767.jpg

IMG_0770.jpg

IMG_0771.jpg

IMG_0769.jpg

IMG_0761.jpg

時々現れるキャンプを横目に見ながらどんどん進む。
しかし、慣れているとはいえ、この何の目印もない砂漠をユセフはどのようにして道を把握しているのだろう。
ラクダの足跡やサンドバギー車の跡が沢山付いているところはルートだと分るが、ちょっと風が吹けば消えてしまうのだ。
彼曰く、頭がGPSだそうだ。

IMG_0775.jpg

IMG_0776.jpg

IMG_0778.jpg

ラクダの乗り方にも慣れてきて快適になってきている。
狐の足跡が目立つ。
時々群れで現れるヤギは野生だろうか、飼われているというには牧童の姿が見えない。

IMG_0819.jpg

IMG_0820.jpg

周囲は絶景としか言いようがない。
まず日本ではあり得ない風景だ。

IMG_0777.jpg

進むこと約2時間強、ポツンと黒い物体、オアシスの村が見えてきた。

IMG_0779.jpg

IMG_0780.jpg

IMG_0810.jpg

その裏手には高い砂の山がそびえている。
あれを登れと言う。もちろん徒歩で。大パノラマだと言う。
マジですか。

IMG_0782.jpg

IMG_0783.jpg

オアシスというのは、イメージしていた通りのもので、砂漠の真ん中にいきなり広葉樹が茂っている場所だ。
砂漠でも良く分からないような草が少し茂ったりしている場所はあるが、オアシスは緑があるから良く目立つ。

泉があるわけではなく、井戸がある。飲めると聞いた。

IMG_0784.jpg

IMG_0785.jpg

今は世界中から観光客が来るから、調理場兼事務所のようなパオと暮らせるキャンプが密集している。
パオでは食事を提供したり、サンドモービル観光とか色々とやっているようだ。
人里から一泊で来られるアルジェリア国境に近いこの辺りは、観光でサハラ砂漠を訪れることが比較的容易にできるところだ。

パオの内部
IMG_0811.jpg

IMG_0787.jpg

元々、このオアシスで暮らす人々はノマドと言われ、このオアシスでは二家族いるようだ。
その家は、色々なものを寄せ集めた、言い方はあまりよくないが、日本でいえばホームレスの家のような住宅だ。
ロバで水を運搬したり、残飯を処理したり、ヤギを飼育したりして生計を立てているようだ。

ノマドの家
IMG_0781.jpg

我々がパオに到着すると、ノマドの子供たちだろう、小中学生くらいの年齢の女の子が2名、段々と近づいてきて、リュックから手作り小物を広げて店を出し始めた。
可愛らしい民芸品らしいので買おうかなと思って、値段交渉。
20dhでまとまって、財布を見たら小銭が12dhしかない。あとは400dh。
残念だけど小銭がなかったと言うとそそくさと店をたたんで引きあげる準備をしている。
待って、12dhで売っていいと思う物をおくれと言うと、女の子はちょっと迷って初めに20で買おうと思ったラクダの人形をくれた。
ああ、もっと小銭があればよかったのに。
お礼に日本から持ってきていた3色ボールペンをあげた。

12時に昼食にするのでそれまで自由だから大砂丘を登って来いとユセフ。
下から見上げると遠近感が曖昧になって高さが良く分からない。
200mくらいあるのだろうか。
見た目よりは厳しくない登りだが、若干足が砂に沈み込むのが難点ではある。
頂上と思われるところへ到達すると、さらにその先がある。
鋭角になっている尾根をどんどん進むと下に見えていたオアシスがやがて見えなくなった。
40分くらいかかって頂上に到達。

IMG_0795.jpg

IMG_0796.jpg

もう目につくところに人工の物は見えない。
その絶景は筆舌に尽くしがたい。

IMG_0797.jpg

IMG_0798.jpg

IMG_0799.jpg

IMG_0800.jpg

IMG_0801.jpg

IMG_0802.jpg

IMG_0803.jpg

遠くに見えるアルジェリアの台地
IMG_0804.jpg

IMG_0805.jpg

確かにユセフが言っていた通りの360度の大パノラマ。
モロッコの台地から地平線、そして南側にはアルジェリアの台地まで見渡せる。
周囲に人の気配はなく、音は風の音だけ。
こんな景色を見たことは今までになかったし、この先あるのだろうか。言葉を失うしかない。
座って30分ほどボーっとしていた。

後ろ髪を引かれる思いで11時30分頃下山開始。
一気に斜面を下まで駆け下りるという荒業もありそうだったが、危険そうだ。
来た道を引き返す。

IMG_0806.jpg

IMG_0807.jpg

それでも20分ほどで下りてくることができた。
これは本当に見ることができてよかった。
二泊三日にして良かったとつくづく思った。

昼食はモロカンサラダ缶詰イワシ乗せとパン、結構いける。

IMG_0808.jpg

昼食後の散歩をしていると、ノマドの家のお母さんが子供たちに早く行けとせかしている。
先程の女の子とさらに小さな子が二人、我々のパオに向かっている。
白人の4人家族の観光客がサンドバギー遊びをしていて、パオでお茶をするようなので、例の土産物を売りに行くのだ。
白人家族はフランス人かと思ったらラバトから来たと言う。
同国人でもこれだけ違うものなのかと素朴な感情を抱いてしまう。
ノマドに生まれた子は同じような生活を送るのだろうか。
もう小銭はない。
もう一本ペンがあったので、小さい子にプレゼントした。
白人家族には見向きもされなかったけれど、二人ともなんだか楽しげな様子で笑顔を返してくれたので良かった。

休憩していると、いきなり風が出てきた。段々強くなる。
屋外で敷いていた敷物が飛んでしまう。
横殴りの砂。
パオに避難。
天気が悪くなりそうなので、予定を30分早めてキャンプへの帰路につく。

IMG_0814.jpg

天候が悪くなっても雨は降らない。その代りに横殴りの雨ではなく砂。
周りが見えなくなったり、砂が細かいので鼻や耳に入り込んでくる。
ひどい時は立ち往生。息ができない。
それでも何とかしのいで進む。
何だか地形も変わっているようだ。
ユセフは急いでいるのだろう。行きよりも厳しいルートをとっている。

IMG_0821.jpg

IMG_0822.jpg

急な下り坂に来ると、ラクダが一瞬「え、本当にここを行くの!!」という感じで立ち止まる。
すぐに行くのだが、この一瞬の躊躇とも思える間が面白い。

このラクダというものは不思議な生き物だ。
目が良いらしく遠くからでもこちらの気配を感じ取り見つめてくる。
長い睫毛が砂の侵入を防いでいる。
性格は温厚でー中にはそうでないものもいるらしいがー、文句も言わず荷物や人を運んでくれる姿はとてもけなげに映る。
牛のようにしょっちゅう反芻していて、時々ヴォー!!などと言う。
脂肪をため込むことができるのと血液中に水分を取り込むことで何日も飲み食いせずに動けるので、砂漠に適した生物の筆頭だ。
その代り水を飲むときは一気に80リットルくらい飲むらしい。
砂漠を走れる車が登場する前は砂漠の主な運搬機関だった。
湿気があるところに来るにつれて、これがロバに変わってくる。
群れで行動するらしく、今朝も1頭だけ残されるときは不安な様子でついて行こうとしていた。
主人の姿を見て安心したようだった。
こんなラクダとユセフを頼りに、砂嵐もどきの横殴りの砂に往生しながらようやくキャンプにたどり着いた。
今日はこれからあと8人到着するとのこと。

キャンプもひどい風でジュータンは直しても直しても飛ばされてしまうし、あまり外にも居れない。
ユセフと片づけをする。
どこかの民宿みたいだ。
そのうちにご一行到着。
ポーランド人6名、日本人2名でいずれもカップル。皆若い。
昨日のガイドのハッサンも同行している。

夕食は昨夜と同じタジン。
二人分くらいありそうだ。

IMG_0825.jpg

今夜はまだ風が強くて外では遊べそうにない。
食堂でタイコで遊んでいた連中が飽きて星を見に行ったあと、ユセフ、ハッサン、小生でセッションを始めた。
段々盛り上がってきたら外に出ていった人達も入室してきた。
皆に楽器を渡して楽しむ。

楽器
IMG_0823.jpg

ユセフはフィニッシュに近づくにつれてテンポが速くなってきて、最後はついて行くのがやっと。
このリズムはサンバに通じるところもあるようで何だかとても馴染める。
合わせると言っても同じフレーズでついて行くというところまでだ。
ただ、あまり余計なフレーズを差し込んだりはしない方が良いような気もするし。
何だかもっとセッションを続けたいし、きちんと勉強してみたい気もする。
でも音楽の楽しさ、コミュニケーション力は世界共通。
今夜も楽しんだ。

今日は広いテントに小生一人。
風は強いが快適に眠ることができそうだ。
禁酒もちっとも気にならなくなってきた。

2016年04月21日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅  第6章 2/27 砂漠からフェズへ移動の筈が・・・・・・・・・

第6章 2/27 砂漠からフェズへ移動の筈が・・・・・・・・・

今日は、砂漠からハシラビト村に帰還して夜行バスでフェズに向い、明日早朝に到着という予定だ。

キャンプへ来て、ベルベル人達からよく聞く言葉で「インシャラー」というのがある。
セッションでうまくいった時とか、物事を肯定的にとらえるときに使っているようなのだが、調べてみると、日本語訳は「全ては神の思し召しのままに」ということみたいだ。
沖縄のなんくるないさー的意味もありそうだが、イスラム的には実は深い言葉であるかもしれない。
しかし、気楽に使っている。

昨日あれほどひどかった風はすっかり収まっていた。
無音の夜明け。

IMG_0826.jpg

IMG_0827.jpg

駐ラクダ場
IMG_0828.jpg

IMG_0830.jpg

しばらくして小生一人を残してツアーの人達は出発していった。
一頭だけ残されたラクダはちょっと不安そうな感じでついて行こうとするが、足を縛られているので動けない。
小生の姿を見て少し安心したようでおとなしくなった。

IMG_0829.jpg

このラクダは若いのかもしれないが容姿がとても良い。大人しくて、いうことをよく聞くとても良いラクダだ。
飼うんだったらこういうラクダがいいな。
ただし、この辺りではラクダは車より高いそうだ。

ユセフが料理テントに呼んでくれて、パン、ジャム、、ヨーグルト、お茶の朝食。

IMG_0835.jpg

IMG_0831.jpg

この甘いお茶はモロッコに入国してからずっと飲み続けているが、日を追うごとに美味しく感じられてくる。病みつきになりそうだ。
これがあるからアルコールがなくても大丈夫ということもあるのだろうか。
砂漠の飲料は基本的にはこれのみだ。
キャンプの戸締りをして出発。

とても充実したツアーだった。
一番の要因はユセフというガイドに当たったことだろう。
外見は陽気、少し寡黙、音楽好き、気遣いが日本的・・・・・・鳩間人に似ている部分があるのかもしれない。
朝食のテントでは、自分の家族とか友達、生活の写真を沢山見せてくれた。
イスラムではあまり好まれない個人写真も撮らせてくれた。

ユセフ・カレーライス・カルロス
IMG_0832.jpg

帰路はもう完全にうちとけて、二人とラクダで歌を唄いながらの道。
もう三日目なので、ラクダの乗り方も随分慣れた。
大砂丘からの景観は一生ものだった。
ハシラビト、メルズーガで砂漠ツアーは沢山あるが、このツアーは二泊三日で650dhと安いし、内容はとても充実していて本当に良かった。
砂漠のキャンプだから不自由は当たり前で、それを楽しめるか否かが重要だ。
無理な人はそれなりのコースもある。

IMG_0836.jpg

ハシラビト村が見えてきた。

IMG_0838.jpg

IMG_0837.jpg

とても有意義だった砂漠のキャンプから帰ってウィルダネスロッジに戻る。
本来は今日の夕方発だから、もう部屋はない筈なのだが、チェックアウトした部屋はそのままになっていて出発まで自由に使ってくれとのこと。
こういうところも秀逸だ。
早速、歯磨き、洗濯、シャワー。
砂漠にいたときはあまり意識しなかったが唇がカサカサにひび割れている。

午後になって洗濯物も乾き始めるころ、いきなり風が強くなってきた。
外が茶色に染まってくる。
総じて建物の窓が小さい理由はこういうところにあるのだろう。
細かい砂が吹き込んできて砂だらけになってしまうのだ。
昨日からの悪天候はまだ収まっていないのだ。
そして、今日乗る筈だったSupra toursのフェズ行きが、アトラス山脈が雪のために出ないとの知らせ。
欠航だ。ここは鳩間島か !!!

オマルさんが代替手段を探してくれる。
隣町のリッサニまでタクシーで行き、そこからCTM(モロッコ国鉄)バスのフェズ行きに乗るというのだ。
上原航路が欠航で郵便船とバスで西表島・大原まで行って大原航路で石垣へ渡るというのと似ている。
これはラッキーということで出発の時間まで腹ごしらえをする。

宿のすぐ裏手の食堂兼土産物屋でタジン
IMG_0839.jpg

思ったよりバタバタと事は進んで、タクシーでリッサニに移動。
リッサニという町は暗くなってから着いたので全体像はよく分からないが、天気が悪く風が吹き荒れていたこともあって、埃とゴミが舞う古い街という印象だ。

夜の7時頃出発のリッサニ発のCTMバスに乗り込んで一安心。
バスは何ヶ所かでお客さんを拾いながら順調に運航しているかに思えた。
しかし、2時間くらい走ったある街のCTM事務所前で停車。
何やら車内が揉めだした。

CTM関係者と客が揉めているのだ。
フランス語とアラビア語が入り混じった結構激しいやり取りで、何が起こっているのか皆目見当がつかない。
バスは動きそうもない。
1時間くらいこんな状態が続いて、乗客が降りだした。
これはさすがにマズいぞと思って、一緒に降りて様子を探る。
英語が分かるCTM関係者がいて、アトラス山脈が雪でこの先へ進めないのだと説明してくれる。
そして、リッサニまで引き返すとのこと。
ここには明日の朝、10時に来る。リッサニは朝8時発ということだ。
しかし、もう夜の10時。リッサニまで引き返すと夜中の12時になってしまう。
果たして、知らない街で真夜中にホテルを探せるのか。
それともこの街にとどまってホテルを探すか。
思案のしどころだ。

係員に聞くと、リッサニまで戻ったら何とかなるだろうということだ。
埃っぽい街で真夜中に路頭に迷っている姿が一瞬頭をよぎったが、もう腹をくくるしかない。
不安がっても仕方がない。

リッサニに到着したのは予想通り、夜中の12時過ぎ。
もうバスには小生を含めて数人しか残っていなかった。
薄暗い街には人っ子一人おらず、埃とゴミが風に舞っている。
ものすごく荒廃した雰囲気だ。

係員はパノラマへ行けと言う。
どうもホテルパノラマということらしい。
そんな看板は全く見当たらないのだが。
同じ所へ向かう男性が一人と女性が二人いた。
どちらもモロッコ人だ。
一緒に行こうと頼んでホテルへ。

ホテルパノラマはCTM事務所から直線で200mほど離れた全く目立たない超C級っぽいレストランホテル。
これは自分一人では探せなかった。
一人しかいない係員らしい兄ちゃんは、運命だよと言う。
これはまさしくインシャラーということだ。
同行した男性はメクネス在住で砂漠ツアーをしてきたという。
お茶をごちそうになってレストランのソファに寝る。
毛布もあるし、トイレもある。
ひとまずは良かった。

早めの夕食だったがハシラビト村でとっておいてよかった。
そうでなければ空腹で眠れないところだった。
当たり前に続く禁酒。

2016年05月20日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第9章 3/1 シェフシャウエンからセビージャ・・・・さらばモロッコ

第9章 3/1 シェフシャウエンからセビージャ・・・・さらばモロッコ

6:45のバスに乗るべく早朝に起床。
昨夜買っておいたパンで朝食。
ハエがたかっていたけれど、別に気にならない。
とても美味しい。

IMG_0951.jpg

今日の移動は、アフリカ大陸のスペイン領、セウタで国境越え、地中海を渡ってスペイン入国後、バスでセビージャまで行くというかなり長い移動で、しかもかなり評判の悪いモロッコ出国とあてにならないと言われるフェリーの時刻等、関門の多そうな移動だ。
計画の段階では、セビージャ到着が真夜中になる可能性もあった。
とにかく、なるべく早く国境に着くことが肝心だ。

まだ明けやらないシェフシャウエンの街を広場に向かって歩く。
プチタクシーを見つけてバスステーションまで20dh。約5分。
まだ余裕だ。

ここで偶然、ハシラビト村で一緒だった卒業旅行のT君と遭遇。
CTMでカサブランカまで行くとのこと。
かなり時間がかかる筈だ。

僕の乗るバスは民間バス。
ティトゥアンまで乗せたり降ろしたりしながら、山間の道を約一時間半。
ティトゥアン到着。結構大きいバスターミナルだ。

バスはまだ先へ行くようだが、ここでひともめ。
払った運賃が安すぎると思ってはいたのだが、どうも係員が間違えていたらしい。
もう面倒くさいと思ったようだ。そのまま。
ここからは、グランタクシーでセウタ国境まで行けとのことだった。

グランタクシー乗り場はすぐみつかったのだが、乗り合いのメンツが集まらない。
通常の料金は20dhということだが、一人でもいいよということでボロボロのベンツのタクシーへ。
とばしにとばして、しかも高速に乗ったりして約1時間。
これはなんだろう。右側の車線が大渋滞。何時間もかかりそうだ。
これを尻目にタクシーはすいすいと国境に到着。

1時間も乗って、しかも高速料金も払っているし、これで20dhはマズいだろうと思って50を出すと、違うと言う。100だと言ってくる。
この仕事に対しそれはそうだろうと納得。
それにしても、タクシー乗り場のやりとりは何だったのか。
やはりある程度現金を残しておいて正解だった。

国境付近は色々な人がたむろしていて異様な雰囲気だ。
まず出国カード売りと代書屋の押し売りが多いと聞いている。

実は、モロッコに向かうエミレーツでモロッコ入国カードを何枚かもらっていた。
書き間違えたと言えば何枚もくれる。
で、よく見ると入国カード兼出国カードなのだ。
だから、予め出国カード作成しておいた。
これが大正解。
国境付近ではどこでカードの交付を受けるのか分らないし、記入するスペースもないし、この辺がトラブルの始まりになるらしい。

予め書いておいたカードで出国審査を通るか若干の不安を抱きつつ審査へ。
すんなり通った。
モロッコ入国・出国カードは機内で複数枚もらっておくことを是非お勧めします。

このあと3重くらいのチェックを受ける。
帰されるモロッコ人多数。
そして、一向に進まない車の大渋滞は、車で国境を超えようとする人達の大行列だったのだ。
一体あの渋滞はいつ終わるのだろうか。
歩いて国境を超える。

さらば、モロッコ。

懸念していた国境越えはすんなりといった。
そして、国境付近には闇カンビオ(両替屋)が多数いて、dhをユーロに替えてくれる。
dhはモロッコ国外では一切使えないので、ここでユーロに交換する。
電卓を持っていて意外と細かく計算している。
まあ無理に使い切ることはないということだ。

無事に国境を超えたのは良いが、ここからセウタ港フェリー乗り場まで結構な距離がある筈だ。
バスが停まっているので、港に行くか聞いてみる。
英語が通じない!!
ここはスペインだった。
スペイン語で「港」ってなんだったか。
とにかく、セントロを通るというバスに乗ってセントロまで行ってみる。

セウタはアフリカなのに飛び地のスペイン領。
確実に空気や街並みが変わる。
はっきり分かるのが交通マナー。
車の運転が穏やか。
歩行者を認めると車は必ず停まってくれるし、交差点では停止線の前できちんと停車する。
本国でもそうなのだろうか。

セウタの街
IMG_0952.jpg


IMG_0953.jpg

セントロのバス停からフェリー乗り場まではなかなか分りにくい。
キオスクで聞いても分らないし、というか英語が通じないのだ。
モロッコではこういうことはなかった。
まあ海がすぐそこなのでそれらしき方向を目指していく。
時間もまだ早いし、晴天で暑くなってきた。
まだ余裕はある。
これも国境越えがすんなりいったおかげだ。

そうこうしているうちにフェリーのチケット売り場を発見。
そこからは案内人もいてすんなりといく。
この時点で10時。
出航は12時だからまだ時間はあるなと思っていたら、早くも乗船の列。
出航まで1時間以上もあるのに、既にエンジンはスタンバイしている。
もしやと思ったら、案の定、ここは地続きなのにマドリッド時間。1時間の時差があるのだ。
何だか変な話だが早めの対応をしておいて良かった。
マドリッド時間の12時に出航。

IMG_0954.jpg

船内
IMG_0955.jpg

さらば、アフリカ大陸。
IMG_0956.jpg

大きくて豪華な高速フェリーで約1時間。もうアルヘシラス港に着いてしまった。
きちんと整備された街並み、石畳、古い建物、まぶしい陽光、ヨーロッパだ。
港から出た景色がどこかの港に似ている。
鹿児島港だ。

IMG_0958.jpg

IMG_0959.jpg

港から長距離バスターミナルはとても簡単に行けた。直進しただけ。
鉄道駅も近い。
昨日の予想では、ここに夕方着いてセビージャ着は深夜になると踏んでいたけれど、まだ13時。
セビージャ行きのバスは14:30発なのでまだ明るいうちに着けそうだ。

バスターミナル併設のBarで昼食。
セルベッサをぐいっといきたいところだが、セビージャまでバス3時間。
今までの経験上からここは我慢。

IMG_0960.jpg

バスターミナル
IMG_0961.jpg

ゆったりしたバスはアンダルシアの農村、畑、地平線、風力発電、高圧線鉄塔等の長閑な風景の中を時折現れる街に停車しながら走っていく。
快適な運転だ。
眠くなってくる。

IMG_0963.jpg

IMG_0962.jpg

IMG_0964.jpg


高速道路もタダらしい。
17:30頃セビージャ到着。
まだ真昼間。

IMG_0965.jpg

IMG_0966.jpg

街のすべてが歴史的建造物のような初めての風景に何だか気分が高揚してくる。
セビージャ大学前の歩道はBarと化していて、まだ日は高いのにみなワインやビールをガンガンやっている。

とにかく荷物をホテルへ置いてからだ。
天気も良いし景色も良い。
オフラインでも役に立つグーグルマップを見ながらゆっくりとホテルを目指す。

IMG_0967.jpg

IMG_0968.jpg

闘牛場
IMG_0969.jpg

IMG_0970.jpg

大きい通りは路面電車が通ったりしていて比較的真直ぐなので分りやすいのだが、大通りから中に入ると迷路状態。
まあこういうことにも慣れた。
街の西側に流れる大きな川、カテドラル、サルバドール教会を目印にするとすんなり着けそうだ。
ホテルはとても良さげな路地を入ったところにあった。
グーグルマップのおかげですんなり到着。

IMG_0971.jpg

入り口こそ狭いけれど、中はとても広い。
部屋もツインで、広く天井が高くゆったりしていてエアコン完備、たっぷりのホットシャワーでとても快適だ。
IMG_0972.jpg

IMG_0973.jpg

ひと汗流してから、まだまだ明るいので近所の街歩きへ。

朝食場所も兼ねている向かいのBarで久しぶりのセルベッサ
うまい!!!
久しぶりのアルコールは、酔いを早くするような気がする。

外国人が京都の町を歩くとこんな感じなのだろう、全ての街並みが絵になるような気がする。
気軽に酒を買えるような店がなかなか見当たらない。
ホテル近くに中国系のミニスーパーがあったので、そこでようやく買えた。
赤ワインが500円しない。
とても安い。

夕食は、まずはBarへ行ってタパス料理とセルベッサを楽しむ。
これで結構お腹ができてくる。

IMG_0974.jpg

IMG_0975.jpg

仕上げはホテル向かいのBarで。

IMG_0976.jpg

ホテルへ戻ってワインを楽しむ。
赤は冷やさなくても良いし、開栓しても却って味がまろやかで旨くなるような気がして気楽で良い。

IMG_0977.jpg

今日は、予定では一番過酷な移動になる筈だったのだが、関門をすんなりクリアできたおかげで、明るいうちにセビージャに着けて本当にラッキーだった。
ただ、朝は5時起きで、何キロくらい移動したのだろうか。
さすがに疲れた。
明日は、このために一泊するフラメンコを見聞しに行く。

明日がとても楽しみになってきた。

2016年05月27日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第10章 3/2 セビージャ

第10章 3/2 セビージャ

朝食はホテルと契約している向かいのBarで摂る。
パンとトマトとジュースの極めて軽い朝食。
今までずっと朝食は軽かった。

まずは明日の早朝行かねばならない長距離バス乗り場の確認へ。
アルマスの乗り場はホテルからすぐ近くの西にあると思われるのだが、西に流れる川の風景がとてもきれいだったので、橋を渡ることにした。

IMG_0978.jpg

旧市街とは異なって生活感のある下町だ。
大きめのメルカードがあったので入ってみた。
普通の光景なのだが、これも面白い。

IMG_0980.jpg

IMG_0981.jpg

IMG_0982.jpg

川にかかる橋自体も美しい。
IMG_0983.jpg

街全体の建築物が様式美で満たされていて、どこを取っても絵になる。
ゴミもほとんど落ちていなくて清潔な感じがする。

IMG_0984.jpg

IMG_0986.jpg

IMG_0988.jpg

バス乗り場は川の手前の大通りを右折すればすぐに分かった。

さて、次は今夜はフラメンコのショーを見聞したいので、昨日ホテルマンに勧められたMuseu del Baile Flamenco(フラメンコ博物館、MBFと略す。)に行ってみる。

この街も地図で見ると迷路のようになっていて、わりと難しそうだ。
ただ、どこを迷っても絵になる風景ばかりで、ため息が出てしまう。
外国人から見た日本の旧市街地の印象と同じようなものなのだろうか。
迷い歩くこと自体はとても楽しいのだが、ホテルから目的地に時間通りに到達できなくては意味がないから、ある程度ランドマークを決めながら歩く。

一番分りやすいのが、川、市電。
ホテルから近所で目に付きやすいのが、サルバドール教会。

IMG_0989.jpg

サルバドール教会。
IMG_0990.jpg

この辺りをうろうろしているうちに壮大な建物の広場に出た。
カテドラル、大聖堂だ。息を飲むような光景。
馬車が沢山停まっていて、騎馬警官もあちらこちらにいる。

IMG_0998.jpg

IMG_0999.jpg

IMG_1001.jpg

IMG_1002.jpg

IMG_1003.jpg

何だか美しいギターの音色が聴こえてきた。
BGMでも流しているのかと思ったら路上のソロギター演奏。
基本はフラメンコだが、モダンな響きに聴き惚れてしまった。

IMG_1006.jpg

変則チューニングも多用して、モダンフラメンコとでも言えば良いのだろうか、テクニックも素晴らしかった。
CDも売っていたので購入した。
カテドラルの雰囲気と素晴らしく溶け込んでいた演奏だった。
この街から産まれた音楽だから。
ラップミュージックは絶対に合わない。

楽しく街を歩いていてもまだMBFは見つからない。
結構分りにくいのだ。
グーグルを頼りに何回かチャレンジしてようやく発見。

博物館というよりは、ミニ劇場に資料館部分が付属しているといったところ。
資料館部分は大したことはないのだが、ミニコンサートの会場としては良さげだ。
本日のショーは3回。
内容1時間くらいの入れ替え制だが、中でも19時からのショーが面白そうだったので予約した。
料金は20€。

ステージ、何やら期待させるオブジェだ。
IMG_0992.jpg

展示品
IMG_0991.jpg

気が付いたらもう13時半頃。
お腹がすいた。
MBF近くのBarでタコのタパスとセルベッサ。
本当にこのBarというものは便利なものだ。
食べる量が調整できるし、ビールも美味しい。

IMG_0997.jpg

IMG_0994.jpg

闘牛の国ということか。
IMG_0996.jpg

さて、これから歴史地区を歩いてみて買い物でもしながら17時頃に一旦ホテルへ戻って出直して来よう。
トイレは、店にもあるが、昨日着いたサン・セバスチアンのバス乗り場に立派なものがあった筈だ。
丁度そっちの方は見どころも多そうだ。
路面電車が良い目印になる。

IMG_1008.jpg

IMG_1009.jpg

IMG_1010.jpg

ほどなく、Plaza de Espanaに出る。
全体が公園になっているようで、散歩やジョギングをする人達も多い。
とにかく広い。

IMG_1013.jpg

IMG_1015.jpg

IMG_1016.jpg

背後の宮殿だろうか、見ごたえがある。
いたるところにあるタイルの装飾が特徴的だ。

IMG_1014.jpg

IMG_1018.jpg

IMG_1019.jpg

IMG_1020.jpg

IMG_1021.jpg

IMG_1023.jpg

この辺りはモロッコで見てきたモスクの建築様式と似ている気がする。
IMG_1025.jpg

IMG_1026.jpg

日が昇ってくると暑くなる。
空気が乾いているので、日陰に入ると涼しくなる。
Tシャツ1枚でOK。
そういえば、日向と日陰は温度だけでなく明暗の差も相当あるようで、日陰に来ると点灯する車を相当見かけた。
すごいマナーだ。

あまりに気持ち良くなって広大な広場の噴水のあたりで横になって、しばし日向ぼっこ。

IMG_1024.jpg

IMG_1017.jpg

セビージャという街は完璧なほど歴史的建造物保全がなされていて隙が無い。
国内からの観光客も多いようだ。

Plaza de Espanaですっかり寛いでしまってこのままショーに行こうかなとも思ったが、やはり一旦戻ることにする。
歩き回ったおかげでMBFとホテルは結構近いことが分かった。

IMG_1027.jpg

IMG_1028.jpg

不思議な大道芸。
IMG_1031.jpg

IMG_1029.jpg

クラシックカーのタクシー。稼働しているのだろう。
IMG_1034.jpg

IMG_1035.jpg

IMG_1036.jpg

IMG_1038.jpg

いつも一日歩き回るとその街の全体像が見えてくる。
たっぷり一日はかかるのだ。
ただし、砂漠では見えなかったが。
見えてきたあたりで次に移動しなければならないのがちょっと残念ではある。

MBFも結構人気らしいので開演30分前には行っておいた方が良さそうだ。
併設Barも18時にはオープンしているらしいし。

今度は迷わずにすんなりと行けたMBF、案の定7割り方席は埋まっている。
運良く最前列の席を確保できた。

IMG_1040.jpg

開演時には満員。定刻にショーは始まった。

司会者が登場し、ユーモアたっぷりに何か国語かで「こんばんは」とやって、スペイン語と英語で解説を始める。
メンバーは、ギタリストが1名、カンテ(歌い手)が1名、バイレ(踊り手)が男女1名づつの計4名。

IMG_1041.jpg

IMG_1042.jpg

ソロギター
IMG_1043.jpg

ギターは、カテドラル前で聴いたように変則チューニングありモダンなコード満載のモダンフラメンコで、とても新鮮な響きがする。

IMG_1044.jpg

IMG_1045.jpg

IMG_1046.jpg

IMG_1047.jpg

IMG_1048.jpg

IMG_1049.jpg

IMG_1050.jpg

IMG_1051.jpg

踊りも予想していたものより激しいもので、舞台上の埃がこちらに飛んでくる。
男女ペア、男女各々のソロ、ギターソロ、カンテとギターのデュオとバラエティーにとんでいて飽きさせない。
特に音楽性が素晴らしい。
これはかなりグレードの高いショーとみた。
1時間たっぷり見、聴かせてくれて、とても満足した。

フラメンコも奥が深い。
現代性が反映されていてモダンフラメンコと呼ぶべきだと思った。

帰り路、カテドラルがライトアップされていたので寄ってみた。
この辺り19時頃はまだ明るくて、20時過ぎないと暗くならない。
昼が遅いということもあるのだろう、人々が繰り出してくる時間が遅いのだ。
21時~22時頃はまだ宴たけなわ。
店は当然のように歩道を席として占拠する。

ライトアップされたカテドラルは息を飲むような美しさだった。

IMG_1054.jpg

セビージャは本当に美しい街だ。
計画では、モロッコからポルトガルへの旅程の途中で、フラメンコショーを見たいという思いで二泊することにしたのだが、来て良かった。
今回、スペインは二泊だけだったが、次に来るときはゆっくりと滞在したいものだ。

スペイン最後の夕食はやはりパエリアだろう。
ホテル近くのBarで、イベリコブタ、イカ、エビのミックス。
米は歯ごたえがあるが芯はない。
味付けがとても良くて美味しかった。

IMG_1057.jpg

オリーブの漬物はモロッコで散々食べて、これでビールを飲みたいと思っていたのだが、ようやく実現した。
やはりとても合う。

IMG_1055.jpg

IMG_1058.jpg

明日は、7:30発のバスでポルトガルのファロまで移動して、ファロから列車でLisboaに移動する。
これも結構な距離の陸路移動だ。
明日は5:30起き。

朝食のパンと飲み物を買って帰る。

2016年06月02日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第11章 3/3 セビージャからリスボン

第11章 3/3 セビージャからリスボン

今日は、セビージャを出発してバスでポルトガルのファーロまで行き、更に列車でリスボンまで移動するという行程だ。
昨日調べてあったArmasの長距離バス乗り場から7時半のバスに乗る予定。

5時半には起きて昨夜買ってあったパンで朝食を済ませる。
6時半頃ホテルを出発。まだ真っ暗。
6時45分頃には長距離バス乗り場に到着。とても立派な建物だ。
バス会社DAMASの窓口はまだ閉まっている。

7時に窓口が空いてチケットを購入。
モロッコ入国以来ここまでかなりの距離をバスで旅してきたが、今日でバスの旅も終了する。
ポルトガルに入ってからは列車で移動する予定だ。

さて、定刻に出発したバスは、アンダルシアの長閑な風景の中を快調に走って、ポルトガル国境付近のアヤモンテに到着して小休止。
ここでほとんどの乗客は降りてしまう。

IMG_1059.jpg

IMG_1060.jpg

IMG_1061.jpg

IMG_1062.jpg

国境ではポルトガル警察が乗り込んでくるがパスポートをチェックするだけの簡略さ。
さすがシェンゲン協定加盟国だ。
テロリストが入国するのは防げないだろうな。

ポルトガル国境
IMG_1064.jpg

無事ポルトガルに入国して、10時半頃にはファーロに到着した。
とても良い天気で暑くなりそうだ。

早速鉄道駅へ列車の時間を確認しに行く。
すぐ近くに鉄道駅はあった。
とても立派なバスターミナルに比べると、あっけないくらいの田舎の駅。

ファーロ鉄道駅
IMG_1065.jpg

リスボン行きは13時55分。
3時間以上あるので、ファーロの街を散策することにする。
しかし、荷物があっては動けないのだが、運よく隣接する観光案内所で荷物を預かってくれるサービスをしていた。

ファーロは海辺のリゾート地。
ヨットハーバーには多数のヨットが係留し、海辺にはリゾートホテルもある。
葉山とか逗子あたりの印象だ。
ポルトガル国内からの観光客も多そうだ。

IMG_1066.jpg

IMG_1072.jpg

IMG_1073.jpg

ハーバーを歩いていたら、遊園地の列車型市内周り観光バスがまさに発車しようとしている。
時間も限られているし、これは渡りに船と乗車させてもらった。
3両編成でおばさんが運転してゴトゴトと道を走ってスポットに来ると停車する。
観光案内のアナウンスが流れて、のんびりと過ごすことができて、これはなかなか良いアイディアだと感心した。

IMG_1070.jpg

歴史的建造物は地味だなと感じるが、セビージャからやってきた直後だから当然そうなる。
旧市街に通じる門から入って、新市街地へ周って行く。

IMG_1071.jpg

IMG_1068.jpg

IMG_1067.jpg

ファーロはとてもこじんまりした街だが、新市街地は近代的な建物も多くビジネス街という印象も受ける。
ひなびた旧市街地と近代的な新市街、立派な長距離バス乗り場と田舎駅という面白いバランスを保っている。

IMG_1069.jpg

小一時間の観光を楽しんで、お昼はハーバーの周りのレストランでいただく。
陽光がとてもまぶしい。
海辺のリゾート地だ。

IMG_1074.jpg

IMG_1076.jpg

海岸線沿いを列車が走っている。

IMG_1077.jpg

そうこうしているうちに13時をまわったのでそろそろ駅へ行ってみる。
既にリスボン・オリエンテ行きは入線している。
インテル・シダーデ(I.C.)という立派な名前の急行列車だが、3両編成の地味な車両だ。
電気機関車が牽引する。

IMG_1079.jpg

海側に停まっている列車は落書きだらけ。

IMG_1078.jpg

定刻に発車。
約4時間の列車の旅だ。
スピードは相当出ていて、早い時は時速150~180km位は出ているのかなと思う。
ただ、牽引されての高速運転なのでかなり揺れる。
特に減速する際のガクガクとくる揺れはあまり心地よいものではない。

リスボンに近づくにつれて、建物、列車、壁等いたるところ、また橋の側面とかありえないところに意味不明の落書きが目立つようになる。日本でも時折見かけるやつだ。
駅近くは落書きオンパレード。
落書きの街だ。

18時頃リスボン・オリエンテ着。

オリエンテ駅
IMG_1081.jpg

ここからメトロのブルーライン(地下鉄は赤、青、黄、緑の4つの路線なので分かりやすい。)に乗り換えてアベニーダ駅まで行くという簡単な行程なのだが、切符の買い方が良く分からない。
紙のカードを買うのだが、何種類かあって迷う。
居合わせた青年に聞いて買うことができた。

IMG_1479.jpg

さて、アベニーダ駅で降りて、リベルダーデ大通りから二本目の裏道をちょっと登った方向にホテルはある筈で簡単に行くことができそうなのだが、グーグルがまさにここだよと示している処には、ホテルらしきものは一切見当たらない。

リベルダーデ大通り
IMG_1082.jpg

何回かチャレンジしてみたがホテルのホの字もない。
生憎、ホテルの住所は通りの名前だけで番地が入っていなかった。
これは本当に行きつけるのだろうかと不安が頭をよぎる。
幸いにしてまだ明るいので気分的に余裕はある。

通行人に聞いても分らない。
そうこうしているうちに、たまたま顔を覗かせた民家のおじさんに聞いてみる。
分からないと言う。
近所のカレー屋や定食屋の親父さんたちも出てきて頭をひねる。
こういう時は電話を切っているのがマイナスになる。
ホテルの電話番号を示すと、親切にも親父さんの一人が電話をかけてくれた。
ようやく宿のオーナー、フェリペさんとつながって一件落着。
皆さんの親切に本当に感謝した。

で、ホテルの場所はまさにグーグルが示していた場所。
普通のアパートだ。これじゃあ分からないよ。
入り口を入って急な階段を昇って2階の部屋。

この22番。これではまず見つからない。
IMG_1094.jpg

普通に日常生活ができるアパートで、それもかなりグレードが高い。
台所に調理道具は完璧に揃っているし、洗濯機もあるし二部屋ある。
これは素晴らしい。
探し迷った疲れがいっぺんに飛んだ。探したかいがあったというところだろう。
フェリペはまだ青年と言って良いだろう。
感じの良い好青年だ。
細かな説明をしてくれて、ご丁寧にもブレーカーが落ちたときの対処方法も教えてくれた。
過去にあったんだろう。これが後に役に立った。
要は、自分が所有しているアパートを旅行者に提供しているということなのだ。
最近、日本でも何かと話題になっているスタイルだろう。

IMG_1084.jpg

IMG_1085.jpg

IMG_1087.jpg

早速洗濯をして窓から外に干してみる。
石畳の上、二階の窓から洗濯物を干すなんてのは、ちょっと粋だ。
周りを歩いてみると、メトロが通っているリベルダーデ大通りから二本裏手の通りで、まず間違えようはない。

夕食は先程色々と助けてくれたインド人のカレー屋へ。
そこそこに美味しいが、日本にあるインド人もしくはネパール人のカレー屋さんの方が美味いと感じた。
ただ、ライスはインディカ米で、日本でもインディカ米で食べれたらなあとは思うのだ。

切れているナンというのは初めて見た。食感はイマイチ。それにしても、かなりの量。
IMG_1090.jpg

セビージャとは異なって、あちこちにある食料品店でワインを買って帰る。
こちらではセビージャよりさらに安く、1.2€位で買える。
水並みの安さだ。
それでもそこそこに美味い。
これを買って家飲みが一番お得感があるし、寛げる。

早起きと移動の疲れもあって、ワインを飲んだら眠くなってきた。
明日はゆっくりとリスボンを散策しよう。

2016年06月09日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第12章 3/4 リスボン

第12章 3/4 リスボン

朝食は、近所のパン屋で買ってくる。

IMG_1095.jpg

この辺りは下町っぽい感じがして商店も色々と揃っているし、メトロの駅も近い。

IMG_1112.jpg

リベルダーデ大通りは海へ向けて真直ぐに下っている。
海辺の手前の繁華街の中心、バイシャ・シアード駅までは2駅しかないので海辺まで散策がてら歩いて行くことにする。

IMG_1096.jpg

IMG_1097.jpg

IMG_1098.jpg

やはり歴史的建造物多数で見どころは多い。
道はセビージャより分かりやすい気がする。
途中、エレベーター付き展望台があったので昇ってみる。もちろん有料だ。

IMG_1100.jpg

IMG_1102.jpg

東に見える小高い丘に城塞のようなものがある。

IMG_1101.jpg

何だかとても見晴らしが良さそうだし面白そうな建物だ。
地図でチェックすると、サンジョルジュ城ということだ。
あそこへ行ってみたい。
このエレベーターは昇っていった先の丘の上とつながっていて、丘側から入ればただということが分かりちょっと拍子抜け。

とてもレトロな市電の線路を横切って海辺のコメルシオ広場へ。
市電の集積地区らしくて、何台かの車輌が待機しているが、新しい2両編成の車輌もあれば、とてもレトロな車両もあって車輌好きには嬉しい光景だ。

IMG_1106.jpg

IMG_1119.jpg

IMG_1107.jpg

IMG_1109.jpg

IMG_1110.jpg

今晩ファドを聴きに行こうと見当をつけてあったアルファマ地区まで歩いてみる。
海辺の道を東へ歩いて行けば北にある筈なので分かりやすい。
ファド博物館なる施設もある。ここでもショーがあるようだ。

真直ぐに行くとサンタアポローニャ駅に着く。
ここで線路が終わっている終着駅のようだ。
明日はここから列車乗ってポルトに向かう予定だ。
ポルト行きの列車の時刻をチェックする。

アルファマ地区は細い路地が行きかう、いかにも下町といった風情の街だ。
ファドハウスがあちらこちらにある。
ファドハウスが集まっている地区のようだ。
この地区は坂と石畳の細道と迷路。
シェフシャウエンの街を思い出した。
好きな雰囲気だ。

IMG_1111.jpg

目当ての店、パレイリーニャ・ド・アルファマの位置を確認する。
20時開店で、ショーは21時からとなっている。
店も確認できたので一旦戻って昼食にしようと、また歩き始める。
先程見たサンジョルジュ城はこの地区の坂の上にある筈なので、そっちも確認しようと坂を上っててみたがうまく行き着けなかった。
リスボンは、ポルトから戻ってもう一泊する予定なので、その時の楽しみに残しておくことにした。

散策しながらゆっくりと歩いて戻ると昼時だ。
昨日宿を探す時にお世話になった親父さんのいる定食屋へ行ってみる。
頑固親父を絵に書いたような怖い顔をしたおじさんだ。
Plato do diaの魚料理があったのでそれを頼んで見た。
これはアジの塩焼きだな。ご飯が食べたくなる。
日本人の常として頭と骨だけを残してきれいに食べたら感心された。

IMG_1113.jpg

ホテルへ戻って小休止、次の行き先を決める。
コメルシオ広場から海沿いを西へ行ったところにあるベレン地区にあるジェロニモ修道院へ行ってみよう。
その後は、一度は乗ってみたい28番の市電に乗ってどこか適当なところまで行く。
後は時間と場所によってその時考えるという感じだ。
天気が微妙だ。

洗濯物は取り込んで、傘を持って出かける。
先程地下鉄、市電、バス24時間乗り放題というお得なチケットを買ったので面倒がない。
コメルシオ広場から15番の2両編成の新型の市電で約20分。
巨大な建築物のジェロニモ修道院に到着。

観光名所なのだろう、遠足と思われる多分中学生か、多数いて大騒ぎをしている。
どこも変わらないものだ。
ここは歴史的建造物と他に、発掘物等の博物館が建物内に在る。
遠足の連中があまりにうるさいので建築物の見学は外側だけにした。
それでもその壮大なスケールには圧倒された。

IMG_1115.jpg

IMG_1116.jpg

IMG_1117.jpg

15番の市電で一旦コメルシオ広場に戻り28番の市電に乗ってみる。
28番はアルファマ地区等の趣のある旧市街を縫うように走る路線として、観光客に人気の高い路線らしい。

IMG_1120.jpg

確かに15番とは異なって古い車輌。内壁も床も木造だ。
こんなところも走るのかと驚くような狭い路地を走る。
車輌1台走るのがギリギリの道幅だから、違法駐車はあり得ない筈だ。
古い車輌だけあって結構揺れる。
しかし、料金は共通カードでOKだし、ワンマン運転、乗降システムは現代的なものになっている。

IMG_1121.jpg

IMG_1122.jpg

IMG_1123.jpg

終点まで乗って一旦乗客は降りて折り返しの電車を待つ。
外は冷たい雨が降ってきた。風も吹いてくる。
停留所には雨よけなどはない。
待機している車両に早めに乗せてあげればいいのになどと思ったりする。
車内は結構込み合っている。
車輌の外の取っ手につかまって乗車というか移動している男がいるのだが、当然無賃乗車だ、運転手は見てみぬふり。こんなのもありなのか。
結構いい時間になってきたので、バイシャ・シアードのあたりで下車してメトロでアベニーダ駅まで戻ってくる。

バイシャ・シアード周辺
IMG_1125.jpg

IMG_1124.jpg

バイシャ・シアードメトロ駅へ降りるとても長いエスカレーター
IMG_1126.jpg

宿へ帰る前に水とワインを買おうと思って財布を出そうとしたら、ショルダーバックのチャックが空いていて財布だけがなくなっていた。
やられた。

財布自体は現金しか入っておらず、しかも大した金額ではなかったので被害は少なかったのだが、バッグも目に付く位置に携帯しているにも拘らず全く覚えがないというところに驚いた。
プロフェッショナルの技だ。
以前ハノイでやられたことがあったが、あの時はリュックを背にしていてしかも鍵もかかっていないという油断した状況だった。
モロッコでかなり警戒していて、ヨーロッパに入って気が緩んだということもあるのだろう、ここは再度気を引き締めてかからなければいけない。
ショルダーバッグのチャックが体の後ろ側にあるのがいけないので、体の前の眼に着く位置に持って来れば良いわけだ。
更に一回チャックを開けただけでは取れない位置に貴重品を置くべきだろうと考えた。

気を取り直して、水と水のように安いワインを買ってアパートで休息。
今夜は、午前中に訪ねたアルファマ地区のパレイリーニャ・ド・アルファマで夕食をとりながらファドを楽しむという少しの贅沢をしようと思っている。
人気のファドハウスはすぐに満員になると聞いているし、予約はしていないので開店直後の20時過ぎには着くように出発した。
今回は歩かずにサンタアポローニャ駅までメトロで行ってすぐがアルファマ地区だ。

IMG_1127.jpg

IMG_1128.jpg

アルファマ地区は、夜になって昼間とは異なるロマンチックな佇まいを見せている。
席は確保できたが、徐々に埋まってくる。
21時のショー開始前に食事を終えてしまった。
これがかなりの量でかつ美味しかった。

IMG_1132.jpg

バンドはギターとポルトガルギター、女性、男性歌手の編成。
客席が取り囲む同じフロアーで演奏する。
1回のステージは約20分と短いが15分位のインターバルを置いて何ステージもやるようだ。
ステージがはねるのは深夜の1時頃だと聞いている。

演奏が始まると明かりが消えて真っ暗。
これはよくある風景だが、演奏者にも光が当たらず真っ暗。
これでは演奏者が見えない。

本当に真っ暗。
IMG_1133.jpg

ファドでイメージしていたのは、ゆっくりしたテンポでマイナーで悲し気なメロディ。
しかしそうでもなかった。
とてものんびりした明るいメロディも沢山あり、フォークソングのようにも聴こえた。
セビージャで聴いたモダンなコードの響きというものはあまりなく、聴きとることができるくらいの素朴なコードの流れが多かったように思う。
これは伝統的なスタイルなのだろうか、パレイリーニャ・ド・アルファマという店がこのスタイルのファドハウスということなのかもしれない。
他の場所ではモダンなファドが聴けるのかもしれない。
ポルトガルギターはバンドリンと形も役割も似ている(おそらくこちらがルーツなのだろう。)。
ショーロのスタイルの原型はこの辺りにあるのだろうか。
全てが生音だがとても良く響く。
石造りの建物というのも音が良く響くものだ。
歌手の声量は相当なものだった。

セルベージャだけではもたないので、ワインのハーフボトルを頼む。

IMG_1131.jpg

段々眠気も襲ってくる。
地下鉄の終電は何時だったかと、日本と同じようなことを考えてしまう。
歌手が入れ替わって何ステージも進んでいる。
結局0時近くまでいてまだ十分にあるメトロで帰ることができた。
食事も付いたのでそれなりの値段はしたがとても楽しかった。
雰囲気もサービスもファドも満足のいくものだった。

財布は失敗だったが、これから気をつければよいことだ。
これもインシャラーと考えよう。

2016年06月17日

2016モロッコ・スペイン・ポルトガルの旅 第13章 3/5 リスボンからポルト

第13章 3/5 リスボンからポルト

今日はポルトガルの北部の古い街、ポルトへ移動する予定だ。

昨日、何回か行ったアルファマ地区のサンタアポローニャ駅から11:30発のインテルシダーデに乗る予定で準備をする。
チェックアウトの連絡をすると部屋の主、フェリペが大きい登山用のリュックを担いでやってきた。

どこかへ旅行していたのかと聞くとシーツとか毛布とか掃除機とか、要は掃除道具を担いできて掃除をするとのことだった。
話してみると、彼はブラジル生まれで、母親が日本の神道に傾倒していて、なおかつ生け花をやっているという。
来年は日本に行くそうだ。
このアパートは初めこそ探すのを苦労したが、広くてきれいで外出にも便利、とても快適に過ごせた。
またリスボンに来る機会があれば利用したい。

サンタアポローニャ駅まではメトロ。
国鉄駅には改札がない。出入り自由だ。
ファロからリスボンまでもインテル・シダーデだった。
あの時は3両編成で客車も地味だったが、今日は8両編成で客車もきれいだ。

IMG_1135.jpg

IMG_1137.jpg

特急アルファペンデューラも停まっている。
IMG_1136.jpg

定刻に出発。
電気機関車牽引の客車列車だが速い。
スピードが出る区間では180kmくらい出しているような気がする。
ただし減速するときのがくがく来る揺れは相変わらずで、乗り心地はそんなに良いとは言えない。
車窓は時々現れる石造りの農家の建物と田園風景。
コインブラB駅を経てポルトに近づくと大西洋の海岸線を走る。

IMG_1138.jpg

IMG_1139.jpg

そして大きな川にかかる橋を渡ってポルト・カンパーニャ駅到着。

外は冷たい雨が降っている。
ここはポルトの中心街ではなく中心街の駅は一つ先のサンベント駅。
長距離列車は全てカンパーニャ駅が終点なので、国鉄でサンベント駅まで行くにはここで乗り換えなくてはいけない。
今回は、宿近くのトリンダーデ・メトロ駅まで行くのでメトロのカンパーニャ駅を探す。

国鉄の駅を出なくてはいけないようだが、よく見ると国鉄駅ホームから外へ出ずに行けたようだ。
改札が存在しないから却って分りにくい。
事前に調べた感じではチケットの買い方がちょっと旅行者には分りにくいようだ。

andanteというカードがチケットになっているのだが、ゾーン制でチャージ制だ。

IMG_1480.jpg

アンダンテを買ってゾーンごとに異なる現金を払わなくてはいけないような説明だったので、カードを買ってチャージしたのに、なぜこの上現金を払わなくてはいけないのか疑問だったが、実はそんな面倒なことはなく、カードをそこここに立っている、日本でいえば路上駐車チケット販売機のようなものにピッと触れればOKなのだ。
改札はないし、車内でのチェックもない。
券売機付近に係員がいたのでスムーズに買うことができた。

ポルトのメトロは5路線あってリスボンのように色分けされている。
緑、赤、オレンジ、紫、青だ。
メトロとは言うものの殆ど地上を走るライトレールのようだ。

IMG_1140.jpg

5つの路線がすべて通っているトリンダーデ駅で下車。
宿はここから近いはず。
グーグルは大通りからちょいと入った裏道を示している。
例によってホテルのホの字もないのだが、今回は住居番号が分かっている。
何やら工事の人達が大声でしゃべっているところに、おばさんがドアから顔を覗かせている。
まさにそこだった。

宿のある裏通り
IMG_1142.jpg